不当逮捕された国民栄誉賞受賞ジャーナリストの獄中記|石井英俊

不当逮捕された国民栄誉賞受賞ジャーナリストの獄中記|石井英俊

中国の影響を強く受けるモンゴルで、長年中国問題を取材してきた国民栄誉賞受賞のジャーナリスト・ムンヘバヤル氏が不当逮捕された。絶望の中でも決して希望を失わないムンヘバヤル氏が獄中で綴った魂のメッセージ。


この先どうなるのか、どんな危害が及ぶのか予想できない

これは私の選択だ (南モンゴルの兄弟たちへ)
ムンヘバヤル・チョローンドルジ

私はこの選択を1984年、15歳の時にしたのだ。自分と従弟2人のクラスメイトを集めて「南モンゴル解放民族戦線」という地下グループを設立した。その目的を 「キャフタ条約(注:キャフタ条約は、1915年に、ロシア帝国、モンゴル《ボグド・ハーン政権》、中華民国との間で締結された条約である。モンゴルは中国を宗主国として認めた)の不平等を解消し、大モンゴル国を回復する活動を行う」とした。私たちは未熟ながらも、会則・基本計画・会議のルールなどを作って暗号で記した。南モンゴルについて学び、わが国(モンゴル人民共和国)の国民に南モンゴルのモンゴル人について知ってもらうための行動計画も作成した。

私たちのことを(わが国の)内務省が知っていたら、どうなっていただろうか。私自身は間違いなく身柄を拘束されていただろう。南モンゴルのモンゴル人のために活動していた当時から拘束される可能性のあった私は、38年後、53歳になって「外国のスパイ」という誹謗中傷を受け「8~15年は覚悟しろよ」と脅され、刑務所に収容された。この先どうなるのか、どんな危害が及ぶのか予想できない。本来なら一審で釈放される条件を満たしていたのだが……。

見せかけの民主主義

わずか15歳で共産主義政権の刑務所に収容されていたら大変だったとは思うものの、見せかけの民主主義、いっそう赤化した「共産主義」体制の刑務所は53歳の私にはどんな風であるのだろうか。15歳で投獄されたとしても何とか乗り越えただろうが、その後の運命がどうなっていたかは想像できない。当時の私は「自分が正しいと思ってしたことで将来何が起こっても関係ない、命をかけて闘うべきだ」という強い思いをもった「若き親衛隊」の模範だった。

幸い、モンゴル国でもペレストロイカ・グラスノスチが実施され、南モンゴルについて自由に語れるようになった。1990年わが国では民主主義革命が勝利し、それを隠す必要もなくなったのである。南モンゴルの政治亡命者が私たちと自由に連絡を取って話し合うことができるようになった。

1991年「デムチュクドンロブ(徳王)協会」という南モンゴルのモンゴル人を支援するグループを同志らと設立した。1990年代には南モンゴルのモンゴル人の人権を支援する活動は先鋭化していった。

私は1990年代、モンゴル民族の統一や民族主義について文章をたくさん書き、民族主義を広める活動をずっと続けていた。2000年代にはモンゴル民族が置かれた状況を改善する提案を政府にし、政策にも反映させた。その一例として「帰化法」を挙げることができる。これは、在外モンゴル人がモンゴル国に自由に定住し、モンゴル国民と同様の権利を得ることができるという法律である。

日本人支援者との会見が大きな転機に

関連する投稿


全米「反イスラエルデモ」の真実―トランプ、動く! 【ほぼトラ通信3】|石井陽子

全米「反イスラエルデモ」の真実―トランプ、動く! 【ほぼトラ通信3】|石井陽子

全米に広がる「反イスラエルデモ」は周到に準備されていた――資金源となった中国在住の実業家やBLM運動との繋がりなど、メディア報道が真実を伝えない中、次期米大統領最有力者のあの男が動いた!


【読書亡羊】出会い系アプリの利用データが中国の諜報活動を有利にする理由とは  『トラフィッキング・データ――デジタル主権をめぐる米中の攻防』(日本経済新聞出版)

【読書亡羊】出会い系アプリの利用データが中国の諜報活動を有利にする理由とは 『トラフィッキング・データ――デジタル主権をめぐる米中の攻防』(日本経済新聞出版)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


プーチンは「内部」から崩れるかもしれない|石井英俊

プーチンは「内部」から崩れるかもしれない|石井英俊

ウクライナ戦争が引き起こす大規模な地殻変動の可能性。報じられない「ロシアの民族問題というマグマ」が一気に吹き出した時、“選挙圧勝”のプーチンはそれを力でねじ伏せることができるだろうか。


ナワリヌイの死、トランプ「謎の投稿」を解読【ほぼトラ通信2】|石井陽子

ナワリヌイの死、トランプ「謎の投稿」を解読【ほぼトラ通信2】|石井陽子

「ナワリヌイはプーチンによって暗殺された」――誰もが即座に思い、世界中で非難の声があがったが、次期米大統領最有力者のあの男は違った。日本では報じられない米大統領選の深層!


「もしトラ」ではなく「トランプ大統領復帰」に備えよ!|和田政宗

「もしトラ」ではなく「トランプ大統領復帰」に備えよ!|和田政宗

トランプ前大統領の〝盟友〟、安倍晋三元総理大臣はもういない。「トランプ大統領復帰」で日本は、東アジアは、ウクライナは、中東は、どうなるのか?


最新の投稿


【今週のサンモニ】黒川敦彦氏は『サンデーモーニング』の申し子|藤原かずえ

【今週のサンモニ】黒川敦彦氏は『サンデーモーニング』の申し子|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


日本保守党初陣の裏方日記|広沢一郎

日本保守党初陣の裏方日記|広沢一郎

日本保守党事務局次長の広沢一郎氏が日本保守党の初陣となった選挙戦の舞台裏をはじめて綴る。〈あれこれ探している時間がなかったので今回は私が2011年の県議選用に買った自転車を名古屋から運びました〉


【今週のサンモニ】病的反日陰謀論の青木理氏は今週も絶好調|藤原かずえ

【今週のサンモニ】病的反日陰謀論の青木理氏は今週も絶好調|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


全米「反イスラエルデモ」の真実―トランプ、動く! 【ほぼトラ通信3】|石井陽子

全米「反イスラエルデモ」の真実―トランプ、動く! 【ほぼトラ通信3】|石井陽子

全米に広がる「反イスラエルデモ」は周到に準備されていた――資金源となった中国在住の実業家やBLM運動との繋がりなど、メディア報道が真実を伝えない中、次期米大統領最有力者のあの男が動いた!


薄っぺらい記事|なべやかん遺産

薄っぺらい記事|なべやかん遺産

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「薄っぺらい記事」!