【脱北作家 慟哭の独占手記】 文在寅は脱北者虐殺犯だ!(後編)|李主成

【脱北作家 慟哭の独占手記】 文在寅は脱北者虐殺犯だ!(後編)|李主成

「文在寅は人権派弁護士、親北派政治家として知られているが、その実は政治目的のためなら人命をも犠牲にする冷酷で残忍な男だ。私は文在寅の本性、脱北者がおかれている現状を日本の読者に何としても知ってもらいたいと思い、筆をとった」ーーある脱北作家が命懸けで綴った慟哭の手記。


【脱北作家 慟哭の独占手記】 文在寅は脱北者虐殺犯だ!(前編)はこちら

16人の船員を殺した? 俄かには信じられない話

2019年11月7日午後3時、韓国統一部長官の金錬鉄は、日本海上で拘束した北朝鮮の男2人を猟奇殺人者だとして板門店から強制送還した、と発表した。  

2人は10月下旬、過酷な扱いを受けたために激高してイカ釣り漁船の船長を殺し、それに抗議した残りの乗員15人を殺害して、遺体を全て海に投げ捨てたという。その逃走中だったことが判明したため、韓国統一部は追放措置を取った、というのだ。  

しかし、彼らが「16人の船員を殺した」というのは金錬鉄の言葉であり、確認された証拠はどこにもない。  

私は北朝鮮で15年間、咸鏡北道の海辺で暮らした。海を少しでも知る者ならば、大半の船乗りたちが性格が荒々しいことくらいはよく知っている。体が丈夫でなければ、海で漁をすることなどできない。そのような男たちが、何の抵抗もせずに銃器を持たない二十代の青年らによって、16人も殺されたというのか。しかも、この小さな木舟のなかで(写真参照)。俄かには信じられない話だ。

強制送還された脱北者たちが乗ってきた長さ15メートルのイカ釣り漁船。

「あいつは北朝鮮で人を殺した殺人者だ」―これこそ北朝鮮の常套手段

統一部曰く、「殺人を犯した脱北者3人が北朝鮮の金策港に戻り、1人は慈江道に行くために陸地に下りて捕まり、あとの2人は船に乗って逃げた」という。ところが、この情報がどのように確認されたものなのかを金錬鉄は一切説明していない。  

金錬鉄の言葉が事実だとすれば、北朝鮮当局はなぜ逃げた2人が日本海に来るまで放っておいたのか。北朝鮮は犯罪行為で指名手配された容疑者には全軍、全民が合同捜索隊を組織して捕まえるまで追跡を繰り広げるということは、韓国に逃れて来た約3万5000人の脱北者なら、あまりにもよく知っている事実である。ましてや、16人を殺した凶悪殺人犯を韓国に逃げるまで放っておいた?  金錬鉄の説明を聞いていると、まるで北朝鮮の言い分をそのまま伝えているような印象を受けるのは私だけではないはずだ。  

北朝鮮の殺人独裁政権は、他の国々にも、脱北者たちに対して殺人犯の汚名を着せ、送還を要求する。脱北者がいる国の公安機関に「あいつは北朝鮮で人を殺した殺人者だ」として、本国に送還させるよう迫るのだ。これは北朝鮮の常套手段であり、韓国内でも広く知られている。

世界に報じられた朝鮮人民軍運転兵の脱北

2017年11月に脱北した元兵士の呉青成氏をご存じの方も多いだろう。朝鮮人民軍の運転兵として勤務していた呉青成氏は板門店で逃走を図り、銃撃を受けて瀕死の重傷を負った。その時の映像は日本でも広く放送されたと聞く。もちろん、いまでも YouTube などで見ることができる。  

その後、北朝鮮の殺人独裁政権は何と言っているか。「呉青成は北朝鮮で殺人を犯して逃げた」と、証拠を一切提示することなく主張し続けている。これに対して、呉青成氏はそれを完全否定、「私は殺人など一切犯していない」と海外のインタビューでも明確に証言している。これが北朝鮮の手口なのだ。

韓国政府の発言に全く一貫性がない

話を2人の脱北者に戻そう。統一部長官の金錬鉄は11月8日、国会予算決算特別委員会の全体会議で、「彼ら(2人の脱北者)が亡命意思を明らかに表現したのか?」という共に民主党の金玄権議員の質問に対して、「(漁民たちが)『死んでも(北に)戻りたい』という供述もはっきり行った」と述べた。  

この言葉を信じることができるだろうか? 彼らは、1人を殺しても北朝鮮に戻れば銃殺刑に処されることを知っているのに、16人も殺しておいて「北朝鮮に死んでも戻りたい」と言ったというのだ。  

一方、金銀漢統一部副報道官は、7日の会見で北送された2人の脱北者が「韓国への亡命意思を明らかにしていた」と述べた。上司と部下の主張に全く辻褄が合っていないのだ。  

さらに李相旻統一部報道官は、「(これらの殺人行為が)前例のない凶悪犯罪だという事実と経路、行跡などを総合判断したとき、亡命の意思がないものと最終的な結論を下した」とした。韓国政府の発言に全く一貫性がない。  

韓国のメディアでは、2人の脱北者が亡命の意思を明らかにすると「統一部と国情院は北朝鮮に送還させるかどうかで相当悩んだ」と報じられている。そして、最終的に青瓦台で「2人を北朝鮮に返せ」と強制送還を決定したという。青瓦台の最終決定権者は、言うまでもなく文在寅である。

目隠しをして板門店まで護送

Getty logo

Getty logo

強制送還決定後、警察が2人に目隠しをして板門店まで護送した。板門店に到着し、目隠しをとると、そこで初めて2人の脱北者は自分たちが北朝鮮に強制送還されることを知り、絶望のあまりその場で卒倒してしまったという。そこにいた誰もがこの後、北朝鮮でこの2人がどのような運命を辿るかを知っていた。  

国際人権団体ヒューマン・ライツ・ウオッチ(HRW)は、「北朝鮮の極めて残虐な司法制度の下へ2人を帰したことは国際法に違反する」と韓国政府を厳しく非難した。  

文在寅は、他の弁護士が引き受けないような凶悪殺人犯の弁護を自ら名乗り出て引き受けてきた人権派弁護士ではなかったのか。2人の脱北者が「凶悪犯」であるならば、彼らの弁護を自ら進んでするのが文在寅ではなかったのか。  

文在寅と金錬鉄は、納得いく説明をすべきだ。脱北者を北朝鮮に送還するのは殺人に等しい行為で、もし確たる証拠がなければ彼らは殺人者であり、法的責任を問うため、彼らを大韓民国刑法で訴え国際刑事裁判所に告発する。

北朝鮮人権団体を冷遇

Getty logo

Getty logo

韓国は物質文明の発展度が世界10位以内に属する経済大国であり、名実ともに脱北者第一世代である李承晩、金九をはじめとする数多くの北朝鮮に故郷を置いた人物が建国した国である。韓国を守るために、数十万人の失郷民という北朝鮮人が命を捧げた。今日の経済大国、韓国は北朝鮮人の功を除いて語ることはできない。  

いま、文在寅の出自を巡っては韓国のネット上でも様々な憶測が飛び交っているが、文在寅にとっても、両親が朝鮮戦争時に北朝鮮の興南から逃れてきた避難民だったことなどから北朝鮮が先祖の土地であることに変わりはない。  

ところが文在寅は、青瓦台に入城し、韓国に定着した脱北者たちに“宣戦布告”をした。  

たとえば、北朝鮮人権財団の全面解体が挙げられる。北朝鮮人権財団は、朴槿惠政府が北朝鮮人権改善と韓国で活動する脱北者団体活動を支援する目的で設立した公益財団だったが、文在寅は財団への公的な支援金を廃止し、脱北者が運営する人権団体への政府支援もことごとく打ち切った。韓国には北朝鮮人権団体が四十近くあったが、その事務所の運営費負担なども打ち切られてしまった。  

文政権発足以降、韓国外交部では北朝鮮人権大使のポストも空席が続いている。いまや、文在寅の脱北者弾圧政策は極度に達していると言っても過言ではない。

ソウルの中心で餓死

Getty logo

1990年代中頃、300万人の北朝鮮住民が飢え死に、20万人以上が行方不明になった大飢饉が起きたことはよく知られている。その地獄を生き延び、韓国に亡命した脱北者ハン・ソンオク氏(42歳)が、2019年7月31日、幼い息子キム・ドンジン君(6歳)と一緒に自宅で死体で発見された。食べものが溢れるソウル中心の賃貸住宅で餓死したのだ。  

キム・ドンジン君は癲癇にひどく苦しんでおり、母親のハン・ソンオク氏が彼を家に置いて仕事に出ることができない状態が続いていた。ところが、ハン・ソンオク氏は中国に韓国系中国人の夫がいるとし、韓国政府の福祉支援対象から排除されていたのだ(脱北ブローカーたちが脱北女性たちを中国の田舎の男たちの妻にあてがい、金儲けをする犯罪行為が横行しており、ハン・ソンオク氏もこの中国人の夫に売り渡された)。  

中国人の夫はいつも酒に溺れ、ハン・ソンオク氏に対して日常的に暴力を振るっていた。息子のドンジン君がお腹にいたときに蹴られたのが、彼が癲癇にかかった原因でもあった。そのような理由から、ハン・ソンオク氏は夫と離婚したくてもできず、韓国に一人逃げてきた経緯がある。

「救いを求める電話」を拒絶した脱北者支援機関

病気を患う息子を育てながら働くことができない状況に陥ったハン・ソンオク氏は、月に9万ウォンの電気代と水道代をはじめとする公共住宅料金を数カ月間滞納した。賃貸住宅公社から家の電気と水道を止められたハン・ソンオク氏は、地域の住民センターに行き、事情を話して助けを求めたという。三度ほど訪ねたが、住民センターは彼女が保護対象ではない、と説明するだけだった。  

脱北者支援機関の南北ハナ財団は、年間約400億ウォンの予算が支援されている政府の管轄機関だが、文在寅の意向を受け脱北者支援など一切せず、彼女からの救いを求める電話がかかってくるたびに話の途中で電話を切り、対話を拒絶したという。  

2人の遺体は死後2カ月あまりが経って、水道検針員によって発見された。彼女の預金残高は〇ウォン、家の冷蔵庫は空っぽで、唐辛子の粉が半スプーンほど残った容器だけが置いてあったという。  北朝鮮の地獄を生き抜いたハン・ソンオク氏とキム・ドンジン君は、食べものが溢れ、犬さえもダイエットをしているソウルのど真ん中で飢えて死んだのだ。韓国に住む約3万5000人の脱北者たちは、いま怒りに震えている。

脱北者による反文在寅デモ

連日、李主成氏が青瓦台の前で行っている文在寅糾弾デモ。プラカードに「国民に内緒で強制北送 殺人政権OUT!!」と書かれている。

文在寅の脱北者排斥政策によってハン・ソンオク氏母子が餓死したにもかかわらず、脱北者支援を担当する関係省庁である統一部の金錬鉄長官と南北ハナ財団は、ハン・ソンオク氏母子を追悼して脱北者たちが設けた焼香所に、数カ月が過ぎたいまも誰も訪れてない。脱北者たちの怒りは、さらに増幅している。  

犬や猫といったペットが死んだり虐待を受けたりすることがあれば、警察を動員して捜査する国が韓国だ。自分たちの誤った政策で人間が餓死したのに、文在寅をはじめとする親北政権の官吏たちは無視し、平然としている。  

繰り返す。凶悪殺人犯の人権でさえ保護すべきだと唱える人権派弁護士が文在寅ではなかったのか。その文在寅が、自由を求めて命をかけてきた脱北者たちを北朝鮮に強制送還し処刑させ、あるいは餓えさせて殺している。  

いま韓国にいる脱北者たちは、文在寅の退陣を要求して、数カ月にわたる抗議集会を繰り広げている。 脱北者たちは2019年9月21日と10月3日、2度にわたり、文在寅の謝罪を要求し、警察の障壁を崩して青瓦台へと突進した。その後も、統一部長官金錬鉄の辞任と文在寅の謝罪を受けるまで闘争する意志を燃やして、記者会見と抗議デモを繰り広げている。  

韓国で脱北者たちはいま、文在寅政権の圧政により虐げられ、同胞たちは見殺しにされている。脱北者団体と脱北者たちは、文在寅を青瓦台から引きずり下ろし、歴史の審判台に立たせる日まで闘争を止めない。 (翻訳/宇野光)

著者略歴

イ・ジュソン

https://hanada-plus.jp/articles/273

小説家、詩人。1965年、平壌市万景台区域生まれ。1968年、咸鏡北道会寧市ユソン炭鉱に強制移住。炭鉱労働者、機械労働者などを経て、2003年、朝鮮労働党選定、扇動部ムンシム貿易会社中国延辺担当出張所長、2004年、朝鮮万年貿易総会社中国延辺担当貿易会寧支社長を務める。2006年1月、脱北。現在、NKデザイン協会(北朝鮮人権団体)、パンヌ文化企画会社代表。韓国小説協会会員。

【脱北作家 慟哭の独占手記】 文在寅は脱北者虐殺犯だ!(前編)はこちら

関連する投稿


2025年までに「統一朝鮮」が誕生する!|茂木誠

2025年までに「統一朝鮮」が誕生する!|茂木誠

米中覇権争いが激化していく一方で、朝鮮半島は2025年に向けて「統一朝鮮」への動きが活発化、それをアメリカは認めるだろう……起ころうとしている世界の大転換に日本はどう対峙すればよいのか。『地政学(地理+歴史+イデオロギー)』を武器に、駿台予備校大人気講師がズバリと指摘!(初出:『Hanada』2019年12月号)


韓国最大の反日組織「VANK」の正体|山崎文明

韓国最大の反日組織「VANK」の正体|山崎文明

いま世界中のインテリジェンス機関が注視しているのがインフルエンスオペレーション(誘導工作)だ。その脅威に日本が長年にわたって晒され続けていることはほとんど知られていない。異常な反日工作、情報操作、フェイクニュース―韓国最大の反日組織「VANK」の驚くべき実態をインテリジェンスの専門家が暴く!


事実を言って何が悪い!『反日種族の常識』発刊|室谷克実

事実を言って何が悪い!『反日種族の常識』発刊|室谷克実

これまで日本ではほとんど伝えられていなかった反日種族の常態(思考の仕方と行動)を一冊に纏めました。本書に書かれた「18のファクト」は全て韓国も認め報じています。ところが日本では「ヘイトだ!」と批判され一切報じられません。「韓国に関しては、事実であっても書いてはいけないことがある」と自制している限り、日本の国益は永遠に損なわれ続けるでしょう。今こそ全国民が知っておきたい韓国批判の新常識。


【スクープ!】中国ドローン侵略はすでに始まっている|山崎文明

【スクープ!】中国ドローン侵略はすでに始まっている|山崎文明

いま世界中あらゆる場面で使用されているドローン。ところが、その市場シェアの8割が中国製であることはあまり知られていない。中国に蓄積され続ける空撮データ、“丸裸”にされる日本の国土、このままでは近い将来、人民解放軍のドローン攻撃に晒される日が確実に来る――。報じられない中国ドローン侵略の実態を緊急レポート。


岩田清文『中国、日本侵攻のリアル』/中国の「ハイブリッド侵攻」に備えよ

岩田清文『中国、日本侵攻のリアル』/中国の「ハイブリッド侵攻」に備えよ

「このままでは先島諸島の防衛は不可能」……元陸自トップが衝撃の告白。37年間の自衛隊勤務経験に基づく豊富な事例と教訓から、自衛隊という組織と人に本気の改革を迫る一冊。「新しい戦争」の世界的変化についていけない日本人に向けて、ハイブリッド戦による侵略の脅威を完全解説した本書の書評です。


最新の投稿


なべやかん遺産|「大魔神」

なべやかん遺産|「大魔神」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し!


月刊『Hanada』2020年5月初夏号

月刊『Hanada』2020年5月初夏号

5月号も永久保存版!なぜ早期に、安倍首相は中国全土からの入国禁止をしなかったのか。コロナ・ショックで日本経済はどうなるのか。イタリアの失敗の本質、習近平の宣伝戦、テレビ報道の欺瞞、コロナ後の世界など「武漢肺炎」をあらゆる角度から徹底分析!テレビ報道ではわからない、わからなかった情報や秘話が満載。「『実子誘拐ビジネス』の闇!人権派弁護士らのあくどい手口」(告発スクープ!)、「教科書検定問題徹底追及第2弾!」など注目記事が盛りだくさん。5月号は伝説の号に、きっと、なる!


「2020年5月号」新聞広告大公開!

「2020年5月号」新聞広告大公開!

完売続出の5月号。今回の新聞広告もかなりおもしろい展開に…。「武漢肺炎」「武漢ウイルス」がOKなところもあれば、NGなところも。なかには「親日国・台湾」がNGな新聞社も。あなたの新聞はどのタイプでしょうか。新聞社のスタンスがまるわかり、全5パターンを特別公開!広告がおもしろければ、雑誌もおもしろい!雑誌がおもしろければ、広告もおもしろい!いま読みたい記事が、ここにはある!


 Darkness of child abduction business|Nozomi Makino

Darkness of child abduction business|Nozomi Makino

In Japan today, parental child abductions occur on a daily basis, and false DV claims are fabricated to justify them. A father, whose child was abducted, accuses so-called "human rights groups" of defamation. His case shows their fraudulent business in quite some detail. Their dirty tricks are finally revealed!


新型コロナ蔓延は中国共産党の「殺人だ」|楊逸

新型コロナ蔓延は中国共産党の「殺人だ」|楊逸

中国出身で2012年に日本国籍を取得した芥川賞作家が、涙と怒りの告発! 文化大革命の経験から、中国政府を信用してはいけない事を身をもって知り、「彼らは想像をはるかに超える残酷なことを平気で行う」と日本人に警告。