日本共産党と性犯罪|松崎いたる

日本共産党と性犯罪|松崎いたる

繰り返される党員や党議員によるわいせつ事件。共産党はこれらの事件や不祥事のたびに、空虚な「反省声明」を出してきた。これからも党員や党議員によるわいせつ事件がなくなることはないだろう。『日本共産党 暗黒の百年史』の著者で元共産党員の松崎いたる氏による「こんなに変だよ日本共産党」第2弾!


2度目の逮捕

日本共産党の千葉県委員会書記長だった男(42)が3月8日に千葉県警市川署に脅迫と器物損壊の疑いで逮捕された。昨年10月20日、自宅近くの駅の駐輪場で、女子大学生(19)の自転車の前かごに脅迫文を置き、サドルに体液のようなものを付着させたことが逮捕容疑だ。男は調べに対し、「被害者を驚かせたかった」などと話し、容疑をみとめているという。

男の実名はすでにマスコミで報道され、ネット上でも拡散しているが、ここでは今後の更生に期待をかけてAとしておく。Aにとってこれは2回目の逮捕である。1回目は今年1月12日だった。昨年10月23日夜、JR西千葉駅構内の女子トイレに侵入し、個室の上からスマートフォンを向け、県内在住の女子高校生を動画で盗撮していた容疑での逮捕だった。この時の逮捕のきっかけは、昨年11月21日、JR千葉駅で女性の後ろ姿をスマホで撮影していたとして110番通報され、県警でスマホを確認した結果、逮捕容疑の動画が見つかったことだというから、Aは常習的なわいせつ犯だったといえるだろう。

卑劣な性犯罪に対する反省よりも政権批判を優先

Getty logo

共産党千葉県委員会は最初の逮捕翌日の1月13日には、緊急の県委員総会を開き、Aの書記長解任と党からの除名処分を決定した。

党中央委員会は、小池晃書記局長が1月16日の記者会見で、除名について「党としての一定の結論を出したということだ」と述べるだけで、志位和夫委員長はAの逮捕について何もコメントしていない。

逮捕翌日のスピード除名には、「身内をかばうことなくきっぱり断罪した。さすが共産党だ」と評価する声がある。だが私には、党内から汚いものを掃き出す〝汚物処理〟を急いだだけのように見える。身内を切り捨て、党を守った、共産党組織の自己保身にすぎない。

除名処分と同時に発表した千葉県委員会の声明では「今回の事態にあたって、被害者とご家族、全県・全国のみなさんに深くお詫びし、党県委員会として、今後二度と繰り返さないために教訓を深め、自己改革をはかっていく決意です」と殊勝なことを述べてはいる。

しかしこの声明の結びは「そして、憲法・平和・暮らしを守るために、岸田政権の大軍拡政治と対決し、130%の党づくりと統一地方選挙勝利をめざして全力をあげる決意を表明するものです。以上」となっており、女子トイレ盗撮という卑劣な性犯罪に対する反省よりも、政権批判や選挙勝利という共産党の政治課題を優先させる声明となっているのだ。

「130%の党づくり」というのは、共産党員を現勢より3割増やそうというスローガンだが、党外の人にも、事件の被害者やその家族にも何の関係もないことである。いや、むしろ盗撮するような党員が今より増えたらと想像したら、ぞっとするだろう。

声明が述べている「教訓を深め」ることも、「自己改革」も、Aを除名しただけでは何もすすまない。党幹部であったAがどのようにして性犯罪に手を染めるようになったのか、その経緯において、職場であった党機関には問題はなかったのか、党として振り返って検証しなければ、何が教訓で、何を自己改革するのかもわからないはずだ。A本人から事情を聞く前にスピード除名したのは、要するに党が果たすべき責任を放棄してしまったことに等しい。

関連する投稿


自衛隊員靖国参拝で防衛省内に共産党の内通者|松崎いたる

自衛隊員靖国参拝で防衛省内に共産党の内通者|松崎いたる

自衛隊員の靖国参拝の情報を赤旗と毎日新聞にリークした者を突き止めようとする防衛省と、防衛省内にいる内通者を守ろうとする共産党――事の本質は安全保障に直結する深刻な問題だった。


トランスジェンダー予備自衛官の本音|小笠原理恵

トランスジェンダー予備自衛官の本音|小笠原理恵

バイデン大統領は2021年1月25日、トランスジェンダーの米軍入隊を原則禁止したトランプ前大統領の方針を撤廃する大統領令に署名した。米軍では大統領が変わるごとにLGBTの扱いが激変――。だが、自衛隊ではお互いに理解を深めつつ共存している。その一例をご紹介しよう。


今こそ、旧宮家の男系男子の皇籍復帰を!|和田政宗

今こそ、旧宮家の男系男子の皇籍復帰を!|和田政宗

皇室は我が国の根幹であり、我が国の歴史そのものである。日本共産党の志位委員長はかつて、「多様な性を持つ人びとが天皇になることも認められるべきだ」と述べたが、これは皇統の破壊である。こうした論を無意味にするために今やるべきこととはなにか。


夫婦間レイプで禁固11年! 不同意性交罪という悪夢|荻原岳彦(東京拘置所被収容者)

夫婦間レイプで禁固11年! 不同意性交罪という悪夢|荻原岳彦(東京拘置所被収容者)

私は妻への夫婦間レイプを否認しましたが、2018年3月22日に英国で有罪判決、11年の実刑となってしまったのです。最終的には4年8か月を英国で服役したのち、昨年、2022年11月11日に釈放、日本への帰国となりました。しかし、11月12日に成田空港に到着すると、警視庁愛宕署の刑事がおり、その場で逮捕されました――。


「汚染魚食べろ」「人が住めない土地」「Fukushima Water」日本共産党の風評加害は組織的に行われていた|松崎いたる

「汚染魚食べろ」「人が住めない土地」「Fukushima Water」日本共産党の風評加害は組織的に行われていた|松崎いたる

日本共産党の度重なる風評加害の源泉は志位委員長による公式発言にあった!共産党が組織的に福島を貶め続ける理由は何か?『日本共産党 暗黒の百年史』の著者、松崎いたる氏による「ここが変だよ共産党」第8弾!


最新の投稿


「子供1人生んだら1000万円」は、とても安い投資だ!|和田政宗

「子供1人生んだら1000万円」は、とても安い投資だ!|和田政宗

チマチマした少子化対策では、我が国の人口は将来半減する。1子あたり1000万円給付といった思い切った多子化政策を実現し、最低でも8000万人台の人口規模を維持せよ!(サムネイルは首相官邸HPより)


【読書亡羊】出会い系アプリの利用データが中国の諜報活動を有利にする理由とは  『トラフィッキング・データ――デジタル主権をめぐる米中の攻防』(日本経済新聞出版)

【読書亡羊】出会い系アプリの利用データが中国の諜報活動を有利にする理由とは 『トラフィッキング・データ――デジタル主権をめぐる米中の攻防』(日本経済新聞出版)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


【今週のサンモニ】岸田総理訪米を巡るアクロバティックな論点逃避|藤原かずえ

【今週のサンモニ】岸田総理訪米を巡るアクロバティックな論点逃避|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


わが日本保守党|広沢一郎(日本保守党事務局次長)

わが日本保守党|広沢一郎(日本保守党事務局次長)

昨今の政治状況が多くの日本人の心に危機感を抱かせ、「保守」の気持ちが高まっている。いま行動しなければ日本は失われた50年になってしまう。日本を豊かに、強くするため――縁の下の力持ち、日本保守党事務局次長、広沢一郎氏がはじめて綴った秘話。


改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

参院法務委員会筆頭理事として、改正入管法の早期施行を法務省に働きかけてきた。しかしながら、改正入管法成立前から私に対する事実無根の攻撃が始まった――。