保守派大弾圧が始まる!韓国前検事総長・尹錫悦の正体|邊熙宰(ピョンヒジェ)

保守派大弾圧が始まる!韓国前検事総長・尹錫悦の正体|邊熙宰(ピョンヒジェ)

曺国(チョグク)を巡る一連の事件は、一貫して曺国長官・文在寅政権VS尹錫悦(ユンソクヨル)検事総長の対決構図で報じられ続け、曺国を辞任に追い込んだことで今や尹総長に対して韓国の保守派からも支持する声が上がっている。しかし彼は保守派が期待するような男では決してない。文在寅と同じ穴の狢、いや文在寅の飼い犬に過ぎないのだ。尹錫悦の正体を見誤ってはならない。


遅咲きの検事

2019年10月14日午後2時、曺国(チョグク)法務部長官が電撃辞任した。その日、曺国長官の夫人、情景芯(チョンギョンシム)は検察の調査を受けており、翌日には国会の法務部国政監査が予定されていた。

この間、曺国の家族を中心に、不正入学、財団不正、ファンド運用不正など、広範囲な犯罪疑惑が止まることを知らず、世論の動向を受けて、検察もさすがに捜査を開始するよりほかなかった。しかし、検察の捜査意図は曺国の夫人と弟を拘束する程度で、むしろ国に免罪符を与えようとしていた、と筆者は推測する。

曺国を巡る一連の事件は、表面的には尹錫悦(ユンソクヨル)検事総長と曺国長官の対決、すなわち検察が自らの指揮官である法務部長官を捜査するという構図だった。

そのため、激烈な文在寅支持勢力や民主労総など左翼団体らは結束して、「検察の捜査権乱用」を強く批判、「尹錫悦と検察勢力が、今後も大統領が任命した新たな改革的法務部長官を引きずり下ろすために組織的に抗命する」と主張。

一方で、一部の保守勢力は尹錫悦を応援している。

だが、尹錫悦も曺国も文在寅が直接任命した人事であり、尹錫悦のこれまでの歩みを見たとき、任命権者である文在寅に抗命をしたことは一度もなく、いま現在、それをしているという証拠も何一つとしてない。

むしろ彼は、国の家族の様々な不正が広く国民に知られた以上、検察が適切な捜査をしなければ、文在寅政権に世論が背を向けることを憂慮していたとの見方が出ている。

尹錫悦は1960年に生まれ、ソウル大学法学部を卒業後、9年間を経て司法試験に合格、検事として赴任する。遅咲きのためか、検察を辞めたあとは法律事務所で働き、再び経歴職に採用されて検察に復帰する。大学在学中に司法試験に合格したあと、超高速で昇進するエリート検事とは全く別の道を歩んだ。

尹錫悦検事総長(右)(写真/青瓦台写真記者団)

前代未聞の政治報復、背後に文在寅

尹錫悦の名前が広く知られるようになったのは、2013年、「朴槿惠政権による国家情報院の政治コメント事件」だった。当時、朴槿惠大統領が任命した蔡東旭検事総長の下、捜査チーム長を担っていた尹錫悦は、国情院(大統領直属の情報機関)による日常的なインターネットへの書き込み作業が、すべて朴大統領の大統領選挙勝利のための工作、操作されたものだとして、追及の急先鋒に立った。

時の大統領が任命した検事総長が、すぐさま任命者である大統領を政治的危機に追い込む捜査を行った点で、今回の国捜査と比較する論調も見られるが、この事件は朴大統領の側近内で人事を巡る派閥争いが起こり、朴大統領と全く路線の異なる人物を検事総長に据えたことで生じた「人事事故」であり、今日まで国情院の書き込み工作や操作の具体的な証拠は見つかっていない。

結局、蔡東旭総長自身に婚外子問題が浮上し、彼は降板、尹錫悦も左遷され、一検事に戻った。

ところが、文在寅は朴槿惠追及の急先鋒だった尹錫悦に注目、2016年の朴槿惠弾劾を主導した国政壟断特検捜査チームのチーム長として彼を抜擢する。

この特検(特別検察官)チームは、「朴大統領の国政壟断の決定的証拠として、親文在寅放送局JTBCが提示したタブレットPCは捏造されたものだ」とする嫌疑などを一切考慮しないなど、偏向・歪曲にまみれた捜査を行った。

尹錫悦は特検捜査のホープとして、文在寅大統領によってソウル中央地検長に栄転。朴槿惠、李明博政権人士ら60余名を職権乱用と職務放棄などで次々と拘束、収監するという前代未聞の政治報復を実行した。

このような滅茶苦茶な政治報復捜査は尹錫悦が個人の力で行うことなど到底不可能であり、背後にある文在寅の力なくして成し遂げられるものではなかった。

文在寅は検察を管理する法務部幹部職(局長級以上)にも、自身の親衛隊である「民主社会のための弁護士会」所属の弁護士を据え、検察内外を掌握し、さらに親北・反日反米の裁判官集団「ウリ法研究会」を用い、法院(裁判所)までをも支配している。法院は、尹錫悦が提出する拘束令状を常に簡単に発行した。

JTBCのタブレットPC捏造疑惑を提起した筆者に対して、拘束令状を請求したのも尹錫悦のソウル中央地検であり、令状を発行したのもウリ法研究会所属の判事だった。一審で筆者に名誉毀損訴訟で初となる懲役2年の実刑判決を下した判事も、ウリ法研究会所属だ。

関連する投稿


【読書亡羊】「K兵器」こと韓国製武器はなぜ売れるのか 伊藤弘太郎『韓国の国防政策』(勁草書房)

【読書亡羊】「K兵器」こと韓国製武器はなぜ売れるのか 伊藤弘太郎『韓国の国防政策』(勁草書房)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


韓国大統領・尹錫悦の犯罪、保守派は幻想を捨てよ|邉熙宰(ピョンヒジェ)

韓国大統領・尹錫悦の犯罪、保守派は幻想を捨てよ|邉熙宰(ピョンヒジェ)

尹錫悦に騙されてはならない!文在寅政権下で検察総長を務めた男が過去に行った国家を揺るがす驚くべき犯罪。尹錫悦の「親日政策」は完全な偽物だ!韓国メディアウォッチの邉熙宰氏が緊急警告。


慰安婦問題を糾弾する「日韓共同シンポジウム」の衝撃|松木國俊

慰安婦問題を糾弾する「日韓共同シンポジウム」の衝撃|松木國俊

日本側の慰安婦問題研究者が、「敵地」とも言うべき韓国に乗り込み、直接韓国の人々に真実を訴えるという、大胆で意欲的な企画が実現した。これまでになかった日韓「慰安婦の嘘」との闘いをシンポジウムの登壇者、松木國俊氏が緊急レポート!


靖國神社の御霊に応えよ|古庄幸一

靖國神社の御霊に応えよ|古庄幸一

世界に誇る我が国の伝統と文化を大切にして、国を愛する政府の長たる内閣総理大臣が終戦記念日の8月15日または秋季例大祭に靖國神社を参拝することは、普通の国への一歩になる。


「大東亜戦争」との呼称を禁止したGHQ 我々の世代で戦後史観からの脱却を!|和田政宗

「大東亜戦争」との呼称を禁止したGHQ 我々の世代で戦後史観からの脱却を!|和田政宗

まもなく8月15日の終戦の日を迎える。広島原爆の日、長崎原爆の日、東京大空襲をはじめとする各地の空襲により亡くなった方々への慰霊の日を経て、8月15日がやってくる。改めて感じることは、我々50歳前後を中心とする世代がしっかりと先の大戦の事実を伝えていかなくてはならないということであり、東京裁判史観、戦後史観からの脱却を果たさなくてはならないということである。


最新の投稿


川勝知事、リニア妨害シナリオ|小林一哉

川勝知事、リニア妨害シナリオ|小林一哉

静岡県のリニア問題責任者を務める副知事による記者会見は、デタラメだらけだった。この記者会見の本当の目的とは――。


【今週のサンモニ】サンモニならではの否定とデマ|藤原かずえ

【今週のサンモニ】サンモニならではの否定とデマ|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


速やかなる憲法改正が必要だ!|和田政宗

速やかなる憲法改正が必要だ!|和田政宗

戦後の日本は現行憲法のおかしな部分を修正せず、憲法解釈を積み重ねて合憲化していくという手法を使ってきた。しかし、これも限界に来ている――。憲法の不備を整え、わが国と国民を憲法によって守らなくてはならない。(サムネイルは首相官邸HPより)


トランスジェンダー予備自衛官の本音|小笠原理恵

トランスジェンダー予備自衛官の本音|小笠原理恵

バイデン大統領は2021年1月25日、トランスジェンダーの米軍入隊を原則禁止したトランプ前大統領の方針を撤廃する大統領令に署名した。米軍では大統領が変わるごとにLGBTの扱いが激変――。だが、自衛隊ではお互いに理解を深めつつ共存している。その一例をご紹介しよう。


【今週のサンモニ】住民関係をズタズタにする『サンモニ』・反原発活動家|藤原かずえ

【今週のサンモニ】住民関係をズタズタにする『サンモニ』・反原発活動家|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。