全員偽善者、文在寅政権と「共にセクハラ党」|西岡力

全員偽善者、文在寅政権と「共にセクハラ党」|西岡力

言っていることとやっていることが180度違う!「人権派」「女性の味方」を公言する政治家の正体、「清貧」の裏に隠された本性――韓国政治には「偽善者」しかいないのか!  


庶民を苦しめ甘い汁を吸う文在寅の最側近参謀たち

Getty logo

聖書に「義人はいない、一人もいない」という言葉があるが、最近の韓国政治を見ていると、これほど「偽善者」が多いのかと愕然とせざるを得ない。  

2020年8月7日、文在寅の最側近参謀といえる秘書室長と5人の首席秘書官(政務・民情・国民疎通・人事・市民社会の各首席秘書官)が一括で辞表を出した。その日に、文在寅が不動産価格暴騰を止められないことに対する世論悪化について報告を受け、激怒した直後のことだ。  

文在寅政権になり、3年間でソウルのマンション価格が53%も暴騰している。李明博・朴槿惠の任期を合わせて9年半で25%しか上がっていないから、失政は明らかだ。もはや、わが家を持てないと絶望する若い世代の怒りの声が高まっている。  

暴騰の一番の原因は投機だ。  

そこで一世帯が複数の住宅を所有している場合、多額の税金をかけるなどの政策をとってきたが効果がない。そんな中、政権中枢にいる者たちが住宅投機の主人公だという事実が批判の対象となった。大統領府の秘書官や与党議員にも、複数住宅所有者が多数いたからだ。  

2019年12月、盧英敏秘書室長が大統領府の幹部職員に複数住宅を持つ者は一つを残して売却せよ、と指示した。ところが、3月の財産公開で49人中16人が複数住宅を持ち、秘書室長本人もソウルの高級住宅地江南と選挙区の忠清北道清州に二つの高級マンションを所有していたことが明らかになった。  秘書室長は清州のマンションを売ると発表したが、選挙区を捨てて値上がりが見込める江南のマンションを売らないことに批判が集まった。結局、江南のマンションも売ったが、そこで約8億ウォンの差益を得たことがまた批判を生んでいる。  

そのうえ、辞表を出した5人の首席秘書官のうち金照源民情首席秘書官、金外淑人事首席秘書官、金巨性市民社会首席秘書官の3人は、なんと現在も複数住宅所有者だ。特に、公職綱紀確立を担当して5大権力機関(検察、警察、国情院、国税庁、会計監査院)を管轄する民情首席秘書官が江南に高級マンションを2つも所有しており、その一つを相場より高い値段で売りに出したことが明らかになり、買い手がつかないようわざと高い値段をつけたと批判された。  

辞表を出した秘書官らは、大統領府を辞めれば複数住宅所有を続けられるとして、「権力は有限だが、江南の高級マンションは永遠だ」などと国民から揶揄されている。

政権中枢を占める革命家たちも皆偽善者だった

Getty logo

関連する投稿


家族会前代表・飯塚繁雄さん逝去に思う|西岡力

家族会前代表・飯塚繁雄さん逝去に思う|西岡力

12月18日、北朝鮮による拉致被害者家族連絡会(家族会)前代表の飯塚繁雄さんが亡くなった。公開の場での最後の訴えが11月13日の国民大集会での主催者挨拶だった。6分ほどの挨拶の中で、飯塚さんは3回「諦めない」と語った。


米で「慰安婦≠性奴隷」論文を削除|西岡力

米で「慰安婦≠性奴隷」論文を削除|西岡力

米国に拠点を置く国際問題専門ネット雑誌が、戦時中の慰安婦は性奴隷でなかったと主張する韓国人学者の論文をいったん掲載しながら、すぐに削除して謝罪し、性奴隷説に立つ別の学者の論文を掲載した。米ハーバード大学のラムザイヤー教授が学術誌の論文撤回を要求された出来事に続いて、慰安婦に関する今年2度目の学問の自由の侵害事件だ。


岸田政権の人権外交に対する二つの注文|西岡力

岸田政権の人権外交に対する二つの注文|西岡力

岸田政権は安倍晋三政権以来設置されてきた歴史認識担当の補佐官も早急に任命すべきだ。そして、人権侵害制裁法を早急に制定せよ!


誰が大統領になっても程遠い韓国の法治回復|西岡力

誰が大統領になっても程遠い韓国の法治回復|西岡力

私は、文在寅政権の法治破壊を引き継ぐ与党候補は論外だが、野党候補に法治回復への期待をかけていた。しかし、今回決まった野党の候補を見て、私は韓国の法治は回復しないとため息をつかざるを得なかった。法治主義が機能していないという事実を前提に距離を置いて付き合うしかない。


韓国を揺るがす北京の影響力|クライブ・ハミルトン

韓国を揺るがす北京の影響力|クライブ・ハミルトン

禁断の書として世界各国で出版停止が相次いだ衝撃作。日本でも6万部を突破したベストセラー『目に見えぬ侵略 中国のオーストラリア支配計画』と『見えない手 中国共産党は世界をどう作り変えるか』を徹底的に分かり易く解説した『「目に見えぬ侵略」「見えない手」副読本』(すべて飛鳥新社刊)が、遂に韓国語で11月中旬に発売!ハミルトン教授による韓国語版の序文を掲載する!


最新の投稿


参院選も「立憲共産党」なら、自民は危ない!|和田政宗

参院選も「立憲共産党」なら、自民は危ない!|和田政宗

「日本の政治を変える道は野党共闘しかない」と豪語する日本共産党の志位和夫委員長。この発言を「往生際が悪い」という一言で片づけていいのだろうか。昨年の衆院選では「立憲共産党」と揶揄され、立憲民主党、共産党ともに議席を減らしたが、野党共闘は本当に失敗だったのか。(写真提供/時事)


【読書亡羊】米議会襲撃事件の裏と日米の政治家の差 ボブ・ウッドワード、ロバート・コスタ『PERIL 危機』(日本経済新聞出版社)

【読書亡羊】米議会襲撃事件の裏と日米の政治家の差 ボブ・ウッドワード、ロバート・コスタ『PERIL 危機』(日本経済新聞出版社)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


日本に必要な攻撃能力の構築|島田洋一

日本に必要な攻撃能力の構築|島田洋一

日本は専守防衛の枠を捨て、日本を攻撃すれば自らの司令系統中枢も破壊されると思わせるだけの、小規模ながら残存性の高い抑止力を構築していかねばならない。同じ発想に立つ英国を、誰も「無責任な軍国主義国家」とは呼ばない。


岸田首相は世界に貢献する責任を果たせ|櫻井よしこ

岸田首相は世界に貢献する責任を果たせ|櫻井よしこ

国益に関わる重要事であっても、摩擦を起こしかねない案件には一切手をつけず、7月の選挙を乗り切りたい、政権の長寿を実現したい、というのが岸田首相の考え方か。有事のいま、それは間違いだ。


一票に格差があってどこが悪い!|深澤成壽

一票に格差があってどこが悪い!|深澤成壽

選挙の度に問題となっている「一票の格差」。昨年10月の参院選もこれをもって違憲だとする訴訟が各地で相次いでいる。しかし、本当に「一票の格差」は問題なのか? 改めて考え直してみると……。(初出:2013年5月号)(本稿は著者の考えに基づき、旧仮名遣いとなっています)