保守派大弾圧が始まる!韓国前検事総長・尹錫悦の正体|邊熙宰(ピョンヒジェ)

保守派大弾圧が始まる!韓国前検事総長・尹錫悦の正体|邊熙宰(ピョンヒジェ)

曺国(チョグク)を巡る一連の事件は、一貫して曺国長官・文在寅政権VS尹錫悦(ユンソクヨル)検事総長の対決構図で報じられ続け、曺国を辞任に追い込んだことで今や尹総長に対して韓国の保守派からも支持する声が上がっている。しかし彼は保守派が期待するような男では決してない。文在寅と同じ穴の狢、いや文在寅の飼い犬に過ぎないのだ。尹錫悦の正体を見誤ってはならない。


曺国は1992年、蔚山大学教授時代に「南韓社会主義労働者同盟」に参加し、国家保安法違反で6カ月間収監された。曺国は公聴会の際、「私は社会主義者であり、国家保安法は廃止されるべきである」という所信を明らかにした。

曺国の辞任が政権に打撃を与えるというのが大方の見方だが、曺国が辞任しても、文在寅政権内には曺国のような左傾路線の人物は数知れない。曺国の後任の法務部長官も、国家保安法廃止と連邦制統一改憲案の正当性を国民に説き続けるだろう。しかも、曺国は法相辞任後も文在寅政権を側面支援すると見られている。

曺国の家族の犯罪行為を擁護するために、1万人、2万人という激しい支持層が路上に集まった。曺国はいまも変わらず左派陣営のスターである。その曺国を守るために集まった群衆が、「検察改革のために犠牲になった英雄・曺国が言うのであれば」と、ある瞬間を境に「韓国大学生進歩連合」のように「金正恩の訪韓歓迎、国家保安法廃止、南北連邦制統一改憲」を支持する恐れは十分にある。

いま、文在寅政権の中心人物である柳時敏廬武鉉財団理事長などを先頭に、曺国を盛んに擁護しながら、金正恩に対して「ソウルが負担ならば済州島にでも必ずお越しください」などと、金正恩訪南の雰囲気作りが積極的に行われている。

Getty logo

Getty logo

尹錫悦の重大な「任務」

韓国国際政治の専門家は、「文在寅政権は対米、対日外交の破綻という崖っぷちに追い込まれている」と分析する。平壌に米軍核査察の専門家を受け入れなければならない立場の金正恩も、「対米外交の崖っぷちに追い込まれている」という点では同様である。

これらの危機を打破する最後の切り札が、国家保安法廃止、南北連邦制統一改憲、そして金正恩釜山訪問なのだ。そのための事前整地作業として重要な役割を担うのが尹錫悦総長であり、彼の「政界の実力者の不正をも暴く正義感に満ちた公正な」イメージが有用なのである。

なぜなら金正恩の釜山訪韓に前後して、これに反対する保守派の人士を片っ端から弾圧、粛清する公安政局を造成することが、尹錫悦のもう一つの重大な「任務」であるからだ。

今般の国の一族捜査で、尹錫悦を筆頭に検察は保守派からも支持を得ているが、その検察はあくまでも「文在寅に掌握された検察」であることを忘れてはならない。尹錫悦が保守派たちに刃を向けた時、彼らはどのように抗弁するのだろうか。

文在寅は、尹錫悦らを用いて徹底して韓国を破滅に導こうとしている。そのことに保守派すら無自覚であれば韓国に未来はない。(翻訳/黄哲秀)

関連する投稿


【読書亡羊】「K兵器」こと韓国製武器はなぜ売れるのか 伊藤弘太郎『韓国の国防政策』(勁草書房)

【読書亡羊】「K兵器」こと韓国製武器はなぜ売れるのか 伊藤弘太郎『韓国の国防政策』(勁草書房)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


韓国大統領・尹錫悦の犯罪、保守派は幻想を捨てよ|邉熙宰(ピョンヒジェ)

韓国大統領・尹錫悦の犯罪、保守派は幻想を捨てよ|邉熙宰(ピョンヒジェ)

尹錫悦に騙されてはならない!文在寅政権下で検察総長を務めた男が過去に行った国家を揺るがす驚くべき犯罪。尹錫悦の「親日政策」は完全な偽物だ!韓国メディアウォッチの邉熙宰氏が緊急警告。


慰安婦問題を糾弾する「日韓共同シンポジウム」の衝撃|松木國俊

慰安婦問題を糾弾する「日韓共同シンポジウム」の衝撃|松木國俊

日本側の慰安婦問題研究者が、「敵地」とも言うべき韓国に乗り込み、直接韓国の人々に真実を訴えるという、大胆で意欲的な企画が実現した。これまでになかった日韓「慰安婦の嘘」との闘いをシンポジウムの登壇者、松木國俊氏が緊急レポート!


靖國神社の御霊に応えよ|古庄幸一

靖國神社の御霊に応えよ|古庄幸一

世界に誇る我が国の伝統と文化を大切にして、国を愛する政府の長たる内閣総理大臣が終戦記念日の8月15日または秋季例大祭に靖國神社を参拝することは、普通の国への一歩になる。


「大東亜戦争」との呼称を禁止したGHQ 我々の世代で戦後史観からの脱却を!|和田政宗

「大東亜戦争」との呼称を禁止したGHQ 我々の世代で戦後史観からの脱却を!|和田政宗

まもなく8月15日の終戦の日を迎える。広島原爆の日、長崎原爆の日、東京大空襲をはじめとする各地の空襲により亡くなった方々への慰霊の日を経て、8月15日がやってくる。改めて感じることは、我々50歳前後を中心とする世代がしっかりと先の大戦の事実を伝えていかなくてはならないということであり、東京裁判史観、戦後史観からの脱却を果たさなくてはならないということである。


最新の投稿


なべやかん遺産|「ワンフェス2024冬」

なべやかん遺産|「ワンフェス2024冬」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「ワンフェス2024冬」!


川勝知事、リニア妨害シナリオ|小林一哉

川勝知事、リニア妨害シナリオ|小林一哉

静岡県のリニア問題責任者を務める副知事による記者会見は、デタラメだらけだった。この記者会見の本当の目的とは――。


【今週のサンモニ】サンモニならではの否定とデマ|藤原かずえ

【今週のサンモニ】サンモニならではの否定とデマ|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


速やかなる憲法改正が必要だ!|和田政宗

速やかなる憲法改正が必要だ!|和田政宗

戦後の日本は現行憲法のおかしな部分を修正せず、憲法解釈を積み重ねて合憲化していくという手法を使ってきた。しかし、これも限界に来ている――。憲法の不備を整え、わが国と国民を憲法によって守らなくてはならない。(サムネイルは首相官邸HPより)


トランスジェンダー予備自衛官の本音|小笠原理恵

トランスジェンダー予備自衛官の本音|小笠原理恵

バイデン大統領は2021年1月25日、トランスジェンダーの米軍入隊を原則禁止したトランプ前大統領の方針を撤廃する大統領令に署名した。米軍では大統領が変わるごとにLGBTの扱いが激変――。だが、自衛隊ではお互いに理解を深めつつ共存している。その一例をご紹介しよう。