プーチンは「内部」から崩れるかもしれない|石井英俊

プーチンは「内部」から崩れるかもしれない|石井英俊

ウクライナ戦争が引き起こす大規模な地殻変動の可能性。報じられない「ロシアの民族問題というマグマ」が一気に吹き出した時、“選挙圧勝”のプーチンはそれを力でねじ伏せることができるだろうか。


Getty logo

写真はイメージ

前線の状況に大きな変化がなく、ウクライナでの戦争についてのニュースが少なくなっているが、ここで私はロシア内部の動きに注目したい。ロシア連邦の中西部に位置するバシコルトスタン共和国(ロシア連邦に21存在する共和国の1つ)において、1月15日から数千人規模の大規模デモが連日起き、多数の逮捕者を出す騒ぎとなっている。

2022年2月に始まったウクライナ侵攻以降、ロシアでは反政府活動への取り締まりが強化されており、このような無許可デモが大々的に起きたことは異例中の異例で、最大規模のものとなった。催涙弾が乱れ飛び、治安部隊が民衆を殴打する映像がネット上にも流れている。3月の大統領選挙を前にして、ロシア内部で大きな混乱が起きたことは注目に値する。

私は昨年8月、ロシア連邦からのバシコルトスタンの独立を訴えて活動しているバシキール人のリーダーで、リトアニアに亡命しているバシキール国民政治センター代表のルスラン・グバエフ氏に東京で会った。私もグバエフも、第7回「ロシア後の自由な民族フォーラム」に登壇し、2日間行動を共にした。「ロシア後の自由な民族フォーラム」については過去の2記事(「日本は世界で最も重要な国のひとつ|オレグ・マガレツキー×石井英俊」「ロシア外務省から激烈な抗議|石井英俊」)を参考にしてもらいたい。

ロシアの民族問題というマグマ

グバエフの説明によると事情は次のようなものだ。

デモは、バシキール人の環境活動家フェイル・アルシノフ氏が不当に逮捕され、17日に裁判で懲役4年の実刑判決を受けたことに対する抗議活動として巻き起こった。フェイル・アルシノフは15年以上にわたってバシコルトスタンにおいて公的または政治的活動に従事してきており、権威ある人物とのことだ。アルシノフが率いていた「バシコルト」という組織が「過激派」と認定されたため、その後、アルシノフは政治家としての活動を停止して、バシコルトスタン共和国の生態系保護のために活動していた。天然資源が豊富なウラル山脈地域には、さまざまな外国企業が進出しており、地元住民のために環境保護活動に取り組んでいたのだ。

ある抗議集会においてアルシノフが「バシキール人は、最終的に自然が破壊されれば、自分たちの土地からどこにも行くことができない。他のどんな人でも、例えばタタール人ならタタールスタンへ、ロシア人ならヴォロネジ(ロシア南西部の都市)へ、アルメニア人ならアルメニアへ行くことができるが、バシキール人にはバシコルトスタンしかない」と強調したところ、バシキール語で話していたこのアルシノフの言葉を、あたかも「他民族を追放せよ」と呼びかけていたかのようにFSB(ロシア連邦保安庁)が歪曲(意図的誤訳を)して、民族憎悪を煽った罪で不当に逮捕した。アルシノフの裁判への抗議活動が15日から巻き起こったため、判決が17日に延期され、数千人のデモ隊と治安部隊が衝突し、この日少なくとも15人以上が逮捕された。

関連する投稿


【読書亡羊】トランプとバイデンの意外な共通点  園田耕司『覇権国家アメリカ「対中強硬」の深淵』(朝日新聞出版)

【読書亡羊】トランプとバイデンの意外な共通点 園田耕司『覇権国家アメリカ「対中強硬」の深淵』(朝日新聞出版)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


ナワリヌイの死、トランプ「謎の投稿」を解読【ほぼトラ通信2】|石井陽子

ナワリヌイの死、トランプ「謎の投稿」を解読【ほぼトラ通信2】|石井陽子

「ナワリヌイはプーチンによって暗殺された」――誰もが即座に思い、世界中で非難の声があがったが、次期米大統領最有力者のあの男は違った。日本では報じられない米大統領選の深層!


「もしトラ」ではなく「トランプ大統領復帰」に備えよ!|和田政宗

「もしトラ」ではなく「トランプ大統領復帰」に備えよ!|和田政宗

トランプ前大統領の〝盟友〟、安倍晋三元総理大臣はもういない。「トランプ大統領復帰」で日本は、東アジアは、ウクライナは、中東は、どうなるのか?


速やかなる憲法改正が必要だ!|和田政宗

速やかなる憲法改正が必要だ!|和田政宗

戦後の日本は現行憲法のおかしな部分を修正せず、憲法解釈を積み重ねて合憲化していくという手法を使ってきた。しかし、これも限界に来ている――。憲法の不備を整え、わが国と国民を憲法によって守らなくてはならない。(サムネイルは首相官邸HPより)


「トランプ大統領」阻止に死に物狂い、米民主党のウルトラC【ほぼトラ通信】|石井陽子

「トランプ大統領」阻止に死に物狂い、米民主党のウルトラC【ほぼトラ通信】|石井陽子

今度のアメリカ大統領選挙は単なる「トランプvsバイデン」の単純な構図ではない!「操り人形」「トロイの木馬」「毒蛇」――トランプの対抗馬と目されていたニッキーヘイリーはなぜ共和党内からこう批判されるのか。日本では報じられない米大統領選の深層!


最新の投稿


改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

参院法務委員会筆頭理事として、改正入管法の早期施行を法務省に働きかけてきた。しかしながら、改正入管法成立前から私に対する事実無根の攻撃が始まった――。


【今週のサンモニ】新生「サンモニ」はやっぱりいつも通り|藤原かずえ

【今週のサンモニ】新生「サンモニ」はやっぱりいつも通り|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


なべやかん遺産|「終活」

なべやかん遺産|「終活」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「終活」!


【読書亡羊】トランプとバイデンの意外な共通点  園田耕司『覇権国家アメリカ「対中強硬」の深淵』(朝日新聞出版)

【読書亡羊】トランプとバイデンの意外な共通点 園田耕司『覇権国家アメリカ「対中強硬」の深淵』(朝日新聞出版)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


川勝知事の辞意表明…リニアの命運を決める戦いが始まる|小林一哉

川勝知事の辞意表明…リニアの命運を決める戦いが始まる|小林一哉

急転直下、辞意を表明した川勝知事。しかし、本当の戦いはここからだ――。