【川勝劇場終幕】川勝平太とは何者だったのか|小林一哉

【川勝劇場終幕】川勝平太とは何者だったのか|小林一哉

川勝知事が辞任し、突如、終幕を迎えた川勝劇場。 知事の功績ゼロの川勝氏が、静岡に残した「負の遺産」――。


繰り返される差別発言

撮影/筆者


4月10日、「職業差別」とも受け取れる発言で批判を受けた川勝平太静岡県知事は退職届を提出し、辞任した。急転直下の辞任に、驚いた人も多かっただろう。川勝はこれまで、どんなに暴言・失言で批判されても、意に介さなかったからだ。
 
常日頃、川勝をウオッチしてきた地元記者として、今回、なぜ辞任に至ったのか、そして川勝平太とはいったい何者だったのかに迫りたい。
 
4月1日、川勝は新人職員への訓示のなかで「毎日野菜を売ったり、牛の世話をしたり、物を作ったりとかと違って、基本的に皆さんは頭脳・知性の高い方たちです」と述べ、これが「職業差別だ!」と批判された。
 
しかし、川勝の「差別発言」はいまに始まったことではない。これまで何度も「差別発言」を繰り返してきた。
 
川勝が全国区になったのは、なんといっても菅義偉総理への暴言だろう。2020年10月、定例記者会見で学術会議の任命拒否問題について訊かれた川勝は「菅義偉という人物の教養レベルが図らずも露見した」 「夜学に通い、単に単位を取るために大学を出た。学問をされた人ではない」などと、「学歴差別」発言で、菅総理をこき下ろした。
 
2021年6月には、県知事選挙期間中の集会で、自らが学長を務めていた大学の学生について「八割ぐらい女の子なんです。11倍の倍率を通ってくるんですから、みなきれいです」 「めちゃくちゃ顔のきれいな子は賢いこと言わないとなんとなくきれいに見えないでしょう」などと発言。女性の学力と容姿を結び付ける「容姿差別」発言で、批判を浴びている。
 
2021年10月、参院補欠選挙の応援演説では、「地域差別」発言も飛び出している。元御殿場市長の自民候補と川勝が応援した浜松出身の候補を比較したうえで、「浜松にはウナギ、シラス、ミカン、肉も野菜もなんでもある。御殿場にはコシヒカリしかない」と発言し、顰蹙を買った。

「あとがき」に滲む女性蔑視

女性差別は政治家になってからだけではない。1995年、早稲田大学政治経済学部教授の時代に発刊した『富国有徳論』(紀伊國屋書店、のちに中公文庫)の「あとがき」では、「女性蔑視」がはなはだしい。
 
当時、京都大学教授の矢野暢が元秘書たちからセクハラ・レイプを告発された。川勝は、京大を辞職して禅寺に逃げ込んだ矢野を異常なまでに褒めそやす一方、禅寺に抗議に訪れた女性たちを批判しているのだ。
 
いちばん問題なのは、川勝の「あとがき」では、矢野のセクハラ疑惑に全く触れていないことだ。矢野のセクハラを追及する大学の女性教官らは、疑惑の解明を求める署名を集めて、東福寺の管長に面会した。
 
写真週刊誌の報道を見た川勝は、被害者女性たちを〈夜叉の相貌を露にした彼らの荒い息づかい〉と表現し、女性たちを迎え入れた寺の管長を〈女人の要求(私怨)に理解を示し、くだんの居士(筆者注・矢野のこと)を寺から追放すると言明した〉などと非難。
 
セクハラ疑惑の解明を求める女性たちを「夜叉の相貌」 「私怨」と表現するなど、信じがたい感覚である。根底に「女性蔑視」がなければ、ここまで悪しざまに書けないだろう。
 
さすがの川勝もまずいと思ったのか、文庫版ではあとがきをすべて差し替えている。
 
これまで、暴言・失言を繰り返してもなんとか切り抜けてきた川勝だが、なぜ今回、辞任したのか。
 
きっかけは、3月26日の知事会見だった。
 
県外の人にはわからないかもしれないが、川勝は静岡県民から根強い人気がある。
 
温暖な気候で食べ物も豊かなためか、おだやかな性格の政治家しか出てこない静岡にとって、川勝のキャラクターは強烈だった。
 
テレビ、新聞のカメラを前に、メリハリのきいたよく通る声の調子で国や巨大企業を厳しく批判するから、まるで大向こうをうならせる歌舞伎役者と重なり、県民からは「川勝劇場」と呼ばれ、親しまれていた。
 
川勝劇場を楽しみにしている県内の女性ファンも少なくない。その博覧強記ぶりに、ファンになってしまう記者すらいるほどだ。
 
だから知事会見では、追及も受けるが、川勝に好意的な記者も少なからずいた。

関連する投稿


川勝知事の辞意表明…リニアの命運を決める戦いが始まる|小林一哉

川勝知事の辞意表明…リニアの命運を決める戦いが始まる|小林一哉

急転直下、辞意を表明した川勝知事。しかし、本当の戦いはここからだ――。


マスコミが報じない川勝知事が暴言失言を恐れない理由|小林一哉

マスコミが報じない川勝知事が暴言失言を恐れない理由|小林一哉

「磐田は浜松より文化が高かった」 また暴言をした川勝知事。しかし、撤回もせず、悪びれる様子もない。なぜ、川勝知事は強気でいられるのか――。


川勝知事の「真っ赤な嘘」ゴールポストを動かした決定的証拠|小林一哉

川勝知事の「真っ赤な嘘」ゴールポストを動かした決定的証拠|小林一哉

山梨県選出の中谷真一議員が静岡県がゴールポストを動かしていると批判すると、川勝知事はすぐにさま「ゴールポストを動かしたことは一度もない」と反論。 しかし、静岡県の資料を見てみると……。


川勝知事、リニア妨害シナリオ|小林一哉

川勝知事、リニア妨害シナリオ|小林一哉

静岡県のリニア問題責任者を務める副知事による記者会見は、デタラメだらけだった。この記者会見の本当の目的とは――。


被災地支援会議より新年会を優先…川勝知事の「知事失格」言行録|小林一哉

被災地支援会議より新年会を優先…川勝知事の「知事失格」言行録|小林一哉

新年早々、リニア妨害宣言した川勝知事。 しかし、知事失格の言動はこれだけではなかった


最新の投稿


【今週のサンモニ】黒川敦彦氏は『サンデーモーニング』の申し子|藤原かずえ

【今週のサンモニ】黒川敦彦氏は『サンデーモーニング』の申し子|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


日本保守党初陣の裏方日記|広沢一郎

日本保守党初陣の裏方日記|広沢一郎

日本保守党事務局次長の広沢一郎氏が日本保守党の初陣となった選挙戦の舞台裏をはじめて綴る。〈あれこれ探している時間がなかったので今回は私が2011年の県議選用に買った自転車を名古屋から運びました〉


【今週のサンモニ】病的反日陰謀論の青木理氏は今週も絶好調|藤原かずえ

【今週のサンモニ】病的反日陰謀論の青木理氏は今週も絶好調|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


全米「反イスラエルデモ」の真実―トランプ、動く! 【ほぼトラ通信3】|石井陽子

全米「反イスラエルデモ」の真実―トランプ、動く! 【ほぼトラ通信3】|石井陽子

全米に広がる「反イスラエルデモ」は周到に準備されていた――資金源となった中国在住の実業家やBLM運動との繋がりなど、メディア報道が真実を伝えない中、次期米大統領最有力者のあの男が動いた!


薄っぺらい記事|なべやかん遺産

薄っぺらい記事|なべやかん遺産

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「薄っぺらい記事」!