インボイス反対派を完全論破!|デービッド・アトキンソン

インボイス反対派を完全論破!|デービッド・アトキンソン

10月から開始されるインボイス制度。反対論が喧しいが、なぜ、子供からお年寄りまで払っている消費税を、売上1000万円以下の事業者というだけで、免除されるのか。 まったく道理が通らない!


インボイス賛成の理由

十月からインボイス制度が導入されます。私はインボイス制度に賛成です。人口が減少しているのに、高齢者が増えて年金と医療費などの負担が重くなっているなかで、低所得者も子供も高齢者も払っている消費税を、所得が少ないなどという理由で優遇することはありません。企業経営者も当然、優遇されることなく、消費税を納税するべきです。
 
私が社長を務める小西美術工藝社も、一人親方や資材業者など、多くの個人事業主と仕事をしているため無関係ではありません。
 
インボイス制度とは簡単に言えば、これまで消費税の納税が免除されていた年間売上一千万円以下の企業間取引をしている事業者に対して、しっかり納税してもらうための制度。
 
たとえば、小西美術が資材業者から資材を購入したとしましょう。その際、資材業者には資材代+消費税を支払います。これまでは、年間売上1000万円以下の事業者であれば、小西美術が支払った消費税は納税しなくてもよかったのです。しかし、インボイス制度導入後は、納税しなくてはなりません。
 
小西美術のような課税事業者は、決算の際、仕入税額控除を行います。仕入税額控除とは、消費税の二重課税を解消するため、課税事業者が納税すべき消費税を計算する際に、売上にかかる消費税から、仕入れにかかった消費税を差し引いて計算することができる制度です。
 
インボイス制度導入後は、インボイス(適格請求書)を発行している事業者との取引でないと、仕入税額控除は使えません。インボイスを発行するためには、これまで免税対象だった売上1000万円以下の事業者も、税務署で登録申請して「課税事業者」になる必要があります。

インボイスを発行しなければ免税事業者のままでいられますが、取引先は仕入税額控除を使えなくなるため、損をします。課税事業者は、インボイスを発行している事業者と取引するようになるでしょう。

フリーランスは弱者なのか

私からすれば、これまで売上1000万円以下というだけで免税されてきたことが不思議で、それが是正されるのなら結構なことだと思っています。
 
しかしいま、このインボイス制度に対する批判が高まっている。月刊『Hanada』2023年9月号では、ジャーナリストの笹井恵里子氏がフリーランスで活動する人々の声を取材し、批判記事を書きました。
 
しかし、インボイス反対派の主張をいくら読んでも、まったく説得力がありません。笹井氏の記事にしてもそうですが、反対している人たちは一様に「インボイスは弱者いじめだ」という論調です。はたして、彼らは本当に弱者なのでしょうか。
 
インボイス制度に反対している人の多くがフリーランスですが、一人とはいえ一国一城の主、社長なわけです。BtoB、つまり企業間でビジネスをしている人が「弱者」と言われているのには、違和感しかありません。
 
先述したように、消費税は子供から年金暮らしのお年寄り、障がい者、生活保護受給者までまんべんなく払っています。それがなぜ、売上1000万円以下のフリーランスに限って、納税を免除されるのか。フリーランスはみな低所得者なのかと言えば、そんな事実も統計もありません。
 
笹井氏は記事で、「インボイス制度について考えるフリー編集(者)と漫画家の会」によるアンケート調査への回答を紹介していました。

〈漫画業界は収入が不安定です。私も年収六百万円の時もあれば百万円台の年もあり、経費だけで赤字の年もありました。税理士を雇う余裕のない作家は自分で税の事務作業をするとなると、さらに仕事量を減らさねばならず収入減で廃業の危機です。高齢者介護しながら、子育てしながら、体が弱くても在宅で稼げる貴重な仕事を奪わないでほしいです〉

免税で業界の問題を先送り

関連する投稿


「ニュー岸田」の誕生か? 財務省に抗い速やかに減税を!|和田政宗

「ニュー岸田」の誕生か? 財務省に抗い速やかに減税を!|和田政宗

「岸田内閣は負担増内閣」「国民生活の実態を分かってない」との声が届いたのか、岸田文雄総理が新たな経済対策を打ち出した――。実現か失望か、岸田政権としてまさにここが正念場である。(サムネイルは首相官邸HPより)


【反論】「インボイス反対派を完全論破する」を読んで|笹井恵里子

【反論】「インボイス反対派を完全論破する」を読んで|笹井恵里子

『Hanada』2023年9月号に「産業を破壊するインボイス制度」を寄稿したジャーナリストの笹井恵里子氏。それに対し、10月号ではデービッド・アトキンソン氏が「インボイス反対派を完全論破!」と題し反論をしましたが、今回はさらに笹井氏がアトキンソン氏に再反論!


中国の金融危機でリーマン級災厄の恐れ|田村秀男

中国の金融危機でリーマン級災厄の恐れ|田村秀男

国内金融規模をドル換算すると、2022年に38兆ドルの中国は米国の21兆ドルを圧倒する。そんな「金融超大国」の波乱は米国をはじめ世界に及ぶ。


「LGBT法案」退席、私は何を守ろうとしたのか|和田政宗

「LGBT法案」退席、私は何を守ろうとしたのか|和田政宗

「LGBT法案」成立を受けた自民党の支持者離れは甚大である。今すぐ、岩盤支持層の支持を取り戻す手を打たなければ、その支持は2度と戻ってこないかもしれない――。


親権制度はイギリスを見習え!|デービッド・アトキンソン

親権制度はイギリスを見習え!|デービッド・アトキンソン

後を絶たない実子誘拐の被害。どうすれば、止められるのか。 そのヒントは、イギリスの親権制度にあった!


最新の投稿


トランスジェンダー予備自衛官の本音|小笠原理恵

トランスジェンダー予備自衛官の本音|小笠原理恵

バイデン大統領は2021年1月25日、トランスジェンダーの米軍入隊を原則禁止したトランプ前大統領の方針を撤廃する大統領令に署名した。米軍では大統領が変わるごとにLGBTの扱いが激変――。だが、自衛隊ではお互いに理解を深めつつ共存している。その一例をご紹介しよう。


【今週のサンモニ】住民関係をズタズタにする『サンモニ』・反原発活動家|藤原かずえ

【今週のサンモニ】住民関係をズタズタにする『サンモニ』・反原発活動家|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


【読書亡羊】「K兵器」こと韓国製武器はなぜ売れるのか 伊藤弘太郎『韓国の国防政策』(勁草書房)

【読書亡羊】「K兵器」こと韓国製武器はなぜ売れるのか 伊藤弘太郎『韓国の国防政策』(勁草書房)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


【今週のサンモニ】寺島実郎氏の「禅問答」に徹底的に付き合ってみた|藤原かずえ

【今週のサンモニ】寺島実郎氏の「禅問答」に徹底的に付き合ってみた|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。今回はいつも何を言っているのかピンとくることのない寺島実郎氏のコメントに、逐一突っ込みを入れてみました。


被災地支援会議より新年会を優先…川勝知事の「知事失格」言行録|小林一哉

被災地支援会議より新年会を優先…川勝知事の「知事失格」言行録|小林一哉

新年早々、リニア妨害宣言した川勝知事。 しかし、知事失格の言動はこれだけではなかった