MENU

羊の皮をかぶった財務省を女子高生が論破!

【6月28日発売! ビジネス社 1296円(税込)】

ネットで大反響!漫画『私立Z学園の憂鬱』が完全書籍化!

消費増税反対botちゃんの独占インタビューが実現!

消費増税、あなたはそれでも賛成しますか?

 

■「増税? 仕方がないよね」と思っていた

編集部 botちゃんが制作した漫画『私立Z学園の憂鬱』がネットで話題になっています。「消費増税のリスク」という硬派なテーマを選んだのはなぜですか。

botちゃん きっかけは今年の2月でした。知人から突然、別冊クライテリオン「消費増税を凍結せよ」が送られてきたんです。

編集部 なんの前フリもなく、『表現者クライテリオン』(西部邁氏が創刊した『発言者』『表現者』の後継誌)の別冊が送られてきたのですか。

botちゃん そうなんです。しかも送られてきたのは、「増税やむなし」にはこう切り返せという「Q&A」の部分だけでした……(笑)。読んでみたけどまったくわからなかったので、すぐにアマゾンで購入しました。

編集部 消費税についてそれまでは無関心だった?

botちゃん はい。無関心でした。「国の借金もあるし、少子高齢化で社会保障も大変だし、イヤだけど仕方がないか」という認識でした。完全に諦めムードでしたから。

編集部 雑誌を読んでみて、いかがでしたか。

botちゃん 丸ごと読んでも、まったくわからなかった(笑)。でも、編集長である藤井聡さんの消費増税を止めたいという「思い」だけはなぜか伝わってきたんです。

自分になにかできることはないだろうかと考えたときに、「漫画」「全8話」「200ページ」という3つのキーワードがポンとおりてきた。

その日のうちに消費税に関する本をアマゾンで56冊ほど購入しました。最初のうちはよくわからなかったのですが、読んでいるうちに少しずつわかるようになってきた。

編集部 増税肯定派の本も読まれたのですか。

botちゃん どっちが正しいのか、冷静に判断したかったので、何冊か読みましたね。でも、すぐに眠たくなってしまう(笑)。増税反対派の本のなかにも独善的な本、思想が強すぎる本は何冊かありましたが、増税論者の本よりはましでした。

とにかく読みにくい。読めない。理屈をこねくり回した官僚の作文のような本なので。理解してもらおうという気持ちがはじめから欠けているのではないでしょうか。

編集部 にもかかわらず、国民の4割近くが「増税やむなし」の方向へと流されつつあるように感じます。

botちゃん 『Hanada』の読者は流されていないと思いますよ。「小誌は消費増税に反対します!」と先月号の表紙に打ったくらいですから。

花田編集長は怖いものなんかないんでしょうか。

 

 

 

 

 

■中学生が読んでもおもしろい!


編集部 「誰でもわかる!」と銘打った本は世の中にたくさんあるのですが、「本当に誰でもわかる」本は意外に少ないように思います。

botちゃん 私のようなごく普通の市民にはわからない(笑)。消費税についての漫画を作ろうと思った理由は、実はそこにあるんです。「誰でもわかる」本にするためには、なにひとつわからなかった「私」は武器になる、と。かといって、つまらない説明漫画にはしたくなかったので、ストーリーにもかなり力を注ぎました。

中学生が読んでもわかる本、おもしろい本にしたかったので。

編集部 たしかに、わかるだけじゃなくて、おもしろい。それでいて、漫画としての完成度も高い。女子高生の高橋あさみが、増税に賛成する新聞社社長、経済学者、経団連会長、政治家、IMF理事、財務官僚といったクセのあるキャラクターと対峙し、論破していく。痛快でした。

botちゃん データの正確さと同じくらい、キャラ設定も厳密に行いました。彼らの理論とそれを論破するための理論。そこを戦わせることで読者に「物事の両面」を提示したかった。「なんとなく」で流されてしまわないように。一方的な情報だけで判断するのは危険ですから。

編集部 論破するために、どなたの本を参考にされましたか。

botちゃん 藤井聡さん、上念司さん、髙橋洋一さんです。意外といったら失礼ですけど、森永卓郎さんの本もかなり参考になりましたね。読みやすくておもしろかった。「大企業や金持ちからガンガンとればいくらでも財源は調達できる」という論にはあまり賛成できませんけど。

編集部 経済学者が敵キャラとして登場しますが、「御用学者」という報道は少ないような気がします。

botちゃん そうなんです。私も調べてわかったことなのですが、消費増税の賛否を問う有識者会議に「御用学者」がこれほどまでに多いとは驚きでした。2013年、消費税を8%に上げるか否かの有識者会議がありました。44名の有識者が増税に賛成したのですが、そのうちの15名は絵にかいたような「御用学者」でした。経歴を見たら、笑ってしまいますよ、ほんとに。

編集部 「御用学者」もそうですが、「御用エコノミスト」がいるというのは、さらに知られていません。

botちゃん 証券会社や銀行のエコノミストは民間人だと私も思っていたので。「御用エコノミスト」がいるなんて普通は思いませんよね。「増税は正しい」と自分たちの主張を権威づけるために、「経済学者やエコノミストを抱き込むのは財務省の常套手段だ」と高橋洋一さんは指摘しています。資料やデータを役所からもらい、海外出張も税金から出る。おいしい商売だなと思います。

■財務省には逆らえない

編集部 経団連の会長が消費増税に賛成するというのも妙な話です。

botちゃん 物が売れなくなるんですからね、普通に考えれば。「消費増税の代わりに法人税を減らす」という裏約束があったのではないかと漫画にも描きましたけれど。
財務省は税金を集める国税庁も内部に持っていますから、おそらく、「脱税」や「スキャンダル」といったような企業の弱みを握っています。大企業の幹部がケンカしたくないと思うのも当然ではないでしょうか。

編集部 「輸出戻し税」(下記参照)もあまり知られていない言葉です。

 


botちゃん 「消費税が払えない」と多くの中小企業が苦しんでいるなか、大企業は優遇されすぎているのではないでしょうか。

編集部 IMFやOECDといった国際機関と財務省の関係を主人公である高橋あさみが「羊の皮を被っても無駄」と指摘しています。

botちゃん 日本人は外圧には弱いですよね。IMFのナンバー2である副専務理事は歴代、財務省財務官の天下りポストですから。しかも、日本は第2位の出資国。財務省が裏で糸をひいているとしたら……本当に恐ろしい話です。

でも、特定の組織を悪者にしようと思ってこの漫画を描いたのではありません。日本は空気の支配する国ですから、誰かを責めても仕方ないと思っています。「財政規律を守る」という財務省の気持ちもわからなくはない。

ただ、金庫番の発想ありきでは国がダメになる。度が過ぎると、経済がシュリンクする。本を読み、漫画を描いてみてわかったことは、みんな頑張っているんだけど、物事をトータルで捉えることができていないということです。ほぼほぼ外堀が埋まっているなかで、なにができるのか。

ネット空間から発信することが大事だと思ったので、ツイッター上で漫画を無料公開したわけです。アニメにしてYouTubeにもアップしました。前日銀副総裁の岩田規久男さんが「消費税弱者」という言葉を使っていますが、ネットの反応を見ていると、漫画のなかで描いた「弱者の視点」(中小企業が消費税を払えない悲しさ、お年寄りや生活に困っている人たちの気持ち)にもっとも大きな反響があった。

■安倍総理も読んだ?

編集部 製本された漫画が安倍総理の手に渡ったというのは本当ですか。

botちゃん 本当です。安倍総理が読まれたかどうかはわかりませんが。

編集部 どういう経緯で、そのような流れになったのでしょうか。

botちゃん 5月21日、「消費税増税の『リスク』に関する有識者会議」(“逆”有識者会議)という会合が、国会内で開催されました。呼びかけ人は岩田規久男さんと藤井聡さんで、消費増税に反対する経済学者やエコノミスト、与野党の国会議員など20人あまりが集まって、「増税やむなし」の空気に一石を投じました。

その後、藤井さんが首相官邸を訪れ、消費増税のリスクについての意見書を西村康稔官房副長官に手渡しました。その意見書とともに私の漫画も手渡してもらったのです。「安倍総理に届け!」というのがこの漫画の最終ミッションでしたので、うれしかったですね。

編集部 6月28日、ビジネス社から単行本が発売されます。

botちゃん 単行本の解説は藤井聡さんが書いてくれました。賛成や反対を問わず、党派を超えて、多くの人に読んでほしい。この漫画がきっかけになり、風向きが少しでも変わってくれればいいのですが。

 

 

  

【消費増税反対botちゃん】

今年の2月までは消費増税についてなんの知識もない一般人。反消費増税の記事をみて突然目覚め、本を読み込み資料を漁り、マンガを描き始める。ツイッターで漫画を無料公開しYouTubeでマンガ動画も発表したところ大反響を呼び、マンガ・動画トータル40万アクセスとなっている。ツイッターhttps://twitter.com/bot80586891

 

タグ

ランキング

お知らせ

  1. 飛鳥新社
閉じる