獄中からの叫び「なぜ世界は我々を無視するのか」|石井英俊

獄中からの叫び「なぜ世界は我々を無視するのか」|石井英俊

アメリカ・ニューヨークに本部を置く南モンゴル人権情報センターに送られた一通の手紙。ある刑務所に面会に訪れた「囚人」の家族と弁護士に手渡されたものだった。そこに綴られていた悲痛な叫びとは。


一度は統一された私の国モンゴルは、現在も分割された国家のままである。モンゴル人の大部分を占める南モンゴルのモンゴル人は、中国共産党の同化政策と大量虐殺の犠牲者として苦しんできた。

南モンゴルのモンゴル人は中華人民共和国の国境内に住む先住民のモンゴル人であり、北モンゴルのモンゴル人は独立国モンゴルの領土内に住む先住民である。南モンゴルは “内モンゴル”とも呼ばれている。

モンゴル人は、中国人が独立を宣言した1912年までは、どの中国人国家の臣民でもなく、中国人に支配されたこともなかった。唯一そのとき以来、中国人国家は1911年に独立を回復したモンゴル民族の一部を侵略し始めた。

1912年以前、中国人は清帝国(満州清)の臣民だった。世界的に誤解されているが、清帝国は中国人の国家ではなかった。清の時代、中国人は自国の国家を持たず、外国の支配下にあったのだ。

したがって、「モンゴルは中国の一部であるべきだ」という主張は無効であり、根拠がない。インドが「かつて大英帝国に支配されたすべての国家と領土は、インドの国家と領土の一部であるべきだ」と主張したら、どれほどナンセンスだろうか。

清という多国籍帝国は、満州人が侵略と占領を繰り返して築いたものだ。モンゴル人が満州人の支配下に置かれたのは、欺瞞、分割統治、侵略によってのみである。それ以前、西モンゴルのモンゴル人は北モンゴルと南モンゴルの統一国家のほかに、「ジュンガル帝国」という強大な帝国を維持していたが、後に満州人による大規模な虐殺作戦によって滅ぼされた。

確かに、清帝国の支配エリートは満州人であった。この帝国の臣民、特にモンゴル人の境遇は悲惨だった。1911年、中国が清からの独立を模索し始める以前から、北モンゴルと南モンゴルのモンゴル人はすでに清からの独立回復を宣言し、独自の主権国家を樹立していた。その直後、このモンゴル人国家は歴史的なモンゴル全土を統一するための一連の政策を実施し、占領された領土を奪還するための軍事作戦にまで乗り出した。しかし、ロシアと中国の介入により、これらの任務は達成されなかった。

どんな困難があろうとも、南モンゴルのモンゴル人はモンゴル独立国家との統合を決してあきらめなかった。彼らは中国の侵略と圧政に対して、武力抵抗を含むあらゆる可能な手段で不断に戦った。中国の新体制は結局、南モンゴルのモンゴル人を支配下に置くことはできなかった。

閉ざされたモンゴル人の夢

日本が満州国を樹立すると、南モンゴルの東部はその一部となった。南モンゴル西部のモンゴル人は、徳王の率いるモンゴル民族主義者の指導の下で民族独立運動を続けた。

日本は秘密条約に基づき、「外モンゴル」の現状維持を決定したが、南モンゴルのモンゴル人が北のモンゴル国との統一を望むことは断固拒否した。いわゆる「外モンゴル」はモンゴルの事実上の独立国家であり、正式にはモンゴル人民共和国または現代のモンゴル国として知られている。同様に、モンゴル人自身が「ウブル・モンゴル」と呼ぶ南モンゴルも、西欧諸国では「内モンゴル」と呼ばれていた。

秘密条約の存在すら知らなかったモンゴル人民共和国は、弾薬と人員を提供して日本人と戦い、南モンゴルを解放するために、第二次世界大戦に積極的に参戦した。南モンゴルの人々は、この参戦を再統一の絶好の機会として歓迎した。しかし、モンゴル人民共和国が第二次世界大戦終結時に世界の超大国が下した秘密決定(筆者注:ヤルタ協定)を覆すことができなかったため、南モンゴルのモンゴル人のこの夢は閉ざされた。

毛沢東率いる中国共産党の犯罪、新たな苦難の時代の始まり

毛沢東率いる中国共産党は、南モンゴルの自決権と完全な独立を約束しながら、民族浄化、欺瞞、軍事占領という犯罪的手段によって、不法に南モンゴルを共産中国の支配下に置いた。この時期から、南モンゴルのモンゴル人の新たな苦難の時代が始まった。

毛沢東政権は、南モンゴルのモンゴル人に対して前代未聞の範囲と規模の暴力を行った。特に、南モンゴルで最初に始まった中国の文化大革命では、南モンゴルのモンゴル人は他のいわゆる "少数民族 "の中で最大の犠牲者となった。言語に絶する拷問と殺戮が南モンゴル全土を巻き込んだ。この間、何十万人もの南モンゴルのモンゴル人が拷問で殺され、あるいは永久に障害を負った。こうした人道に対する恐るべき犯罪はすべて、中国が "内モンゴル人民革命党 "の党員を粛清するという名目で行ったものだった。

文化大革命後、中国は市場経済への移行を開始し、その結果、中国政府は南モンゴルの牧畜民が放牧地と家畜を所有できると発表した。その後、中国から南モンゴルへの人口移動を加速させることを決定した。この決定に対し、1981年、南モンゴル全土のモンゴル人学生が地域全体の大規模な抗議行動を起こし、中国中央政府は一時的に計画を中止せざるを得なくなった。

土着の知識や伝統的な生活様式を奪われた最も抑圧された民族である南モンゴルのモンゴル人にとって、市場経済への移行は大量虐殺的なものだった。家畜を囲い込み、遊牧民の移動を制限するだけでなく、中国政府は「土地使用期限が切れた」「鉱業と観光業を発展させる」「牧畜業は生態系を破壊している」「生産性の高い土地は国家が使用しなければならない」「荒廃した土地は回復させなければならない」など、さまざまな口実を用いて牧畜民の土地を奪い、家畜の放牧を禁止した。

関連する投稿


習近平「チベット抹殺政策」と失望!岸田総理|石井陽子

習近平「チベット抹殺政策」と失望!岸田総理|石井陽子

すぐ隣の国でこれほどの非道が今もなお行なわれているのに、なぜ日本のメディアは全く報じず、政府・外務省も沈黙を貫くのか。公約を簡単に反故にした岸田総理に問う!


中国、頼清徳新総統に早くも圧力! 中国が描く台湾侵略シナリオ|和田政宗

中国、頼清徳新総統に早くも圧力! 中国が描く台湾侵略シナリオ|和田政宗

頼清徳新総統の演説は極めて温和で理知的な内容であったが、5月23日、中国による台湾周辺海域全域での軍事演習開始により、事態は一気に緊迫し始めた――。


全米「反イスラエルデモ」の真実―トランプ、動く! 【ほぼトラ通信3】|石井陽子

全米「反イスラエルデモ」の真実―トランプ、動く! 【ほぼトラ通信3】|石井陽子

全米に広がる「反イスラエルデモ」は周到に準備されていた――資金源となった中国在住の実業家やBLM運動との繋がりなど、メディア報道が真実を伝えない中、次期米大統領最有力者のあの男が動いた!


【読書亡羊】出会い系アプリの利用データが中国の諜報活動を有利にする理由とは  『トラフィッキング・データ――デジタル主権をめぐる米中の攻防』(日本経済新聞出版)

【読書亡羊】出会い系アプリの利用データが中国の諜報活動を有利にする理由とは 『トラフィッキング・データ――デジタル主権をめぐる米中の攻防』(日本経済新聞出版)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


プーチンは「内部」から崩れるかもしれない|石井英俊

プーチンは「内部」から崩れるかもしれない|石井英俊

ウクライナ戦争が引き起こす大規模な地殻変動の可能性。報じられない「ロシアの民族問題というマグマ」が一気に吹き出した時、“選挙圧勝”のプーチンはそれを力でねじ伏せることができるだろうか。


最新の投稿


【今週のサンモニ】テロよりもトランプを警戒する「サンモニ」|藤原かずえ

【今週のサンモニ】テロよりもトランプを警戒する「サンモニ」|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


安倍元総理の命日にあたり、その功績を改めて記す|和田政宗

安倍元総理の命日にあたり、その功績を改めて記す|和田政宗

本日は安倍晋三元総理の命日。安倍元総理が凶弾に倒れてから2年を迎えた。改めてご冥福をお祈りするとともに、非道な暗殺を満身の怒りをもって非難する。


【今週のサンモニ】投票日でもお構えなし|藤原かずえ

【今週のサンモニ】投票日でもお構えなし|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


【読書亡羊】トランプ陣営も「これ」で献金を巻き上げた⁉ ハリー・ブリヌル著『ダークパターン』(BNN)

【読書亡羊】トランプ陣営も「これ」で献金を巻き上げた⁉ ハリー・ブリヌル著『ダークパターン』(BNN)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


習近平「チベット抹殺政策」と失望!岸田総理|石井陽子

習近平「チベット抹殺政策」と失望!岸田総理|石井陽子

すぐ隣の国でこれほどの非道が今もなお行なわれているのに、なぜ日本のメディアは全く報じず、政府・外務省も沈黙を貫くのか。公約を簡単に反故にした岸田総理に問う!