『豪州と中国戦争前夜』|崔大集

『豪州と中国戦争前夜』|崔大集

韓国語版『「目に見えぬ侵略」「見えない手」副読本』(『豪州と中国戦争前夜』)が遂に発刊!日本と同様、中国による目に見えぬ侵略に対して警戒感が薄い韓国国民。その中で大韓医師協会の崔大集(チェ・デジプ)前会長が本書を激賞!その理由とは。


中国共産党による豪州および世界に対する工作活動を明らかにし、この問題で世界最高の理論家として注目される学者が、豪州チャールズ・スタート大学(Charles Sturt University) 教授のクライブ・ハミルトンである。彼の関連著書『目に見えぬ侵略(Silent Invasion)』と『見えない手(Hidden Hand)』は、2021年上半期に韓国でも翻訳出版されベストセラーとなった。

しかし、膨大な分量と馴染みがない題材のため、本の売り上げ部数に比べ韓国内の知識層、そして市民社会での議論はそれほど活発化されなかった。日本でも似た様な現象が起きたのか、クライブ・ハミルトンの原著を新たに整理し紐解いた解説版が出版された。その本こそが『豪州と中国戦争前夜(豪州と中国の予定された戦争 )』(原題:『「目に見えぬ侵」「見えない手」副読本』)である。

Getty logo

国連の中国化

中国共産党の世界覇権問題は、2010年頃から国際社会で大きな話題となり、主に米中覇権闘争の文脈でこの問題を扱う書籍は既に国内外で多数出版されてきた。そして中国共産党の海外スパイ工作についての議論はこれまで無きにしも非ずであった。その中で特定の国家において中国共産党が、いかに浸透・転覆工作を行うかを包括的に扱う試みはほぼ無かったが、クライブ・ハミルトンの著作が大きな注目を集めた理由は、そのような試みが出版分野で初め行われたことにある。

彼の著作には中国の脅威論を軽視して、最終的に「マフィアの頭目ヴィトー・コルレオーネの前に立たされボーイスカウト」のようになってしまった豪州と北米、欧州の赤裸々な実像が盛り込まれた。

本書『豪州と中国戦争前夜』は、クライブ・ハミルトンが『目に見えぬ侵略』と『見えない手』で争点化した中国共産党の豪州および世界浸透・転覆工作を、計40種のテーマに分類し解説している。「大学を監視する中国人留学生たち」、「順に買収されている豪州の港」、「ブレーキのない国連(UN)の中国化」、「ダライ・ラマに会えば経済制裁を受け対中国輸出が減少する」、「メディアと記者の弱点を突く資金提供と接待旅行」、「豪州全土の電気が消える日」など……各タイトルだけでも既に侵略戦争に関する報告書を彷彿とさせる。

クライブ・ハミルトンは、原著では全て実名で批判したが、副読本ではそれらに加え実物の写真まで掲載している。したがって、原著よりも豪州や北米、欧州の状況が読者にはより実感出来るであろう。

Getty logo

関連する投稿


中国のハイブリッド戦に備えよ|太田文雄

中国のハイブリッド戦に備えよ|太田文雄

ペロシ米下院議長の訪台(8月2~3日)に伴い、台湾を威嚇する中国の軍事演習が実施されたが、中国が同時に行った非軍事面での「攻撃」にも注目すべきだ。サイバー攻撃には、日本政府が基本原則とする「専守防衛」で対応できない。


もはや米海軍だけで抑止は効かない|織田邦男

もはや米海軍だけで抑止は効かない|織田邦男

台湾有事は日本有事である。もはや米海軍だけでは抑止は効かなくなった。日本は防衛力強化を急がねばならない。日本のEEZにミサイルを撃ち込まれても、国家安全保障会議(NSC)が開かないという感度の鈍さでは、取り返しがつかなくなる。


台湾を守らなければ、我が国は守れない!|和田政宗

台湾を守らなければ、我が国は守れない!|和田政宗

8月4日、中国は日本の排他的経済水域内を狙って弾道ミサイルを撃った。史上初のことであり、極めて挑発的だ。ステージは変わった! 平和を叫べば平和は守られるという「平和ボケ」を捨て、あらゆる手段をもって国家国民を守らなくてはならない厳しい状況であることを認識すべきだ。


台湾海峡危機への抑止力を高めよ|岩田清文

台湾海峡危機への抑止力を高めよ|岩田清文

問題はペロシ訪台だけではない。訪台があるなしに拘わらず、既に台湾海峡危機は、制御できない限界点に向かって時間が経過している。


国を憂える政治家はいるか|田久保忠衛

国を憂える政治家はいるか|田久保忠衛

当然ながら、参院選最大の論点は、日本を改革する憲法改正の是非になるはずだ。が、どの候補が日本の国難の核心に触れる意見表明を行ったか。自分はどうなろうと国を憂える、といったパフォーマンスは流行らなくなったのだろうか。


最新の投稿


中国のハイブリッド戦に備えよ|太田文雄

中国のハイブリッド戦に備えよ|太田文雄

ペロシ米下院議長の訪台(8月2~3日)に伴い、台湾を威嚇する中国の軍事演習が実施されたが、中国が同時に行った非軍事面での「攻撃」にも注目すべきだ。サイバー攻撃には、日本政府が基本原則とする「専守防衛」で対応できない。


もはや米海軍だけで抑止は効かない|織田邦男

もはや米海軍だけで抑止は効かない|織田邦男

台湾有事は日本有事である。もはや米海軍だけでは抑止は効かなくなった。日本は防衛力強化を急がねばならない。日本のEEZにミサイルを撃ち込まれても、国家安全保障会議(NSC)が開かないという感度の鈍さでは、取り返しがつかなくなる。


台湾を守らなければ、我が国は守れない!|和田政宗

台湾を守らなければ、我が国は守れない!|和田政宗

8月4日、中国は日本の排他的経済水域内を狙って弾道ミサイルを撃った。史上初のことであり、極めて挑発的だ。ステージは変わった! 平和を叫べば平和は守られるという「平和ボケ」を捨て、あらゆる手段をもって国家国民を守らなくてはならない厳しい状況であることを認識すべきだ。


【読者投稿「安倍総理への感謝の手紙」大募集!】

【読者投稿「安倍総理への感謝の手紙」大募集!】

本誌9月号『安倍晋三元総理追悼大特集号』、セレクション『ありがとう そしてサヨナラ 安倍晋三元総理』をお読みになったご感想、ならびに「安倍総理への感謝の手紙」をお寄せください。


台湾海峡危機への抑止力を高めよ|岩田清文

台湾海峡危機への抑止力を高めよ|岩田清文

問題はペロシ訪台だけではない。訪台があるなしに拘わらず、既に台湾海峡危機は、制御できない限界点に向かって時間が経過している。