驳斥中国驻日本大使孔铉佑的各式谎言|樱井良子

驳斥中国驻日本大使孔铉佑的各式谎言|樱井良子

孔铉佑大使在中国驻日使馆的官方网站上用日文发表了一篇充满谎言的文章,而日本政府及外务省竟然允许这样荒谬的事情依然存在。对此我们不禁要问:“孔大使,您怎能如此堂而皇之地信口雌黄?”要知道对于“谎言重复百次就会成为真理”这样的事情,我们是绝不允许发生的。


对蒙古和新疆维吾尔的种族灭绝

追溯过去,1949年10月中华人民共和国建政,次年10月就入侵了西藏, 使西藏人民痛失疆土,他们所朝拜的尊者达赖喇嘛也流亡到了印度,且流亡至今。  

内蒙古的案例,是由蒙古族学者、日本公民杨海英在其15000页的《论蒙古人的种族灭绝之基本资料》(风响社)一书中撰写的。书中的每一页都记录着蒙古人民所经历的被中共政府屠杀、酷刑和压榨的具体事例,所有这些研究案例都清楚地表明,这种悲剧还在继续着。   

此外,对于新疆维吾尔自治区100万甚至200万维吾尔人的镇压、酷刑和屠杀,又作何解释?为什么香港被剥夺了言论自由的空间?敢于传递真相的《苹果日报》创始人黎智英为何被关进了监狱?为何要逮捕黄之锋和周庭?

对此,孔大使都无法回答。与他所言的正相反,新中国政府自成立以来一直都在染指各种形式的侵略和压迫。中国共产党就是一个极其丑陋的政党,在土地、水资源、文化、思想、语言等各方面,不仅是对其他国家和民族,只要不服从它,即使是对本国民众也同样进行掠夺,这就是中共统治下的中国。这一切也越发强化了我绝不能相信这个国家 ( 政府)的想法。

尽管如此,孔大使仍然表示,新中国70年来本着“和为贵”的精神一直走在和平发展的道路上。

说白了中国就是一个因言获罪的国家

莫非中国人竟天真地以为,只要用文字写出来就能成为真实的历史吗?

在《中华人民共和国宪法》里罗列着许多民主的条文,看完后更加增强了 “中国很民主” 这种错觉。例如,中国尊重和保障人权(第33条),有言论、出版、集会、结社、游行和示威的自由(第35条),有宗教信仰的自由(第36条),通信自由及通信秘密受法律保护
(第40条),为老人和贫困人口提供社会保险、救济和医疗服务(第45条)等等,有着诸多美好的条文,但这些所谓的条文看上去也只是“空有其文”而已。

要知道在中国,记者和编辑们必须参加有关习近平国家主席的政治思想考试,合格通过后才能更新记者证的。所以没人会认为在这样的国度里有言论自由。

更不幸的是,中国人并不会因为通过了政治思想考试并获得了记者证就可以自由报道,他们只能写符合中共主张的文章,否则就会像《苹果日报》的老板黎智英一样被拘捕。而缺乏言论自由绝不仅限于新闻业界,温顺地服从中共政府,是强加给所有中国人的共同原则。

阿里巴巴的创始人马云是国际社会上广为人知的商人,即使是这样一个享有全球声誉的成功人士也不例外。蚂蚁金服的首次公开募股本是商界历史上最大的筹资活动,却在前一天被取消了,究其原因只是马云对习主席的金融政策进行了批评。

由此可见,对于13亿中国人来说,中国就是一个极端的因言获罪的国家。

归根结底 :不要相信中共政府所说的任何一个字

関連する投稿


6月10日施行の改正入管法で一体、何が変わるのか?|和田政宗

6月10日施行の改正入管法で一体、何が変わるのか?|和田政宗

不法滞在者や不法就労者をなくす私の取り組みに対し、SNSをはじめ様々な妨害があった――。だが、改正入管法施行の6月10日以降、誰が正しいことを言っているのか明らかになっていくであろう。(写真提供/時事)


中国、頼清徳新総統に早くも圧力! 中国が描く台湾侵略シナリオ|和田政宗

中国、頼清徳新総統に早くも圧力! 中国が描く台湾侵略シナリオ|和田政宗

頼清徳新総統の演説は極めて温和で理知的な内容であったが、5月23日、中国による台湾周辺海域全域での軍事演習開始により、事態は一気に緊迫し始めた――。


全米「反イスラエルデモ」の真実―トランプ、動く! 【ほぼトラ通信3】|石井陽子

全米「反イスラエルデモ」の真実―トランプ、動く! 【ほぼトラ通信3】|石井陽子

全米に広がる「反イスラエルデモ」は周到に準備されていた――資金源となった中国在住の実業家やBLM運動との繋がりなど、メディア報道が真実を伝えない中、次期米大統領最有力者のあの男が動いた!


【読書亡羊】出会い系アプリの利用データが中国の諜報活動を有利にする理由とは  『トラフィッキング・データ――デジタル主権をめぐる米中の攻防』(日本経済新聞出版)

【読書亡羊】出会い系アプリの利用データが中国の諜報活動を有利にする理由とは 『トラフィッキング・データ――デジタル主権をめぐる米中の攻防』(日本経済新聞出版)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


プーチンは「内部」から崩れるかもしれない|石井英俊

プーチンは「内部」から崩れるかもしれない|石井英俊

ウクライナ戦争が引き起こす大規模な地殻変動の可能性。報じられない「ロシアの民族問題というマグマ」が一気に吹き出した時、“選挙圧勝”のプーチンはそれを力でねじ伏せることができるだろうか。


最新の投稿


憲法改正の国会発議はいつでもできる、岸田総理ご決断を!|和田政宗

憲法改正の国会発議はいつでもできる、岸田総理ご決断を!|和田政宗

すでに衆院の憲法審査会では4党1会派の計5会派が、いま行うべき憲法改正の内容について一致している。現在いつでも具体的な条文作業に入れる状況であり、岸田総理が決断すれば一気に進む。


【今週のサンモニ】加藤登紀子が暴いた「サンモニ」のダブスタと不寛容|藤原かずえ

【今週のサンモニ】加藤登紀子が暴いた「サンモニ」のダブスタと不寛容|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


【読書亡羊】世界には「反移民で親LGBT」「愛国的環境保護派」が存在する  中井遼『ナショナリズムと政治意識』(光文社新書)

【読書亡羊】世界には「反移民で親LGBT」「愛国的環境保護派」が存在する  中井遼『ナショナリズムと政治意識』(光文社新書)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


【今週のサンモニ】少子化を促進させた『サンモニ』報道|藤原かずえ

【今週のサンモニ】少子化を促進させた『サンモニ』報道|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


6月10日施行の改正入管法で一体、何が変わるのか?|和田政宗

6月10日施行の改正入管法で一体、何が変わるのか?|和田政宗

不法滞在者や不法就労者をなくす私の取り組みに対し、SNSをはじめ様々な妨害があった――。だが、改正入管法施行の6月10日以降、誰が正しいことを言っているのか明らかになっていくであろう。(写真提供/時事)