【脱北作家 慟哭の独占手記】 文在寅は脱北者虐殺犯だ!(後編)|李主成(イ・ジュソン)

【脱北作家 慟哭の独占手記】 文在寅は脱北者虐殺犯だ!(後編)|李主成(イ・ジュソン)

「文在寅は人権派弁護士、親北派政治家として知られているが、その実は政治目的のためなら人命をも犠牲にする冷酷で残忍な男だ。私は文在寅の本性、脱北者がおかれている現状を日本の読者に何としても知ってもらいたいと思い、筆をとった」ーーある脱北作家が命懸けで綴った慟哭の手記。


話を2人の脱北者に戻そう。統一部長官の金錬鉄は11月8日、国会予算決算特別委員会の全体会議で、「彼ら(2人の脱北者)が亡命意思を明らかに表現したのか?」という共に民主党の金玄権議員の質問に対して、「(漁民たちが)『死んでも(北に)戻りたい』という供述もはっきり行った」と述べた。  

この言葉を信じることができるだろうか? 彼らは、1人を殺しても北朝鮮に戻れば銃殺刑に処されることを知っているのに、16人も殺しておいて「北朝鮮に死んでも戻りたい」と言ったというのだ。  

一方、金銀漢統一部副報道官は、7日の会見で北送された2人の脱北者が「韓国への亡命意思を明らかにしていた」と述べた。上司と部下の主張に全く辻褄が合っていないのだ。  

さらに李相旻統一部報道官は、「(これらの殺人行為が)前例のない凶悪犯罪だという事実と経路、行跡などを総合判断したとき、亡命の意思がないものと最終的な結論を下した」とした。韓国政府の発言に全く一貫性がない。  

韓国のメディアでは、2人の脱北者が亡命の意思を明らかにすると「統一部と国情院は北朝鮮に送還させるかどうかで相当悩んだ」と報じられている。そして、最終的に青瓦台で「2人を北朝鮮に返せ」と強制送還を決定したという。青瓦台の最終決定権者は、言うまでもなく文在寅である。

目隠しをして板門店まで護送

Getty logo

Getty logo

強制送還決定後、警察が2人に目隠しをして板門店まで護送した。板門店に到着し、目隠しをとると、そこで初めて2人の脱北者は自分たちが北朝鮮に強制送還されることを知り、絶望のあまりその場で卒倒してしまったという。そこにいた誰もがこの後、北朝鮮でこの2人がどのような運命を辿るかを知っていた。  

国際人権団体ヒューマン・ライツ・ウオッチ(HRW)は、「北朝鮮の極めて残虐な司法制度の下へ2人を帰したことは国際法に違反する」と韓国政府を厳しく非難した。  

文在寅は、他の弁護士が引き受けないような凶悪殺人犯の弁護を自ら名乗り出て引き受けてきた人権派弁護士ではなかったのか。2人の脱北者が「凶悪犯」であるならば、彼らの弁護を自ら進んでするのが文在寅ではなかったのか。  

文在寅と金錬鉄は、納得いく説明をすべきだ。脱北者を北朝鮮に送還するのは殺人に等しい行為で、もし確たる証拠がなければ彼らは殺人者であり、法的責任を問うため、彼らを大韓民国刑法で訴え国際刑事裁判所に告発する。

関連する投稿


北朝鮮の対露支援の内幕|西岡力

北朝鮮の対露支援の内幕|西岡力

特殊部隊を労働者に偽装してドンバス(東部2州)に派遣して復興工事にあたらせ、場合によっては戦闘参加もさせる―金正恩が指示したロシア政府への提案の具体的な中身とは。


オークションに弾薬製造用機器が!安倍元総理「国葬」とテロのリスク|小笠原理恵

オークションに弾薬製造用機器が!安倍元総理「国葬」とテロのリスク|小笠原理恵

安倍元総理暗殺事件でテロ行為のハードルが下がった。すでにテロリストたちが動き出した予兆は多数ある。そんななか、銃弾や砲弾を作るための機器類が日々、オークションにかけられている……。山上徹也容疑者のように一人静かに自宅で銃弾や砲弾等の爆発物を作っている人物がどこかにいる可能性は否めない。


消えた「国家安全保障会議」 ――日本の安全保障体制を崩壊させる岸田首相|山口敬之【WEB連載第15回】

消えた「国家安全保障会議」 ――日本の安全保障体制を崩壊させる岸田首相|山口敬之【WEB連載第15回】

ナンシー・ペロシの訪台に激怒した中国は8月4日、いっぺんに11発もの弾道ミサイルを日本の周辺海域に着弾させた。このうち5発は与那国島の西側上空を飛び越えて日本のEEZ内に着弾。ところが、岸田首相はこの中国による露骨な恫喝に対して、国家安全保障会議を開催しなかった――。


軍事情報ダダ漏れ!2⃣ 潜水艦への魚雷搭載動画が全世界配信!|小笠原理恵

軍事情報ダダ漏れ!2⃣ 潜水艦への魚雷搭載動画が全世界配信!|小笠原理恵

2019年4月1日、東京新聞は《宮古島の陸上自衛隊駐屯地に「弾薬庫」 島民には「保管庫」と説明 防衛省「説明不十分だった」》とスクープ。大きな役割を果たしたのは、市民団体の基地周辺の写真撮影、ドローンでの空撮だった……。日本政府はいつまでおおらかに自衛隊の情報を撮影させ続けるのだろうか。


韓国の反日プロパガンダを撃退せよ!|和田政宗

韓国の反日プロパガンダを撃退せよ!|和田政宗

なぜ韓国は「反日プロパガンダ」から卒業できないのか。韓国のプロパガンダの元になっているのは、日本の朝鮮統治が「植民地支配」「侵略」であったというものだが、当時の日本の統治は、「植民地支配」とも「侵略」とも言えないのである――。


最新の投稿


日中国交正常化50年 中国の横暴を防ぐ出発点に!|和田政宗

日中国交正常化50年 中国の横暴を防ぐ出発点に!|和田政宗

「中国は低姿勢だったが、50年たったら態度はガラッと変わる。大きく経済発展して日本を見下すようになるよ」(時事通信)。当時の大平正芳外務大臣の予言だが、まさにその通りの状況になった。今こそ国交正常化以降の50年を、中国対応を誤った50年として反省すべきだ。


【日本原論】サタンに敗けない![冒頭先行公開]

【日本原論】サタンに敗けない![冒頭先行公開]

旧統一教会を巡る問題について、「サンデージャポン」での「爆笑問題」の太田光の発言がまたもや炎上。「#太田光をテレビに出すな」がTwitterでトレンド入りまでした。太田光は何を思う……本誌人気連載「日本原論」で大いに語った!


「ケツ舐め記者」と誹謗する金平茂紀の正体|山口敬之【WEB連載第17回】

「ケツ舐め記者」と誹謗する金平茂紀の正体|山口敬之【WEB連載第17回】

9月17日、金平茂紀氏はFacebookにこう投稿した。《この国にも「ケツ舐め記者」という連中が少なからず棲息していて、権力者、独裁者、ご主人様の局所を舐めて、その対価として「ご褒美」をもらって、それを得意げに広報し、「独自」「スクープ」とかのワッペンを自分で貼りつけて(中略)男性にも女性にも、もちろんいます、「ケツ舐め記者」は》。金平氏は、一体何様のつもりなのか。


日米共同演習でロシアを牽制せよ|岩田清文

日米共同演習でロシアを牽制せよ|岩田清文

今、米国が最も神経を使っているのは、今後、ウクライナの反撃が進展し、東部2州あるいは、クリミアまでをも奪還できる状況になった時、それをどこまで許容するかという点であろう。


数字合わせの防衛費で防衛力強化はできない|織田邦男

数字合わせの防衛費で防衛力強化はできない|織田邦男

言葉は美しい。だが、防衛省単独の予算を積み上げるより、他省庁の経費も含めた方が本来の防衛予算を抑えつつ「GDP比2%」を達成しやすくなるという思惑がみえみえである。