なぜ福島県は韓国に抗議しなかったのか|渡辺康平

なぜ福島県は韓国に抗議しなかったのか|渡辺康平

「原発事故と福島」は情報戦である。「正しい情報を発信すればわかってくれる」という相手の善意を基本とした風評対策では、中国や韓国の悪意あるプロパガンダには太刀打ちできない。国と県が連携して、相手国内において積極的なロビー活動やPR活動を展開すべきである。


放射能問題は日本の弱点とみる韓国

韓国のVANKが在韓日本大使館建設予定地に貼り付けた「放射線防護服の聖火ランナー」

韓国側の検査手法については無知による所業だが、「原発事故と福島」という題材を持ち出して日本を叩くという韓国側の行為は「誤解や無知」ではなく、「悪質かつ意図的」に行われてきた。

振り返ると、2019年9月に文在寅大統領の与党「共に民主党」は福島県から同心円状に放射能汚染が広がる「放射能汚染地図」を公表した。また翌年にはVANKという反日団体がソウルの在韓日本大使館建設予定地に「放射線防護服の聖火ランナー」のポスターを張り付けている。

オリンピックが開催される前から東京オリンピックに関しては、韓国発の不愉快な出来事が繰り返されてきたが、その頂点ともいうべき事件が、今回の給食センター設置といわゆる「放射能フリーのお弁当」であった。

FNNソウル支局長の渡邊康弘氏によれば、韓国では「日本の放射能問題を世界に知らせる効果がある」と分析。「放射能問題は日本の弱点」との観点から、韓国は官民挙げて日本を責め立てる際にこの問題を利用してきた。

中国の作家魯迅の言葉で「水に落ちた犬は叩け」ということわざがある。凶暴な犬が水に落ちたなら手を緩めずに追撃せよという意味だ。韓国にとって日本が凶暴な犬であれば、原発事故の被災地である福島県は「日本の弱み」と彼の国は見たのだろう。

またメダリストに贈られるブーケに福島県産のトルコギキョウとナルコランなど東日本大震災の被災地で育てられた花が使用されたことに対して、韓国メディアが、「メダルを取れば福島産花束。放射能汚染不安感」「放射能汚染の危険がある」と書き立てた。

このような韓国側の官民を挙げた日本蔑視は、これまでも竹島、慰安婦、応募工、日章旗など様々な政治課題で行われている。そのテーマの一つとして「原発事故」が含まれたのである。

与野党を超えて対応を求める

韓国による一連の行為について、自民党では参議院議員の佐藤正久議員(福島市出身)が7月20日の外交部会において、オリパラ選手村での韓国関係者による福島産食材の忌避と独自に調理した弁当の持ち込み可否について政府には毅然とした対応を強く求めている。

加藤勝信官房長官は7月29日の記者会見で「東京大会における飲食提供については復興五輪の趣旨にのっとり、被災地の食材の活用などを通じて復興五輪の推進を図っている」と述べ、風評被害の払拭に努める考えを示した。

その後、日本政府が7月下旬に韓国外務省に対し、福島産食材は安全が確保されており誤解を招くとして行動の改善を選手団に促すよう求めたことを政府関係者が8月2日に明らかにした。また、メダリストに渡すブーケに福島産の花を使っていることへの韓国メディアの批判的な報道にも懸念を伝えたという。

また自民党福島県議員会の渡辺義信幹事長は8月3日に平沢勝栄復興大臣に対して、「韓国側の一連の行為は福島県民のこれまでの努力を蔑ろにし、虚偽の情報によって風評被害を助長させる」ものとして、毅然たる態度で風評払拭に臨むよう要望している。

その後復興庁は8月5日福島県産食材のおいしさと安全性を国内外に発信するため、東京五輪選手村の2カ所の食堂にPRポスターを掲示した。

今回の韓国問題については野党側からも怒りの声があがり、与野党を超えて日本政府に対して毅然とした対応を求めていることから、大変注目度が高い政治課題であった。

関連する投稿


福山哲郎よ、利いた風な口を叩くな|九段靖之介

福山哲郎よ、利いた風な口を叩くな|九段靖之介

文在寅と福山哲郎。この二人は心性においてなにやら似通っている。口を拭って反省の言葉もなく、菅義偉政権の苦渋の処理水処分について、利いた風な批判を言う資格があるのか。たまには胸に手を当てて自省してみよ。


月刊『Hanada』2021年10月秋桜号

月刊『Hanada』2021年10月秋桜号

自民党総裁選に出馬表明をした高市早苗議員の「わが政権構想」(聞き手・有本香)をはじめ、安倍前総理×マクマスター元大統領補佐官「中国の脅威とどう闘うか」、百田尚樹×石平「中国共産党は史上最悪の寄生虫だ!」、「櫻井よしこさん激怒! 韓国MBCが捏造報道」、藤井聡×木村盛世「『ゼロコロナ詐欺師』に国民は殺される」、岸博幸×原英史「『第三臨調』で官僚の劣化にメス」、長谷川学「実子誘拐を助ける日本の『拉致司法』」など10月号も読みどころが満載!読みたいニュース、知りたいニュースがここにある!


「2021年10月号」新聞広告大公開!

「2021年10月号」新聞広告大公開!

10月号の新聞広告、河北新報のみ、デザインが一部変更となりました。読売新聞に出した広告と見比べてください。難易度はレベル4です!広告がおもしろければ、雑誌もおもしろい!雑誌がおもしろければ、広告もおもしろい!いま読みたい記事が、ここにはある!


世界に恥を晒した「無観客五輪」の報い|門田隆将

世界に恥を晒した「無観客五輪」の報い|門田隆将

無意味な陽性者数で、緊急事態宣言をおこない、飲食店やそこに出入りする業者を最後まで締め上げる政府。そして、東京五輪も無観客にしてしまった。毅然とした姿勢などまるでなく、左派勢力のツイデモ等のSNS戦略に煽られ、我を失った菅政権では、次の選挙は戦えない!


アフガンの鉱物資源を狙う中国|奈良林直

アフガンの鉱物資源を狙う中国|奈良林直

バイデン政権はアフガニスタンからの撤退を正当化する理由として、戦略的に重要な中国との抗争に米軍の資源を集中できると説明してきた。拙速な米軍撤退が逆に中国を利する結果を招くとすれば、これ以上の皮肉はない。


最新の投稿


「高市早苗総理」待望論!|山際澄夫

「高市早苗総理」待望論!|山際澄夫

8月26日、岸田文雄前政調会長が総裁選への出馬を表明。9月3日、菅義偉総理が総裁選への不出馬を表明。8日には高市早苗前総務相、10日には河野太郎行政改革担当相が総裁選への出馬を正式表明。この国を守れるのはいったい誰なのか。絶賛発売中の月刊『Hanada』2021年10月号より、山際澄夫氏の連載「左折禁止!」を特別無料公開!


【読書亡羊】異能の研究者が解説する「ロシアのハイブリッド戦」の実相 小泉悠『現代ロシアの軍事戦略』

【読書亡羊】異能の研究者が解説する「ロシアのハイブリッド戦」の実相 小泉悠『現代ロシアの軍事戦略』

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


菅総理、ほんとうにお疲れさまでした|花田紀凱

菅総理、ほんとうにお疲れさまでした|花田紀凱

急転直下、辞任に意向を示した菅総理。朝日、毎日は勝ち誇ったように報じるが、マスコミが「コロナ恐怖」を煽り、国民はその八つ当たりで政権を非難していたに過ぎない。菅総理の功績を、いまこそ振り返ろう。


新型コロナを早く「5類」へ!|門田隆将

新型コロナを早く「5類」へ!|門田隆将

“人流抑制”に取り憑かれた尾身茂会長と分科会に翻弄される菅政権、コロナ恐怖を煽るだけのマスコミ……政治家もマスコミも言わないコロナ対策の本質について鋭く切り込む!


【わが政権構想】日本経済強靭化計画|高市早苗

【わが政権構想】日本経済強靭化計画|高市早苗

「安倍さんに『出馬してください!』と何十回お願いしても『100%ない』とおっしゃるので、7月下旬、もうこれが最後との思いで、もう一度お願いしました。そこできっぱり断られたので、『そんなんやったら、私、出たるからな』と安倍さんに言うたんです。止められもせず、勧められもしませんでしたが。勉強会を何度も重ねて、一緒に政策作りにも励んできました。『書き溜めてきた政策はどうすればいいんですか』と安倍さんに尋ねたら、『高市さんが発表すればいいじゃない』と(笑)」(月刊『Hanada』2021年10月号より)。独占無料公開! 高市早苗議員が日本を強くする「経済強靭化計画」のすべてを語った!