中国に媚びを売る危険すぎる沖縄県人権条例|篠原章

中国に媚びを売る危険すぎる沖縄県人権条例|篠原章

沖縄県の照屋義実副知事が着任したばかりの呉江浩駐日大使を表敬訪問したその日、ある条例が可決していた。「沖縄県差別のない社会づくり条例」(「沖縄県人権条例」)――玉城デニー知事の思惑が透けて見える危険な条例の実態。


Getty logo

第9条に絡んで、血統や出身に拘れば、「琉球民族のルーツ」が固定化されかねないという心配もあった。というのも、新手の琉球独立運動とでもいうべき琉球民族独立総合研究学会の国連におけるロビー活動がここ数年盛んだからである。

今年4月17日から28日にかけて、ニューヨークの国連本部にて、社会経済理事会が主催する「第二十二回セッション(テーマ「先住民族、人類の健康、地球と領土の健全性、気候変動:権利に基づくアプローチ」)が行われた。琉球民族独立総合研究学会は、この会議の場にアレクシス大城(うふぐしく)氏(米国カリフォルニア大学サンタクルーズ校大学院生)を代表として送り、辺野古に建設中の米海兵隊普天間飛行場の代替施設について、県⺠投票で70%以上が反対したが、以後も建設を続行する日本政府と米軍は「先住⺠族の権利に関する国連宣言」の複数の条項を侵害していると糾弾した。戦没者遺骨が埋まる南部土砂を使う計画にも触れ、辺野古移設は自己決定権を定めた宣言の第3条や、遺骨の返還などを定めた第12条に違反すると訴えた。ただし、最後のこの主張については事実誤認がある。沖縄戦で亡くなったのは県民約15万人、日本軍約7万8千人、米軍など約1万4千人であり、確率的にいって県民である可能性は62%である。

問題は、「先住民」の定義に「琉球民族」が当てはまるか否かだ。これについては、12世紀の南走平氏の口伝(尚王朝開闢にまつわる「尚王朝の開祖は平氏である」という伝説)や大和(日本)からの度重なる禅宗仏僧の来琉、1609年の島津の琉球侵攻以降、那覇に置かれていた薩摩の在番奉行所から王朝官吏への転籍の事例(戦後琉球政府主席を務めた當間重剛の先祖に当たる當間重陳など)、薩摩・大阪の寄留商人が婚姻によって土着化した事例も多く、古代から近世までの歌謡を集めた『おもろさうし』からは大和や薩摩の風俗の沖縄における流行(たとえば鎧兜や日本刀など「床の間」でのお飾り)が読み取れるなど、いわゆる琉球民族は「先住民」の要件を満たしているとは言い難いのではないか、と筆者は考えている。

これに関連して、国立科学博物館の監修した映画『スギメ』(門田修監督/2021年)を参考にすると、DNAを2〜3万年前まで遡れば、日本人の祖先は「3万2千年前の山下町洞人=那覇市山下町で発見された人骨」であり、「2万7千年前のピンザアブ洞人=宮古島ピンザアブ洞窟で発見された人骨」であり、「2万年前の港川人=八重瀬町港川で発見された人骨」である、という事実に辿り着く。5万年前にアフリカ大陸に出現し、南廻り(島伝い)で黒潮を越えて台湾から琉球諸島に辿り着いたホモサピエンスと、同じく5万年前にアフリカ大陸に出現し、北廻り(陸伝い)で中国・朝鮮半島・カムチャツカ半島などを経て日本列島に辿り着いたホモサピエンスが混血した結果生まれたのが原日本人(縄文人、弥生人)であるとすれば、はっきりいって琉球人・日本人の生まれた順序、どちらが先住民であるかなどどうでもよくなってくる。「ホモサピエンス」にとって、数千年の時間差など誤差の範疇だからだ。

しかも、玉城デニー沖縄県知事や県政与党議員など知事のお仲間たちが拘る「第9条」には行政上の用語として「(沖縄)県民」としか書かれておらず、「琉球民族」とはどこにも書かれていない。SNSやネットに「琉球人は土人」と書きこめる可能性があるという意味だ。これはこれでチグハグな話で、琉球ナショナリストを標榜する琉球民族独立総合研究学会のメンバーなら怒りだしかねない。
先にも触れたように、「本邦外出身者に対する不当な差別的言動」は久我信太郎氏の発信をきっかけとしたものだが、それを抑止するために条例を制定したものの、久我氏はいまや発信を止めてしまっている。「条例制定の効果」の効果といえば効果だが、久我氏は「どこ吹く風」といった姿勢である。

結局のところ、「沖縄県人権条例」は、新任中国大使の着任や玉城知事訪中にあわせて制定されたという「疑惑」が濃厚である。中国社会では外国人やLGBTQは尊重されていないが、「中国人観光客向け」の「ヘイト・スピーチ」を防止する条例であることを強調しながら中国に媚びを売る。ただ、それだけのために条例を制定したのではないか。玉城知事の思惑が透けて見えそうな、なんとも不可解な条例である。

篠原章

https://hanada-plus.jp/articles/1286

1956年、山梨県生まれ。大学教員を経て評論家。経済学博士(成城大学)。著書に『外連(けれん)の島・沖縄――基地と補助金のタブー』(飛鳥新社)、『日本ロック雑誌クロニクル』(太田出版)、『J-ROCKベスト123』、『沖縄ナンクル読本』(講談社)、共著に『沖縄の不都合な真実』(新潮新書)など。

関連する投稿


【読書亡羊】出会い系アプリの利用データが中国の諜報活動を有利にする理由とは  『トラフィッキング・データ――デジタル主権をめぐる米中の攻防』(日本経済新聞出版)

【読書亡羊】出会い系アプリの利用データが中国の諜報活動を有利にする理由とは 『トラフィッキング・データ――デジタル主権をめぐる米中の攻防』(日本経済新聞出版)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


「もしトラ」ではなく「トランプ大統領復帰」に備えよ!|和田政宗

「もしトラ」ではなく「トランプ大統領復帰」に備えよ!|和田政宗

トランプ前大統領の〝盟友〟、安倍晋三元総理大臣はもういない。「トランプ大統領復帰」で日本は、東アジアは、ウクライナは、中東は、どうなるのか?


【スクープ!】自衛隊と神戸市が交わした驚きの文書を発見! 自衛隊を縛る「昭和の亡霊」とは……|小笠原理恵

【スクープ!】自衛隊と神戸市が交わした驚きの文書を発見! 自衛隊を縛る「昭和の亡霊」とは……|小笠原理恵

阪神地区で唯一の海上自衛隊の拠点、阪神基地隊。神戸市や阪神沿岸部を守る拠点であり、ミサイル防衛の観点からもなくてはならない基地である。しかし、この阪神基地隊の存在意義を覆すような驚くべき文書が神戸市で見つかった――。


速やかなる憲法改正が必要だ!|和田政宗

速やかなる憲法改正が必要だ!|和田政宗

戦後の日本は現行憲法のおかしな部分を修正せず、憲法解釈を積み重ねて合憲化していくという手法を使ってきた。しかし、これも限界に来ている――。憲法の不備を整え、わが国と国民を憲法によって守らなくてはならない。(サムネイルは首相官邸HPより)


台湾総統選 頼清徳氏の勝利と序章でしかない中国の世論工作|和田政宗

台湾総統選 頼清徳氏の勝利と序章でしかない中国の世論工作|和田政宗

中国は民進党政権を継続させないよう様々な世論工作活動を行った。結果は頼清徳氏の勝利、中国の世論工作は逆効果であったと言える。しかし、中国は今回の工作結果を分析し、必ず次に繋げてくる――。


最新の投稿


【読書亡羊】出会い系アプリの利用データが中国の諜報活動を有利にする理由とは  『トラフィッキング・データ――デジタル主権をめぐる米中の攻防』(日本経済新聞出版)

【読書亡羊】出会い系アプリの利用データが中国の諜報活動を有利にする理由とは 『トラフィッキング・データ――デジタル主権をめぐる米中の攻防』(日本経済新聞出版)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


【今週のサンモニ】岸田総理訪米を巡るアクロバティックな論点逃避|藤原かずえ

【今週のサンモニ】岸田総理訪米を巡るアクロバティックな論点逃避|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


わが日本保守党|広沢一郎(日本保守党事務局次長)

わが日本保守党|広沢一郎(日本保守党事務局次長)

昨今の政治状況が多くの日本人の心に危機感を抱かせ、「保守」の気持ちが高まっている。いま行動しなければ日本は失われた50年になってしまう。日本を豊かに、強くするため――縁の下の力持ち、日本保守党事務局次長、広沢一郎氏がはじめて綴った秘話。


改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

参院法務委員会筆頭理事として、改正入管法の早期施行を法務省に働きかけてきた。しかしながら、改正入管法成立前から私に対する事実無根の攻撃が始まった――。


【今週のサンモニ】新生「サンモニ」はやっぱりいつも通り|藤原かずえ

【今週のサンモニ】新生「サンモニ」はやっぱりいつも通り|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。