韓国大統領・尹錫悦の犯罪、保守派は幻想を捨てよ|邉熙宰(ピョンヒジェ)

韓国大統領・尹錫悦の犯罪、保守派は幻想を捨てよ|邉熙宰(ピョンヒジェ)

尹錫悦に騙されてはならない!文在寅政権下で検察総長を務めた男が過去に行った国家を揺るがす驚くべき犯罪。尹錫悦の「親日政策」は完全な偽物だ!韓国メディアウォッチの邉熙宰氏が緊急警告。


尹錫悦は今年の8·15光復節の祝辞で、「共産主義者たちが韓国社会で横行している」とまで主張した。 ところが先述したように、尹錫悦は、保守陣営が韓国共産主義勢力の首魁と名指しする文在寅に対しては、何の捜査もしていない。 また、横行しているという共産主義者を探し出すための特別捜査チームを作るよう指示もしていない。 すなわち、尹錫悦の共産主義者関連発言は、ただ保守老人層の支持をつかむためのリップサービスに過ぎない。

過去に尹錫悦は、朴槿恵国政壟断捜査関連の特検第4チーム長として朴槿恵と財閥間の賄賂罪を捜査した。 しかし、実際、朴槿恵が財閥の金を直接受け取った事実は一切なかった。 文化発展とスポーツ発展のために作られたミル財団とK財団の出捐金を財閥が出資しただけだった。朴槿恵は財閥トップに出捐金を要求したこともなく、財団の金を使ったこともない。 それにもかかわらず、尹錫悦はこれを無理やり賄賂罪に仕立て上げ、懲役30年の刑を求刑したのだ。 ちなみに、朴槿恵に直接30年刑を求刑した特検第4チームのナンバー2の韓東勲は今、法務部長官になっている。

現在、尹錫悦を支えている保守層の絶対多数は、過去の特検の捏造捜査によって朴槿恵弾劾が起きたと主張した人々だ。 すなわち、この問題と関連して、今後朴槿恵の発言と行動次第で尹錫悦政権は一夜にして崩壊する可能性もある。 そのため、尹錫悦は就任直前に朴槿恵を訪れ、「面目なく申し訳ない。 名誉回復にすべての助けを尽くす」とし、自身が事実上無理な捜査をしたことを自白している。

朴槿恵は最近、中央日報とのインタビューで、収賄罪など過去の自分に対する特検捜査は不当だったという立場を再度示した。ただ「左派政権が延長されることを防いで安心した」とし、尹錫悦政権自体は認めた。 その一方で、自分に懲役30年の刑を求刑した韓東勳を法務部長官に起用したことについては、当然のことながら不満を吐露した。

台湾問題を利用

Getty logo

尹錫悦は、自分の不透明な理念的アイデンティティ、朴槿恵に対しての無理な捏造捜査によって、いつでも保守層から捨てられるという不安感を抱いている。そこで出したカードが、まさに無理な形の韓米日同盟だ。

尹錫悦は韓米日同盟のために李明博、朴槿恵両大統領が全くとらなかった中国とロシアを直接攻撃する方式を選んでいる。

尹錫悦は昨年4月19日、ロイター通信とのインタビューで、「我々は国際社会とともに力による現状変更に絶対反対する」とし、「単純に中国と台湾だけの問題ではなく、南北間の問題のように域内を越えて全世界的な問題だ」と述べ、突如、台湾問題を持ち出し、中国を挑発した。中国の立場では、台湾問題を韓国と北朝鮮の南北問題のように世界的な問題にすることは、絶対受け入れられない。そんなことは尹錫悦も当然承知の上だろう。案の定、中国の秦剛外交部長は2日後の21日に、「台湾問題で火遊びをする者は必ず自ら燃えて死ぬ」と強く反発した。

台湾問題で破格の発言をした尹錫悦だが、だからといって台湾と緊密に協力をしているわけではない。むしろ台湾側は、事前にいかなる緻密な計画と協議もなく、第3国である韓国が台湾問題を突如前面に押し出し、中国への挑発を強行したことを不便に思っていると見る必要がある。尹錫悦は国内の保守層に韓米日同盟を強調するため、台湾問題を利用しているだけだ。

尹錫悦は、これまで中国よりも韓国と友好的だったロシアに対しても挑発を行なっている。一例をあげると、ウクライナを助ける名目で兵器支援まで示唆した。 結果、ロシアは孤立した北朝鮮の金正恩第1書記を呼び込み、事実上、韓国に対する外交安保的報復に乗り出した。

もちろん、韓米日同盟は韓国保守陣営の基本原則である。しかし、韓米日同盟をするからといって、不必要に中国、ロシアと衝突する理由はない。特に韓国は、北朝鮮の非核化のためには、中国とロシアの協力を求めなければならない立場にある。にもかかわらず、むしろ中国、ロシア、北朝鮮をさらに団結させている状況について、尹錫悦は何の問題意識も感じていない。 尹錫悦は、自分に対する保守層の支持をつかむために北東アジアの秩序を崩しているのだ。

矛盾だらけの対日プレゼント攻勢

関連する投稿


「もしトラ」ではなく「トランプ大統領復帰」に備えよ!|和田政宗

「もしトラ」ではなく「トランプ大統領復帰」に備えよ!|和田政宗

トランプ前大統領の〝盟友〟、安倍晋三元総理大臣はもういない。「トランプ大統領復帰」で日本は、東アジアは、ウクライナは、中東は、どうなるのか?


【読書亡羊】「K兵器」こと韓国製武器はなぜ売れるのか 伊藤弘太郎『韓国の国防政策』(勁草書房)

【読書亡羊】「K兵器」こと韓国製武器はなぜ売れるのか 伊藤弘太郎『韓国の国防政策』(勁草書房)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


慰安婦問題を糾弾する「日韓共同シンポジウム」の衝撃|松木國俊

慰安婦問題を糾弾する「日韓共同シンポジウム」の衝撃|松木國俊

日本側の慰安婦問題研究者が、「敵地」とも言うべき韓国に乗り込み、直接韓国の人々に真実を訴えるという、大胆で意欲的な企画が実現した。これまでになかった日韓「慰安婦の嘘」との闘いをシンポジウムの登壇者、松木國俊氏が緊急レポート!


イーロン・マスクが激奨する38歳の米大統領選候補者とは何者か|石井陽子

イーロン・マスクが激奨する38歳の米大統領選候補者とは何者か|石井陽子

米史上最年少の共和党大統領候補者にいま全米の注目が注がれている。ビべック・ラマスワミ氏、38歳。彼はなぜこれほどまでに米国民を惹きつけるのか。政治のアウトサイダーが米大統領に就任するという「トランプの再来」はなるか。


靖國神社の御霊に応えよ|古庄幸一

靖國神社の御霊に応えよ|古庄幸一

世界に誇る我が国の伝統と文化を大切にして、国を愛する政府の長たる内閣総理大臣が終戦記念日の8月15日または秋季例大祭に靖國神社を参拝することは、普通の国への一歩になる。


最新の投稿


憲法改正の国会発議はいつでもできる、岸田総理ご決断を!|和田政宗

憲法改正の国会発議はいつでもできる、岸田総理ご決断を!|和田政宗

すでに衆院の憲法審査会では4党1会派の計5会派が、いま行うべき憲法改正の内容について一致している。現在いつでも具体的な条文作業に入れる状況であり、岸田総理が決断すれば一気に進む。


【今週のサンモニ】加藤登紀子が暴いた「サンモニ」のダブスタと不寛容|藤原かずえ

【今週のサンモニ】加藤登紀子が暴いた「サンモニ」のダブスタと不寛容|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


【読書亡羊】世界には「反移民で親LGBT」「愛国的環境保護派」が存在する  中井遼『ナショナリズムと政治意識』(光文社新書)

【読書亡羊】世界には「反移民で親LGBT」「愛国的環境保護派」が存在する  中井遼『ナショナリズムと政治意識』(光文社新書)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


【今週のサンモニ】少子化を促進させた『サンモニ』報道|藤原かずえ

【今週のサンモニ】少子化を促進させた『サンモニ』報道|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


6月10日施行の改正入管法で一体、何が変わるのか?|和田政宗

6月10日施行の改正入管法で一体、何が変わるのか?|和田政宗

不法滞在者や不法就労者をなくす私の取り組みに対し、SNSをはじめ様々な妨害があった――。だが、改正入管法施行の6月10日以降、誰が正しいことを言っているのか明らかになっていくであろう。(写真提供/時事)