羊の皮をかぶった財務省を女子高生が論破!|消費増税反対botちゃん

羊の皮をかぶった財務省を女子高生が論破!|消費増税反対botちゃん

ネットで大反響!漫画『私立Z学園の憂鬱』が完全書籍化! 消費増税反対botちゃんの独占インタビューが実現! 消費増税、あなたはそれでも賛成しますか?


『マンガでわかるこんなに危ない! ?消費増税』図解

中学生が読んでもおもしろい!

編集部 「誰でもわかる!」と銘打った本は世の中にたくさんあるのですが、「本当に誰でもわかる」本は意外に少ないように思います。


botちゃん 私のようなごく普通の市民にはわからない(笑)。消費税についての漫画を作ろうと思った理由は、実はそこにあるんです。「誰でもわかる」本にするためには、なにひとつわからなかった「私」は武器になる、と。かといって、つまらない説明漫画にはしたくなかったので、ストーリーにもかなり力を注ぎました。


中学生が読んでもわかる本、おもしろい本にしたかったので。


編集部 たしかに、わかるだけじゃなくて、おもしろい。それでいて、漫画としての完成度も高い。女子高生の高橋あさみが、増税に賛成する新聞社社長、経済学者、経団連会長、政治家、IMF理事、財務官僚といったクセのあるキャラクターと対峙し、論破していく。痛快でした。


botちゃん データの正確さと同じくらい、キャラ設定も厳密に行いました。彼らの理論とそれを論破するための理論。そこを戦わせることで読者に「物事の両面」を提示したかった。「なんとなく」で流されてしまわないように。一方的な情報だけで判断するのは危険ですから。


編集部 論破するために、どなたの本を参考にされましたか。


botちゃん 藤井聡さん、上念司さん、髙橋洋一さんです。意外といったら失礼ですけど、森永卓郎さんの本もかなり参考になりましたね。読みやすくておもしろかった。「大企業や金持ちからガンガンとればいくらでも財源は調達できる」という論にはあまり賛成できませんけど。


編集部 経済学者が敵キャラとして登場しますが、「御用学者」という報道は少ないような気がします。


botちゃん そうなんです。私も調べてわかったことなのですが、消費増税の賛否を問う有識者会議に「御用学者」がこれほどまでに多いとは驚きでした。2013年、消費税を8%に上げるか否かの有識者会議がありました。44名の有識者が増税に賛成したのですが、そのうちの15名は絵にかいたような「御用学者」でした。経歴を見たら、笑ってしまいますよ、ほんとに。


編集部 「御用学者」もそうですが、「御用エコノミスト」がいるというのは、さらに知られていません。


botちゃん 証券会社や銀行のエコノミストは民間人だと私も思っていたので。「御用エコノミスト」がいるなんて普通は思いませんよね。「増税は正しい」と自分たちの主張を権威づけるために、「経済学者やエコノミストを抱き込むのは財務省の常套手段だ」と高橋洋一さんは指摘しています。資料やデータを役所からもらい、海外出張も税金から出る。おいしい商売だなと思います。

財務省には逆らえない

編集部 経団連の会長が消費増税に賛成するというのも妙な話です。


botちゃん 物が売れなくなるんですからね、普通に考えれば。「消費増税の代わりに法人税を減らす」という裏約束があったのではないかと漫画にも描きましたけれど。

財務省は税金を集める国税庁も内部に持っていますから、おそらく、「脱税」や「スキャンダル」といったような企業の弱みを握っています。大企業の幹部がケンカしたくないと思うのも当然ではないでしょうか。


編集部 「輸出戻し税」(下記参照)もあまり知られていない言葉です。

関連する投稿


徹底検証!中国で「宮廷クーデター」発生か|澁谷司

徹底検証!中国で「宮廷クーデター」発生か|澁谷司

世界では、習近平が退陣するのではないかというニュースが飛び交っている。一部のSNSでは、習近平主席がすでに半ば退位し、李克強首相が代行しているとの書き込みで溢れている。果たして、この「宮廷クーデター」(「反習派」による習主席の退位)の“噂”は本当なのか? 徹底検証する。


岸田政権は財務省の呪縛から完全に脱せよ|田村秀男

岸田政権は財務省の呪縛から完全に脱せよ|田村秀男

メディアの多くが財務省のレクチャー通り、しばしば国の会計を家計に例える。家計は何はさておき働き手の収入の範囲内に支出をとどめざるを得ないのだが、国家財政は家計と全く異なる。それを混同すれば国力の衰退を招く。


岸田政権の〝増税〟に反対!|和田政宗

岸田政権の〝増税〟に反対!|和田政宗

時事通信は5月19日、『法人税率、引き上げ案が浮上』との見出しで、与党の税制調査会で法人税の実効税率を引き上げる案が浮上していると伝えた――。日本経済の閉塞感が強まっているなか、積極的な財政出動を行わなければ経済は支えられないのに、増税という論が出てくること自体が滅茶苦茶であり、私は明確に反対である。


安全が保障されてこその国民生活ではないか|太田文雄

安全が保障されてこその国民生活ではないか|太田文雄

財務省は4月20日、財務相の諮問機関である財政制度等審議会の分科会を開き、自民党内で広がる防衛費増額論を「国民の生活や経済、金融の安定があってこそ防衛力が発揮できる」と牽制したと報じられている。国家の安全が保障されず今日のウクライナのような状況になれば、国民の生活や経済は成り立っていかない。


岸田首相はデフレの泥沼に日本を沈めるのか|田村秀男

岸田首相はデフレの泥沼に日本を沈めるのか|田村秀男

岸田文雄政権は財務官僚の均衡財政主義に引きずられ、日銀審議委員人事では反金融緩和派を指名した。財務省の政権に対する影響力は絶大だ。このままでは日本再生の見込みは完全に失せ、国家と国民はデフレの泥沼に沈んで行くだろう。


最新の投稿


新領域での戦いに自衛隊は取り残される|織田邦男

新領域での戦いに自衛隊は取り残される|織田邦男

サイバー戦においても立ちはだかる「専守防衛」の軛。日本は現代戦に取り残される一方である。にもかかわらず、「自衛隊は現代戦が戦えるのか」といった本質的な問いかけをする政党はない。


自民党「敗北」の可能性も 参院選終盤情勢を占う|和田政宗

自民党「敗北」の可能性も 参院選終盤情勢を占う|和田政宗

参院選は終盤戦へ突入し、10日の投開票日まで1週間を切った。ここにきて自民支持が下落しているのはなぜなのか。自民に投票していた方々の投票先は今回どうなるのか。私の分析では岩盤保守層、岩盤自民支持層20%のうちすでに10%は逃げている――。


国を憂える政治家はいるか|田久保忠衛

国を憂える政治家はいるか|田久保忠衛

当然ながら、参院選最大の論点は、日本を改革する憲法改正の是非になるはずだ。が、どの候補が日本の国難の核心に触れる意見表明を行ったか。自分はどうなろうと国を憂える、といったパフォーマンスは流行らなくなったのだろうか。


違う意見に耳を傾けたら相手をもっと嫌いになった! クリス・ベイル『ソーシャルメディア・プリズム』(みすず書房)

違う意見に耳を傾けたら相手をもっと嫌いになった! クリス・ベイル『ソーシャルメディア・プリズム』(みすず書房)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


徹底検証!中国で「宮廷クーデター」発生か|澁谷司

徹底検証!中国で「宮廷クーデター」発生か|澁谷司

世界では、習近平が退陣するのではないかというニュースが飛び交っている。一部のSNSでは、習近平主席がすでに半ば退位し、李克強首相が代行しているとの書き込みで溢れている。果たして、この「宮廷クーデター」(「反習派」による習主席の退位)の“噂”は本当なのか? 徹底検証する。