ケネディ暗殺新資料で読み解く共産主義勢力の工作|瀬戸川宗太(映画評論家)

ケネディ暗殺新資料で読み解く共産主義勢力の工作|瀬戸川宗太(映画評論家)

ウクライナ侵攻を機に共産主義国家と深いつながりのあるロシアによる情報操作も一層活発化している。共産主義国家、権威主義国家によるスパイ活動は、決して映画のなかだけの話ではない。ケネディ暗殺を研究してきた映画評論家・瀬戸川宗太氏が、2017年に公開された新資料を分析したドキュメンタリーを紹介!


まず五年前の「ケネディ暗殺機密文書」公開のきっかけとなったのが、一九九一年に製作されたオリヴァー・ストーン監督の映画『JFK』の大ヒットだったのを忘れてはならない。
 
映画に描かれたCIA、軍部等軍産複合体の陰謀によりケネディ大統領が殺されたという大胆な仮説が、一九六四年の政府公式見解(ウォーレン委員会報告)に疑念を抱き続けてきたアメリカ世論を頂点にまで引き上げた。
 
その世論の高まりによって映画が公開された翌年にJFK記録収集法が制定され、同法に基づき二十五年後の二〇一七年十月二十六日、JFK暗殺に関わる非公開文書二千八百九十一件が公表されたわけである。
 
そこで新たに判明した事実を基に、映画『JFK』にもふれながら事件の真相に迫ってみたい。まず本論考がよりどころにしているヒストリーチャンネルの番組を制作したロバート・ベアの見解について簡単に評するなら、引用された膨大な機密文書の分析を基に、貴重なインタビューや徹底した取材による新証拠を加えた科学的かつ実証的なケネディ暗殺論といえよう。
 
興味深いのは、ベアの主張する新説が映画『JFK』の結論とまったく異なるとはいえ、同作品に描かれた暗殺論の延長線上に位置している点ではないか。
 
膨大な文書(関連資料約五百万ページのうち全面公開されているのは八八%で、一一%は部分公開にとどまり、残りの三千件が非公開となっていた)を読み解いたロバート(ボブ)・ベアの人物像についてまず紹介する。
 
前職は有能なCIA局員で、二十一年間世界を股にかけ活動していた。二〇一六年にCIAを辞めロサンゼルス警察の元警部補バーコヴィッチらとケネディ暗殺解明にさっそく取り組み、同年に調査した経過を『機密文書公開!ケネディ暗殺とオズワルドの謎』という一回五十分ほどの記録映像を六回に分け、長尺のドキュメンタリーとして完成させた。
 
その六回分の番組と二〇一七年十月の機密文書公開直後に製作された続編『解禁!JFK暗殺事件の未公開ファイル』(約五十分)を合わせ、それらの映像をたたき台に、以下ケネディ暗殺の「新事実」を詳述していく。
 

暗殺直前に電話が

それでは、続編のドキュメンタリー冒頭シーンより始めよう。画面にはいきなりCNNニュース番組が映し出され、「1992年JFK暗殺に関する文書の公開が法制化された」の文字が出た後、CNNの女性キャスターがこう質問する。

「ボブ・ベアさんにお尋ねします。公開される文書に真相が記されていると思いますか?」

重要コメンテーターとして画面に顔を出しているベアが「そうですね、真相に近づくための大きな鍵が隠されていると思います」と答えると、すぐに「午後7時半暗殺事件に関する2891件の機密文書が公開された」の文字が浮き上がる。
 
観る者をワクワクさせるオープニングだが、中身はさらにエキサイティングだ。
 
ボブが公開された文書を読みながら、興奮した面持ちで「見てくれ、重大な情報だ」とドキュメンタリー取材班のメンバーに声をかけると、画面にはCIA防諜部長アングルトンが一九六三年十一月二十六日に作成した文書の文字が大写しとなる。

ナレーターの「同文書により英国の新聞社に奇妙な電話があった」ことがわかったとの指摘に続き、ボブが英国の内部情報機関?Ⅰ5によると、ケンブリッジニュースに密告があったと述べる。

「重大な事件が起きるから米国大使館に電話しろ」と、大統領が撃たれる二十五分前に電話がかかったという。オズワルドからの電話でないのは明らかなため、事前に暗殺を知る第三者がいたことになる。
 
ここで映像は一転して二〇一六年の調査時に制作されたテレビ番組のシーンへカットバック。ボブとバーコヴィッチがキューバの元諜報員エンリケ・ガルシアに会い、彼の防諜部同僚がケネディ暗殺当日、テキサス州からの通信を傍受するよう命令されたとの証言を引き出した場面へ。
 
ボブが誰の命令だと問うと、エンリケはこう答える。

「キューバの命令は全てカストロから出た」
 
カストロは事前にダラスでの暗殺を知っていたのではないか。

ウォーレン委員会報告のミスリード

関連する投稿


国を憂える政治家はいるか|田久保忠衛

国を憂える政治家はいるか|田久保忠衛

当然ながら、参院選最大の論点は、日本を改革する憲法改正の是非になるはずだ。が、どの候補が日本の国難の核心に触れる意見表明を行ったか。自分はどうなろうと国を憂える、といったパフォーマンスは流行らなくなったのだろうか。


徹底検証!中国で「宮廷クーデター」発生か|澁谷司

徹底検証!中国で「宮廷クーデター」発生か|澁谷司

世界では、習近平が退陣するのではないかというニュースが飛び交っている。一部のSNSでは、習近平主席がすでに半ば退位し、李克強首相が代行しているとの書き込みで溢れている。果たして、この「宮廷クーデター」(「反習派」による習主席の退位)の“噂”は本当なのか? 徹底検証する。


「米国による平和」は終わった|田久保忠衛

「米国による平和」は終わった|田久保忠衛

10年以内に中国は米国よりも強くなると見るドイツ人は56%に達しており、米国は頼みにならないので欧州の防衛に投資すべきだと考える向きは60%に及んでいる。


台湾をリムパックに招かないのは遺憾だ|太田文雄

台湾をリムパックに招かないのは遺憾だ|太田文雄

3月末にバイデン政権が公表した「国家防衛戦略」のファクトシート(概要説明文)は「中国に対する抑止強化」をうたっている。リムパックへ台湾を招かなかったことは、これに沿った措置とは到底思えない。


敬服すべきブレジンスキー氏の洞察力|田久保忠衛

敬服すべきブレジンスキー氏の洞察力|田久保忠衛

ブレジンスキーが今から25年前に書いた「巨大な将棋盤」には、中国の現状、さらにはロシアがウクライナに侵攻し、目的を達成すればユーラシア大陸、ひいては世界の大国にのし上がるだろうと予想されていた。ブレジンスキーは日本に対しても鋭く言及している。


最新の投稿


新領域での戦いに自衛隊は取り残される|織田邦男

新領域での戦いに自衛隊は取り残される|織田邦男

サイバー戦においても立ちはだかる「専守防衛」の軛。日本は現代戦に取り残される一方である。にもかかわらず、「自衛隊は現代戦が戦えるのか」といった本質的な問いかけをする政党はない。


国を憂える政治家はいるか|田久保忠衛

国を憂える政治家はいるか|田久保忠衛

当然ながら、参院選最大の論点は、日本を改革する憲法改正の是非になるはずだ。が、どの候補が日本の国難の核心に触れる意見表明を行ったか。自分はどうなろうと国を憂える、といったパフォーマンスは流行らなくなったのだろうか。


違う意見に耳を傾けたら相手をもっと嫌いになった! クリス・ベイル『ソーシャルメディア・プリズム』(みすず書房)

違う意見に耳を傾けたら相手をもっと嫌いになった! クリス・ベイル『ソーシャルメディア・プリズム』(みすず書房)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


徹底検証!中国で「宮廷クーデター」発生か|澁谷司

徹底検証!中国で「宮廷クーデター」発生か|澁谷司

世界では、習近平が退陣するのではないかというニュースが飛び交っている。一部のSNSでは、習近平主席がすでに半ば退位し、李克強首相が代行しているとの書き込みで溢れている。果たして、この「宮廷クーデター」(「反習派」による習主席の退位)の“噂”は本当なのか? 徹底検証する。


なべやかん遺産|「淡路島のシン・ゴジラ」

なべやかん遺産|「淡路島のシン・ゴジラ」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「淡路島のシン・ゴジラ」!