日本が誇る大手食品メーカーに激震!ミツカン「種馬事件」①実子誘拐の地獄|西牟田靖

日本が誇る大手食品メーカーに激震!ミツカン「種馬事件」①実子誘拐の地獄|西牟田靖

「お前! 何者だと思ってるんだ、お前!! この場でサインをしなければ、片道切符で日本の配送センターに飛ばす」「中埜家に日本国憲法は関係ない」。日本が誇る大手食品メーカーが、婿に対してとんでもない人権侵害を行っていた――。2022年8月号に掲載され、大反響を呼んだ記事を特別無料公開!


離婚が絶対条件との脅し

大輔さんは毎日、子育てをしながら、今後どうすればいいのか、どうすれば妻子を守れるのか、必死に考え続けた。そして、彼は重大な決断を下した。

それは、日本に一時帰国し、「養子縁組届へのサインを躊躇したことへの謝罪、そしてミツカンの退職を伝え、その代わり、家族だけは守らせてください」と、和英氏・美和氏に直訴することであった。大輔さん自身、責められる落ち度はなかった。しかし、謝ることで家族が守れるならそれでいいと思ったのだ。

2014年12月15日、ロンドンから日本に帰国。ミツカンが本社を置く愛知県半田市に単身、出向いたのだ。面会場所に指定された会議室で大輔さんは美和氏と会い、そして詫びた。
「いままですみませんでした」

しかし、取り付く島がなかった。逆にこれまでの怒りをまくし立てられ、義母との面談は終了。大輔さんはそのまま会議室に残り、和英氏との面談を待った。30分ほど会議室で待機していたところ……和英氏が部下を従えて登場した。

会議は一方的な内容になった。
「ミツカンには、私はいるなとは言わないけど、お前(仕事)探してこいって」
「イギリスに行って仕事をするな、と俺は言ったのに、仕事をしてたろ! お前!」
「ロンドンの家にお前がいるということは、絶対もうこれから許さない!」

このような苛烈な罵声を浴びせられた。これは要するに……孫の親権はすでに奪ったので、大輔は用済みである。妻子を置いて、家と会社から出ていけ! と命じられたに等しかった。そして、このまま一方的な形で面談は終了した。

「大輔は種馬」だった……

イギリスの自宅に帰ったあと、詳細を報告した大輔さんに対し、聖子さんは慌てた様子で言った。
「『離婚が絶対条件』との脅しに従ったように見せる必要がある。偽装別居(さらに踏み込んで偽装離婚)をするしかない」

「あまりにもリスクが大きすぎる。家族なのに、なぜ隠れて会わなければならないのか?」
大輔さんの目には“問題の先送り”にしか見えず、賛成できなかった。

他方、これに合わせ、聖子さんは次のように提案をした
・家族がいつ引き離されてしまっても連絡を取り合えるように、
・将来の息子に、両親から愛されて育ったという事実を残してあげるために、
・“子育て日記”ブログを残す。
大輔さんは賛成した。

ブログのタイトルは、聖子さんの案で【Secret Family】と決まった。“秘密の家族”との意味のほかに、「何があっても息子と家族は守る」という強い思いを夫婦で込めたのだ。

大輔さんが和英氏・美和氏に会ってから4日後の12月19日、事態はさらに深刻になった。午前9時、ロンドンの自宅に和英氏・美和氏らがやって来て、大輔さん抜きで密談をしたのだ。大輔さんはのちのことを考えて、聖子さんにも内緒でマイクを仕込んでいた。

訪れた和英氏・美和氏は、とんでもないことを打ち合わせていた。
「(大輔は)種馬」
「子どもさえ産まれれば、仕事は終わり」

そして、和英氏は次のように部下に指示をした。
「(大輔を)片道切符で配送センターか工場に」

かつて和英氏・美和氏とK常務は、大輔さんに「養子縁組書類は(大輔を)追い出すための書類ではない。税金対策の書類だ」と説明していた。しかし、この言葉の真意が明らかになる。

「いまの状態は大輔君が○○君(息子)の親権をまだ持った状態のままでございますので、ここで離婚の調停ということに入っていきますと、非常にややこしい話になる可能性が高いと思います」とK常務。続けて、
「最初に決めるべきは養子(縁組)の手続きをする、しないということをご判断いただく」
「うん、すぐ(養子縁組届を役所に提出)する」と和英氏。

別室で発言を聞いていた大輔さんは、愕然とした。
「義父母は最初から“騙す”つもりでサインを強要していたのか……」

関連する投稿


憲法改正の国会発議はいつでもできる、岸田総理ご決断を!|和田政宗

憲法改正の国会発議はいつでもできる、岸田総理ご決断を!|和田政宗

すでに衆院の憲法審査会では4党1会派の計5会派が、いま行うべき憲法改正の内容について一致している。現在いつでも具体的な条文作業に入れる状況であり、岸田総理が決断すれば一気に進む。


6月10日施行の改正入管法で一体、何が変わるのか?|和田政宗

6月10日施行の改正入管法で一体、何が変わるのか?|和田政宗

不法滞在者や不法就労者をなくす私の取り組みに対し、SNSをはじめ様々な妨害があった――。だが、改正入管法施行の6月10日以降、誰が正しいことを言っているのか明らかになっていくであろう。(写真提供/時事)


大丈夫か、自衛隊! 航空自衛隊の高級幹部選抜試験で不正発覚!|小笠原理恵

大丈夫か、自衛隊! 航空自衛隊の高級幹部選抜試験で不正発覚!|小笠原理恵

「海自ヘリ墜落、2機が空中衝突」(4月20日)、「手榴弾爆発で20代の隊員1人死亡」(5月30日)などトラブル続きの自衛隊だが、最高幹部階級への登竜門である選抜試験でも不正が発覚した――。


中国、頼清徳新総統に早くも圧力! 中国が描く台湾侵略シナリオ|和田政宗

中国、頼清徳新総統に早くも圧力! 中国が描く台湾侵略シナリオ|和田政宗

頼清徳新総統の演説は極めて温和で理知的な内容であったが、5月23日、中国による台湾周辺海域全域での軍事演習開始により、事態は一気に緊迫し始めた――。


衆院3補選「3つ勝たれて、3つ失った」自民党の行く末|和田政宗

衆院3補選「3つ勝たれて、3つ失った」自民党の行く末|和田政宗

4月28日に投開票された衆院3補選は、いずれも立憲民主党公認候補が勝利した。自民党は2選挙区で候補者擁立を見送り、立憲との一騎打ちとなった島根1区でも敗れた。今回はこの3補選を分析し、自民党はどのように体勢を立て直すべきかを考えたい。(サムネイルは錦織功政氏Xより)


最新の投稿


憲法改正の国会発議はいつでもできる、岸田総理ご決断を!|和田政宗

憲法改正の国会発議はいつでもできる、岸田総理ご決断を!|和田政宗

すでに衆院の憲法審査会では4党1会派の計5会派が、いま行うべき憲法改正の内容について一致している。現在いつでも具体的な条文作業に入れる状況であり、岸田総理が決断すれば一気に進む。


【今週のサンモニ】加藤登紀子が暴いた「サンモニ」のダブスタと不寛容|藤原かずえ

【今週のサンモニ】加藤登紀子が暴いた「サンモニ」のダブスタと不寛容|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


【読書亡羊】世界には「反移民で親LGBT」「愛国的環境保護派」が存在する  中井遼『ナショナリズムと政治意識』(光文社新書)

【読書亡羊】世界には「反移民で親LGBT」「愛国的環境保護派」が存在する  中井遼『ナショナリズムと政治意識』(光文社新書)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


【今週のサンモニ】少子化を促進させた『サンモニ』報道|藤原かずえ

【今週のサンモニ】少子化を促進させた『サンモニ』報道|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


6月10日施行の改正入管法で一体、何が変わるのか?|和田政宗

6月10日施行の改正入管法で一体、何が変わるのか?|和田政宗

不法滞在者や不法就労者をなくす私の取り組みに対し、SNSをはじめ様々な妨害があった――。だが、改正入管法施行の6月10日以降、誰が正しいことを言っているのか明らかになっていくであろう。(写真提供/時事)