オークションに弾薬製造用機器が!安倍元総理「国葬」とテロのリスク|小笠原理恵

オークションに弾薬製造用機器が!安倍元総理「国葬」とテロのリスク|小笠原理恵

安倍元総理暗殺事件でテロ行為のハードルが下がった。すでにテロリストたちが動き出した予兆は多数ある。そんななか、銃弾や砲弾を作るための機器類が日々、オークションにかけられている……。山上徹也容疑者のように一人静かに自宅で銃弾や砲弾等の爆発物を作っている人物がどこかにいる可能性は否めない。


無差別テロの予告と暴動・暗殺の予兆

安倍晋三元総理の国葬儀を9月27日、東京千代田区の日本武道館で行う予定だ。国葬には米国のバイデン大統領の名代としてハリス米副大統領やインドのモディ首相などが参列予定である。安倍元総理が築き上げた「自由で開かれたインド太平洋」戦略を岸田総理が引き継ぐ重要な弔問外交の場ともなる国葬だが、その警備が不安だ。

安倍元総理暗殺以降、不穏な動きが続いている。マスメディアも統一教会問題を主軸に国会議員や政府への憎悪をあおり続けている。国葬への反対意見をあおる論調を連日繰り返すメディアだが、一方で非道な殺人犯である山上徹也容疑者をメディアは非難しなかった。

同情を誘う報道を繰り返したことで、山上容疑者への減刑を求める署名運動まで起きている状況だ。山上容疑者に対しての報道の流れを日本のみならず、全世界のテロリストは必ず見ているだろう。

安倍元総理暗殺事件でテロ行為のハードルが下がった。すでにテロリストたちが動き出した予兆は多数ある。7月下旬、10を超える自治体に脅迫メールが届いた。

「9月27日に開催される安倍晋三元総理の国葬を中止しなければ、小・中学校から濃硫酸等を盗み国葬会場の日本武道館に散布する。市内の子どもを誘拐し、誘拐した子どもに高性能な爆弾を仕掛け、公共交通機関や商業施設をはじめとした人が集まりそうな場所に特攻させる」

このほかにも無差別テロの予告ともとれるような内容が多数あり、山上容疑者を賞賛し、革命を呼びかけるチラシもばらまかれた。

国会議員にも脅迫状は届いている。高市早苗経済安全保障担当大臣の事務所には「首を洗って待ってろ」などと書かれた脅迫状が届き、ツイッター上では「もし国葬を実施したら、次は岸田だ」と書いた男が書類送検されている。

新型コロナ感染症の影響で行動制限や経済的なダメージも大きい。そんななか、政治家や政府、国への憎悪をあおり、暗殺事件の容疑者に対して容認するようにとれる報道を続けていいのか。

連日の統一教会や国葬反対の報道はもはやアジテーションだ。ここで社会不満を焚き付けて、暴動やテロにエスカレートさせていく邪悪な力すら感じる。

瀬戸際でテロを未然に防いできた過去

Getty logo

台湾有事には中国のみならず、ロシア、北朝鮮からの軍事侵攻も同時発生する可能性がある。日米合同の戦力でも心もとない。クアッドや欧米諸国等の助けがなければとても防ぎきれない。弔問外交でその支援の絆を確認しなければ日本の安全保障は成り立たない。国葬は安全保障の根幹にもかかわる重大な国の行事なのだ。

しかし前述のように不穏な動きが続いている。これまでも日本は、ギリギリの瀬戸際でテロを未然に防いできた。

1986年、東京で開催されたサミットでは、過激派が迎賓館を狙い迫撃弾を発射した。迫撃弾は歓迎式典会場を越えて、路上に着弾し、直径20cm、深さ5cmの大穴を開けた。その後、東京都内の地下鉄駅で時限装置による同時発火事件が起き、交通が大混乱した。

2016年5月26日開催の伊勢志摩サミット直前の2月、首都圏で過激派「革労協反主流派」の「ゲリラ計画」が発覚し、警視庁公安部による首都圏「アジト」の一斉摘発があった。ここで飛翔(ひしょう)弾の一部や偽造ナンバープレート等大量の部品を押収した。

伊勢志摩サミットはほんの数か月前のこの一斉摘発がなかったらどうなっていたのかはわからない。多くの日本人は、平和な日本でテロや暴動、暗殺なんておきるはずがないと考えているが、これまで首の皮一枚でつながっていただけである。テロや暴動のリスクは常に私たちのそばにあったのだ。

世界中でテロ活動は頻繁に起きている。多くの国々から要人が一同に会する国葬は、国内の過激派のみならず、世界中のテロリストから注目されている。しかも、安倍元総理暗殺を許した国として、日本の警備体制の甘さは世界中に報道されてしまった。

テロや暴動のリスクは高い。国葬により弔問外交が成功すれば、安倍元総理の遺志をついでインド太平洋諸国との強固な安全保障体制を築くことができる。

しかし、警備体制の穴をついて大規模な暴動やテロ、暗殺がおきれば、それをきっかけに日本の国威が失墜するリスクもある。

関連する投稿


改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

参院法務委員会筆頭理事として、改正入管法の早期施行を法務省に働きかけてきた。しかしながら、改正入管法成立前から私に対する事実無根の攻撃が始まった――。


硫黄島をはじめ多くのご英霊の力で、今の日本がある|和田政宗

硫黄島をはじめ多くのご英霊の力で、今の日本がある|和田政宗

先の大戦有数の大激戦である硫黄島の戦いで、日米両軍合わせて2万9千人が亡くなった。今回の訪問で、硫黄島で戦った方々がどのような状況で、どのような思いで戦ったのかを、まざまざと知ることができた。


プーチンは「内部」から崩れるかもしれない|石井英俊

プーチンは「内部」から崩れるかもしれない|石井英俊

ウクライナ戦争が引き起こす大規模な地殻変動の可能性。報じられない「ロシアの民族問題というマグマ」が一気に吹き出した時、“選挙圧勝”のプーチンはそれを力でねじ伏せることができるだろうか。


ナワリヌイの死、トランプ「謎の投稿」を解読【ほぼトラ通信2】|石井陽子

ナワリヌイの死、トランプ「謎の投稿」を解読【ほぼトラ通信2】|石井陽子

「ナワリヌイはプーチンによって暗殺された」――誰もが即座に思い、世界中で非難の声があがったが、次期米大統領最有力者のあの男は違った。日本では報じられない米大統領選の深層!


「もしトラ」ではなく「トランプ大統領復帰」に備えよ!|和田政宗

「もしトラ」ではなく「トランプ大統領復帰」に備えよ!|和田政宗

トランプ前大統領の〝盟友〟、安倍晋三元総理大臣はもういない。「トランプ大統領復帰」で日本は、東アジアは、ウクライナは、中東は、どうなるのか?


最新の投稿


【今週のサンモニ】新生「サンモニ」はやっぱりいつも通り|藤原かずえ

【今週のサンモニ】新生「サンモニ」はやっぱりいつも通り|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


なべやかん遺産|「終活」

なべやかん遺産|「終活」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「終活」!


【読書亡羊】トランプとバイデンの意外な共通点  園田耕司『覇権国家アメリカ「対中強硬」の深淵』(朝日新聞出版)

【読書亡羊】トランプとバイデンの意外な共通点 園田耕司『覇権国家アメリカ「対中強硬」の深淵』(朝日新聞出版)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


川勝知事の辞意表明…リニアの命運を決める戦いが始まる|小林一哉

川勝知事の辞意表明…リニアの命運を決める戦いが始まる|小林一哉

急転直下、辞意を表明した川勝知事。しかし、本当の戦いはここからだ――。


硫黄島をはじめ多くのご英霊の力で、今の日本がある|和田政宗

硫黄島をはじめ多くのご英霊の力で、今の日本がある|和田政宗

先の大戦有数の大激戦である硫黄島の戦いで、日米両軍合わせて2万9千人が亡くなった。今回の訪問で、硫黄島で戦った方々がどのような状況で、どのような思いで戦ったのかを、まざまざと知ることができた。