中村時広愛媛県知事の大罪!【告発レポート第3弾】|長谷川学

中村時広愛媛県知事の大罪!【告発レポート第3弾】|長谷川学

県庁と四国最大の中核市を掌握、県議会と松山市議会をも抱き込み"中村王国"を築き上げた中村時広愛媛県知事。70億円もの血税が投じられた大規模環境汚染に対して、「法的には問題がなかった」と居直り本誌記事を批判。中村知事の法的な問題は本当にないのか? 嘘がまかり通る異常県政の惨状を追及した告発レポート第3弾!


廃棄物処理法に違反の疑い

では、中村氏の対応は、本当に法的な問題がなかったのか。  

結論を先に言おう。中村氏の対応は、国が定めた廃棄物処理法に違反していると考えられる。  

本誌2019年3月号の「中村愛媛県知事に重大疑惑」という私のレポートに対し、中村氏は2019年1月31日の知事記者会見で長々と反論したが、中村氏の主張は廃棄物処理法の理念を逸脱した内容だった(会見内容は愛媛県庁のホームページ参照)。  

知事会見で中村氏は、「産廃の許認可事務というのは、国の法定受託事務」であり、許可に関する「裁量というのは、県(筆者注・松山市の誤り)にはない」 「そこを逸脱すると訴訟で負けてしまいますから、その範囲で行った」と主張、自らの対応を正当化した。  

だが、この主張は正しくない。  

まず産廃業者への指導、処分、許可の権限は国にではなく、都道府県知事、政令指定都市と人口30万人以上の中核市(松山市はその一つ)の首長にある。  

一方、許可の「裁量」に関しては、たしかに首長は、事業者が一定の条件を満たす場合、許可しなければならないと決められている。  

2018年3月、環境省環境再生・資源循環局廃棄物規制課長が自治体向けに出した「許可事務等の取扱いについて」(通知)を見てみよう。

「申請者が基準に適合する施設及び能力を有し、かつ、欠格要件に該当しない場合には、必ず許可をしなければならない」  

だがこのことをとらえて、中村氏が、首長には不許可権限がないかのように主張し、自らの怠慢を正当化するのは誤りだ。  

なぜなら、中村氏が事業再開許可を出した当時のレッグは「基準に適合する施設及び能力」を持たないばかりか、「欠格要件に該当」する悪質業者であり、許可を出してはいけない相手だったからだ。  

先の環境省の通知は「欠格要件」に該当するかどうか、自治体首長が「確実に調査を行い、該当する場合は速やかに不許可処分を行うこと。また、更新許可の場合においては、速やかに従前の許可の取消しを行うこと」と定めている。

事実を捻じ曲げ、居直る

では、欠格要件が該当するのはどんな事業者なのか。  

これについて通知は、「申請者の資質及び社会的信用の面から、将来、その業務に関して不正又は不誠実な行為をすることが相当程度の蓋然性をもって予想され、業務の適切な運営を期待できないことが明らかである者について、許可をしてはならない」と定め、一例として「違反を繰り返しており、行政庁の指導等が累積している者」を挙げている。  

また、欠格要件とは別に、通知は許可の要件として「事業を的確に、かつ、継続して行うに足りる経理的基礎」がなければならないとして、「少なくとも債務超過の状態」でないこととしている。  

だがレッグは、先の会見で中村氏がいみじくも指摘したように「改善の文書指導とか出し続けたんですが、全然応えられない」 「あれだけのことをしでかしてですね、無責任にいなくなる。ましてや会社が転売、転売を繰り返して、自殺者まで出るというような会社でした」 「悪質極まりない状況になっていた」というのだから、速やかに不許可処分を出すべき相手だった。  

また、中村氏が事業再開許可を出す3カ月前の時点のレッグの貸借対照表によると、レッグは6885万円の債務超過であり、これだけでも事業再開許可を出してはならない事業者だったのだ。

そもそも中村氏が、違反を重ねてきたレッグに対し、ダラダラと任意の行政指導を繰り返したこと自体、廃棄物処理法に反している。  

環境省環境再生・資源循環局廃棄物規制課は、私の取材にこう答えた。

「漫然と指導を繰り返してはならないというのが廃棄物処理法の原則です。指導を繰り返してもダメな相手には、行政命令をかけねばなりません」  

ところが中村氏は、あたかも自治体首長には業者を不許可にする権限がないかのように事実を捻じ曲げて説明、「法律論の中では、やったつもりなんです」と会見で居直り、大規模環境汚染の原因となった転圧と事業再開を許可した自分の対応の誤りを決して認めようとしないのだ。

関連する投稿


被害者続出でも国は推進の異常! 成年後見制度は 「国家によるカツアゲ」|長谷川学

被害者続出でも国は推進の異常! 成年後見制度は 「国家によるカツアゲ」|長谷川学

なぜ国連勧告を無視し続けてまで政府は成年後見制度を促進するのか? なぜ新聞やテレビは被害者が続出しているにも拘わらず報じないのか? いまも平然と行われ続けている弱者を喰いモノにする「国家によるカツアゲ」。その実態を告発する。


枝野幸男クン、あんたアホや|九段靖之介

枝野幸男クン、あんたアホや|九段靖之介

衆議院選挙で立憲民主党と日本共産党とが選挙協力をし、立憲が仮に、万が一、あり得ないだろうが、衆院選で政権を取ったら、共産党は「限定的な閣外からの協力」を行うことで合意。いまや「立憲共産党」とも言われているが、この合意から想起するのは、ソ連共産党の権力構図だった――。


菅総理のコロナ対応は「先手、先手」だ|下村博文(自民党政調会長)

菅総理のコロナ対応は「先手、先手」だ|下村博文(自民党政調会長)

菅総理はコロナ対応と経済とのバランスを考えたギリギリの判断を行っている。野党もメディアも無責任すぎる!自民党政調会長が「コロナ対応後手、後手」批判に全て答える。(聞き手:政治評論家・田村重信)


北京五輪の開催地変更を求めよ|櫻井よしこ

北京五輪の開催地変更を求めよ|櫻井よしこ

今こそ問うべきだ。世界を大中華主義で染めたいのか。人権弾圧を続けて民主主義を息絶えさせたいのか。国際法を中華の法の支配に替え、世界秩序を大転換したいのか、と。


“ネット財閥”が民主主義を殺す|久保弾(ジャーナリスト)

“ネット財閥”が民主主義を殺す|久保弾(ジャーナリスト)

現代の公共広場(アゴラ)たるネット空間。 自由に議論できたはずのアゴラが、ネット財閥によって危機にひんしている。 トランプのアカウント停止を支持する自称リベラル派エリートたちの欺瞞を暴く!


最新の投稿


改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

参院法務委員会筆頭理事として、改正入管法の早期施行を法務省に働きかけてきた。しかしながら、改正入管法成立前から私に対する事実無根の攻撃が始まった――。


【今週のサンモニ】新生「サンモニ」はやっぱりいつも通り|藤原かずえ

【今週のサンモニ】新生「サンモニ」はやっぱりいつも通り|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


なべやかん遺産|「終活」

なべやかん遺産|「終活」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「終活」!


【読書亡羊】トランプとバイデンの意外な共通点  園田耕司『覇権国家アメリカ「対中強硬」の深淵』(朝日新聞出版)

【読書亡羊】トランプとバイデンの意外な共通点 園田耕司『覇権国家アメリカ「対中強硬」の深淵』(朝日新聞出版)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


川勝知事の辞意表明…リニアの命運を決める戦いが始まる|小林一哉

川勝知事の辞意表明…リニアの命運を決める戦いが始まる|小林一哉

急転直下、辞意を表明した川勝知事。しかし、本当の戦いはここからだ――。