中村時広愛媛県知事に重大疑惑!【告発レポート】|長谷川学

中村時広愛媛県知事に重大疑惑!【告発レポート】|長谷川学

「メモが出てきた!」加計問題で安倍首相の関与を匂わせる発言を行ったことでメディアからヒーローのようにもてはやされた中村時広愛媛県知事。真偽不明のメモを持ち出す手口は自身が関与する最悪の環境汚染事件でも用いられていた!自らの責任回避のために他人に責任を転嫁し、糾弾するあざとい政治手法と巨額の税金投入。国民の目が届かない地方政治の現場で進行する腐敗の実態を告発!


他人に責任を転嫁し、糾弾するあざとい政治手法

中村時広愛媛県知事(59)は2018年、最も名前を売った政治家である。  

中村氏は、「加計学園」の獣医学部開設を巡り、「首相案件」などと記した愛媛県文書を公表。安倍首相をはじめ、官邸側が事実関係を否定すると、「職員が上げてきた書類を私は全面的に信頼している」 「国は正直に言われたらいいんじゃないか」と批判。一躍、時の人になった。

「ものを言う知事」。多くのメディアからヒーローのようにもてはやされた中村氏は、2018年11月、三度目となる県知事選挙に圧勝。直後の会見で「(国と地方の)不要な上下関係意識は弊害になる。正しいことを言う姿勢は何ら変わらない」と語り、改めて安倍政権との対決姿勢を示した。  

だが、中村氏の言動に胡散臭さを感じた人は少なくない。たとえば、中村氏をよく知る加戸守行前愛媛県知事は、産経新聞(2018年5月23日付)に次のような談話を寄せた。

「(中村氏は)県内の自民党主流派と衝突している状態だ。(文書の公開には)そういうこともバックグラウンドにあったかもしれない」 「(首相と加計理事長が面会したという文書については)加計学園側が今治市に話したことを県が今治市から聞いて、メモにしている。伝聞の伝聞。信憑性は疑わしい」  

興味深いのは日頃、安倍政権を厳しく批判している日刊ゲンダイの報道。同紙は2018年4月14日付の『「首相案件」文書認めた愛媛県知事が政権に矢を射る思惑』という記事で、こう書いた。

「メディアも安倍政権に矢を射る『ホワイトナイト』のような扱いだが、彼こそ県から加計学園に3年間で総額31億円もの補助金をポンと渡すことを決めた張本人だ」  

同紙は、中村氏が「急にイケイケになった思惑は、中村知事の生き方を知れば理解できる」として、中村氏の経歴を以下のように紹介した。  

中村氏の父親は、元松山市長の時雄氏(旧民社党)。中村氏は幼稚舎からの慶應ボーイで、慶大法学部を卒業後、三菱商事に入社。93年の新党ブームに乗り、日本新党公認で初当選したが、96年落選。99年には“親の七光”で松山市長選に勝利。2010年の知事選で加戸前知事の後継候補の座に収まり、当選した。  

この経歴を踏まえ、同紙は今治市在住の「モリカケ共同追及プロジェクト」の黒川敦彦共同代表の次のコメントを載せた。 「一言でいえば“勝ち馬に乗る”のが上手な人。市長時代から人気絶頂だった橋下徹前大阪市長に接近」 「機を見るに敏で、今年11月に県知事選を控え、『この政権は持たない』と踏み、加計問題で“道連れ心中”はごめんと突き放し、火の粉を振り払っているのでしょう」  

私は県知事選後の2018年11月に愛媛県を訪れ、地元の声を取材したが、いろんな人から似たような中村評を聞いた。  

しかし、生き馬の目を抜く政治の世界において、機を見るに敏で、勝ち馬に乗ることは必ずしも悪いことではない。  

私が見たところ、中村氏の問題は、自分の責任回避のために他人に責任を転嫁し、糾弾するあざとい政治手法にあると思う。

真偽不明の“部下のメモ”を持ち出す常套手段

あとで詳しく触れるが、中村氏は6年前にも、今回の加計学園問題と同じく“部下のメモ”を持ち出し、それをもとに他人を糾弾して、自らの責任を回避したことがある。  

中村氏が11年間、市長を務めた松山市役所の関係者が語る。

「自分に火の粉が降りかかりそうになると、メディアが飛びつくことを見越して、真偽不明のメモを持ち出すのが中村氏の手口。それによって世間の関心をメモに移し、論点をすり替え、他人に責任を転嫁するのが中村氏の常套手段なのです。それを知っているので、加計学園のメモ騒動について地元では、“性懲りもなく、またやっているよ”と呆れています」

“柳の下にいつもドジョウは居らぬ”という諺がある。一度うまくいったからといって、次も同じ方法で成功すると考えるのは誤りという意味だが、中村氏はそうは思わぬらしい。

「中村氏は“一匹目のドジョウ”で味をしめ、同じ手法で加計学園問題で“二匹目のドジョウ”を捕ろうとしたのです」(前出関係者)

都合の悪いことには一切答えず。国民の目が届きにくいため地方政治は腐敗の温床と化している

関連する投稿


菅総理のコロナ対応は「先手、先手」だ|下村博文(自民党政調会長)

菅総理のコロナ対応は「先手、先手」だ|下村博文(自民党政調会長)

菅総理はコロナ対応と経済とのバランスを考えたギリギリの判断を行っている。野党もメディアも無責任すぎる!自民党政調会長が「コロナ対応後手、後手」批判に全て答える。(聞き手:政治評論家・田村重信)


北京五輪の開催地変更を求めよ|櫻井よしこ

北京五輪の開催地変更を求めよ|櫻井よしこ

今こそ問うべきだ。世界を大中華主義で染めたいのか。人権弾圧を続けて民主主義を息絶えさせたいのか。国際法を中華の法の支配に替え、世界秩序を大転換したいのか、と。


“ネット財閥”が民主主義を殺す|久保弾(ジャーナリスト)

“ネット財閥”が民主主義を殺す|久保弾(ジャーナリスト)

現代の公共広場(アゴラ)たるネット空間。 自由に議論できたはずのアゴラが、ネット財閥によって危機にひんしている。 トランプのアカウント停止を支持する自称リベラル派エリートたちの欺瞞を暴く!


菅政権“歴史的”支持率急落の意味|門田隆将

菅政権“歴史的”支持率急落の意味|門田隆将

菅政権の支持率が下がり続けている。報道各社の1月の世論調査で菅政権を支持しない「不支持率」が支持率を相次いで上回った。 その要因はいったいどこにあるのか――。 菅政権が進める“入国フリー政策”の闇を徹底批判!


『「目に見えぬ侵略」「見えない手」副読本』㉔脅かされているのは「人権」そのもの

『「目に見えぬ侵略」「見えない手」副読本』㉔脅かされているのは「人権」そのもの

『目に見えぬ侵略』『見えない手』の入門書と言える『副読本』を発売! 二冊の大著から奥山真司氏監修のもとエッセンスを抜き出し、見開き40項目だけでシンプルに解説しています。その中から三項目を特別公開。今回は二つ目「人権」問題について。


最新の投稿


「岸田ショック」はなぜ起きたのか|和田政宗

「岸田ショック」はなぜ起きたのか|和田政宗

菅総理はなぜ退陣しなければならなかったのか。「総花的でぼんやりしている」との厳しい声に岸田内閣はどう向き合えばいいのか。そして、なぜ、矢野財務次官は月刊誌で「このままでは国家財政は破綻する」と政府批判を展開したのか。「本音」で語れる政治家、和田政宗参議院議員が事の本質に迫る!


【読書亡羊】「もどかしい系議員」と呼びたい 小川淳也・中原一歩『本当に君は総理大臣になれないのか』(講談社現代新書)

【読書亡羊】「もどかしい系議員」と呼びたい 小川淳也・中原一歩『本当に君は総理大臣になれないのか』(講談社現代新書)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


やり直せるのはいいことだけど……|電脳三面記事

やり直せるのはいいことだけど……|電脳三面記事

ビル・ゲイツの妹(という設定)のライターが、ネットで話題になった事を斬りまくる、人気連載「電脳三面記事」。もう忘れられた感がありますが、某メンタリストのやらかしたことを覚えていますか? 失敗してもやり直せるのはいいことですが、加害者だけがやり直せるのはいかがなものでしょうか。


自衛隊は便利屋でいいのか|岩田清文

自衛隊は便利屋でいいのか|岩田清文

新型コロナウイルスワクチンの大規模接種センターは新たな延長期間に入り、対象年齢もが引き下げられ16歳と17歳への接種が始まった。自衛隊が運営しているだけに、接種会場はシステマティックで、見事な運営がされているという。だが、その一方で「近頃、何でもかんでも自衛隊、これでいいのか?」という危惧の声も聞かれる。自衛隊元最高幹部の問題提起!(初出:月刊『Hanada』2021年9月号)


改憲へ岸田氏の熱意を信じたい|田久保忠衛

改憲へ岸田氏の熱意を信じたい|田久保忠衛

岸田首相の改憲への熱意は、改憲を望む人々にとっては勇気づけられる思いだろう。ただし、首相の率いる自民党派閥の宏池会が改憲に積極的かどうか疑問を呈しないわけにはいかない。