中国の罠にハマった河野太郎と日本端子|山岡鉄秀

中国の罠にハマった河野太郎と日本端子|山岡鉄秀

火のないところに煙を立てる天才・朝日新聞は、日本端子の問題をなぜ追及しないのか。いまなお「モリカケ、桜」に御執心の「立憲共産党」も、この問題にはなぜダンマリなのか。政治家の利益相反問題は、河野太郎が総裁候補になり得ないヒラ議員であったとしても許されることではない!


自民党の党員票は工作のターゲット

さて、総裁選で敗れた河野太郎氏は「党員100万人新規拡大構想」を明らかにし、党員票で圧勝して総裁になることを目指すと言い出した。党員票とはいったい何なのか。

誰でも4,000円払えば自民党の党員になれる。各議員は党員数ノルマを課せられており、集められなければペナルティをポケットマネーから払うことになる。いきおい、金はこちらで払うから名義を貸してくれといったことが横行し、自分が自民党員だと自覚しておらず、投票用紙が送られてきてびっくりしたというようなケースが頻発することになる。

入党資格は以下だけだ。
①わが党の綱領、主義、政策等に賛同される方
②満18歳以上で日本国籍を有する方
③他の政党の党籍を持たない方

そして、「総裁選挙の前2年継続して党費を納めた党員の方は、総裁選挙の有権者になります」とある。ただしこの条件は説明もなく緩和される。

申し込みはネットで完結し、国籍などのチェックや本人確認がなされているとは思えない。もちろん、真面目な党員も存在するが、どこの誰ともわからない、本人すら自覚していない有象無象の党員が大量に存在し、実質的に日本国総理大臣を選出する自民党総裁選の有権者となっている。

そんな党員票が第1回投票では議員票と同等の50%の比率を占めて大きな影響力を持つことになる。これでは議院内閣制を否定することになりかねない。

また、こんな脇の甘いシステムを、外国政府を含む反日勢力が利用しないはずがないではないか。河野太郎氏が目論むのと同様に、外国政府が100万人の票買収に成功すれば、自分たちにとって都合のよい候補を総理大臣にしてしまうことができるのである。

自民党は直ちに制度を改正し、議員投票のみにするか、党員投票資格を別に定め、より厳しい条件を課し、本人確認を徹底しなければならない。

このように、有力議員は中国政府に逆らえば美味しい中国ビジネスを失う構造に堕ち、実質的に総理大臣を選ぶ自民党総裁選は外国による工作の格好のターゲットになっている。これほどまでにサイレント・インベージョンに侵されていることを自民党総裁選が教えてくれたのである。

自由民主党に早急な対処を求める。

月刊『Hanada』2021年12月号

vs.中国(バーサス・チャイナ)― 第三次世界大戦は、すでに始まっている!

著者略歴

関連する投稿


自衛隊の災害派遣経費は自腹でいいのか?|小笠原理恵

自衛隊の災害派遣経費は自腹でいいのか?|小笠原理恵

「休暇中に帰省するのは許可するけど、何かあったときは自腹で帰ってきてねというスタンスです」と自衛隊幹部。被災地で活躍する自衛隊に多くの国民が感謝しているが、自衛隊では災害派遣活動中でも自腹負担が多数みられる――。(サムネイルは「陸上自衛隊 中部方面隊」Xより)


中国の金融危機でリーマン級災厄の恐れ|田村秀男

中国の金融危機でリーマン級災厄の恐れ|田村秀男

国内金融規模をドル換算すると、2022年に38兆ドルの中国は米国の21兆ドルを圧倒する。そんな「金融超大国」の波乱は米国をはじめ世界に及ぶ。


LGBT法案、私が退席した理由|和田政宗

LGBT法案、私が退席した理由|和田政宗

LGBTの方々への理解増進は重要であると考えている。そうした方々がいるということを社会全体が知り、共に生きていくことは重要なことだ。一方で、それを法律で定めるかについては、我が国においてこれまで極めて慎重であった――。


「共同親権」を潰す赤いネットワークと北朝鮮の家族法|池田良子

「共同親権」を潰す赤いネットワークと北朝鮮の家族法|池田良子

日本共産党や社民党に近い「赤いネットワーク」はなぜ、離婚後共同親権制に反対するのか。彼らの本当の目的は、「離婚後も男性による女性と子供の支配が継続することを断固阻止する」ことにある――。(画像は駒崎弘樹氏twitterより)


尾崎豊没後31年に想うこと 生き続けることの意味|山岡鉄秀

尾崎豊没後31年に想うこと 生き続けることの意味|山岡鉄秀

尾崎豊がこの世を去ったのは1992年4月25日。尾崎と同い年の私も偏差値に偏重する無味乾燥な管理教育に辟易としていたが、当時の私は、人のバイクを盗んで暴走したり、夜の校舎の窓ガラスを壊して回ったりするのは馬鹿げたことだと思っていた――。(サムネイルはアルバム『ALL TIME BEST』)


最新の投稿


【今週のサンモニ】新生「サンモニ」はやっぱりいつも通り|藤原かずえ

【今週のサンモニ】新生「サンモニ」はやっぱりいつも通り|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


なべやかん遺産|「終活」

なべやかん遺産|「終活」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「終活」!


【読書亡羊】トランプとバイデンの意外な共通点  園田耕司『覇権国家アメリカ「対中強硬」の深淵』(朝日新聞出版)

【読書亡羊】トランプとバイデンの意外な共通点 園田耕司『覇権国家アメリカ「対中強硬」の深淵』(朝日新聞出版)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


川勝知事の辞意表明…リニアの命運を決める戦いが始まる|小林一哉

川勝知事の辞意表明…リニアの命運を決める戦いが始まる|小林一哉

急転直下、辞意を表明した川勝知事。しかし、本当の戦いはここからだ――。


硫黄島をはじめ多くのご英霊の力で、今の日本がある|和田政宗

硫黄島をはじめ多くのご英霊の力で、今の日本がある|和田政宗

先の大戦有数の大激戦である硫黄島の戦いで、日米両軍合わせて2万9千人が亡くなった。今回の訪問で、硫黄島で戦った方々がどのような状況で、どのような思いで戦ったのかを、まざまざと知ることができた。