A Nasty Trick 'The Main Battleground of The Comfort Women Issue'

A Nasty Trick 'The Main Battleground of The Comfort Women Issue'

Tetsuhide Yamaoka


Introducing the Japan Conference

By the middle of the film I began to feel a little tired. Then unexpectedly, the words "Japan Conference" abruptly appeared on the screen. I was surprised because the Japan Conference had nothing to do with the comfort women.

Setsu Kobayashi, professor emeritus at Keio University and a constitutional scholar, began talking He argued the Japan Conference had the power to influence the Abe administration. He said it "intended to revive the constitution of the Empire of Japan" and return the country to an era where basic human rights were denied. And in his view, Yoshiko Sakurai was leading their campaign.

He continued speculating: "The Japan Conference is supported by Shinto shrines, including the Yasukuni Shrine. Yoshiko Sakurai probably has a free office within the shrine's grounds."

He then came to a very strange conclusion: "The Japan Conference's doctrine of getting back to prewar Japan is terrifying. But I am determined to fight against it, even if I get murdered in the battle.”

What a delusion! The Japan Conference and Yoshiko Sakurai have never expressed the slightest intention to revive the constitution of the Empire of Japan.

And I have a very good news for Kobayashi. His name has seldom been mentioned among conservatives. There is no one who has a reason to kill him. I can assure him that he is safe.

I asked the Japan Conference whether or not Dezaki had asked them for an interview when making the film. The answer was no. The Japan Conference also released a statement denying Dezaki's accusations. Dezaki did not bother to check the facts.

Hideaki Kase, a foreign policy critic and chair of the Tokyo headquarters of the Japan Conference appeared next. At one time he wrote and spoke often in political and business circles, and even now his name might be found on the lists of some conservative organizations. He is introduced in the film as a man who orchestrates many conservative organizations from behind the scene.

However, the Dezaki account of Kase as the man behind the scene is entirely fictional. Kase has not been actively involved in or spoken on the comfort women issue. Furthermore, he has not been the representative of the Japan Conference itself. So he had little to offer in response to Dezaki's questions.

Bringing Up Constitutional Revision

Although the relationship to the comfort women issue was unclear, Dezaki next moved on to warn the Japanese people about revising the constitution. He threatened: "If you Japanese revise the pacifist constitution and rearm Japan, you Japanese will be involved in wars by us Americans!"

Dezaki didn't seem to know that Japan has a Self Defense Force and is already armed to defend itself. The Abe administration now wants to revise the constitution in order to improve Japan's security, but at the same time the right to collective defense would remain partly restricted so that Japan would not fight in wars unrelated to its own defense.

Biased Motivation from the Beginning

関連する投稿


【読書亡羊】「K兵器」こと韓国製武器はなぜ売れるのか 伊藤弘太郎『韓国の国防政策』(勁草書房)

【読書亡羊】「K兵器」こと韓国製武器はなぜ売れるのか 伊藤弘太郎『韓国の国防政策』(勁草書房)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


韓国大統領・尹錫悦の犯罪、保守派は幻想を捨てよ|邉熙宰(ピョンヒジェ)

韓国大統領・尹錫悦の犯罪、保守派は幻想を捨てよ|邉熙宰(ピョンヒジェ)

尹錫悦に騙されてはならない!文在寅政権下で検察総長を務めた男が過去に行った国家を揺るがす驚くべき犯罪。尹錫悦の「親日政策」は完全な偽物だ!韓国メディアウォッチの邉熙宰氏が緊急警告。


慰安婦問題を糾弾する「日韓共同シンポジウム」の衝撃|松木國俊

慰安婦問題を糾弾する「日韓共同シンポジウム」の衝撃|松木國俊

日本側の慰安婦問題研究者が、「敵地」とも言うべき韓国に乗り込み、直接韓国の人々に真実を訴えるという、大胆で意欲的な企画が実現した。これまでになかった日韓「慰安婦の嘘」との闘いをシンポジウムの登壇者、松木國俊氏が緊急レポート!


靖國神社の御霊に応えよ|古庄幸一

靖國神社の御霊に応えよ|古庄幸一

世界に誇る我が国の伝統と文化を大切にして、国を愛する政府の長たる内閣総理大臣が終戦記念日の8月15日または秋季例大祭に靖國神社を参拝することは、普通の国への一歩になる。


「大東亜戦争」との呼称を禁止したGHQ 我々の世代で戦後史観からの脱却を!|和田政宗

「大東亜戦争」との呼称を禁止したGHQ 我々の世代で戦後史観からの脱却を!|和田政宗

まもなく8月15日の終戦の日を迎える。広島原爆の日、長崎原爆の日、東京大空襲をはじめとする各地の空襲により亡くなった方々への慰霊の日を経て、8月15日がやってくる。改めて感じることは、我々50歳前後を中心とする世代がしっかりと先の大戦の事実を伝えていかなくてはならないということであり、東京裁判史観、戦後史観からの脱却を果たさなくてはならないということである。


最新の投稿


トランスジェンダー予備自衛官の本音|小笠原理恵

トランスジェンダー予備自衛官の本音|小笠原理恵

バイデン大統領は2021年1月25日、トランスジェンダーの米軍入隊を原則禁止したトランプ前大統領の方針を撤廃する大統領令に署名した。米軍では大統領が変わるごとにLGBTの扱いが激変――。だが、自衛隊ではお互いに理解を深めつつ共存している。その一例をご紹介しよう。


【今週のサンモニ】住民関係をズタズタにする『サンモニ』・反原発活動家|藤原かずえ

【今週のサンモニ】住民関係をズタズタにする『サンモニ』・反原発活動家|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


【読書亡羊】「K兵器」こと韓国製武器はなぜ売れるのか 伊藤弘太郎『韓国の国防政策』(勁草書房)

【読書亡羊】「K兵器」こと韓国製武器はなぜ売れるのか 伊藤弘太郎『韓国の国防政策』(勁草書房)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


【今週のサンモニ】寺島実郎氏の「禅問答」に徹底的に付き合ってみた|藤原かずえ

【今週のサンモニ】寺島実郎氏の「禅問答」に徹底的に付き合ってみた|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。今回はいつも何を言っているのかピンとくることのない寺島実郎氏のコメントに、逐一突っ込みを入れてみました。


被災地支援会議より新年会を優先…川勝知事の「知事失格」言行録|小林一哉

被災地支援会議より新年会を優先…川勝知事の「知事失格」言行録|小林一哉

新年早々、リニア妨害宣言した川勝知事。 しかし、知事失格の言動はこれだけではなかった