入管法と日本共産党の暗黒史|松崎いたる

入管法と日本共産党の暗黒史|松崎いたる

密航による不法な出入国を繰り返してきた日本共産党に「入管行政の歪み」などと批判する資格はない!志位氏の入管法を廃止あるいは骨抜きにしようとする要求は、日共の暗黒の歴史を覆い隠そうとする企てである。『日本共産党暗黒の百年史』の著者、松崎いたる氏による「ここが変だよ日本共産党」第5弾!


「入管庁=特高警察」が共産党の公式見解

〝入管庁は特高警察だ〟――日本共産党がこんな主張を展開している。

入管法改正が6月9日、国会で成立したが、その法案審議の真っ最中だった5月17日には志位和夫委員長がツイッターで「戦前の出入国管理は内務省の管轄で、当時、日本の植民地支配のもとに置かれていた朝鮮と台湾等の人々を取り締まることを主任務とし、その担い手は悪名高き特高警察だった。 それが戦後もそのまま引き継がれたことに、現行入管制度の反人権性、強権・隠蔽体質の根がある。 入管制度の抜本的改革を求める運動は、戦前の特高警察的な歴史をただす歴史的な意義をもつものです」と述べた。

5月20日にも「ウィシュマさんを死に追いやった現在の日本の入管制度の異常な反人権的な歪みの根っこは、戦前にある。戦前の出入国管理は、内務省の管轄であり、その担い手は特高警察だった。 それが戦後も、ただされないまま今日にいたった。 この歪みを根本からただす大改革が必要です」と志位氏はツイートしている。

小池晃書記局長も5月15日の記者会見で同じ主旨の発言をしているから「入管庁=特高」は共産党としての公式見解といってもいいだろう。

6月9日の参院本会議で入管法改正に対する反対討論をした同党の仁比聡平議員は「特高」の名前こそ持ち出さなかったが、「入管行政の源流には、戦前の植民地支配、戦後の在日朝鮮人の排斥の歴史がある」などと述べて、日本の入管そのものを非難した。

2023年5月17日Twitter

共産党得意の妄想

だがこうした主張は入管法改正の議論を歪める不当なレッテル貼りであり、歴史の中から共産党にとって都合のいい部分だけをつまみ食いした妄想だ。

特高(特別高等警察)は、1910(明治43)年、明治天皇の暗殺を計画したとして無政府主義者の幸徳秋水らが逮捕、処刑された「大逆事件」を契機に、同年、警視庁内に危険思想の取締りを担当する特別高等課が設置されたのがはじまりとされている。その後、内務省の統括のもと、全国の主要都市の警察署内に特高が置かれた。1922年に日本共産党が創立すると、特高の重要な捜査対象となり、共産党員たちは特高の厳しい追及を受けることになる。

なかでも党員作家・小林多喜二が特高に逮捕され、取り調べ中に死亡した事件は「多喜二を虐殺した特高」への党員たちの復讐心をたぎらせた。

関連する投稿


憲法改正の国会発議はいつでもできる、岸田総理ご決断を!|和田政宗

憲法改正の国会発議はいつでもできる、岸田総理ご決断を!|和田政宗

すでに衆院の憲法審査会では4党1会派の計5会派が、いま行うべき憲法改正の内容について一致している。現在いつでも具体的な条文作業に入れる状況であり、岸田総理が決断すれば一気に進む。


改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

参院法務委員会筆頭理事として、改正入管法の早期施行を法務省に働きかけてきた。しかしながら、改正入管法成立前から私に対する事実無根の攻撃が始まった――。


自衛隊員靖国参拝で防衛省内に共産党の内通者|松崎いたる

自衛隊員靖国参拝で防衛省内に共産党の内通者|松崎いたる

自衛隊員の靖国参拝の情報を赤旗と毎日新聞にリークした者を突き止めようとする防衛省と、防衛省内にいる内通者を守ろうとする共産党――事の本質は安全保障に直結する深刻な問題だった。


不法滞在者の本国送還と不法滞在狙いの外国人を入国させないための仕組みづくり|和田政宗

不法滞在者の本国送還と不法滞在狙いの外国人を入国させないための仕組みづくり|和田政宗

今年6月に入管法(出入国管理及び難民認定法)が改正された。改正を受けた難民審査の工程表作成を出入国在留管理庁(入管庁)に要請してきたが、先週その回答があった。今回は、不法滞在者や不法滞在での就労等を狙う外国人をいかに減らしていくか、取り組みの詳細について記していく。(写真提供/時事)


今こそ、旧宮家の男系男子の皇籍復帰を!|和田政宗

今こそ、旧宮家の男系男子の皇籍復帰を!|和田政宗

皇室は我が国の根幹であり、我が国の歴史そのものである。日本共産党の志位委員長はかつて、「多様な性を持つ人びとが天皇になることも認められるべきだ」と述べたが、これは皇統の破壊である。こうした論を無意味にするために今やるべきこととはなにか。


最新の投稿


憲法改正の国会発議はいつでもできる、岸田総理ご決断を!|和田政宗

憲法改正の国会発議はいつでもできる、岸田総理ご決断を!|和田政宗

すでに衆院の憲法審査会では4党1会派の計5会派が、いま行うべき憲法改正の内容について一致している。現在いつでも具体的な条文作業に入れる状況であり、岸田総理が決断すれば一気に進む。


【今週のサンモニ】加藤登紀子が暴いた「サンモニ」のダブスタと不寛容|藤原かずえ

【今週のサンモニ】加藤登紀子が暴いた「サンモニ」のダブスタと不寛容|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


【読書亡羊】世界には「反移民で親LGBT」「愛国的環境保護派」が存在する  中井遼『ナショナリズムと政治意識』(光文社新書)

【読書亡羊】世界には「反移民で親LGBT」「愛国的環境保護派」が存在する  中井遼『ナショナリズムと政治意識』(光文社新書)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


【今週のサンモニ】少子化を促進させた『サンモニ』報道|藤原かずえ

【今週のサンモニ】少子化を促進させた『サンモニ』報道|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


6月10日施行の改正入管法で一体、何が変わるのか?|和田政宗

6月10日施行の改正入管法で一体、何が変わるのか?|和田政宗

不法滞在者や不法就労者をなくす私の取り組みに対し、SNSをはじめ様々な妨害があった――。だが、改正入管法施行の6月10日以降、誰が正しいことを言っているのか明らかになっていくであろう。(写真提供/時事)