【朝鮮半島通信】北朝鮮は安倍暗殺を「CIAの陰謀」と見ている!|重村智計

【朝鮮半島通信】北朝鮮は安倍暗殺を「CIAの陰謀」と見ている!|重村智計

北朝鮮はなぜ、安倍晋三元首相の死去を一切報じないのか。一般的には「指導者暗殺」がタブーだからと説明されるが、実は違う。ポイントになるのは、9月に北朝鮮で採択された「核兵器使用法」だ。なぜこの法律が安倍暗殺にかかわってくるのか。


前途多難な岸田政権と尹錫悦新政権

岸田政権の支持率低下が止まらない。朝日新聞によると(9月10・11日に実施)、岸田内閣の支持率は、支持41%、不支持47%。岸田内閣支持の傾向を示している朝日の調査結果だから衝撃的だ。ちなみに毎日新聞は、8月中旬に支持36%、不支持54%と報じており、さらに不支持のほうが大きい。

率直に言って、日本政治はお先真っ暗だ。経済は成長せず、一人当たり国内総生産は韓国に逆転されて久しい。岸田首相に代わる有力な政治家も見当たらない。政治が混乱すれば、安倍政権以前のように1、2年で首相が交代する不安定な国家に戻り、国際社会で尊敬されなくなる。

岸田政権は自分のことで精いっぱいなので、日韓関係改善を推進する余裕がないが、韓国の尹錫悦新政権も前途多難だ。支持率が相変わらず低迷している。

ところが妙なことに、政権打倒のデモが起きない。大統領制だから5年は続くとはいえ、30%を切る支持率ならば政権打倒運動が起きてもおかしくないはずだが、韓国内は静かなものだ。

どうやら、文在寅政権への失望と反省が消えておらず、国民の間に混乱を嫌う意識が強くあるようだ。

文在寅政権を支持した左翼勢力もおとなしい。その背景には、大統領選を争った李在明氏への不信がある。

李在明氏は大統領落選後、国会議員に当選したが、多くの国民はこれを「逮捕逃れ」と見ている。城南市長時代の都市開発で多額の資金を動かした疑惑があり、何度となく報じられてきた。国民の多くは、この事件に尹政権がメスを入れると期待していたが、捜査妨害のために野党の代表になってしまったから、すっかり白けている。

もし李氏が逮捕されれば、他の野党政治家も起訴される可能性がある。多くの野党政治家は戦々恐々だろう。が、一方で、野党執行部から外された文在寅系列の政治家たちは、李在明捜査を期待している。

李氏が失墜すれば、再び文在寅系列が指導権を握れる。いますぐでなくとも、5年後の大統領選挙までに李在明氏が影響力を失い、政界から姿を消してほしいのだ。

韓国の政局は、年末にかけて百鬼夜行の駆け引きが横行するだろう。いまは混乱の前の静けさという状況と見るべきだ。

「文在寅の犯罪」を明らかにせよ!

Getty logo

日韓両国の新政権がこのザマでは、慰安婦問題と元徴用工問題は進展せず、関係もなかなか改善しないだろう。

尹政権は、“反日”文在寅の負の遺産に悩まされている。当欄で何度も指摘したように、「文在寅の犯罪」を明らかにしないと事態は好転しない。まずは元徴用工裁判の最高裁の“反日”判決が文在寅の司法介入であった事実を、尹政権は明らかにすべきだ。

また、自衛隊哨戒機へのレーダー照射も、文在寅大統領か青瓦台高官の指示なしには行えない。青瓦台の指示があった事実を明らかにすべきだろう。

単なる謝罪で幕引きを図る“田舎芝居”をすれば、再び同じような事件が起きる。尹政権には責任はないのだから、「文在寅の犯罪」解明を要求してほしい。

立憲民主党の1回生議員らが8月末に訪韓し、左派野党「共に民主党」議員らと交流した。新聞は「若手政治家の議員外交」と報じたが、“ど素人”の議員外交は困る。彼らは日韓関係悪化の原因は「共に民主党」にあると指摘したのか。「文在寅の責任を明らかにせよ」と迫ってほしかった。

関連する投稿


混迷する中東情勢を読み解く!|和田政宗

混迷する中東情勢を読み解く!|和田政宗

中東情勢が混迷を深めている。我が国も国民も「遠い中東のこと」と高をくくってはならない。実際すでに日本も巻き込まれ、被害を受けている――。


日本防衛の要「宮古島駐屯地」の奇跡|小笠原理恵

日本防衛の要「宮古島駐屯地」の奇跡|小笠原理恵

「自衛官は泣いている」と題して、「官舎もボロボロ」(23年2月号)、「ざんねんな自衛隊〝めし〟事情」(23年3月号)、「戦闘服もボロボロ」(23年4月号)……など月刊『Hanada』に寄稿し話題を呼んだが、今回は、自衛隊の待遇改善のお手本となるケースをレポートする。


「パンダ」はいらない!|和田政宗

「パンダ」はいらない!|和田政宗

中国は科学的根拠に基づかず宮城県産水産物の輸入禁止を続け、尖閣への領海侵入を繰り返し、ブイをEEZ内に設置するなど、覇権的行動を続けている。そんななか、公明党の山口那津男代表が、中国にパンダの貸与を求めた――。(写真提供/時事)


中国で逮捕された邦人の救出に全力を尽くせ|矢板明夫

中国で逮捕された邦人の救出に全力を尽くせ|矢板明夫

数カ月もすると、拘束される人は精神状態がおかしくなり、外に出て太陽の光を浴びるため、すべてのでっち上げられた罪を自白する人もいる。中国当局のやり方が深刻な人権侵害であることは言うまでもない。


先端技術流出をスパイ防止法制定で防げ|奈良林直

先端技術流出をスパイ防止法制定で防げ|奈良林直

先端技術の研究室が中国人に占められている実例が東北大学にある。研究室のメンバー38人のうち16人が中国人で、42%を占める。とりわけ博士後期課程の研究員は、12人中10人が北京理工大学を含む中国政府認定の一流大学「国家重点大学」の出身者だ。このように、我が国の国立大学が中国の発展のために国費を投入している。


最新の投稿


混迷する中東情勢を読み解く!|和田政宗

混迷する中東情勢を読み解く!|和田政宗

中東情勢が混迷を深めている。我が国も国民も「遠い中東のこと」と高をくくってはならない。実際すでに日本も巻き込まれ、被害を受けている――。


【今週のサンモニ】反原発・反核原理主義を大爆発!|藤原かずえ

【今週のサンモニ】反原発・反核原理主義を大爆発!|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。今週は原発や核兵器をめぐって、反原発・反核原理主義を大爆発させておりました。


日本防衛の要「宮古島駐屯地」の奇跡|小笠原理恵

日本防衛の要「宮古島駐屯地」の奇跡|小笠原理恵

「自衛官は泣いている」と題して、「官舎もボロボロ」(23年2月号)、「ざんねんな自衛隊〝めし〟事情」(23年3月号)、「戦闘服もボロボロ」(23年4月号)……など月刊『Hanada』に寄稿し話題を呼んだが、今回は、自衛隊の待遇改善のお手本となるケースをレポートする。


なべやかん遺産|エクシストコレクション

なべやかん遺産|エクシストコレクション

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「エクシストコレクション」!


川勝知事のヤバすぎる「不適切発言」が止まらない!|小林一哉

川勝知事のヤバすぎる「不適切発言」が止まらない!|小林一哉

議会にかけることもなく、「三島を拠点に東アジア文化都市の発展的継承センターのようなものを置きたい」と発言。まだ決まってもいない頭の中のアイデアを「詰めの段階」として、堂々と外部に話す川勝知事の「不適切発言」はこれだけではない!