【新・日本紀行】ドヤ街、飛田新池のあの西成に大中華街構想|羽田翔

【新・日本紀行】ドヤ街、飛田新池のあの西成に大中華街構想|羽田翔

大阪市の南西部に位置する西成区。宿泊費の安さから外国人バックパッカーが増え、かつては日雇い労働者向けの安宿”ドヤ”もWi-Fiが完備されるなど現代的なホテルへと変化。商店街はシャッターを下ろしている店が目立っていたが、一方で「カラオケ居酒屋」が急増するなど変化する西成を、「大中華街」にしようとする構想が進んでいた……。(初出:月刊『Hanada』2019年6月号。肩書などは当時のママです)


中華街構想が既成事実に

「年を越えて二月なかばだったかな。彼らが・新年会・をやるということでよせてもらった。そうしたら、新年会ではなく、再開発委員会の結成式だという。西成のね」

「彼ら」とは、大阪市西成区における「大阪中華街構想」を進める福建省出身、大阪華商会会長の林伝竜氏らだ。

話を聞いたのは、西成区商店会連盟の村井康夫会長である。

「(再開発委員会の名称は)中華街開発委員会とかなんとかいったかな。商店街(中華街構想地域に十ある)の何人かの会長さんには、地域の友好ということで案内状を出していたみたいだったね。

中国総領事(李天然大阪総領事)も来られてました。もう、大いなるご挨拶をなさいましたよ。約十分程度、中国語で、十枚程度あったかね、ちゃんと原稿用紙に書いてあった。

一応、翻訳したものをスライドで流していたけれど、遠いんで見えなかったけどな(笑)」

商店街の会長などに、事前の根回しなどはなかったという。

「中華街構想と言うけど、これは地名変更みたいな話やからね。一般的に考えて地名変えますよってなったら、相当な話し合いをしますからね。

なのに、その時点で(中華街構想の)パンフレットもできていて……正直、そこまで(計画が)進んでいるとはまったく思ってなかった。

彼らのニュアンスとして、活性化になるんだからいいではないか、ということなんだよね。ただ、いまどきイオンみたいな大型店が出店しても成功するかどうかわからない時代でね。そんな日本の状況が全然頭にないよね」

大阪都構想の住民投票実施を巡り、またもやざわついてきた大阪府であるが、その陰で大阪という街の色を変えかねない、ひとつのプロジェクトがひっそりと、あるいは大々的に繰り広げられている。それが、大阪市西成区における「大阪中華街構想」だ。

筆者がこの”構想”を知ったきっかけは、2018年9月26日、朝日新聞デジタルの有料会員限定記事。タイトルは、「大阪・西成に中国マネー居酒屋街 カラオケ1曲100円」というものだった。

その内容をざっくり言えば、日本最大級のドヤ街・大阪西成のあいりん地区(釜ヶ崎)周辺で、2012年頃から中国人経営のカラオケ店が流行り始め、いまや商店街の半分を占めるほどにまでなった。喜ぶカラオケ店利用者がいる一方、その影響で地価などがあがり、街が急激に変化を遂げたことに困惑する地元住民もいる……というものだ。

構想は二年前から

林伝竜氏。

 その記事のなかで、カラオケ店仕掛け人のひとりである、大阪華商会会長・林伝竜氏はこう話している。

「華商会を拠点に、力を合わせて本場の料理店や物産品店を出して西成に大きな中華街をつくりたい。街をにぎやかにして西成を変えたい」

後述するが、この記事が報じられた2018年9月の段階では、地元商店街のほとんどの人が、「中華街構想」なるものを認知していない。だが、それが12月に府議会で取り上げられ、2019年になるとテレビ・新聞などで「中華街構想」として大々的に報じられることになった。

地元が困惑するなか、あれよあれよという間に、中華街構想はまるで”既成事実”のように話が具体的になっていったわけだが、それはなぜなのか。

現段階での進捗状況などを当事者に聞くべく、中華街構想の中国側中心人物である林伝竜氏に会った。中国籍の林氏は、働き盛りの大手ゼネコンビジネスマン風だ。

「日本では横浜、神戸の南京町、それに長崎……中華街があります。でも、大阪には中華街がない。そんな話を以前から中国人の友人としていました。

僕は22年前にこの大阪西成にきて、それからずっと住んでいます。十数年前、居酒屋を始めたのが飲食(店経営)の始まり。そしていまから2、3年前くらいかな、空き物件を買ってカラオケ店に貸し始めた。正直、その頃までは中華街のことは考えたことはなかった。なんとなく考え始めたのは、一昨年(2017年)の6月くらいからです。『この街をもっといい街にするにはどうすればいいか』と思って。

そんなこともあって、一昨年末に一般社団法人大阪華商会を作りました。作ったのは福建出身の七人の仲間。ほとんど西成の人です。貿易商、不動産業、飲食業、建設業とばらばらですが」

林氏が言うように、横浜、神戸、それに長崎には古くから中華街があり、また観光名所として地域の活性化にも大きく貢献している。しかし、それらは歴史的な経緯があってできた中華街だ。なぜ西成なのか?

「中華カラオケ店ができる前、商店街はいまよりシャッターが閉まっていた(空き店舗が多かった)。僕はいま約二十店舗ほどカラオケ店に貸していますが、それはみんなシャッターが閉まっていたところです。

いま、うちの物件を含めて中華カラオケ店は100~150店舗。そのうちの半分以上は中国人経営でしょう。たしかに、中華カラオケ店が増えたことで、騒音問題、ごみ問題があったことは事実です。それでも、商店街の人たちと話し合いをして努力していきたいと思ってます。

また、店がうるさいと言いますが、たとえうるさい店でも、なかったら(商店街は)静かなままじゃないですか? 何度も言ってますが、僕は二十年以上西成に住んで、この街を良くしたいと思っている。にぎやかに、活性化ですか? それを願ってます。中華街構想はその考えによるものなんです」

さらに、林氏はこう続ける。

「いまこの商店街はシャッターが閉まっている店が多いですが、街の立地条件はとてもいいです。まず駅が近い、地下鉄(御堂筋線・堺筋線)の動物園前駅があって、新今宮駅(南海・JR)がある。それに、道を一本越えたら新世界、ジャンジャン横丁、通天閣。あべのハルカスだって、歩いて十分もかかりませんよ。

それに、これから大阪万博もありますし、時期もいい。なんとか年内にでも、中華門のめどは立てたいのです」

最新の投稿


美しい日本の姿を国葬で示そう|櫻井よしこ

美しい日本の姿を国葬で示そう|櫻井よしこ

肉体は滅びても死者の魂は日本国の空、深い森や清らかな水辺のどこかにいらして、生者である私たちと日本国を見守って下さっている、と信じている。日本国のために闘い続けた安倍氏への深い感謝を国民こぞって静かに捧げる美しい日本の姿を国葬儀で世界に示そう。


日中国交正常化50年 中国の横暴を防ぐ出発点に!|和田政宗

日中国交正常化50年 中国の横暴を防ぐ出発点に!|和田政宗

「中国は低姿勢だったが、50年たったら態度はガラッと変わる。大きく経済発展して日本を見下すようになるよ」(時事通信)。当時の大平正芳外務大臣の予言だが、まさにその通りの状況になった。今こそ国交正常化以降の50年を、中国対応を誤った50年として反省すべきだ。


【日本原論】サタンに敗けない![冒頭先行公開]

【日本原論】サタンに敗けない![冒頭先行公開]

旧統一教会を巡る問題について、「サンデージャポン」での「爆笑問題」の太田光の発言がまたもや炎上。「#太田光をテレビに出すな」がTwitterでトレンド入りまでした。太田光は何を思う……本誌人気連載「日本原論」で大いに語った!


「ケツ舐め記者」と誹謗する金平茂紀の正体|山口敬之【WEB連載第17回】

「ケツ舐め記者」と誹謗する金平茂紀の正体|山口敬之【WEB連載第17回】

9月17日、金平茂紀氏はFacebookにこう投稿した。《この国にも「ケツ舐め記者」という連中が少なからず棲息していて、権力者、独裁者、ご主人様の局所を舐めて、その対価として「ご褒美」をもらって、それを得意げに広報し、「独自」「スクープ」とかのワッペンを自分で貼りつけて(中略)男性にも女性にも、もちろんいます、「ケツ舐め記者」は》。金平氏は、一体何様のつもりなのか。


日米共同演習でロシアを牽制せよ|岩田清文

日米共同演習でロシアを牽制せよ|岩田清文

今、米国が最も神経を使っているのは、今後、ウクライナの反撃が進展し、東部2州あるいは、クリミアまでをも奪還できる状況になった時、それをどこまで許容するかという点であろう。