全員偽善者、文在寅政権と「共にセクハラ党」|西岡力

全員偽善者、文在寅政権と「共にセクハラ党」|西岡力

言っていることとやっていることが180度違う!「人権派」「女性の味方」を公言する政治家の正体、「清貧」の裏に隠された本性――韓国政治には「偽善者」しかいないのか!  


庶民を苦しめ甘い汁を吸う文在寅の最側近参謀たち

Getty logo

聖書に「義人はいない、一人もいない」という言葉があるが、最近の韓国政治を見ていると、これほど「偽善者」が多いのかと愕然とせざるを得ない。  

2020年8月7日、文在寅の最側近参謀といえる秘書室長と5人の首席秘書官(政務・民情・国民疎通・人事・市民社会の各首席秘書官)が一括で辞表を出した。その日に、文在寅が不動産価格暴騰を止められないことに対する世論悪化について報告を受け、激怒した直後のことだ。  

文在寅政権になり、3年間でソウルのマンション価格が53%も暴騰している。李明博・朴槿惠の任期を合わせて9年半で25%しか上がっていないから、失政は明らかだ。もはや、わが家を持てないと絶望する若い世代の怒りの声が高まっている。  

暴騰の一番の原因は投機だ。  

そこで一世帯が複数の住宅を所有している場合、多額の税金をかけるなどの政策をとってきたが効果がない。そんな中、政権中枢にいる者たちが住宅投機の主人公だという事実が批判の対象となった。大統領府の秘書官や与党議員にも、複数住宅所有者が多数いたからだ。  

2019年12月、盧英敏秘書室長が大統領府の幹部職員に複数住宅を持つ者は一つを残して売却せよ、と指示した。ところが、3月の財産公開で49人中16人が複数住宅を持ち、秘書室長本人もソウルの高級住宅地江南と選挙区の忠清北道清州に二つの高級マンションを所有していたことが明らかになった。  秘書室長は清州のマンションを売ると発表したが、選挙区を捨てて値上がりが見込める江南のマンションを売らないことに批判が集まった。結局、江南のマンションも売ったが、そこで約8億ウォンの差益を得たことがまた批判を生んでいる。  

そのうえ、辞表を出した5人の首席秘書官のうち金照源民情首席秘書官、金外淑人事首席秘書官、金巨性市民社会首席秘書官の3人は、なんと現在も複数住宅所有者だ。特に、公職綱紀確立を担当して5大権力機関(検察、警察、国情院、国税庁、会計監査院)を管轄する民情首席秘書官が江南に高級マンションを2つも所有しており、その一つを相場より高い値段で売りに出したことが明らかになり、買い手がつかないようわざと高い値段をつけたと批判された。  

辞表を出した秘書官らは、大統領府を辞めれば複数住宅所有を続けられるとして、「権力は有限だが、江南の高級マンションは永遠だ」などと国民から揶揄されている。

政権中枢を占める革命家たちも皆偽善者だった

Getty logo

関連する投稿


【橋下徹研究⑦】咲洲メガソーラー入札の重大疑惑①|山口敬之【永田町インサイド WEB第7回】

【橋下徹研究⑦】咲洲メガソーラー入札の重大疑惑①|山口敬之【永田町インサイド WEB第7回】

「当時の入札手続きのどこが問題なのか具体的に指摘して欲しいね」と橋下徹氏。では、ご希望に応えて、2012年12月5日に行われた咲洲メガソーラーの入札の数々の問題点を指摘しよう。橋下徹さん、もうあなたは詰んでいる――。


再論・北朝鮮の核恫喝にどう立ち向かうのか|西岡力

再論・北朝鮮の核恫喝にどう立ち向かうのか|西岡力

日本は核拡散防止条約からの脱退を検討すべきだ!我が国の核抑止力を早急に整備しなければならないと再度強調する。


北朝鮮の核恫喝にどう立ち向かうのか|西岡力

北朝鮮の核恫喝にどう立ち向かうのか|西岡力

我が国がいま置かれている状況は、ソ連が米本土まで届く核ミサイルを完成した時の英仏両国の状況と同じだ。そのとき両国は、米国は米本土を危険にさらして他国を守らないかもしれないと考え、独自の核武装を決断した。


北の対米核攻撃能力がもたらす日本の危機|西岡力

北の対米核攻撃能力がもたらす日本の危機|西岡力

日本では、落下地点が日本に近く危険だったという議論が多いが、今回の試射で一番の焦点は、北朝鮮がICBM弾頭の大気圏再突入技術を獲得したかどうかである。


親北勢力と戦う覚悟のない尹錫悦氏|西岡力

親北勢力と戦う覚悟のない尹錫悦氏|西岡力

そもそも尹氏は、朴槿恵前政権から文在寅政権の前半にかけて、国内分裂の中で親北左派側の検事。「反日反韓史観」を身につけている。だから、韓国正常化のためには親北左派と戦わなければならないという問題意識を持っていない。


最新の投稿


徹底検証!中国で「宮廷クーデター」発生か|澁谷司

徹底検証!中国で「宮廷クーデター」発生か|澁谷司

世界では、習近平が退陣するのではないかというニュースが飛び交っている。一部のSNSでは、習近平主席がすでに半ば退位し、李克強首相が代行しているとの書き込みで溢れている。果たして、この「宮廷クーデター」(「反習派」による習主席の退位)の“噂”は本当なのか? 徹底検証する。


なべやかん遺産|「淡路島のシン・ゴジラ」

なべやかん遺産|「淡路島のシン・ゴジラ」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「淡路島のシン・ゴジラ」!


参院選に暗雲!逃げずに正面から原発再稼働、憲法改正を訴えよ!|和田政宗

参院選に暗雲!逃げずに正面から原発再稼働、憲法改正を訴えよ!|和田政宗

酷暑のなか、もし電力が止まり冷房が止まってしまえば、命の危機にもつながる。国民は根本的な対応を求めており、もしそれを打ち出すことができなければ、大変な結果が待っているだろう。この1週間が決断すべき期間である。正面から訴えるべき政策については堂々と国民に訴えるべきだ。


【橋下徹研究⑪】「副市長案件」弁明の崩壊と橋下市長関与の証明|山口敬之【WEB連載第11回】

【橋下徹研究⑪】「副市長案件」弁明の崩壊と橋下市長関与の証明|山口敬之【WEB連載第11回】

6月20日以降、ツイートがない橋下徹氏。ほとぼりが冷めるまで待つ方針かもしれないが、いつまで「副市長案件」で逃げ切るつもりなのだろうか。「副市長案件」「遊休地だった」と抗弁する橋下氏の弁明には何の説得力もないどころか、事実を歪曲し隠蔽する悪意がはっきりと浮き彫りになっている――。【※サムネイルは『実行力 結果を出す「仕組み」の作りかた』 (PHP新書)】


【大募集!】#わたしのにゃんこ四字熟語

【大募集!】#わたしのにゃんこ四字熟語

『にゃんこ四字熟語辞典』が大ヒット。それを踏まえて、新しい「にゃんこ」企画をスタートいたします!