驳斥中国驻日本大使孔铉佑的各式谎言|樱井良子

驳斥中国驻日本大使孔铉佑的各式谎言|樱井良子

孔铉佑大使在中国驻日使馆的官方网站上用日文发表了一篇充满谎言的文章,而日本政府及外务省竟然允许这样荒谬的事情依然存在。对此我们不禁要问:“孔大使,您怎能如此堂而皇之地信口雌黄?”要知道对于“谎言重复百次就会成为真理”这样的事情,我们是绝不允许发生的。


对蒙古和新疆维吾尔的种族灭绝

追溯过去,1949年10月中华人民共和国建政,次年10月就入侵了西藏, 使西藏人民痛失疆土,他们所朝拜的尊者达赖喇嘛也流亡到了印度,且流亡至今。  

内蒙古的案例,是由蒙古族学者、日本公民杨海英在其15000页的《论蒙古人的种族灭绝之基本资料》(风响社)一书中撰写的。书中的每一页都记录着蒙古人民所经历的被中共政府屠杀、酷刑和压榨的具体事例,所有这些研究案例都清楚地表明,这种悲剧还在继续着。   

此外,对于新疆维吾尔自治区100万甚至200万维吾尔人的镇压、酷刑和屠杀,又作何解释?为什么香港被剥夺了言论自由的空间?敢于传递真相的《苹果日报》创始人黎智英为何被关进了监狱?为何要逮捕黄之锋和周庭?

对此,孔大使都无法回答。与他所言的正相反,新中国政府自成立以来一直都在染指各种形式的侵略和压迫。中国共产党就是一个极其丑陋的政党,在土地、水资源、文化、思想、语言等各方面,不仅是对其他国家和民族,只要不服从它,即使是对本国民众也同样进行掠夺,这就是中共统治下的中国。这一切也越发强化了我绝不能相信这个国家 ( 政府)的想法。

尽管如此,孔大使仍然表示,新中国70年来本着“和为贵”的精神一直走在和平发展的道路上。

说白了中国就是一个因言获罪的国家

莫非中国人竟天真地以为,只要用文字写出来就能成为真实的历史吗?

在《中华人民共和国宪法》里罗列着许多民主的条文,看完后更加增强了 “中国很民主” 这种错觉。例如,中国尊重和保障人权(第33条),有言论、出版、集会、结社、游行和示威的自由(第35条),有宗教信仰的自由(第36条),通信自由及通信秘密受法律保护
(第40条),为老人和贫困人口提供社会保险、救济和医疗服务(第45条)等等,有着诸多美好的条文,但这些所谓的条文看上去也只是“空有其文”而已。

要知道在中国,记者和编辑们必须参加有关习近平国家主席的政治思想考试,合格通过后才能更新记者证的。所以没人会认为在这样的国度里有言论自由。

更不幸的是,中国人并不会因为通过了政治思想考试并获得了记者证就可以自由报道,他们只能写符合中共主张的文章,否则就会像《苹果日报》的老板黎智英一样被拘捕。而缺乏言论自由绝不仅限于新闻业界,温顺地服从中共政府,是强加给所有中国人的共同原则。

阿里巴巴的创始人马云是国际社会上广为人知的商人,即使是这样一个享有全球声誉的成功人士也不例外。蚂蚁金服的首次公开募股本是商界历史上最大的筹资活动,却在前一天被取消了,究其原因只是马云对习主席的金融政策进行了批评。

由此可见,对于13亿中国人来说,中国就是一个极端的因言获罪的国家。

归根结底 :不要相信中共政府所说的任何一个字

関連する投稿


虚しき岸田政権のコピペ外交|山口敬之【WEB連載第21回】

虚しき岸田政権のコピペ外交|山口敬之【WEB連載第21回】

11月13日、東アジアサミットで中国を名指しで批判した岸田首相。「岸田首相は覚醒した」「初めて毅然とした姿勢を示した」と評価する声も出たが、はたして本当にそうだろうか。岸田首相の発言を検証すると、バイデン大統領の発言と「ウリ二つ」であることがわかった――。(サムネイルは首相官邸HPより)


【読書亡羊】中台統一に「タピオカ屋」まで使う習近平 川島真、小嶋華津子編『UP Plus 習近平の中国』(東京大学出版会)

【読書亡羊】中台統一に「タピオカ屋」まで使う習近平 川島真、小嶋華津子編『UP Plus 習近平の中国』(東京大学出版会)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


デサンティス知事の圧勝が教えるもの|島田洋一

デサンティス知事の圧勝が教えるもの|島田洋一

大勝を収めた結果、デサンティス氏は一躍、2年後の大統領選における最有力候補の1人と目されるに至った。デサンティス氏はまた、中国共産党政権によるスパイ行為を防ぐため、フロリダに本拠地を置く諸大学が中国人の研究者や中国の大学と行う共同プロジェクトに制限を課す州法の制定を議会に促してきた。


3年ぶりの日韓首脳会談 日本は言うべきことを言えたのか|和田政宗

3年ぶりの日韓首脳会談 日本は言うべきことを言えたのか|和田政宗

約3年ぶりに開かれた日韓首脳会談は、岸田総理と尹大統領の初会談でもあった。初会談は相手にくさびを打ち込む重要な会談である。はたして岸田総理は、韓国にくさびを打つことができたのだろうか。(サムネイルは首相官邸HPより)


中国を脅威でないと言い切れるのか|田久保忠衛

中国を脅威でないと言い切れるのか|田久保忠衛

フランスの歴史人口学者・家族人類学者エマニュエル・トッド氏の発言は、日本人の常識を超えるものだった。


最新の投稿


虚しき岸田政権のコピペ外交|山口敬之【WEB連載第21回】

虚しき岸田政権のコピペ外交|山口敬之【WEB連載第21回】

11月13日、東アジアサミットで中国を名指しで批判した岸田首相。「岸田首相は覚醒した」「初めて毅然とした姿勢を示した」と評価する声も出たが、はたして本当にそうだろうか。岸田首相の発言を検証すると、バイデン大統領の発言と「ウリ二つ」であることがわかった――。(サムネイルは首相官邸HPより)


【読書亡羊】中台統一に「タピオカ屋」まで使う習近平 川島真、小嶋華津子編『UP Plus 習近平の中国』(東京大学出版会)

【読書亡羊】中台統一に「タピオカ屋」まで使う習近平 川島真、小嶋華津子編『UP Plus 習近平の中国』(東京大学出版会)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


韓国のプロパガンダに使われたNHK「緑なき島」|和田政宗

韓国のプロパガンダに使われたNHK「緑なき島」|和田政宗

「軍艦島は地獄島だった」「強制連行されたうえ劣悪な環境で働かされ、多くの人が命を落とした」。このような韓国のプロパガンダは、NHKの短編ドキュメンタリー映画「緑なき島」から始まった。NHKの捏造疑惑について国会で何度も質問をしたが、NHKはいまだにはぐらかし続けている――。


デサンティス知事の圧勝が教えるもの|島田洋一

デサンティス知事の圧勝が教えるもの|島田洋一

大勝を収めた結果、デサンティス氏は一躍、2年後の大統領選における最有力候補の1人と目されるに至った。デサンティス氏はまた、中国共産党政権によるスパイ行為を防ぐため、フロリダに本拠地を置く諸大学が中国人の研究者や中国の大学と行う共同プロジェクトに制限を課す州法の制定を議会に促してきた。


3年ぶりの日韓首脳会談 日本は言うべきことを言えたのか|和田政宗

3年ぶりの日韓首脳会談 日本は言うべきことを言えたのか|和田政宗

約3年ぶりに開かれた日韓首脳会談は、岸田総理と尹大統領の初会談でもあった。初会談は相手にくさびを打ち込む重要な会談である。はたして岸田総理は、韓国にくさびを打つことができたのだろうか。(サムネイルは首相官邸HPより)