保守派大弾圧が始まる!韓国前検事総長・尹錫悦の正体|邊熙宰(ピョンヒジェ)

保守派大弾圧が始まる!韓国前検事総長・尹錫悦の正体|邊熙宰(ピョンヒジェ)

曺国(チョグク)を巡る一連の事件は、一貫して曺国長官・文在寅政権VS尹錫悦(ユンソクヨル)検事総長の対決構図で報じられ続け、曺国を辞任に追い込んだことで今や尹総長に対して韓国の保守派からも支持する声が上がっている。しかし彼は保守派が期待するような男では決してない。文在寅と同じ穴の狢、いや文在寅の飼い犬に過ぎないのだ。尹錫悦の正体を見誤ってはならない。


曺国は1992年、蔚山大学教授時代に「南韓社会主義労働者同盟」に参加し、国家保安法違反で6カ月間収監された。曺国は公聴会の際、「私は社会主義者であり、国家保安法は廃止されるべきである」という所信を明らかにした。

曺国の辞任が政権に打撃を与えるというのが大方の見方だが、曺国が辞任しても、文在寅政権内には曺国のような左傾路線の人物は数知れない。曺国の後任の法務部長官も、国家保安法廃止と連邦制統一改憲案の正当性を国民に説き続けるだろう。しかも、曺国は法相辞任後も文在寅政権を側面支援すると見られている。

曺国の家族の犯罪行為を擁護するために、1万人、2万人という激しい支持層が路上に集まった。曺国はいまも変わらず左派陣営のスターである。その曺国を守るために集まった群衆が、「検察改革のために犠牲になった英雄・曺国が言うのであれば」と、ある瞬間を境に「韓国大学生進歩連合」のように「金正恩の訪韓歓迎、国家保安法廃止、南北連邦制統一改憲」を支持する恐れは十分にある。

いま、文在寅政権の中心人物である柳時敏廬武鉉財団理事長などを先頭に、曺国を盛んに擁護しながら、金正恩に対して「ソウルが負担ならば済州島にでも必ずお越しください」などと、金正恩訪南の雰囲気作りが積極的に行われている。

Getty logo

Getty logo

尹錫悦の重大な「任務」

韓国国際政治の専門家は、「文在寅政権は対米、対日外交の破綻という崖っぷちに追い込まれている」と分析する。平壌に米軍核査察の専門家を受け入れなければならない立場の金正恩も、「対米外交の崖っぷちに追い込まれている」という点では同様である。

これらの危機を打破する最後の切り札が、国家保安法廃止、南北連邦制統一改憲、そして金正恩釜山訪問なのだ。そのための事前整地作業として重要な役割を担うのが尹錫悦総長であり、彼の「政界の実力者の不正をも暴く正義感に満ちた公正な」イメージが有用なのである。

なぜなら金正恩の釜山訪韓に前後して、これに反対する保守派の人士を片っ端から弾圧、粛清する公安政局を造成することが、尹錫悦のもう一つの重大な「任務」であるからだ。

今般の国の一族捜査で、尹錫悦を筆頭に検察は保守派からも支持を得ているが、その検察はあくまでも「文在寅に掌握された検察」であることを忘れてはならない。尹錫悦が保守派たちに刃を向けた時、彼らはどのように抗弁するのだろうか。

文在寅は、尹錫悦らを用いて徹底して韓国を破滅に導こうとしている。そのことに保守派すら無自覚であれば韓国に未来はない。(翻訳/黄哲秀)

関連する投稿


石原慎太郎氏の功績と第三極のジレンマ|和田政宗

石原慎太郎氏の功績と第三極のジレンマ|和田政宗

石原慎太郎先生が携わった「たちあがれ日本」結党からの流れは、その後の第三極の本格化に大いに寄与した。今回は、私もかつて所属していた第三極のこれまでの流れ、強みと弱みを分析したい。第三極が勢力をさらに拡大するのか、それともしぼんでしまうのか、第三極にとって今回の参院選は大きな岐路となる。


【橋下徹研究⑦】咲洲メガソーラー入札の重大疑惑①|山口敬之【永田町インサイド WEB第7回】

【橋下徹研究⑦】咲洲メガソーラー入札の重大疑惑①|山口敬之【永田町インサイド WEB第7回】

「当時の入札手続きのどこが問題なのか具体的に指摘して欲しいね」と橋下徹氏。では、ご希望に応えて、2012年12月5日に行われた咲洲メガソーラーの入札の数々の問題点を指摘しよう。橋下徹さん、もうあなたは詰んでいる――。


再論・北朝鮮の核恫喝にどう立ち向かうのか|西岡力

再論・北朝鮮の核恫喝にどう立ち向かうのか|西岡力

日本は核拡散防止条約からの脱退を検討すべきだ!我が国の核抑止力を早急に整備しなければならないと再度強調する。


北朝鮮の核恫喝にどう立ち向かうのか|西岡力

北朝鮮の核恫喝にどう立ち向かうのか|西岡力

我が国がいま置かれている状況は、ソ連が米本土まで届く核ミサイルを完成した時の英仏両国の状況と同じだ。そのとき両国は、米国は米本土を危険にさらして他国を守らないかもしれないと考え、独自の核武装を決断した。


親北勢力と戦う覚悟のない尹錫悦氏|西岡力

親北勢力と戦う覚悟のない尹錫悦氏|西岡力

そもそも尹氏は、朴槿恵前政権から文在寅政権の前半にかけて、国内分裂の中で親北左派側の検事。「反日反韓史観」を身につけている。だから、韓国正常化のためには親北左派と戦わなければならないという問題意識を持っていない。


最新の投稿


中国のハイブリッド戦に備えよ|太田文雄

中国のハイブリッド戦に備えよ|太田文雄

ペロシ米下院議長の訪台(8月2~3日)に伴い、台湾を威嚇する中国の軍事演習が実施されたが、中国が同時に行った非軍事面での「攻撃」にも注目すべきだ。サイバー攻撃には、日本政府が基本原則とする「専守防衛」で対応できない。


もはや米海軍だけで抑止は効かない|織田邦男

もはや米海軍だけで抑止は効かない|織田邦男

台湾有事は日本有事である。もはや米海軍だけでは抑止は効かなくなった。日本は防衛力強化を急がねばならない。日本のEEZにミサイルを撃ち込まれても、国家安全保障会議(NSC)が開かないという感度の鈍さでは、取り返しがつかなくなる。


台湾を守らなければ、我が国は守れない!|和田政宗

台湾を守らなければ、我が国は守れない!|和田政宗

8月4日、中国は日本の排他的経済水域内を狙って弾道ミサイルを撃った。史上初のことであり、極めて挑発的だ。ステージは変わった! 平和を叫べば平和は守られるという「平和ボケ」を捨て、あらゆる手段をもって国家国民を守らなくてはならない厳しい状況であることを認識すべきだ。


【読者投稿「安倍総理への感謝の手紙」大募集!】

【読者投稿「安倍総理への感謝の手紙」大募集!】

本誌9月号『安倍晋三元総理追悼大特集号』、セレクション『ありがとう そしてサヨナラ 安倍晋三元総理』をお読みになったご感想、ならびに「安倍総理への感謝の手紙」をお寄せください。


台湾海峡危機への抑止力を高めよ|岩田清文

台湾海峡危機への抑止力を高めよ|岩田清文

問題はペロシ訪台だけではない。訪台があるなしに拘わらず、既に台湾海峡危機は、制御できない限界点に向かって時間が経過している。