徹底検証!中国で「宮廷クーデター」発生か|澁谷司

徹底検証!中国で「宮廷クーデター」発生か|澁谷司

世界では、習近平が退陣するのではないかというニュースが飛び交っている。一部のSNSでは、習近平主席がすでに半ば退位し、李克強首相が代行しているとの書き込みで溢れている。果たして、この「宮廷クーデター」(「反習派」による習主席の退位)の“噂”は本当なのか? 徹底検証する。


相次ぐ「習近平派」の失脚

Getty logo

第2に、党内人事。

「宮廷クーデター」発生の傍証として、次の記事を挙げたい(『yahooニュース』「【中国ウォッチ】習近平派幹部、予想外の「落選」─閑職異動で次期指導部入り成らず(時事通信) 」2022年5月12https://news.yahoo.co.jp/articles/3abf38350bc784a4bd0ea9a7dc714d42180fadf8)。

4月20日、全国人民代表大会常務委員会は前湖北省党委書記の応勇を全人代憲法・法律委の副主任委員(副委員長)に任命した。地方トップから実権のない名誉職への転任である。

応勇は武漢市などでコロナ抑え込みに成功し、習派でも有数の「功臣」となった。そのため、今年秋の第20回党大会で党指導部メンバーの政治局員に昇格し、警察、裁判所などを統括する党中央政法委書記に就任するか、あるいは政治局入りしなくても最高人民法院院長(最高裁長官)など、閣僚より上位の国家指導者になるとの見方が強かったが、昇進できなかった。

また、4月27日に天津市長の廖国勲が“病死”した。実際は、中央紀律検査委員会が廖市長に対し厳しい取り調べを行ったために自殺したという(『中国新聞センター』「天津市長の廖国勲の自殺原因が明らかに 栗戦書が単独で天津市長に斡旋 中央紀律検査委員会が栗戦書の腐敗を調査」2022年4月29日付https://chinanewscenter.com/archives/31776)。

廖国勲も今秋の第20回党大会では、昇進が期待されていた一人だった。

廖国勲は、中国共産党ナンバー3の栗戦書(「習近平派」)の元部下で、趙楽際・中央紀律検査委員会書記が、栗戦書の腐敗スキャンダルを調査する中で、廖国勲を締め上げようと目論んだとの見方が有力視されている。

第3期目(総書記選出)を目指している習近平主席は、できるだけ多くの腹心も昇進させる必要がある。なぜなら彼らが昇進できなければ、たとえ習主席が総書記に就いても、“裸の王様”になってしまうからだ。

一方、4月30日、李克強首相に近い石泰峰は、内モンゴル自治区党委書記の退任が発表された。だが、その後、社会科学院院長に就任している。石泰峰は昨年9月に定年の65歳になったが、内モンゴル自治区トップを続投していた。来春、石が政治協商会議政協副主席になれば、国家指導者のメンバーに昇格するとされている(もう1人、注目すべき人事が行われているが、後述する)。

夜空が赤く染まり、北京市で戦車が走行

第3は、軍事面。

SNS上では、「宮廷クーデター」発生の“噂”が拡散している。

例えば、5月初旬、旧38軍2個機動師団(現、中部戦区)が上京、旧27軍9師団(同)が上海に進入し、5月4日、習近平主席は政治局常務委員拡大会議で条件付きながら、退位に同意したという(「5月2日説」もある)。(『万維ブログ』「見たところ、中国で習近平が失脚し、李克強がトップになるという噂は本当のようだ!」2022年5月6日付https://blog.creaders.net/u/13104/202205/434266.html)。

同月7日夜、浙江省舟山市で夜空が赤く染まった(『中国瞭望』「浙江省の赤い空!血のような赤色が252年前の夜の幻影を再現」2022年5月9日付https://news.creaders.net/china/2022/05/09/2481592.html)。

ただ、異常気象等で夜空が赤くなることも考えられる。

翌8日午後1時過ぎ、浙江省杭州市で原因不明の大きな音が2回続けて鳴り響いたという(『中国瞭望』「杭州で再び原因不明の大きな音が2回発生、地震でも雷でもない」2022年5月8日付https://news.creaders.net/china/2022/05/08/2481438.html)。

なお、同市では、今年3月にも同様な大音響に包まれている。
5月10日朝、北京市大興区楡垡橋で戦車が走った(『中国瞭望』「クーデターの噂が絶えない 中国共産軍が北京入りしたと伝えられる」2022年5月10日付https://news.creaders.net/china/2022/05/10/2482104.html)。

さすがに、北京市民もこれには驚いたという。

翌11日夜、福建省福州市でも夜空が真っ赤に染まった(『中国瞭望』「福州の空も血色に変わる! まさか、また漁船ではあるまいか?」2022年5月12日付https://news.creaders.net/china/2022/05/12/2482680.html)。

しかも福州市ではこれが初めてではないという。仮に、人民解放軍内で内戦が起きたとすれば、「習派」と「反習派」が戦った公算が大きい。特に、浙江省と福建省は習近平主席の地盤である。「習派」の軍が“暴走”した可能性も否定できない。

関連する投稿


日中国交正常化50年 中国の横暴を防ぐ出発点に!|和田政宗

日中国交正常化50年 中国の横暴を防ぐ出発点に!|和田政宗

「中国は低姿勢だったが、50年たったら態度はガラッと変わる。大きく経済発展して日本を見下すようになるよ」(時事通信)。当時の大平正芳外務大臣の予言だが、まさにその通りの状況になった。今こそ国交正常化以降の50年を、中国対応を誤った50年として反省すべきだ。


岸田政権は円安で日本を再生させる意志を示せ|田村秀男

岸田政権は円安で日本を再生させる意志を示せ|田村秀男

岸田文雄政権に今求められるのは、円安を日本再生の好機にする強固な意志と戦略である。問題なのは、企業が増える収益を設備投資や賃上げなど国内経済に配分するのに腰が引けていることだ。


オークションに弾薬製造用機器が!安倍元総理「国葬」とテロのリスク|小笠原理恵

オークションに弾薬製造用機器が!安倍元総理「国葬」とテロのリスク|小笠原理恵

安倍元総理暗殺事件でテロ行為のハードルが下がった。すでにテロリストたちが動き出した予兆は多数ある。そんななか、銃弾や砲弾を作るための機器類が日々、オークションにかけられている……。山上徹也容疑者のように一人静かに自宅で銃弾や砲弾等の爆発物を作っている人物がどこかにいる可能性は否めない。


消えた「国家安全保障会議」 ――日本の安全保障体制を崩壊させる岸田首相|山口敬之【WEB連載第15回】

消えた「国家安全保障会議」 ――日本の安全保障体制を崩壊させる岸田首相|山口敬之【WEB連載第15回】

ナンシー・ペロシの訪台に激怒した中国は8月4日、いっぺんに11発もの弾道ミサイルを日本の周辺海域に着弾させた。このうち5発は与那国島の西側上空を飛び越えて日本のEEZ内に着弾。ところが、岸田首相はこの中国による露骨な恫喝に対して、国家安全保障会議を開催しなかった――。


防衛費「対GDP比2%」は世界標準であり最低ライン!|和田政宗 

防衛費「対GDP比2%」は世界標準であり最低ライン!|和田政宗 

約5.6兆円という過去最大の要求額となったが、これから予算額を追加で決めていく「事項要求」で、どれだけ上積みできるかがカギとなる。「対GDP比2%」にこだわるのではなく、必要ならば、2%を越えて我が国を守るための十分な予算を確保すべきだ。(サムネイルは防衛省HPより)


最新の投稿


日中国交正常化50年 中国の横暴を防ぐ出発点に!|和田政宗

日中国交正常化50年 中国の横暴を防ぐ出発点に!|和田政宗

「中国は低姿勢だったが、50年たったら態度はガラッと変わる。大きく経済発展して日本を見下すようになるよ」(時事通信)。当時の大平正芳外務大臣の予言だが、まさにその通りの状況になった。今こそ国交正常化以降の50年を、中国対応を誤った50年として反省すべきだ。


【日本原論】サタンに敗けない![冒頭先行公開]

【日本原論】サタンに敗けない![冒頭先行公開]

旧統一教会を巡る問題について、「サンデージャポン」での「爆笑問題」の太田光の発言がまたもや炎上。「#太田光をテレビに出すな」がTwitterでトレンド入りまでした。太田光は何を思う……本誌人気連載「日本原論」で大いに語った!


「ケツ舐め記者」と誹謗する金平茂紀の正体|山口敬之【WEB連載第17回】

「ケツ舐め記者」と誹謗する金平茂紀の正体|山口敬之【WEB連載第17回】

9月17日、金平茂紀氏はFacebookにこう投稿した。《この国にも「ケツ舐め記者」という連中が少なからず棲息していて、権力者、独裁者、ご主人様の局所を舐めて、その対価として「ご褒美」をもらって、それを得意げに広報し、「独自」「スクープ」とかのワッペンを自分で貼りつけて(中略)男性にも女性にも、もちろんいます、「ケツ舐め記者」は》。金平氏は、一体何様のつもりなのか。


日米共同演習でロシアを牽制せよ|岩田清文

日米共同演習でロシアを牽制せよ|岩田清文

今、米国が最も神経を使っているのは、今後、ウクライナの反撃が進展し、東部2州あるいは、クリミアまでをも奪還できる状況になった時、それをどこまで許容するかという点であろう。


数字合わせの防衛費で防衛力強化はできない|織田邦男

数字合わせの防衛費で防衛力強化はできない|織田邦男

言葉は美しい。だが、防衛省単独の予算を積み上げるより、他省庁の経費も含めた方が本来の防衛予算を抑えつつ「GDP比2%」を達成しやすくなるという思惑がみえみえである。