A Nasty Trick 'The Main Battleground of The Comfort Women Issue'

A Nasty Trick 'The Main Battleground of The Comfort Women Issue'

Tetsuhide Yamaoka


"On the Korean peninsula, Japanese soldiers forcibly dragged young Korean women out of their homes and made them sex slaves and, in the name of the Women's Volunteer Corps, the Japanese military gathered Korean women and made them comfort women. There were as many as 200,000 victims."

For a while, Japanese people (and even the American Kent Gilbert) believed the story because they couldn't imagine at the time that The Asahi Shimbun, one of the biggest newspaper in Japan, would publish a completely fabricated story.

Later, the entire story was proven to be an absurd fiction, which angered Japanese people. When The Asahi Shimbun found it impossible to ignore critical public opinion, the newspaper admitted the falsehoods, retracted the story and its president resigned. The paper was not pressured by the government, as Dezaki wrongly claimed in the film.

But the fabricated story had already spread to many countries. Comfort woman statues were erected here and there with the fake story carved onto the monuments. When some people pointed out the dearth of witnesses, another falsehood was spread, alleging the witnesses were all killed by the Japanese military in order to destroy evidence. Obviously, some groups wanted to make a political football out of the issue.

At first, Japanese people were sympathetic to the former comfort women. But as the truth was revealed, many became fed up with the falsehoods being proliferated.

As the movie, The Main Battleground of The Comfort Women Issue showed, advocates of the -sex-slave theory, including Yoshimi, clearly knew such exaggerated stories and accusations by anti-Japan activists were untrue. But, in spite of that, they never acknowledged the truth.

Instead, they persisted in backing up anti-Japan activists and condemning Japan with arguments such as, "it could be technically interpreted that the women were coercively recruited and technically they were sex slaves". Their aim seemed to be to keep the comfort women issue unsettled forever.

Perpetuating a One-Sided Perspective

The comfort women issue will never be settled if the South Korean government, anti-Japanese activists and advocates of the sex-slave argument such as Dezaki persist in the simplistic one-sided view that Japan is the perpetrator and South Korea the victim.

関連する投稿


「もしトラ」ではなく「トランプ大統領復帰」に備えよ!|和田政宗

「もしトラ」ではなく「トランプ大統領復帰」に備えよ!|和田政宗

トランプ前大統領の〝盟友〟、安倍晋三元総理大臣はもういない。「トランプ大統領復帰」で日本は、東アジアは、ウクライナは、中東は、どうなるのか?


【読書亡羊】「K兵器」こと韓国製武器はなぜ売れるのか 伊藤弘太郎『韓国の国防政策』(勁草書房)

【読書亡羊】「K兵器」こと韓国製武器はなぜ売れるのか 伊藤弘太郎『韓国の国防政策』(勁草書房)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


韓国大統領・尹錫悦の犯罪、保守派は幻想を捨てよ|邉熙宰(ピョンヒジェ)

韓国大統領・尹錫悦の犯罪、保守派は幻想を捨てよ|邉熙宰(ピョンヒジェ)

尹錫悦に騙されてはならない!文在寅政権下で検察総長を務めた男が過去に行った国家を揺るがす驚くべき犯罪。尹錫悦の「親日政策」は完全な偽物だ!韓国メディアウォッチの邉熙宰氏が緊急警告。


慰安婦問題を糾弾する「日韓共同シンポジウム」の衝撃|松木國俊

慰安婦問題を糾弾する「日韓共同シンポジウム」の衝撃|松木國俊

日本側の慰安婦問題研究者が、「敵地」とも言うべき韓国に乗り込み、直接韓国の人々に真実を訴えるという、大胆で意欲的な企画が実現した。これまでになかった日韓「慰安婦の嘘」との闘いをシンポジウムの登壇者、松木國俊氏が緊急レポート!


靖國神社の御霊に応えよ|古庄幸一

靖國神社の御霊に応えよ|古庄幸一

世界に誇る我が国の伝統と文化を大切にして、国を愛する政府の長たる内閣総理大臣が終戦記念日の8月15日または秋季例大祭に靖國神社を参拝することは、普通の国への一歩になる。


最新の投稿


【今週のサンモニ】テロよりもトランプを警戒する「サンモニ」|藤原かずえ

【今週のサンモニ】テロよりもトランプを警戒する「サンモニ」|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


安倍元総理の命日にあたり、その功績を改めて記す|和田政宗

安倍元総理の命日にあたり、その功績を改めて記す|和田政宗

本日は安倍晋三元総理の命日。安倍元総理が凶弾に倒れてから2年を迎えた。改めてご冥福をお祈りするとともに、非道な暗殺を満身の怒りをもって非難する。


【今週のサンモニ】投票日でもお構えなし|藤原かずえ

【今週のサンモニ】投票日でもお構えなし|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


【読書亡羊】トランプ陣営も「これ」で献金を巻き上げた⁉ ハリー・ブリヌル著『ダークパターン』(BNN)

【読書亡羊】トランプ陣営も「これ」で献金を巻き上げた⁉ ハリー・ブリヌル著『ダークパターン』(BNN)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


習近平「チベット抹殺政策」と失望!岸田総理|石井陽子

習近平「チベット抹殺政策」と失望!岸田総理|石井陽子

すぐ隣の国でこれほどの非道が今もなお行なわれているのに、なぜ日本のメディアは全く報じず、政府・外務省も沈黙を貫くのか。公約を簡単に反故にした岸田総理に問う!