朴槿恵はこうして「殺された」米国人博士が暴いた朴槿恵弾劾の真相|タラ・オ(Tara O)博士

朴槿恵はこうして「殺された」米国人博士が暴いた朴槿恵弾劾の真相|タラ・オ(Tara O)博士

「驚いたことに、朴槿恵大統領弾劾訴追案の国会成立まで、直接的な捜査はもちろん証拠を収集する努力さえなかった。 法典にもない『国政壟断』という罪に問われ、その国政壟断の『スモーキングガン(動かぬ証拠)』はJTBCのタブレットPC報道だった。」


「国政壟断」: 造り出された用語 (Gookjeong Nongdan : An invented term)

一般の韓国国民に朴槿恵大統領の弾劾理由をたずねたら、彼らは「国政壟断」だと答えるだろう。

「国政壟断」とは何を意味するのだろうか。 電子辞書によると「国政」は国家の業務または政府の行政を、「壟断」は独占、独占する、または権利を独り占めすることを意味する。 したがって「国政壟断」は、文字どおり国家の業務を独占するという意味だ。― これは不思議なほど「絶対権力」と類似した意味を持つ。

それならば、朴槿恵大統領に対する弾劾は、彼女が大統領として絶対権力があったから成り立ったのだろうか? 多くの人が憤った理由は、大統領ではなく、大統領の友人であるチェ·スンシルが国家運営をおこなったと信じたためだった。 つまり、朴大統領は他人の操り人形だったという話だった。 しかし、どのようにして絶対権力を持つ人間が、同時に操り人形になれるというのか?

結局のところ「国政壟断」という用語の辞書的概念は、多くの人々が認識していること―朴大統領の友人であるチェ·スンシルの国家業務介入― とは大きく乖離している。

「国政壟断」という言葉は、2016年度に広く使われ始めた。[1] ほとんどの韓国人はそれが何を意味するのかも知らなかったし、今も依然として知らない人が多い。

「国政」という言葉が広く知られて、幅広く使われた反面、「壟断」はそうではなかった。 「壟断」は数百年間あまり使われなかった古い用語で、現代では相対的にあまり使われない用語だからである。[2] それゆえに「壟断」という言葉は紙の辞書にはなく、簡単にアップデートされる電子辞書でのみ見られる。

朝鮮時代の法律史を教えた経験をもつ金平祐(キム・ピョンウ)弁護士によると、「国政壟断」は「違法」という意味ではなく、朝鮮時代に他の政党や派閥を無くそうとする思索党派の争いが繰り広げられた時期に、主に使われた用語だという。[3]

韓国メディアであるオーマイニュースも、「国政壟断」という用語が現代の韓国人には相対的に知られていない用語であることを伝えながら、「壟断」は「高い丘」を意味し、やりたい放題することを意味する古語だと説明した。 なぜ「高い丘」が「好き放題すること」を意味するようになったのかは明らかでない。 しかし明らかなのは、この用語が曖昧で現代人にあまり知られていない用語だということだ。

明らかに、現代的な用語で国家業務介入を表現できるにもかかわらず(例えば「国政介入」「国政関与」など)、「国政壟断」という昔の言葉が突然登場し、弾劾を前後して韓国でよく使われるようになった。

JTBCのタブレットPCストーリー(JTBC's "Tablet PC" Story)

関連する投稿


「もしトラ」ではなく「トランプ大統領復帰」に備えよ!|和田政宗

「もしトラ」ではなく「トランプ大統領復帰」に備えよ!|和田政宗

トランプ前大統領の〝盟友〟、安倍晋三元総理大臣はもういない。「トランプ大統領復帰」で日本は、東アジアは、ウクライナは、中東は、どうなるのか?


【読書亡羊】「K兵器」こと韓国製武器はなぜ売れるのか 伊藤弘太郎『韓国の国防政策』(勁草書房)

【読書亡羊】「K兵器」こと韓国製武器はなぜ売れるのか 伊藤弘太郎『韓国の国防政策』(勁草書房)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


韓国大統領・尹錫悦の犯罪、保守派は幻想を捨てよ|邉熙宰(ピョンヒジェ)

韓国大統領・尹錫悦の犯罪、保守派は幻想を捨てよ|邉熙宰(ピョンヒジェ)

尹錫悦に騙されてはならない!文在寅政権下で検察総長を務めた男が過去に行った国家を揺るがす驚くべき犯罪。尹錫悦の「親日政策」は完全な偽物だ!韓国メディアウォッチの邉熙宰氏が緊急警告。


慰安婦問題を糾弾する「日韓共同シンポジウム」の衝撃|松木國俊

慰安婦問題を糾弾する「日韓共同シンポジウム」の衝撃|松木國俊

日本側の慰安婦問題研究者が、「敵地」とも言うべき韓国に乗り込み、直接韓国の人々に真実を訴えるという、大胆で意欲的な企画が実現した。これまでになかった日韓「慰安婦の嘘」との闘いをシンポジウムの登壇者、松木國俊氏が緊急レポート!


靖國神社の御霊に応えよ|古庄幸一

靖國神社の御霊に応えよ|古庄幸一

世界に誇る我が国の伝統と文化を大切にして、国を愛する政府の長たる内閣総理大臣が終戦記念日の8月15日または秋季例大祭に靖國神社を参拝することは、普通の国への一歩になる。


最新の投稿


憲法改正の国会発議はいつでもできる、岸田総理ご決断を!|和田政宗

憲法改正の国会発議はいつでもできる、岸田総理ご決断を!|和田政宗

すでに衆院の憲法審査会では4党1会派の計5会派が、いま行うべき憲法改正の内容について一致している。現在いつでも具体的な条文作業に入れる状況であり、岸田総理が決断すれば一気に進む。


【今週のサンモニ】加藤登紀子が暴いた「サンモニ」のダブスタと不寛容|藤原かずえ

【今週のサンモニ】加藤登紀子が暴いた「サンモニ」のダブスタと不寛容|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


【読書亡羊】世界には「反移民で親LGBT」「愛国的環境保護派」が存在する  中井遼『ナショナリズムと政治意識』(光文社新書)

【読書亡羊】世界には「反移民で親LGBT」「愛国的環境保護派」が存在する  中井遼『ナショナリズムと政治意識』(光文社新書)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


【今週のサンモニ】少子化を促進させた『サンモニ』報道|藤原かずえ

【今週のサンモニ】少子化を促進させた『サンモニ』報道|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


6月10日施行の改正入管法で一体、何が変わるのか?|和田政宗

6月10日施行の改正入管法で一体、何が変わるのか?|和田政宗

不法滞在者や不法就労者をなくす私の取り組みに対し、SNSをはじめ様々な妨害があった――。だが、改正入管法施行の6月10日以降、誰が正しいことを言っているのか明らかになっていくであろう。(写真提供/時事)