韓国大統領・尹錫悦の犯罪、保守派は幻想を捨てよ|邉熙宰(ピョンヒジェ)

韓国大統領・尹錫悦の犯罪、保守派は幻想を捨てよ|邉熙宰(ピョンヒジェ)

尹錫悦に騙されてはならない!文在寅政権下で検察総長を務めた男が過去に行った国家を揺るがす驚くべき犯罪。尹錫悦の「親日政策」は完全な偽物だ!韓国メディアウォッチの邉熙宰氏が緊急警告。


韓国最大のイシュー

拙著は韓国の書店の政治分野でベストセラーになった。 しかし、これに対して尹錫悦政権はいかなる法的措置も取らず、反論もしていない。

今年9月には、日本の産経新聞の英語版ジャパンフォワードにタブレット捏造捜査問題を扱った筆者のインタビュー記事が掲載された。 この記事はジャパンフォワードで9月に最も多く読まれた記事に選ばれた。 また、これを福井県立大学の島田洋一名誉教授、インテリジェンスの専門家で評論家の江崎道朗氏などがX(旧ツイッター)で紹介してくれた。

にもかかわらず、尹錫悦政府は産経新聞やジャパンフォワードに抗議の電話一本もできずにいる。 国内の某放送局が大統領室の海外広報チームにこの問題について問い合わせたが、未だ回答を得られていない。

さらに、香港の有力週刊誌『亜洲週刊』に「監獄も恐れない韓国の独立ジャーナリストの邊熙宰、尹錫悦が『無辜』の朴槿恵の真相を明らかにする」というタイトルでタブレット捏造捜査関連のインタビュー記事が掲載された。すると、韓国のマスコミも韓国大統領の過去の犯罪を報道する海外メディアに対して、何の対応もできずにいる大統領室について遂に取材を始めた。 まもなく尹錫悦の犯罪、タブレット捏造疑惑は韓国最大のイシューになるだろう。

香港の有力週刊誌『亜洲週刊』に邊熙宰(ピョンヒジェ)氏のインタビュー記事が掲載

24年4月の総選挙まで持ちこたえられない

筆者は日本の知識人と日本のマスコミに強く申し上げたい。尹錫悦政権がこの一年間、親日路線を選んだのは、彼が韓日関係改善に対して何らかの信念があったからでは決してない。 彼は自らの捏造捜査で朴槿恵を弾劾、拘束させたことに対して、保守層の反発をなだめるためだけに韓米日同盟を繕っているだけなのだ。 その結果、北朝鮮、中国、ロシアが団結し、北東アジアの安全保障はむしろ不安定化している。

韓国メディアは検察の弾圧を恐れ、尹錫悦のタブレット捏造問題をまともに報道できずにいる。 このような時、友好国の知識人とマスコミがこの問題に対する真実の扉を開けてくれれば、今後の韓国の根強い反日情緒を克服することに大きく役立つのではないかというのが筆者の考えだ。

尹錫悦政権は来年4月の総選挙まで持ちこたえることも難しいだろう。 タブレット捏造の真実が明らかになり、尹錫悦が失脚した後、根本的に韓日関係を解決できる真の保守政権が発足することを願ってやまない。

関連する投稿


「もしトラ」ではなく「トランプ大統領復帰」に備えよ!|和田政宗

「もしトラ」ではなく「トランプ大統領復帰」に備えよ!|和田政宗

トランプ前大統領の〝盟友〟、安倍晋三元総理大臣はもういない。「トランプ大統領復帰」で日本は、東アジアは、ウクライナは、中東は、どうなるのか?


【読書亡羊】「K兵器」こと韓国製武器はなぜ売れるのか 伊藤弘太郎『韓国の国防政策』(勁草書房)

【読書亡羊】「K兵器」こと韓国製武器はなぜ売れるのか 伊藤弘太郎『韓国の国防政策』(勁草書房)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


慰安婦問題を糾弾する「日韓共同シンポジウム」の衝撃|松木國俊

慰安婦問題を糾弾する「日韓共同シンポジウム」の衝撃|松木國俊

日本側の慰安婦問題研究者が、「敵地」とも言うべき韓国に乗り込み、直接韓国の人々に真実を訴えるという、大胆で意欲的な企画が実現した。これまでになかった日韓「慰安婦の嘘」との闘いをシンポジウムの登壇者、松木國俊氏が緊急レポート!


イーロン・マスクが激奨する38歳の米大統領選候補者とは何者か|石井陽子

イーロン・マスクが激奨する38歳の米大統領選候補者とは何者か|石井陽子

米史上最年少の共和党大統領候補者にいま全米の注目が注がれている。ビべック・ラマスワミ氏、38歳。彼はなぜこれほどまでに米国民を惹きつけるのか。政治のアウトサイダーが米大統領に就任するという「トランプの再来」はなるか。


靖國神社の御霊に応えよ|古庄幸一

靖國神社の御霊に応えよ|古庄幸一

世界に誇る我が国の伝統と文化を大切にして、国を愛する政府の長たる内閣総理大臣が終戦記念日の8月15日または秋季例大祭に靖國神社を参拝することは、普通の国への一歩になる。


最新の投稿


【今週のサンモニ】岸田総理訪米を巡るアクロバティックな論点逃避|藤原かずえ

【今週のサンモニ】岸田総理訪米を巡るアクロバティックな論点逃避|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


わが日本保守党|広沢一郎(日本保守党事務局次長)

わが日本保守党|広沢一郎(日本保守党事務局次長)

昨今の政治状況が多くの日本人の心に危機感を抱かせ、「保守」の気持ちが高まっている。いま行動しなければ日本は失われた50年になってしまう。日本を豊かに、強くするため――縁の下の力持ち、日本保守党事務局次長、広沢一郎氏がはじめて綴った秘話。


改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

参院法務委員会筆頭理事として、改正入管法の早期施行を法務省に働きかけてきた。しかしながら、改正入管法成立前から私に対する事実無根の攻撃が始まった――。


【今週のサンモニ】新生「サンモニ」はやっぱりいつも通り|藤原かずえ

【今週のサンモニ】新生「サンモニ」はやっぱりいつも通り|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


なべやかん遺産|「終活」

なべやかん遺産|「終活」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「終活」!