朴槿恵はこうして「殺された」米国人博士が暴いた朴槿恵弾劾の真相|タラ・オ(Tara O)博士

朴槿恵はこうして「殺された」米国人博士が暴いた朴槿恵弾劾の真相|タラ・オ(Tara O)博士

「驚いたことに、朴槿恵大統領弾劾訴追案の国会成立まで、直接的な捜査はもちろん証拠を収集する努力さえなかった。 法典にもない『国政壟断』という罪に問われ、その国政壟断の『スモーキングガン(動かぬ証拠)』はJTBCのタブレットPC報道だった。」


ここにリンクされた弾劾集会を収めたビデオには、弾劾に賛成するろうそく集会と、弾劾に反対する太極旗集会が見られる。 ビデオを半分ほど見ていると、このろうそく集会が、彼らが主張するような平和的な集会ではなかったことが確認できる。

「太極旗集会」は弾劾に反対するデモだ。 同集会では、韓国の太極旗(テグッキ=韓国国旗)と米国の星条旗が一緒に翻った。 弾劾に反対する最初のデモはキリスト教団体を中心に2016年11月6日、ソウル駅前で起きたが、完全な規模の太極旗集会は、国会が朴大統領の弾劾を表決した2016年12月9日、ソウル中心部で始まった。 その後も、太極旗集会は毎週土曜日、そしてその他の重要な日にいつも開かれた。

韓国の主流メディアは、ろうそく集会については広範囲で報道し、デモの規模を誇張した反面、太極旗集会については、完全に背を向けたり、小規模とだけ報じた。 例えば、2017年1月7日、朴槿恵弾劾反対デモは警察の推算で、太極旗デモ参加者がろうそくデモ参加者の数を押さえたが、主要メディアはこの事実をほとんど報道しなかった。
当時、警察はソウル光化門広場でのろうそくデモ参加者の数を2万4,000人と集計した。警察はソウル江南一帯の太極旗デモ参加者数は3万7,000人と集計した。警察は太極旗デモの数がろうそくデモ参加者の数を超えると、すぐさま集会参加者の数を推算することを中断した。
主流メディアの偏向報道と警察の偏向行政は、当時大多数の韓国国民が弾劾に賛成しているという印象を与えた。

江南テヘラン路デモの写真

インターネット新聞「ニューデイリー」が報道した2017年1月7日、江南テヘラン路デモの写真。当時、太極旗デモに対して「ニューデイリー」「メディアウォッチ」「マネートゥデイ」といった一部少数のメディア以外の韓国のメディアはほぼ報道しなかった。

太極旗デモ

2017年3月1日、朴槿恵弾劾を反対する太極旗デモ。史上最大規模であったこの太極旗デモは、当時はまだ太極旗デモに比較的好意的であったMBCが、その規模を正確に報道した。MBCニュース2017年3月1日報道画面。

「国政壟断」は違法ではない。この用語は憲法には見当たらず、いかなる法律においても違法と規定されていない、まして弾劾の事由としては言うまでもない。[4]

これは、朴大統領の弾劾に関連した数多くの問題点のうちの一つだ。 彼女の弾劾は憲法違反や違法法行為に関わるものでなく、念入りに操作された「感情」に関係している。 弾劾は極めて迅速に成立し、このような性急な過程において、憲法と他の法律は無視された。

「弾劾に関する大韓民国憲法(The Constitution of the Republic of Korea (ROK) on Impeachment)」

関連する投稿


「もしトラ」ではなく「トランプ大統領復帰」に備えよ!|和田政宗

「もしトラ」ではなく「トランプ大統領復帰」に備えよ!|和田政宗

トランプ前大統領の〝盟友〟、安倍晋三元総理大臣はもういない。「トランプ大統領復帰」で日本は、東アジアは、ウクライナは、中東は、どうなるのか?


【読書亡羊】「K兵器」こと韓国製武器はなぜ売れるのか 伊藤弘太郎『韓国の国防政策』(勁草書房)

【読書亡羊】「K兵器」こと韓国製武器はなぜ売れるのか 伊藤弘太郎『韓国の国防政策』(勁草書房)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


韓国大統領・尹錫悦の犯罪、保守派は幻想を捨てよ|邉熙宰(ピョンヒジェ)

韓国大統領・尹錫悦の犯罪、保守派は幻想を捨てよ|邉熙宰(ピョンヒジェ)

尹錫悦に騙されてはならない!文在寅政権下で検察総長を務めた男が過去に行った国家を揺るがす驚くべき犯罪。尹錫悦の「親日政策」は完全な偽物だ!韓国メディアウォッチの邉熙宰氏が緊急警告。


慰安婦問題を糾弾する「日韓共同シンポジウム」の衝撃|松木國俊

慰安婦問題を糾弾する「日韓共同シンポジウム」の衝撃|松木國俊

日本側の慰安婦問題研究者が、「敵地」とも言うべき韓国に乗り込み、直接韓国の人々に真実を訴えるという、大胆で意欲的な企画が実現した。これまでになかった日韓「慰安婦の嘘」との闘いをシンポジウムの登壇者、松木國俊氏が緊急レポート!


靖國神社の御霊に応えよ|古庄幸一

靖國神社の御霊に応えよ|古庄幸一

世界に誇る我が国の伝統と文化を大切にして、国を愛する政府の長たる内閣総理大臣が終戦記念日の8月15日または秋季例大祭に靖國神社を参拝することは、普通の国への一歩になる。


最新の投稿


改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

参院法務委員会筆頭理事として、改正入管法の早期施行を法務省に働きかけてきた。しかしながら、改正入管法成立前から私に対する事実無根の攻撃が始まった――。


【今週のサンモニ】新生「サンモニ」はやっぱりいつも通り|藤原かずえ

【今週のサンモニ】新生「サンモニ」はやっぱりいつも通り|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


なべやかん遺産|「終活」

なべやかん遺産|「終活」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「終活」!


【読書亡羊】トランプとバイデンの意外な共通点  園田耕司『覇権国家アメリカ「対中強硬」の深淵』(朝日新聞出版)

【読書亡羊】トランプとバイデンの意外な共通点 園田耕司『覇権国家アメリカ「対中強硬」の深淵』(朝日新聞出版)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


川勝知事の辞意表明…リニアの命運を決める戦いが始まる|小林一哉

川勝知事の辞意表明…リニアの命運を決める戦いが始まる|小林一哉

急転直下、辞意を表明した川勝知事。しかし、本当の戦いはここからだ――。