黙殺され続けるLGBT当事者たちの本音|福田ますみ

黙殺され続けるLGBT当事者たちの本音|福田ますみ

雑誌『新潮45』の廃刊が一つのきっかけとなり議論が巻き起こったLGBT問題。メディアでは一部の活動家の声があたかも「LGBT当事者の声」であるかのように取り上げられ、野党議員も政権批判の道具、パフォーマンス材料としてそれに群がった。ところが騒ぎが静まると、まるで「用済み」と言わんばかりにメディアも野党もLGBTについては何ら関心を示さず今日に至る。 『新潮45』廃刊騒動とはいったい何だったのかー―。報じられなかった真の当事者たちの声をベストセラー『でっちあげ』、『モンスターマザー』(ともに新潮社)の著者であるノンフィクション作家の福田ますみ氏が追った。


LGBTの皮を被った反日活動家と弱者ビジネス

Getty logo

北陸地方のとある街に住むかずと氏は40代半ば。一回り年下の相方と暮らすゲイの男性である。彼は、『新潮45』2018年8月号に掲載された杉田水脈論文が、LGBTに対する差別だと猛烈な批判を浴びたことに、当事者として大きな疑問を感じた。  

この思いを自身のブログにぶつけたところ、その文章が『新潮45』編集部の目に留まり、「そんなにおかしいか『杉田水脈』論文」と名付けた10月号の特集の7名の執筆者の一人になった。しかし、当事者であるかずと氏のこの論文は、なぜか黙殺されてしまった。  

私は彼に会いに、北陸の街を訪れた。駅に出迎えてくれた彼は、感じのいい小柄な普通の男性である。彼は「ホモも単なる男です」という。「ホモ」という言葉は最近、差別語ともいわれるが、彼はあえてこの言葉を使う。そして、「私はLGBTとは無縁なホモにすぎない」ともいう。

「気がつけば、当事者とは無縁なところに、LGBTなんていう世界が完成していた。一緒に暮らす相方も知り合いの若いゲイたちも、だれひとり、自分をLGBTとは思っていません。同性愛者=弱者、不幸、なんてとんでもない。同世代のノンケが、家のローンだの子供の教育費に頭を悩ませているのに比べると、生活ははるかに楽。ホモでよかったと思います。相方と、『生産性』という言葉に過剰反応すべきじゃない、と話してますよ」  

2018年の『新潮45』騒動で、図らずも露呈したことがある。テレビや新聞で騒動についてコメントした当事者の多くは、いわゆるLGBT活動家であり、その主張は必ずしも、市井に生きる普通の性的マイノリティの本音を代弁してはいないということだ。それどころか、両者の間には深刻な断絶があり、「活動家嫌悪」という感情さえ生まれている。  

現在、ネット上で性的マイノリティであることを公言し、さまざまな意見を発信している当事者は多いが、彼らの間では「差別」を糾弾した活動家や第三者を批判し、『新潮45』を擁護する逆転現象すら起きている。

「今回の弱者は、たった1万6000部しか発行してない、不当なメディアバッシングに対抗する術もない『新潮45』と、当事者なのに全く意見を汲み取ってもらえなかった俺ら普通の性的マイノリティだよ。で加害者は、ロクに読みもしないで気に入らない本を燃やして狂喜乱舞している奴ら」

「そういう奴らは結構身近にもいるよ。LGBTの皮を被った反日活動家。俺たち当事者は結局無視され、LGBTの名は道具として利用されるだけ。自由な言論すら封殺され、一般の文芸誌が廃刊に追い込まれた……」  

その他、「差別もないのに活動家が騒ぎすぎだ」 「弱者ビジネスだ」 「自分たちの代表面するな」等々、活動家に対する批判は噴出している。  

問題なのは、こうした声がマスコミに見事に黙殺されたことだ。うっかり非活動家の当事者の声を取り上げると、マスコミや活動家が描いた「これは差別事案である」という構図が崩れてしまうからではないか。かずと氏は、そうした“不都合な当事者”の一人である。

当事者の気持ちを理解してくれた杉田水脈議員に信頼感

杉田論文の感想を彼はこういう。

「『生産性』という言葉に引っかかるかもしれないけど、その前後の文章を読めば何らおかしくない。要は、LGBTのカップルより、子供ができないカップルへの不妊治療や子育て支援に優先的に税金を使いましょうっていう主旨で、当然の話ですよ」  

むしろかずと氏は、杉田氏に信頼感を抱いたという。なぜなら、彼女の論文中に自分の心境を言い当てたような次の一文があったからだ。

〈LGBTの当事者の方たちから聞いた話によれば、生きづらさという観点でいえば、社会的な差別云々よりも、自分たちの親が理解してくれないことのほうがつらいと言います〉  

正直、杉田氏が当事者の気持ちをここまで理解していることに驚いた。彼女がきちんと当事者に話を聞いている証拠だと思った、とかずと氏はいう。

「よく親ならわかってくれるなんて話を耳にしますが、親がノーマルだからこそ私たちが産まれているわけで、一番理解してくれないのは実は親なんです。私も両親にカミングアウトしたら、母親から『意味がわからない』といわれてしまった」

『新潮45』2018年8月号より

騒動の火付け役、尾辻かな子議員に不信感

反対に彼は、騒動の火付け役の尾辻かな子議員に不信感を抱いた。同じ衆議院議員なのに杉田氏と話し合おうとせず、いきなり『新潮45』の記事の一部を切り取って撮影し、ツイッターに投稿したからだ。この時、尾辻氏は杉田氏をこう批判した。

「LGBTのカップルは生産性がないので税金を投入することの是非があると。LGBTも納税者であることは指摘しておきたい。当たり前のことだが、すべての人は生きていること、その事自体に価値がある」  

これに杉田氏はすぐ返信し(現在は削除されている)、LGBTの方々は社会的弱者か。LGBTであっても障害者なら障害者福祉を、低所得者なら低所得者福祉というように、状況に応じてさまざまな社会福祉を享受できるから、日本の中で差別されてはいないし、差別すべきでない。その上でLGBTの方々だけに特別に税金を注ぎ込む施策は必要なのか、という主旨の質問をした。  

ところが、この質問に尾辻氏は答えなかった。なぜなら尾辻氏は、LGBTに税金を投入する必要がないことがわかっているからだ、とかずと氏は思った。  

立憲民主党の尾辻かな子議員(画像は尾辻議員のクリアファイルより)

私たちは社会的弱者ではない

そこで彼は、「騒動の火付け役 尾辻かな子の欺瞞」と題して、彼女に呼びかける形で『新潮45』に次のように書いたのである。

「(あなたは)、LGBTの中でも本当の支援が必要なのはT(トランスジェンダー)の中の一部の方だけと分かっている。しかしそれを認めてしまえば、これまでの主張がすべて覆る、これまでの主張とは何かといえばTの方の問題をLGBT全体の問題としてきたことです。更衣室やトイレ、制服といった問題、履歴書や各種書類の性別記載、いずれもTの方の問題でLGBには何ら関係ありません」 「財産関係の問題なども実は養子縁組ですべてクリアできてしまう」 「LGBに関しては社会的弱者でも何でもない、支援の必要は一切ない、そのことをレズビアンの当事者である尾辻さんはわかっている」  

なるほどこの主張は、『新潮45』を批判したい向きには具合が悪い。かくて、かずと氏の文章は無視されてしまったのである。

当事者の意見を一切聞かず逆ギレする活動家たち

「活動家さんたちは口を開けば、『LGBTは生きづらい』という。でも私たちは、毎日普通に楽しく暮らしてますよ」  

かずと氏は気負うことなくいう。

「活動家さんたちの最大の問題点は、当事者の意見を一切聞こうとしないこと。うちの相方はいろんな活動家さんのツイートに、『同性愛者に対する差別とは何か?』と質問しまくっていますが、誰も答えてくれない。それどころか、彼らの主張に反論すると逆ギレしてすぐにブロックする。対話ができない」

小川榮太郎氏の論文に当事者として賛同

大半の当事者は、自分が同性愛者であることを肯定し、前向きに生きている。特に若い世代のゲイは、SNS上に普通に顔を出し、ごく自然に仕事の悩みや彼氏との関係を綴っている。活動家はこうした現実を見ようとしない、とかずと氏は憤る。そして、非難の的となった小川榮太郎氏の論文にも、当事者として賛意を示す。

「『人間ならパンツは穿いておけよ』というのは、性に関することは人に話すことではないということでしょ。当然ですよ。『政治は「生きづらさ」という主観を救えない』というのもまさにそのとおり。生きづらいなんてのは個人の問題ですよ。むしろ小川さんは差別感情を持っていない、私たちを対等な人間とみているからこそ、忌憚のない意見がいえるんだと思う」  

LGBT差別解消法とか理解促進法とかの法整備にも関心はない。

「特に不便を感じていないんですよ。そういうことは別世界の話ですね。そう考えているゲイは少なくないと思います」  

かずと氏のいまの一番の願いは、LGBTブームなるものが一刻も早く終息することだ。

『新潮45』2018年10月号より

Tに対する理解では、政権与党が最も進んでいる

同じゲイでも、かつて『G=men』というゲイ雑誌の編集長を務め、現在もフリーのライター、編集者として活躍する冨田格氏の見解はこうだ。

「日本でLGBTに対する差別が皆無かといえば、無理解から来る差別的な状況はまだあると思う。だから、LGBTへの理解を促進させるような法律を成立させる必要はあると僕は思います。でも、欧米のゲイリブ(ゲイ解放)活動をそのままスライドさせたような野党法案では受け入れられない。向こうと日本では状況が大きく異なるからです。日本ではまず、同性愛が宗教的禁忌として扱われていない。複雑な人種構成による差別がない、警察がゲイバーを弾圧しない。それに、Tに対する理解では、政権与党が最も進んでいるからです」  

杉田論文については、論旨がちょっと雑ではないかという。

「曖昧な書き方をしているので、リベラルの活動家に、つけ込まれる隙を与えた。でも、尾辻議員の切り取り方もひどすぎる。生産性といったって、たとえば『生産性なきLGBTは日本から出て行け!』なんてことをいったら、そりゃ僕だって激怒しますよ。でも、そんなことは言っていない。この生産性については、マルクス主義の用語で差別語でもなんでもないと、『新潮45』10月号で藤岡信勝さんが見事な答えを出しているじゃないですか」

「差別だ!」と声高に言うことで、内なる差別を助長する

Getty logo

かずと氏と同様、冨田氏も、活動家がしきりに「同性愛者は生きづらい」と訴えることに違和感を覚える。

「トランスジェンダーやレズビアンは抱えているものが違うと思うので、僕たちゲイについてだけいえば、人生を謳歌している人間はいっぱいいる。いまは、フェイスブック、出会い系アプリなどで、簡単に国境も超えて世界中のゲイと繋がれる。だから孤独感はないですね。  みな独り者で子供もいないから、経済的にも余裕がある。毎週末にホームパーティやバーベキューをやったり、生活を楽しんでいる。僕は生まれ変わってもゲイになりたいですね」  

満面に笑みを浮かべて彼はいう。このあたり、かずと氏とまったく同意見だ。ホモネタでからかったり冗談の種にすることまで「差別だ」という人もいるが、「それは差別そのものというより、差別に対する理解ができていないことだと思う。たとえば障害者が身内にいたら、障害を冗談の種にすることは絶対しないでしょ。ゲイについても同じことだと思う。身近にいない、接したことがないから想像力が働かない。理解できないから冗談にしてしまう。それを『差別だ!』と声高にいって抑えつけてしまったら、逆に内なる差別感を助長してしまう。それより、理解を促すように働きかけることのほうがよっぽど建設的ですよ」

全国の学校で行われている「LGBT教育」の大問題

冨田氏のLGBT運動を巡る疑問はまだある。LGBTへの理解を広めるためと称して関連団体が学校現場に入り、出張授業、教師への研修などを盛んに行っていることだ。

「学校側は、何かやらなくてはならないと義務感に駆られているんでしょうが、講義内容は講師の自由に任せ、教材も彼らが作ったものを持ち込んでいる。しかし、子供たちに何をどう教えて何を教えないか、学校側で十分な議論を経て、きちんとした方向性、指針を立てるべきでしょう。講義内容がイデオロギー的に偏っていたり、善意で教えたことが裏目に出る場合だってあります」

「誰も助けてくれない!」安易なカミングアウトの危険性

さらに冨田氏は、積極的にカミングアウトしていこう、といったLGBT活動家の安易な言説に乗ることの危険性を指摘する。

「カミングアウトすると、予想外のハレーションが起きる可能性もあります。カミングアウトされたら『正直に話してくれてありがとう』と言おうとか、アウティング(他の人に話す)はいけないことだということは、全く浸透していません。当事者は、カミングアウトで生じるリスクを受け止める覚悟が必要なんです。『カミングアウトするべきだ』と、誰かにそそのかされてするものでは決してない。それはむしろ危険です。もしカミングアウトして悪い結果になっても、誰も助けてはくれません」  

かずと氏や冨田氏のようなゲイは、LGBTと分類される性的マイノリティのなかで多数派である。レズビアンコミュニティはゲイコミュニティよりもかなり小規模だ。ゲイとレズビアンとを比較すると、それはそのまま男女間格差の問題にもなる。つまり、ゲイの男性二人で暮らせば経済的に余裕が生まれるが、女性同士で生活を支えるとなると、男性同士より厳しくなる現実がある。  

そうした経済上の問題もあり、レズビアンはフェミニズム運動に近づきやすい。その結果、ゲイは政治的に比較的穏健だが、レズビアンは先鋭化しやすい傾向もあるようだ。

Getty logo

レズビアンの切実な訴え

作家の森奈津子氏は、レズビアン寄りのバイセクシュアルである。しばき隊(現在は解散して別の名称になっているが、ここでは社会的に通用しているこの名称を使う)を痛烈に批判し、ツイッターなどで彼らと激しい舌戦を繰り広げている。  

80年代後半から90年代にかけてのレズビアン・ゲイリブ運動の経験者であり、右でも左でもない中道で、むしろLGBT運動を応援している。そして、ゲイに比べてレズビアンには様々な困難があると訴える。

「レズビアンの場合、生活が大変だというカップルが多く、男女の賃金格差をなんとかしてほしいという声は切実です。カミングアウトするにも、ゲイにはないリスクがある。実際にカミングアウトしたら、『レズを直してやる』と言われてレイプされたという例もあるんです」  

しかしその森氏にして、『新潮45』の騒動を見る限り、最近の運動はおかしいと感じる。騒ぎの発端となった杉田氏の論文については、言葉の使い方を間違ったかなとは思ったが、展開の仕方によってはいくらでも建設的な議論に発展した可能性はあるという。

「ネット右翼のなりすまし」「ホモウヨ」と罵られる

「問題はその後、しばき隊界隈の呼びかけで行われた杉田氏への抗議行動です。参加者が中指を立てたり、杉田さんの顔写真にナチスの鉤十字を描いたプラカードを掲げたり、ひどく過激で悪質でした。そのうえ彼らは、こうした行為を批判した右寄りのLGBTの人たちを、『奴らはネット右翼のなりすまし』 『ホモウヨ』などと罵った。異常ですよ」  

森氏は、『新潮45』10月号もすぐに買って読んだ。松浦大悟氏やかずと氏、当事者二人の論文は読むべき価値があると思い、ツイッターで勧めたところ、「そんなものは読む価値はない」 「森奈津子はネット右翼の男のなりすましだ」とまでいわれた。 

「もはや集団ヒステリーです」  

森氏は嘆息する。 「“反差別チンピラ”が加わることによって、LGBT運動は露骨な政権叩きに利用されてしまった。活動家が普通のLGBTから嫌われるわけですよ。このままいけば、LGBTは部落問題のようにアンタッチャブルな領域になってしまう。運動体には自浄作用を発揮してほしい」

「この騒動で、LGBTは確実に腫物扱いになってしまった」と森氏や冨田氏は嘆く。声の大きい少数派が大騒ぎした挙句のツケが当事者に回ってしまったのなら、こんなに割に合わないことはない。

親が理解してくれない辛さ

森氏と同様、「現在のLGBT運動は、もはや反政府運動のツールになってしまった」というのはトランスジェンダーの神名龍子氏だ。

「杉田論文を差別とは感じませんでした。いくつか細かい間違いはありますが、全体として間違ったことはいっていない。むしろ、どこで取材したのか不思議に感じたほど、LGBT当事者の声を汲み取っています」  

それは、かずと氏がいみじくも指摘した、「社会的な差別云々よりも、自分たちの親が理解してくれないことのほうがつらい」という部分であり、T(トランスジェンダー)は「性同一性障害」という障害なので、LGBとは分けて考えるべきという主張である。ことに次の文章は、トランスジェンダーの当事者の願いに寄り添っているという。

〈自分の脳が認識している性と、自分の体が一致しないというのは、つらいでしょう。性転換手術にも保険が利くようにしたり、いかに医療行為として充実させていくのか、それは政治家としても考えていいことなのかもしれません〉  

生殖能力を無力化する性転換手術(性別適合手術)に政治家として支援したいといっているのであり、それはつまり、子供ができないという理由でLGBTを切り捨てる、差別する意図がないことの表れでもある、と神名氏はいう。

Getty logo

「杉田議員が問題視しているのはLGBTに寄生する左翼勢力」

Getty logo

神名氏は体の性は男性だが、心の性は女性である。そのために女装していることが多い。

「ごく稀にですが、道を歩いていて『オカマ!』と罵声を浴びせられたことがあります。トランスジェンダーは見た目でそれとわかるケースがあるので、同じような経験をした人は多いと思います。ただし欧米のように、生命・身体の安全が脅かされるようなヘイトクライムは、日本ではまず聞きませんね」  

神名氏はいま、週に2日ほど新宿のゴールデン街の店で働いている。

「私を見て驚く人はいても、差別的な言動をする客はめったにいません。過去、トランスジェンダーと知られたうえでIT関連の仕事に誘われたし、仕事関係で差別や不自由を感じたことはないです」

神名氏はネットに、「杉田論文についての考察」をアップしている。前述のコメントともダブるが、読み応えのある論考であり、ぜひ一読してもらいたい(https://www4.hp-ez.com/hp/eon/page55/8)。

この文章中、私が最も印象に残った部分がある。

〈杉田議員が問題視しているのはLGBTそのものではなく、そこに寄生する左翼勢力であり、またLGBTを禁忌としてきた西欧社会(日本とは異なる社会土壌)で生まれたゲイ理論などでしょう。自分たちの足下から立ち上げた思想ではなく、借り物の思想でよしとしてきた当事者たちは、この点で反省するところはないのでしょうか〉  

Getty logo

Getty logo

小川榮太郎氏に言論人としての気概を感じた

私は、小川榮太郎氏の論文も、主張したかったのはこういうことなのだと思う。読者を挑発するような反語的表現はLGBT当事者に向けられたものではなく、イデオロギー化したLGBT概念に対してだ。これは杉田氏にもいえるが、「差別者だ」と糾弾されることを恐れることなく、LGBTブームの欺瞞をつく議論を展開する小川氏に、私は言論人としての気概を感じる。

小川氏への取材で私は尋ねた。

「差別というデリケートな問題について書く時、どうしても身構えて萎縮したり、自主規制の気持ちが働くが……」  

小川氏は即座に否定した。

「私は自主規制しない。すべての同調圧力が嫌いだから」  

小川氏は、松浦氏と本誌2018年12月号で対談してLGBTへの考察を深め、さらにその後、松浦氏の誘いで新宿2丁目にも出かけた。

「僕には当事者に対する偏見もないから、とても楽しい時間を過ごしました。ただ、LGBTを過度に人権問題化することと同性婚には反対です。これは変わりようがない」  

日本に生まれて本当に幸せ

私事で恐縮だが、私は30年ぐらい前から新宿2丁目に通っている。最近はさすがに足が遠のいたが、以前は常連の店がいくつもあった。今回のことを訊きたくて、久しぶりに2丁目に顔を出したが、ゲイのママたちの反応はすこぶる鈍い。

「ああテレビでやってたわね。雑誌? 読んでないわよ。生産性? 興味ないわ」  

39年やっていた店をつい最近畳んだばかりの金竹伊彦氏(71歳)に至っては、こういう。

「私はLGBTの運動なんてかかわりたくない。権利を声高に主張するのは大嫌い。こういうことは秘め事でいいのよ。私が弱者? バカいうんじゃないわよ。お店も繁盛して、世界中を旅行して回って楽しかったわよ。私はこの日本国に生まれて幸せでした。差別されたことなんかありません!」

著者略歴

福田ますみ

https://hanada-plus.jp/articles/248

1956年、横浜市生まれ。立教大学社会学部卒。専門誌、編集プロダクション勤務を経て、フリーに。犯罪、ロシアなどをテーマに取材、執筆活動を行っている。著書に『スターリン 家族の肖像』(文藝春秋)、『暗殺国家ロシア 消 されたジャーナリストを追う』(新潮社)などがある。2007年に『でっちあげ 福岡「殺人教師」事件の真相』(新潮社)で第6回新潮ドキュメント賞を受賞。

関連する投稿


新型コロナ蔓延は中国共産党の「殺人だ」|楊逸

新型コロナ蔓延は中国共産党の「殺人だ」|楊逸

中国出身で2012年に日本国籍を取得した芥川賞作家が、涙と怒りの告発! 文化大革命の経験から、中国政府を信用してはいけない事を身をもって知り、「彼らは想像をはるかに超える残酷なことを平気で行う」と日本人に警告。


【スクープ!】中国ドローン侵略はすでに始まっている|山崎文明

【スクープ!】中国ドローン侵略はすでに始まっている|山崎文明

いま世界中あらゆる場面で使用されているドローン。ところが、その市場シェアの8割が中国製であることはあまり知られていない。中国に蓄積され続ける空撮データ、“丸裸”にされる日本の国土、このままでは近い将来、人民解放軍のドローン攻撃に晒される日が確実に来る――。報じられない中国ドローン侵略の実態を緊急レポート。


岩田清文『中国、日本侵攻のリアル』/中国の「ハイブリッド侵攻」に備えよ

岩田清文『中国、日本侵攻のリアル』/中国の「ハイブリッド侵攻」に備えよ

「このままでは先島諸島の防衛は不可能」……元陸自トップが衝撃の告白。37年間の自衛隊勤務経験に基づく豊富な事例と教訓から、自衛隊という組織と人に本気の改革を迫る一冊。「新しい戦争」の世界的変化についていけない日本人に向けて、ハイブリッド戦による侵略の脅威を完全解説した本書の書評です。


【脱北作家 慟哭の独占手記】 文在寅は脱北者虐殺犯だ!(前編)|李主成

【脱北作家 慟哭の独占手記】 文在寅は脱北者虐殺犯だ!(前編)|李主成

「文在寅は人権派弁護士、親北派政治家として知られているが、その実は政治目的のためなら人命をも犠牲にする冷酷で残忍な男だ。私は文在寅の本性、脱北者がおかれている現状を日本の読者に何としても知ってもらいたいと思い、筆をとった」ーーある脱北作家が命懸けで綴った慟哭の手記。


【脱北作家 慟哭の独占手記】 文在寅は脱北者虐殺犯だ!(後編)|李主成

【脱北作家 慟哭の独占手記】 文在寅は脱北者虐殺犯だ!(後編)|李主成

「文在寅は人権派弁護士、親北派政治家として知られているが、その実は政治目的のためなら人命をも犠牲にする冷酷で残忍な男だ。私は文在寅の本性、脱北者がおかれている現状を日本の読者に何としても知ってもらいたいと思い、筆をとった」ーーある脱北作家が命懸けで綴った慟哭の手記。


最新の投稿


なべやかん遺産|「大魔神」

なべやかん遺産|「大魔神」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し!


月刊『Hanada』2020年5月初夏号

月刊『Hanada』2020年5月初夏号

5月号も永久保存版!なぜ早期に、安倍首相は中国全土からの入国禁止をしなかったのか。コロナ・ショックで日本経済はどうなるのか。イタリアの失敗の本質、習近平の宣伝戦、テレビ報道の欺瞞、コロナ後の世界など「武漢肺炎」をあらゆる角度から徹底分析!テレビ報道ではわからない、わからなかった情報や秘話が満載。「『実子誘拐ビジネス』の闇!人権派弁護士らのあくどい手口」(告発スクープ!)、「教科書検定問題徹底追及第2弾!」など注目記事が盛りだくさん。5月号は伝説の号に、きっと、なる!


「2020年5月号」新聞広告大公開!

「2020年5月号」新聞広告大公開!

完売続出の5月号。今回の新聞広告もかなりおもしろい展開に…。「武漢肺炎」「武漢ウイルス」がOKなところもあれば、NGなところも。なかには「親日国・台湾」がNGな新聞社も。あなたの新聞はどのタイプでしょうか。新聞社のスタンスがまるわかり、全5パターンを特別公開!広告がおもしろければ、雑誌もおもしろい!雑誌がおもしろければ、広告もおもしろい!いま読みたい記事が、ここにはある!


 Darkness of child abduction business|Nozomi Makino

Darkness of child abduction business|Nozomi Makino

In Japan today, parental child abductions occur on a daily basis, and false DV claims are fabricated to justify them. A father, whose child was abducted, accuses so-called "human rights groups" of defamation. His case shows their fraudulent business in quite some detail. Their dirty tricks are finally revealed!


新型コロナ蔓延は中国共産党の「殺人だ」|楊逸

新型コロナ蔓延は中国共産党の「殺人だ」|楊逸

中国出身で2012年に日本国籍を取得した芥川賞作家が、涙と怒りの告発! 文化大革命の経験から、中国政府を信用してはいけない事を身をもって知り、「彼らは想像をはるかに超える残酷なことを平気で行う」と日本人に警告。