日中国交正常化50年 中国の横暴を防ぐ出発点に!|和田政宗

日中国交正常化50年 中国の横暴を防ぐ出発点に!|和田政宗

「中国は低姿勢だったが、50年たったら態度はガラッと変わる。大きく経済発展して日本を見下すようになるよ」(時事通信)。当時の大平正芳外務大臣の予言だが、まさにその通りの状況になった。今こそ国交正常化以降の50年を、中国対応を誤った50年として反省すべきだ。


中国への配慮は中国への「弱気」

Getty logo

2016年 岸田外務大臣と王毅外相

中国に配慮しても何も生まれない。中国は配慮と思わず「弱気」と思うからだ。

中国は、自らが世界の中心であるという「華夷思想」であり、自分たちが作ったルールだけがルールであり、国際ルールは気に食わなければ守らなくて良いという考えだ。だから、国連海洋法条約を無視し、南シナ海の岩礁を埋め立て軍事基地化しているし、尖閣諸島に対する勝手な主張も然りである。

国交正常化40年の際には、我が国が尖閣諸島を国有化したことに対し、中国側が難癖を付け、北京の人民大会堂で開催する予定だった記念式典を中止している。

今回の50年記念行事は、東京では経済界などが中心となり29日に開かれる予定であるが、岸田総理は参加するのだろうか。もし参加するのであれば、ミサイルを撃ち込んでも平身低頭で会いに来るという間違ったメッセージにならないかと大いに危惧する。

私は、今こそ国交正常化以降の50年を、中国対応を誤った50年として反省し、中国の横暴を防ぐ出発点とすべきであると思う。中国をのさばらせることによって台湾危機は起きており、イコール日本の危機でもあるわけだが、日本は中国の横暴を食い止めてこなかったという責任が台湾の方々に対してもあると思う。

特に天安門事件後の日本の対応がそうであったし、中国が自らの横暴で招いた苦境を日本は大いに助けてしまった。我が国は中国の軍事的膨張にもっとしっかりと対応をし、横暴なふるまいをさせず、日本がアジアの平和と安定のために主導的役割を果たすべきであった。

安倍元総理の今年に入ってからの活動の活発化はまさにこうした反省への対応であったと思う。

27日の安倍元総理の国葬、29日の日中国交正常化50年を経て、日本はアジアのリーダーとして民主主義を守り、地域の平和を守り、中国、ロシアに対峙し、燦然と輝き凛とした強さを持つ「美しい国」になっていかなくてはならない。

月刊『Hanada』2022年11月号

「嘘の新聞」と「煽るテレビ」 Kindle版

関連する投稿


全米「反イスラエルデモ」の真実―トランプ、動く! 【ほぼトラ通信3】|石井陽子

全米「反イスラエルデモ」の真実―トランプ、動く! 【ほぼトラ通信3】|石井陽子

全米に広がる「反イスラエルデモ」は周到に準備されていた――資金源となった中国在住の実業家やBLM運動との繋がりなど、メディア報道が真実を伝えない中、次期米大統領最有力者のあの男が動いた!


衆院3補選「3つ勝たれて、3つ失った」自民党の行く末|和田政宗

衆院3補選「3つ勝たれて、3つ失った」自民党の行く末|和田政宗

4月28日に投開票された衆院3補選は、いずれも立憲民主党公認候補が勝利した。自民党は2選挙区で候補者擁立を見送り、立憲との一騎打ちとなった島根1区でも敗れた。今回はこの3補選を分析し、自民党はどのように体勢を立て直すべきかを考えたい。(サムネイルは錦織功政氏Xより)


「子供1人生んだら1000万円」は、とても安い投資だ!|和田政宗

「子供1人生んだら1000万円」は、とても安い投資だ!|和田政宗

チマチマした少子化対策では、我が国の人口は将来半減する。1子あたり1000万円給付といった思い切った多子化政策を実現し、最低でも8000万人台の人口規模を維持せよ!(サムネイルは首相官邸HPより)


改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

参院法務委員会筆頭理事として、改正入管法の早期施行を法務省に働きかけてきた。しかしながら、改正入管法成立前から私に対する事実無根の攻撃が始まった――。


硫黄島をはじめ多くのご英霊の力で、今の日本がある|和田政宗

硫黄島をはじめ多くのご英霊の力で、今の日本がある|和田政宗

先の大戦有数の大激戦である硫黄島の戦いで、日米両軍合わせて2万9千人が亡くなった。今回の訪問で、硫黄島で戦った方々がどのような状況で、どのような思いで戦ったのかを、まざまざと知ることができた。


最新の投稿


【読書亡羊】それでもツイッターは踊る  津田正太郎『ネットはなぜいつも揉めているのか』(ちくまプリマー新書)

【読書亡羊】それでもツイッターは踊る 津田正太郎『ネットはなぜいつも揉めているのか』(ちくまプリマー新書)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


【今週のサンモニ】黒川敦彦氏は『サンデーモーニング』の申し子|藤原かずえ

【今週のサンモニ】黒川敦彦氏は『サンデーモーニング』の申し子|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


日本保守党初陣の裏方日記|広沢一郎

日本保守党初陣の裏方日記|広沢一郎

日本保守党事務局次長の広沢一郎氏が日本保守党の初陣となった選挙戦の舞台裏をはじめて綴る。〈あれこれ探している時間がなかったので今回は私が2011年の県議選用に買った自転車を名古屋から運びました〉


【今週のサンモニ】病的反日陰謀論の青木理氏は今週も絶好調|藤原かずえ

【今週のサンモニ】病的反日陰謀論の青木理氏は今週も絶好調|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


全米「反イスラエルデモ」の真実―トランプ、動く! 【ほぼトラ通信3】|石井陽子

全米「反イスラエルデモ」の真実―トランプ、動く! 【ほぼトラ通信3】|石井陽子

全米に広がる「反イスラエルデモ」は周到に準備されていた――資金源となった中国在住の実業家やBLM運動との繋がりなど、メディア報道が真実を伝えない中、次期米大統領最有力者のあの男が動いた!