驳斥中国驻日本大使孔铉佑的各式谎言|樱井良子

驳斥中国驻日本大使孔铉佑的各式谎言|樱井良子

孔铉佑大使在中国驻日使馆的官方网站上用日文发表了一篇充满谎言的文章,而日本政府及外务省竟然允许这样荒谬的事情依然存在。对此我们不禁要问:“孔大使,您怎能如此堂而皇之地信口雌黄?”要知道对于“谎言重复百次就会成为真理”这样的事情,我们是绝不允许发生的。


所有说法几乎都与事实不符

邻邦中国是一个经济和军事大国,其统治世界的野心早已毫不掩饰。从孔大使的观点可以看出 : 他们已无需考虑别国的感受而自主宣称中国(中共)时代已到来,世界的新秩序将由中国(中共)来制定 。从某种意义上而言,这篇文章对日本来说是一个强烈的警示 : 日本决不能与这样的中共政府走得太近,绝不能再接近它并被其要挟,绝不能陷入身不由己将命运托付给他们的绝境。

文中孔大使首先自问:“如果中国变得强大,会不会对外扩张呢?” 然后自答:“侵略和扩张不是,也永远不会是中国的政策选项。”遗憾的是事实则恰恰相反:在奥巴马政府刚刚确定了对国际社会的军事干预持谨慎态度之后,中国(中共)就开始掠夺南中国海; 在奥巴马第2届政府的4年里,中国(中共)几乎确立了对南中国海的有效控制权;中国(中共)无视南中国海沿岸国家的抗议以及国际法院•国际常设仲裁法院的裁决,坚持走他们的“侵略和扩张 ”之路,并延续至今。如果参照日本及世界各地发生的事实来对应孔大使的自答,则分分钟令其打脸。

孔大使否认的“中国的侵略和扩张”并不仅仅是只局限于南中国海。 中印边境频发的入侵事件作何解释? 不丹领土被持续侵噬又作何解释? 这十多年来,中国(中共)军队不是几乎每天都在入侵我国的领海和邻近水域,企图夺走我们的尖阁群岛吗?

孔大使的说法几乎都在违背事实,对民众来讲,这就是彻头彻尾的谎言

侵略步骤正好与中华人民共和国的历史相吻合

要论中国是一个说谎的国家,这种观点并不新奇。《The Hundred-Year Marathon: China's Secret Strategy to Replace America as the Global SuperpowerChina 》一书的作者迈克尔-皮尔斯伯里(Michael Pillsbury)认为,长期以来,美国一直是中国这个国家巧妙谎言的受害者。 他详细叙述,美国和西方社会都不断被这个国家的谎言所欺骗,并陷入艰苦困境。书中发表的几乎所有内容,包括人名、时间和地点俱都属实。  

中国是个谎言大国,这一事实已为国际社会所皆知。但这里我还是想让大家注意,孔大使是如何将其说谎的祖国包装成一个“可敬的国家”的。

他在文中说我们(中国)继承了中华民族“和为贵”的精神,这就是为什么 “新中国成立70年来,中国自始至终走了一条和平发展道路的原因”。读到此处,西藏和蒙古的民众会有何感受?我想他们一定会发出内心压抑之久的抗议之声。

如果中华民族当真是“以和为贵”,那么从20到21世纪就不会发生如此之多的民族性悲剧,不会有几百万甚至几千万人被屠杀,也不会有那么多人遭受近乎于死亡的折磨。 中华人民共和国成立后,中国共产党不是立即派遣解放军去镇压其他少数民族吗?这种侵略步骤不正好与中华人民共和国的历史相吻合吗?

関連する投稿


国を憂える政治家はいるか|田久保忠衛

国を憂える政治家はいるか|田久保忠衛

当然ながら、参院選最大の論点は、日本を改革する憲法改正の是非になるはずだ。が、どの候補が日本の国難の核心に触れる意見表明を行ったか。自分はどうなろうと国を憂える、といったパフォーマンスは流行らなくなったのだろうか。


徹底検証!中国で「宮廷クーデター」発生か|澁谷司

徹底検証!中国で「宮廷クーデター」発生か|澁谷司

世界では、習近平が退陣するのではないかというニュースが飛び交っている。一部のSNSでは、習近平主席がすでに半ば退位し、李克強首相が代行しているとの書き込みで溢れている。果たして、この「宮廷クーデター」(「反習派」による習主席の退位)の“噂”は本当なのか? 徹底検証する。


「米国による平和」は終わった|田久保忠衛

「米国による平和」は終わった|田久保忠衛

10年以内に中国は米国よりも強くなると見るドイツ人は56%に達しており、米国は頼みにならないので欧州の防衛に投資すべきだと考える向きは60%に及んでいる。


台湾をリムパックに招かないのは遺憾だ|太田文雄

台湾をリムパックに招かないのは遺憾だ|太田文雄

3月末にバイデン政権が公表した「国家防衛戦略」のファクトシート(概要説明文)は「中国に対する抑止強化」をうたっている。リムパックへ台湾を招かなかったことは、これに沿った措置とは到底思えない。


敬服すべきブレジンスキー氏の洞察力|田久保忠衛

敬服すべきブレジンスキー氏の洞察力|田久保忠衛

ブレジンスキーが今から25年前に書いた「巨大な将棋盤」には、中国の現状、さらにはロシアがウクライナに侵攻し、目的を達成すればユーラシア大陸、ひいては世界の大国にのし上がるだろうと予想されていた。ブレジンスキーは日本に対しても鋭く言及している。


最新の投稿


新領域での戦いに自衛隊は取り残される|織田邦男

新領域での戦いに自衛隊は取り残される|織田邦男

サイバー戦においても立ちはだかる「専守防衛」の軛。日本は現代戦に取り残される一方である。にもかかわらず、「自衛隊は現代戦が戦えるのか」といった本質的な問いかけをする政党はない。


国を憂える政治家はいるか|田久保忠衛

国を憂える政治家はいるか|田久保忠衛

当然ながら、参院選最大の論点は、日本を改革する憲法改正の是非になるはずだ。が、どの候補が日本の国難の核心に触れる意見表明を行ったか。自分はどうなろうと国を憂える、といったパフォーマンスは流行らなくなったのだろうか。


違う意見に耳を傾けたら相手をもっと嫌いになった! クリス・ベイル『ソーシャルメディア・プリズム』(みすず書房)

違う意見に耳を傾けたら相手をもっと嫌いになった! クリス・ベイル『ソーシャルメディア・プリズム』(みすず書房)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


徹底検証!中国で「宮廷クーデター」発生か|澁谷司

徹底検証!中国で「宮廷クーデター」発生か|澁谷司

世界では、習近平が退陣するのではないかというニュースが飛び交っている。一部のSNSでは、習近平主席がすでに半ば退位し、李克強首相が代行しているとの書き込みで溢れている。果たして、この「宮廷クーデター」(「反習派」による習主席の退位)の“噂”は本当なのか? 徹底検証する。


なべやかん遺産|「淡路島のシン・ゴジラ」

なべやかん遺産|「淡路島のシン・ゴジラ」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「淡路島のシン・ゴジラ」!