「全てが嘘のギャング政権」中国共産党は人類にとって危険だ|スティーブン・バノン

「全てが嘘のギャング政権」中国共産党は人類にとって危険だ|スティーブン・バノン

「中国共産党の言うことは全てが嘘だ。嘘のうえに成り立つ政権。まるで化合物のように、嘘がDNAに浸み込んでいる。中国共産党はギャング政権だ。彼らはギャングのように考え、ギャングのように組織し、ギャングのように統治する」――“影の大統領”と言われた元米大統領首席戦略官が武漢コロナを巡る中国の大嘘を暴くと同時に、「中国の奴隷たちはタダ働きだ」といって中国人労働者を搾取し続けてきた世界の経済人、金融家たちの大罪も厳しく指弾する!


しかし、このウイルスは心配です。たとえば、一部の人々は無症状の人々から感染しています。武漢のヒーローとして有名な李文亮医師は、警告していました。中国共産党は、噂を広めたとして彼を拘束。彼のキャリアを剥奪し、彼を逮捕しようとしました。しかし、彼は正しかった。  

もし中国共産党が李医師とその同僚の話を真剣に聞いていたら、迅速に対処できたかもしれない。しかし、彼らは権力しか頭にないから李医師を非難するだけでした。李医師は「私は嘘を拡散した」という書面にサインさせられました。  

李医師はその後、病院に戻り、勤務する道を選んだ。彼は亡くなる直前、ニューヨーク・タイムズ紙のインタビューに応じ、「うっかりした」と語りました。彼は無症状の82歳の患者を診ている時に、うっかり防護服を外してしまった。その患者から感染し、10日後に亡くなりました。武昌医院の院長も、無症状の患者から感染したと聞いています。  

我々はまだ多くのことが分かっていません。中国共産党が世界のウイルス専門家の武漢入りを許可していないからです。全員が中国共産党の情報に頼っている。しかし、その情報はあてにならない。彼らは息を吐くように嘘をつくからです。  

トム・コットン議員は言いました。

「世界にいる我々が情報を探り、質問し続ける義務はない。北京にいる中国共産党と指導者たちが世界に歩み寄り、世界を受け入れ、中国人を助けて世界の安全を守る義務がある」  

これは、私たちが何年も何年も話してきたことです。中国共産党は中国人にとって危険であり、そして最も重要なのが、彼らは人類にとって危険だということなのです。彼らはギャングのように考える。暴漢の一味であり、彼らはこの状況を作った。故意ではなかったとしても、自然発生だったかもしれませんが、彼らは情報を隠蔽している。権力のために嘘をついている。どっちにしろ、彼らは中国を破壊しているのです。彼らは世界中を破壊しようとしているのです。

悪魔のウイルスが暴くこと

Getty logo

中国共産党は二つのことを恐れています。

一つ目は、外国勢力の力を借りることです。アメリカは中国人の敵であり、中国共産党の敵ですから、もし外国の“悪魔の力”を借りたら、天命を失い、国家の合法性が失われる。アメリカに頼ってパンデミックを抑制するなんて、彼らには考えられないことです。  

二つ目は非常に重要なことで、香港大学のガブリエル・リアン博士を含む世界トップの医師が来たら、これが生物兵器計画から来たものなのかどうかバレてしまうということです。たとえ生物兵器でなくても、中国が嘘をついていたこと、また李医師の警告を無視していたと世界が知ってしまう。12月に流行を阻止できていたかもしれない、と。  

だから、我々は初めてこのウイルスに感染した、いわば「患者0号」を探すべきなのです。感染したのは11月だったのか、10月だったのか──それが知られることを彼らは恐れているのです。  

そして、彼らは常に一つのことを恐れています。真実です。チベット仏教徒、東トルキスタン、法輪功、地下カトリック教会──中国共産党が何十年も行ってきたのは、嘘をつくことと弾圧です。なのに、その罪を逃れてきた。  

なぜか。理由は一つです。欧米の資本家や大企業が、中国人の犠牲のうえに大金を儲けてきたからです。彼らは中国人なんてどうでもいいと思っています。  

ところが、今回は世界的な問題に発展しています。イランの人々は病気になり、イタリアでも豊かなロンバルディア州で集団感染が起きている。カナダもアメリカも、世界中で感染が拡大し続けている。世界中の問題になりました。そしていま、中国のすべての嘘が毎日、暴露されています。  

習近平が「ウイルスは悪魔だ」と言ったことは唯一嘘ではありません。悪魔は隠すことを許しません。この悪魔のウイルスが、中国共産党の全ての嘘や不正確な情報、すべての民族、すべての信仰、すべての組織に対する残虐な弾圧と虐待を暴くのです。中国共産党はその責任を問われるでしょう。

10億人を超える感染者が

関連する投稿


国を憂える政治家はいるか|田久保忠衛

国を憂える政治家はいるか|田久保忠衛

当然ながら、参院選最大の論点は、日本を改革する憲法改正の是非になるはずだ。が、どの候補が日本の国難の核心に触れる意見表明を行ったか。自分はどうなろうと国を憂える、といったパフォーマンスは流行らなくなったのだろうか。


徹底検証!中国で「宮廷クーデター」発生か|澁谷司

徹底検証!中国で「宮廷クーデター」発生か|澁谷司

世界では、習近平が退陣するのではないかというニュースが飛び交っている。一部のSNSでは、習近平主席がすでに半ば退位し、李克強首相が代行しているとの書き込みで溢れている。果たして、この「宮廷クーデター」(「反習派」による習主席の退位)の“噂”は本当なのか? 徹底検証する。


「米国による平和」は終わった|田久保忠衛

「米国による平和」は終わった|田久保忠衛

10年以内に中国は米国よりも強くなると見るドイツ人は56%に達しており、米国は頼みにならないので欧州の防衛に投資すべきだと考える向きは60%に及んでいる。


敬服すべきブレジンスキー氏の洞察力|田久保忠衛

敬服すべきブレジンスキー氏の洞察力|田久保忠衛

ブレジンスキーが今から25年前に書いた「巨大な将棋盤」には、中国の現状、さらにはロシアがウクライナに侵攻し、目的を達成すればユーラシア大陸、ひいては世界の大国にのし上がるだろうと予想されていた。ブレジンスキーは日本に対しても鋭く言及している。


米露のプロパガンダに踊らされるな!|山岡鉄秀

米露のプロパガンダに踊らされるな!|山岡鉄秀

主流メディアで流される情報がいかに恣意的に操作されているか、骨身にしみて知っているはずだ。それを思い知らされたのが1991年の第1次湾岸戦争である。油にまみれた水鳥、そして、泣きながらイラク人兵士の蛮行を議会で証言したクウェート人少女。それらは戦争広告代理店によって仕組まれたフェイクニュースだった――。親ウクライナか、親ロシアか、の二元論で喧嘩している場合ではない!


最新の投稿


新領域での戦いに自衛隊は取り残される|織田邦男

新領域での戦いに自衛隊は取り残される|織田邦男

サイバー戦においても立ちはだかる「専守防衛」の軛。日本は現代戦に取り残される一方である。にもかかわらず、「自衛隊は現代戦が戦えるのか」といった本質的な問いかけをする政党はない。


自民党「敗北」の可能性も 参院選終盤情勢を占う|和田政宗

自民党「敗北」の可能性も 参院選終盤情勢を占う|和田政宗

参院選は終盤戦へ突入し、10日の投開票日まで1週間を切った。ここにきて自民支持が下落しているのはなぜなのか。自民に投票していた方々の投票先は今回どうなるのか。私の分析では岩盤保守層、岩盤自民支持層20%のうちすでに10%は逃げている――。


国を憂える政治家はいるか|田久保忠衛

国を憂える政治家はいるか|田久保忠衛

当然ながら、参院選最大の論点は、日本を改革する憲法改正の是非になるはずだ。が、どの候補が日本の国難の核心に触れる意見表明を行ったか。自分はどうなろうと国を憂える、といったパフォーマンスは流行らなくなったのだろうか。


違う意見に耳を傾けたら相手をもっと嫌いになった! クリス・ベイル『ソーシャルメディア・プリズム』(みすず書房)

違う意見に耳を傾けたら相手をもっと嫌いになった! クリス・ベイル『ソーシャルメディア・プリズム』(みすず書房)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


徹底検証!中国で「宮廷クーデター」発生か|澁谷司

徹底検証!中国で「宮廷クーデター」発生か|澁谷司

世界では、習近平が退陣するのではないかというニュースが飛び交っている。一部のSNSでは、習近平主席がすでに半ば退位し、李克強首相が代行しているとの書き込みで溢れている。果たして、この「宮廷クーデター」(「反習派」による習主席の退位)の“噂”は本当なのか? 徹底検証する。