全員偽善者、文在寅政権と「共にセクハラ党」|西岡力

全員偽善者、文在寅政権と「共にセクハラ党」|西岡力

言っていることとやっていることが180度違う!「人権派」「女性の味方」を公言する政治家の正体、「清貧」の裏に隠された本性――韓国政治には「偽善者」しかいないのか!  


庶民を苦しめ甘い汁を吸う文在寅の最側近参謀たち

Getty logo

聖書に「義人はいない、一人もいない」という言葉があるが、最近の韓国政治を見ていると、これほど「偽善者」が多いのかと愕然とせざるを得ない。  

2020年8月7日、文在寅の最側近参謀といえる秘書室長と5人の首席秘書官(政務・民情・国民疎通・人事・市民社会の各首席秘書官)が一括で辞表を出した。その日に、文在寅が不動産価格暴騰を止められないことに対する世論悪化について報告を受け、激怒した直後のことだ。  

文在寅政権になり、3年間でソウルのマンション価格が53%も暴騰している。李明博・朴槿惠の任期を合わせて9年半で25%しか上がっていないから、失政は明らかだ。もはや、わが家を持てないと絶望する若い世代の怒りの声が高まっている。  

暴騰の一番の原因は投機だ。  

そこで一世帯が複数の住宅を所有している場合、多額の税金をかけるなどの政策をとってきたが効果がない。そんな中、政権中枢にいる者たちが住宅投機の主人公だという事実が批判の対象となった。大統領府の秘書官や与党議員にも、複数住宅所有者が多数いたからだ。  

2019年12月、盧英敏秘書室長が大統領府の幹部職員に複数住宅を持つ者は一つを残して売却せよ、と指示した。ところが、3月の財産公開で49人中16人が複数住宅を持ち、秘書室長本人もソウルの高級住宅地江南と選挙区の忠清北道清州に二つの高級マンションを所有していたことが明らかになった。  秘書室長は清州のマンションを売ると発表したが、選挙区を捨てて値上がりが見込める江南のマンションを売らないことに批判が集まった。結局、江南のマンションも売ったが、そこで約8億ウォンの差益を得たことがまた批判を生んでいる。  

そのうえ、辞表を出した5人の首席秘書官のうち金照源民情首席秘書官、金外淑人事首席秘書官、金巨性市民社会首席秘書官の3人は、なんと現在も複数住宅所有者だ。特に、公職綱紀確立を担当して5大権力機関(検察、警察、国情院、国税庁、会計監査院)を管轄する民情首席秘書官が江南に高級マンションを2つも所有しており、その一つを相場より高い値段で売りに出したことが明らかになり、買い手がつかないようわざと高い値段をつけたと批判された。  

辞表を出した秘書官らは、大統領府を辞めれば複数住宅所有を続けられるとして、「権力は有限だが、江南の高級マンションは永遠だ」などと国民から揶揄されている。

政権中枢を占める革命家たちも皆偽善者だった

Getty logo

関連する投稿


キリスト教信者から見た旧統一協会問題|西岡力

キリスト教信者から見た旧統一協会問題|西岡力

世論が変われば憲法に定められた信教の自由、私有財産処分の自由などの枠組みがいとも簡単に崩れていく。多数派の日本人とはかなり異なる少数派の信仰を持つ私は、それを目撃して、その矛先がいつ私たちに向くかもしれないという恐怖を感じるのだ。


【朝鮮半島通信】北朝鮮は安倍暗殺を「CIAの陰謀」と見ている!|重村智計

【朝鮮半島通信】北朝鮮は安倍暗殺を「CIAの陰謀」と見ている!|重村智計

北朝鮮はなぜ、安倍晋三元首相の死去を一切報じないのか。一般的には「指導者暗殺」がタブーだからと説明されるが、実は違う。ポイントになるのは、9月に北朝鮮で採択された「核兵器使用法」だ。なぜこの法律が安倍暗殺にかかわってくるのか。


北朝鮮の対露支援の内幕|西岡力

北朝鮮の対露支援の内幕|西岡力

特殊部隊を労働者に偽装してドンバス(東部2州)に派遣して復興工事にあたらせ、場合によっては戦闘参加もさせる―金正恩が指示したロシア政府への提案の具体的な中身とは。


韓国の反日プロパガンダを撃退せよ!|和田政宗

韓国の反日プロパガンダを撃退せよ!|和田政宗

なぜ韓国は「反日プロパガンダ」から卒業できないのか。韓国のプロパガンダの元になっているのは、日本の朝鮮統治が「植民地支配」「侵略」であったというものだが、当時の日本の統治は、「植民地支配」とも「侵略」とも言えないのである――。


【読書亡羊】「犠牲者・被害者ポジション」は最強なのか 林志弦著・澤田克己訳『犠牲者意識ナショナリズム』(東洋経済新報社)

【読書亡羊】「犠牲者・被害者ポジション」は最強なのか 林志弦著・澤田克己訳『犠牲者意識ナショナリズム』(東洋経済新報社)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


最新の投稿


虚しき岸田政権のコピペ外交|山口敬之【WEB連載第21回】

虚しき岸田政権のコピペ外交|山口敬之【WEB連載第21回】

11月13日、東アジアサミットで中国を名指しで批判した岸田首相。「岸田首相は覚醒した」「初めて毅然とした姿勢を示した」と評価する声も出たが、はたして本当にそうだろうか。岸田首相の発言を検証すると、バイデン大統領の発言と「ウリ二つ」であることがわかった――。(サムネイルは首相官邸HPより)


【読書亡羊】中台統一に「タピオカ屋」まで使う習近平 川島真、小嶋華津子編『UP Plus 習近平の中国』(東京大学出版会)

【読書亡羊】中台統一に「タピオカ屋」まで使う習近平 川島真、小嶋華津子編『UP Plus 習近平の中国』(東京大学出版会)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


韓国のプロパガンダに使われたNHK「緑なき島」|和田政宗

韓国のプロパガンダに使われたNHK「緑なき島」|和田政宗

「軍艦島は地獄島だった」「強制連行されたうえ劣悪な環境で働かされ、多くの人が命を落とした」。このような韓国のプロパガンダは、NHKの短編ドキュメンタリー映画「緑なき島」から始まった。NHKの捏造疑惑について国会で何度も質問をしたが、NHKはいまだにはぐらかし続けている――。


デサンティス知事の圧勝が教えるもの|島田洋一

デサンティス知事の圧勝が教えるもの|島田洋一

大勝を収めた結果、デサンティス氏は一躍、2年後の大統領選における最有力候補の1人と目されるに至った。デサンティス氏はまた、中国共産党政権によるスパイ行為を防ぐため、フロリダに本拠地を置く諸大学が中国人の研究者や中国の大学と行う共同プロジェクトに制限を課す州法の制定を議会に促してきた。


3年ぶりの日韓首脳会談 日本は言うべきことを言えたのか|和田政宗

3年ぶりの日韓首脳会談 日本は言うべきことを言えたのか|和田政宗

約3年ぶりに開かれた日韓首脳会談は、岸田総理と尹大統領の初会談でもあった。初会談は相手にくさびを打ち込む重要な会談である。はたして岸田総理は、韓国にくさびを打つことができたのだろうか。(サムネイルは首相官邸HPより)