全員偽善者、文在寅政権と「共にセクハラ党」|西岡力

全員偽善者、文在寅政権と「共にセクハラ党」|西岡力

言っていることとやっていることが180度違う!「人権派」「女性の味方」を公言する政治家の正体、「清貧」の裏に隠された本性――韓国政治には「偽善者」しかいないのか!  


文在寅政権では80年代、北朝鮮の路線に従う主体思想派学生運動のリーダーたちが大挙して政府や与党の中枢に入った。ところが、その革命家らがまた偽善者だった。  

文在寅政権の初代大統領秘書室長任鍾は国会で主体思想派だった過去を反省し転向したのかと問われ、自分たちは恥ずかしい青春を生きてこなかったと開き直って、転向宣言を拒否した。  

ところが、彼の娘は米国名門大学に留学中で、留学先でSNSに高級ブランドの服やバッグをとっかえひっかえ身にまとっている写真を上げていた。任は7月に文在寅大統領の外交安保特別補佐官に任命された。  

任とともに統一部長官に任命された李仁栄は、やはり80年代任らと地下活動をともにした主体思想派の活動家だった。彼は国会公聴会で、学生時代、毎日、金日成と金正日の肖像写真に向かって礼をしていたのかと問われ、「記憶にない」という曖昧な答えをした。彼もまた明確な転向宣言をしていない。その李の息子は現在、スイスに留学中だ。  

任や李とともに80年代、主体思想派の地下活動家として活動したのが、元忠清南道知事の安熙正だ。彼はいま、女性秘書への性暴力で有罪判決を受け、刑務所にいる。

「女性の人権重視」を謳いながら何度もセクハラ

Getty logo

朴元淳前ソウル市長

50代である任、李、安らの上の世代の左翼にも偽善者が多い。2020年4月に、70代の老左翼政治家である呉巨敦釜山市長が部下女性職員に市長室でセクハラをしたことを告発され辞任し、現在も警察の取り調べを受けている。  

7月には、韓国左派運動のゴッドファーザーと呼ばれていた60代の朴元淳ソウル市長が女性秘書へのセクハラで刑事告訴され自殺した。  

文在寅政権は女性の人権を重視することを目玉公約にして、若年層の女性の圧倒的支持を集めてきた。過激なフェミニストが政権に入り、MeToo 運動でも被害女性の立場に立って問題を解決せよと、繰り返し強調してきた。  

特に、朴ソウル市長は女性の人権弁護士として世に出た人物だった。つまり、文在寅政権下で、ソウル市長、釜山市長、忠清南道知事の3人が現職にいるとき、性暴力やセクハラを犯し失職しているのだ。日本で言えば、東京と大阪と愛知の知事がセクハラで揃って辞めたようなものだ。偶然とは言えない。やはり、韓国左翼の偽善がここに表れていると見るべきだ。

8カ月の間に4回の性暴力と随時セクハラ

関連する投稿


【橋下徹研究⑦】咲洲メガソーラー入札の重大疑惑①|山口敬之【永田町インサイド WEB第7回】

【橋下徹研究⑦】咲洲メガソーラー入札の重大疑惑①|山口敬之【永田町インサイド WEB第7回】

「当時の入札手続きのどこが問題なのか具体的に指摘して欲しいね」と橋下徹氏。では、ご希望に応えて、2012年12月5日に行われた咲洲メガソーラーの入札の数々の問題点を指摘しよう。橋下徹さん、もうあなたは詰んでいる――。


再論・北朝鮮の核恫喝にどう立ち向かうのか|西岡力

再論・北朝鮮の核恫喝にどう立ち向かうのか|西岡力

日本は核拡散防止条約からの脱退を検討すべきだ!我が国の核抑止力を早急に整備しなければならないと再度強調する。


北朝鮮の核恫喝にどう立ち向かうのか|西岡力

北朝鮮の核恫喝にどう立ち向かうのか|西岡力

我が国がいま置かれている状況は、ソ連が米本土まで届く核ミサイルを完成した時の英仏両国の状況と同じだ。そのとき両国は、米国は米本土を危険にさらして他国を守らないかもしれないと考え、独自の核武装を決断した。


北の対米核攻撃能力がもたらす日本の危機|西岡力

北の対米核攻撃能力がもたらす日本の危機|西岡力

日本では、落下地点が日本に近く危険だったという議論が多いが、今回の試射で一番の焦点は、北朝鮮がICBM弾頭の大気圏再突入技術を獲得したかどうかである。


親北勢力と戦う覚悟のない尹錫悦氏|西岡力

親北勢力と戦う覚悟のない尹錫悦氏|西岡力

そもそも尹氏は、朴槿恵前政権から文在寅政権の前半にかけて、国内分裂の中で親北左派側の検事。「反日反韓史観」を身につけている。だから、韓国正常化のためには親北左派と戦わなければならないという問題意識を持っていない。


最新の投稿


TBS報道特集「甲状腺がん特集」があまりにも酷すぎる|渡辺康平

TBS報道特集「甲状腺がん特集」があまりにも酷すぎる|渡辺康平

明らかな誤報、結論ありきの番組構成、驚くべき偏向報道。5月21日に放送されたTBS「報道特集」があまりにも酷すぎる!福島が受ける深刻な風評被害。こんなことが許されていいのか。


岸田政権の〝増税〟に反対!|和田政宗

岸田政権の〝増税〟に反対!|和田政宗

時事通信は5月19日、『法人税率、引き上げ案が浮上』との見出しで、与党の税制調査会で法人税の実効税率を引き上げる案が浮上していると伝えた――。日本経済の閉塞感が強まっているなか、積極的な財政出動を行わなければ経済は支えられないのに、増税という論が出てくること自体が滅茶苦茶であり、私は明確に反対である。


払拭できない沖縄の反ヤマト感情|田久保忠衛

払拭できない沖縄の反ヤマト感情|田久保忠衛

沖縄返還の「核抜き」(沖縄からの核兵器撤去)の要求をニクソン政権がのんだことは、米国から中国への関係改善のシグナルとなり、ニクソン大統領の歴史的な訪中につながった。「核抜き」で最も喜ぶ国が中国であったことを、日本は今でも理解しているだろうか。


日本の核不安の一因はバイデン政権にある|太田文雄

日本の核不安の一因はバイデン政権にある|太田文雄

ウクライナ侵略後、ロシアが核兵器使用をほのめかして威嚇する中で、我が国においても核攻撃に対する不安から、米国との核共有や日本独自の核保有を検討すべきだとの議論が高まっている。そうした不安の一因はバイデン政権の政策にある。


【読書亡羊】皇室を巡る「公と私」の軋轢 江森敬治『秋篠宮』(小学館)

【読書亡羊】皇室を巡る「公と私」の軋轢 江森敬治『秋篠宮』(小学館)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!