慰安婦像で姉妹都市解消 虚偽に基づく像・碑文は受け入れられない!|吉村洋文

慰安婦像で姉妹都市解消 虚偽に基づく像・碑文は受け入れられない!|吉村洋文

大阪市と60年に渡り、姉妹都市提携を行なってきたサンフランシスコ市に寄贈された「慰安婦像」と「碑」。その設置について、大阪市は再三にわたり、市長自ら撤回の申し入れを行ってきました。そして今回、7月にサンフランシスコ市長に就任したロンドン・ブリード氏宛てに、改めて「公共物化を撤回する意思の有無を確認する書簡」を送付したことが報じられました。


私が初めて「サンフランシスコ市が像と碑文の寄贈を受け入れるならば、大阪市は姉妹都市関係を解消する」と明言したのは、2017年9月25日のことです。

60年も続いた関係を解消することには当然、私自身も忸怩たる思いがありますし、不本意です。が、そこまでして初めて、日本側、大阪市側の抗議の意志が示せますし、信頼関係が完全に破壊された状態で姉妹都市交流を続けるほうが、自治体として問題です。

この決断について、大阪市民からは賛成の声を多くいただいています。11月末までに、市外居住者を含む方々から寄せられたご意見は1347件。そのうち、姉妹都市解消に賛成するものは969件。反対は104件でした。そのほか、合計で1100件あまりが、少なくとも慰安婦像の設置に反対するものでした。

朝日新聞大阪版が

〈「姉妹都市解消、勝手にするな」「慰安婦像「問題」で抗議〉(2017年12月9日付)

などと記事にしているように、たしかに特定の団体からは抗議の声が寄せられてはいます。

しかし市民の広い声に耳を傾ければ、「慰安婦像受け入れはけしからん」「姉妹都市解消もやむなし」とする声が圧倒的に多い。もちろん、姉妹都市交流の重要性を指摘する声もあります。私自身も交流を重視しているからこそ、サンフランシスコ市側に「姉妹都市交流60周年の節目の年に、信頼関係を破壊するような慰安婦像の受け入れを認めないでほしい」と再三にわたって要請してきたのです。

通常の都市間交流とは違い、姉妹都市の場合には英訳で「sistercity」というとおり、分野を問わない包括的な連携を行い、場合によっては特別な税を投入します。このような姉妹都市交流には当然、双方の間の強固な信頼関係と市民の理解が必要です。

にもかかわらず、大阪市の再三にわたる要請を置き去りにし、日本政府の要請までも無視して、サンフランシスコ市が積極的な姿勢で慰安婦像受け入れを決めたことで信頼関係が崩壊してしまった。こうなった以上は、むしろ何もなかったかのように交流を続けることのほうがおかしいのではないでしょうか。

事情に詳しい人のなかには、「姉妹都市解消は、日米分断を目論む中韓団体の思う壺だ」という理由で反対する声もあります。しかし像に加え、嘘ばかりの碑文に対して黙っているほうが思う壺です。形だけの抗議では、相手に「日本は慰安婦像について、国内向けに形ばかりの抗議はするが、国際的には最後は黙認する」という誤ったメッセージを与えることになります。

現在、姉妹都市関係の解消は、すでに大阪市役所内では意思決定を終え、相手に通知すれば完了する段階まで準備は整っています(注:2018年1月末時点)。リー前市長の急逝によって手続きを一時停止していますが、新市長が任命された段階で通知を行う予定です。

もちろん、これで終わりではありません。姉妹都市は解消となりますが、60年間継続してきた歴史は残ります。なぜ、ここまで続いてきた関係を解消するほど大阪市は強い抗議の意思を持っているのか、慰安婦像の設置、碑文の内容がどれだけ問題かなど、サンフランシスコ市が「慰安婦の日」と定めた9月22日に、改めて大阪市民にも閲覧可能な公開書簡で抗議の意を示す方針です。

許しがたい朝日新聞の社説

姉妹都市解消について、朝日新聞は、

関連する投稿


米国を弱体化させるイスラエル甘やかし|上野景文(文明論考家)

米国を弱体化させるイスラエル甘やかし|上野景文(文明論考家)

これまでイスラエルをかばい続けてきたアメリカだが、ここで方向転換した。 これ以上、事態の沈静化を遅らせれば、どんどんアメリカと日本の国益が損なわれる!


【読書亡羊】トランプとバイデンの意外な共通点  園田耕司『覇権国家アメリカ「対中強硬」の深淵』(朝日新聞出版)

【読書亡羊】トランプとバイデンの意外な共通点 園田耕司『覇権国家アメリカ「対中強硬」の深淵』(朝日新聞出版)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


プーチンは「内部」から崩れるかもしれない|石井英俊

プーチンは「内部」から崩れるかもしれない|石井英俊

ウクライナ戦争が引き起こす大規模な地殻変動の可能性。報じられない「ロシアの民族問題というマグマ」が一気に吹き出した時、“選挙圧勝”のプーチンはそれを力でねじ伏せることができるだろうか。


首相から危機感が伝わってこない|田久保忠衛

首相から危機感が伝わってこない|田久保忠衛

ハマスやレバノンの武装勢力ヒズボラをイランが操り、その背後に中露両国がいる世界的な構図がはっきりしてこよう。


ハマス奇襲攻撃を予言したトランプ、評価が急上昇|石井陽子

ハマス奇襲攻撃を予言したトランプ、評価が急上昇|石井陽子

ハマスによるイスラエル奇襲攻撃を巡って米共和党強硬派の間で大激論が交わされている。そんな中、あの男の発言に注目が集まっている――。


最新の投稿


【読書亡羊】初めて投票した時のことを覚えていますか? マイケル・ブルーター、サラ・ハリソン著『投票の政治心理学』(みすず書房)

【読書亡羊】初めて投票した時のことを覚えていますか? マイケル・ブルーター、サラ・ハリソン著『投票の政治心理学』(みすず書房)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


【今週のサンモニ】暴力を正当化し国民を分断する病的な番組|藤原かずえ

【今週のサンモニ】暴力を正当化し国民を分断する病的な番組|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


正常脳を切除、禁忌の処置で死亡!京都第一赤十字病院医療事故隠蔽事件 「12人死亡」の新事実|長谷川学

正常脳を切除、禁忌の処置で死亡!京都第一赤十字病院医療事故隠蔽事件 「12人死亡」の新事実|長谷川学

正常脳を切除、禁忌の処置で死亡――なぜ耳を疑う医療事故が相次いで起きているのか。その実態から浮かびあがってきた驚くべき杜撰さと隠蔽体質。ジャーナリストの長谷川学氏が執念の取材で事件の真相を暴く。いま「白い巨塔」で何が起きているのか。


トランプ前大統領暗殺未遂と政治家の命を軽視する日本のマスメディア|和田政宗

トランプ前大統領暗殺未遂と政治家の命を軽視する日本のマスメディア|和田政宗

7月13日、トランプ前大統領の暗殺未遂事件が起きた。一昨年の安倍晋三元総理暗殺事件のときもそうだったが、政治家の命を軽視するような発言が日本社会において相次いでいる――。


【今週のサンモニ】テロよりもトランプを警戒する「サンモニ」|藤原かずえ

【今週のサンモニ】テロよりもトランプを警戒する「サンモニ」|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。