中国に媚びを売る危険すぎる沖縄県人権条例|篠原章

中国に媚びを売る危険すぎる沖縄県人権条例|篠原章

沖縄県の照屋義実副知事が着任したばかりの呉江浩駐日大使を表敬訪問したその日、ある条例が可決していた。「沖縄県差別のない社会づくり条例」(「沖縄県人権条例」)――玉城デニー知事の思惑が透けて見える危険な条例の実態。


第10条 県は、本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消に向けた取組の推進に関する法律(平成28年法律第68号)の趣旨を踏まえ、本邦外出身者等に対する不当な差別的言動(本邦外出身者等(本邦の域外にある国若しくは地域の出身である者又はその子孫をいう。以下この条及び次条において同じ。)に対する差別的意識を助長し、又は誘発する目的で公然とその生命、身体、自由、名誉若しくは財産に危害を加える旨を告知し、又は本邦外出身者等を著しく侮蔑するなど、本邦の域外にある国又は地域の出身であることを理由として、本邦外出身者等を地域社会から排除することを煽動する不当な差別的言動をいう。

「平成28年法律第68号」とは、おもに在留特別許可を持つ在日コリアンを念頭に制定された通称「ヘイトスピーチ法」のことを指しているが、沖縄に在日コリアンは少ない。「本邦外出身者等」とは、ここではシーサー平和運動センターが非難の対象に選んだ中国からの観光客のことを指しているのは明らかで、シーサー平和運動センターのスピーチは「本邦外出身者等に対する差別的言動」に当たる可能性は高い。

ただ、「必ずしもそうとはいえない」という説もある。なぜなら「地域社会から観光客としての中国人を排除する意思」を読み取りにくいからだ。ネット上に残されているシーサー平和運動センターの動画は、久我信太郎氏のパートナーだった田野まり子氏(故人)による「スーツケースを持った中国人観光客を追いかけ回し、相手を激怒させ、反論させるパフォーマンス」である(https://youtu.be/Cj0ZlfvYLlc)。

どう見てもこれは「やり過ぎパフォーマンス」なので、「地域社会から排除することを煽動する不当な差別的言動」といえるかどうか疑問だ。むしろ、この中国人に同情が集まる効果すらある。

現に、反ヘイト団体「沖縄カウンターズ」がこの動画を見て、「ヘイトスピーチだ!」と、那覇市役所前への結集を呼びかけたところ、5人から10人程度の「市民」が集まってきて、シーサー平和運動センターの活動を150週以上(3年近く)にわたって妨げてきたという。沖縄タイムスの阿部岳(あべ・たかし)編集委員やジャーナリストの安田浩一氏は、これを「市民による反ヘイトスピーチ運動の成果」だという。

この条例によれば、県内で「本邦外出身者」に対するヘイトスピーチが「発見」され、県当局に通報されると、県は国の関係部局に通知すると同時に、条例に基づいて設置された「沖縄県差別のない社会づくり審議会」に付して審議させ、「ヘイトスピーチ」認定を受けたら知事の責任で公表するという仕組みになっている。意外なほど時間がかかりそうだ。おまけに罰則規定もない。

現状でもシーサー平和運動センターの上記の動画はYouTubeから削除されていない。YouTubeの投稿削除規定と世間一般の政治的判断との「ミスマッチ」が原因である。そもそも、毎週のように市役所前で行われていたシーサー平和運動センターのスピーチは3年前から行われておらず、復活の兆しもないが、それを「成果」と呼んで良いものかどうかわからない。「スピーチを止めた」のはシーサー平和運動センター側の事情でもある。成果があるとすれば、「新任中国大使の着任に合わせて成立させた」ということぐらいか。

中国公安警察が那覇に?

Getty logo

条例可決から約一週間後の4月8日午後、筆者は沖縄県会議事堂に赴き、条例案に「継続審議」を主張して反対した自民党県議団のうち、座波一(ざは・はじめ)氏と新垣淑豊(あらかき・よしとよ)氏のふたりに話を聴いた。

「裁決の結果は賛成29、反対18でした。事前には予想できなかったことですが、中立会派まで賛成に回ってしまい、とても残念でした」と座波県議は嘆く。

「中国の公安当局が(県庁の近くの)那覇市久茂地あたりに事務所を構えているという噂があるんですが、その真偽を確かめるよりも先に条例が可決されてしまいました。もう少ししっかりした議論を続けた後でも遅くはなかったと思います」

新垣県議は、「用語の定義もろくに行われないまま裁決されてしまいました。3年後の見直しが附則に盛りこまれていますが、いったいどうなるんでしょう」という。「県庁の担当者が昨年度までの任期だったので、それにあわせて成立させたという『やった感』が強いですね」

「中国公安」云々という話は、中国が自国警察の出先機関を外国に設けて中国人詐欺犯の取り締まりを行っている、というスペインに本部を置くNGO、Safeguard Defendersによる「中国警察の国境を越えた暴走」(2022年9月)と題する報告書に基づく話である。これが国際法に違反し、各国の主権を侵害するのは明らかで、日本では東京・秋葉原の事務所(ホテル内)の住所が開示されているほか、那覇市にも中国警察の出先機関が設けられているという「噂」がある。

このNGOの報告書を受けるかのように、今年4月17日には、アメリカの司法省が、中国公安省がニューヨークに設けた闇警察の設置・運営に関わったとして、中国系米国人の男2人の逮捕を発表しているが、スパイ防止法を欠いた日本の国内法では対処できない可能性が高い。

関連する投稿


「もしトラ」ではなく「トランプ大統領復帰」に備えよ!|和田政宗

「もしトラ」ではなく「トランプ大統領復帰」に備えよ!|和田政宗

トランプ前大統領の〝盟友〟、安倍晋三元総理大臣はもういない。「トランプ大統領復帰」で日本は、東アジアは、ウクライナは、中東は、どうなるのか?


【スクープ!】自衛隊と神戸市が交わした驚きの文書を発見! 自衛隊を縛る「昭和の亡霊」とは……|小笠原理恵

【スクープ!】自衛隊と神戸市が交わした驚きの文書を発見! 自衛隊を縛る「昭和の亡霊」とは……|小笠原理恵

阪神地区で唯一の海上自衛隊の拠点、阪神基地隊。神戸市や阪神沿岸部を守る拠点であり、ミサイル防衛の観点からもなくてはならない基地である。しかし、この阪神基地隊の存在意義を覆すような驚くべき文書が神戸市で見つかった――。


速やかなる憲法改正が必要だ!|和田政宗

速やかなる憲法改正が必要だ!|和田政宗

戦後の日本は現行憲法のおかしな部分を修正せず、憲法解釈を積み重ねて合憲化していくという手法を使ってきた。しかし、これも限界に来ている――。憲法の不備を整え、わが国と国民を憲法によって守らなくてはならない。(サムネイルは首相官邸HPより)


台湾総統選 頼清徳氏の勝利と序章でしかない中国の世論工作|和田政宗

台湾総統選 頼清徳氏の勝利と序章でしかない中国の世論工作|和田政宗

中国は民進党政権を継続させないよう様々な世論工作活動を行った。結果は頼清徳氏の勝利、中国の世論工作は逆効果であったと言える。しかし、中国は今回の工作結果を分析し、必ず次に繋げてくる――。


「パンダ」はいらない!|和田政宗

「パンダ」はいらない!|和田政宗

中国は科学的根拠に基づかず宮城県産水産物の輸入禁止を続け、尖閣への領海侵入を繰り返し、ブイをEEZ内に設置するなど、覇権的行動を続けている。そんななか、公明党の山口那津男代表が、中国にパンダの貸与を求めた――。(写真提供/時事)


最新の投稿


改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

参院法務委員会筆頭理事として、改正入管法の早期施行を法務省に働きかけてきた。しかしながら、改正入管法成立前から私に対する事実無根の攻撃が始まった――。


【今週のサンモニ】新生「サンモニ」はやっぱりいつも通り|藤原かずえ

【今週のサンモニ】新生「サンモニ」はやっぱりいつも通り|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


なべやかん遺産|「終活」

なべやかん遺産|「終活」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「終活」!


【読書亡羊】トランプとバイデンの意外な共通点  園田耕司『覇権国家アメリカ「対中強硬」の深淵』(朝日新聞出版)

【読書亡羊】トランプとバイデンの意外な共通点 園田耕司『覇権国家アメリカ「対中強硬」の深淵』(朝日新聞出版)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


川勝知事の辞意表明…リニアの命運を決める戦いが始まる|小林一哉

川勝知事の辞意表明…リニアの命運を決める戦いが始まる|小林一哉

急転直下、辞意を表明した川勝知事。しかし、本当の戦いはここからだ――。