中国の罠にハマった河野太郎と日本端子|山岡鉄秀

中国の罠にハマった河野太郎と日本端子|山岡鉄秀

火のないところに煙を立てる天才・朝日新聞は、日本端子の問題をなぜ追及しないのか。いまなお「モリカケ、桜」に御執心の「立憲共産党」も、この問題にはなぜダンマリなのか。政治家の利益相反問題は、河野太郎が総裁候補になり得ないヒラ議員であったとしても許されることではない!


太陽光パネルとウイグル強制労働

Getty logo

日本端子株式会社の主要ビジネスのひとつに太陽光パネル事業が挙げられている。既知のとおり、中国の太陽光パネル製作にはウイグル人が強制労働させられているとされ、国際的な非難が集まっている。

河野太郎氏は自らが日本端子を通じてウイグル人ジェノサイドに関与していないか説明する責任がある。なお、日本端子はこの点について、自社HP上に9月27日付「お知らせ」として以下の記述を載せている。

「太陽電池モジュール向け製品についてのお知らせ:中国市場において弊社及び弊社グループ会社では、太陽電池モジュール向け端子・コネクタの生産及び販売実績は操業時から一切ございません。また、中国市場以外における太陽電池モジュール向け汎用端子・コネクタの製造販売は、2015年8月を以て終了しております」

これは非常にミスリーディングな記述である。日本端子とそのグループ企業が2015年以降も太陽電池モジュール関連事業を行っていることは明白だからだ。

日本端子の会社案内には太陽光発電を利用したスマートハウスの各機能を繋ぐ端子・コネクタを供給し、「未来に続くクリーンエネルギーとして注目を集める太陽光発電システムなど、日本端子はこれからのエネルギー開発に貢献しています」とあるが、このパンフレットには主な沿革として2017年8月に本社を神奈川県平塚市に移転するまでの記録が記載されている。つまり、2015年以降も太陽光発電関連のビジネスを継続しているのである。

また、元警視庁刑事・坂東忠信氏の調査によれば、日本端子の子会社のひとつ、广州日覃贸易有限公司(広州日覃貿易有限公司)を中国サイト「愛企査」で検索したところ、太陽光発電装置及びコンポーネントの販売が経営範囲に入っていることが確認された。日本端子のパンフレットによると、この子会社の設立は2017年5月とある。

以上の問題点に対して、河野太郎氏本人および支援者からは「端子・コネクタは様々な業種に提供しているので、対中政策に影響しない」「80%は自動車向けで、太陽光ビジネスの割合は低い」「中国においても顧客のほとんどは日系企業」などの反論が聞かれる。中国政府との癒着や、人権弾圧への加担を否定しようとしている。

ヒラ議員であっても許されない理由

しかし、そんな甘い議論は通用しない。2021年6月、中国では「反外国制裁法」が成立した。中国政府が「反中行為を行った」と判断した場合、中国にある合弁会社や独資会社、日本にある親会社や経営者、その家族に制裁を行うことが可能になったのだ。

仮に、河野太郎氏が日本国総理大臣になり、中国が嫌がる政策を実行した場合、中国が反外国制裁法を発動し、日本端子の在中子会社や日本端子自体を制裁することが起こりうる。つまり、河野太郎氏は、国益を優先するか、自らも所有する日本端子や在中子会社を護るかの板挟みになり、利益相反が生じるのだ。

仮に顧客のほとんどが日系企業だったとしても同じことだ。中国共産党が支配する企業との合弁が適切であるか、太陽光パネルビジネスを通じて人権弾圧に加担していないか、という疑念に加え、中国大陸でビジネスをする限り、中国共産党に生殺与奪の権を握られているのであり、必然的に利益相反に陥るのである。

これは、河野太郎氏が総裁候補になり得ないヒラ議員であったとしても許されることではない。このような根源的な問題を看過している自民党は猛反省しなければならない。

関連する投稿


自衛隊の災害派遣経費は自腹でいいのか?|小笠原理恵

自衛隊の災害派遣経費は自腹でいいのか?|小笠原理恵

「休暇中に帰省するのは許可するけど、何かあったときは自腹で帰ってきてねというスタンスです」と自衛隊幹部。被災地で活躍する自衛隊に多くの国民が感謝しているが、自衛隊では災害派遣活動中でも自腹負担が多数みられる――。(サムネイルは「陸上自衛隊 中部方面隊」Xより)


中国の金融危機でリーマン級災厄の恐れ|田村秀男

中国の金融危機でリーマン級災厄の恐れ|田村秀男

国内金融規模をドル換算すると、2022年に38兆ドルの中国は米国の21兆ドルを圧倒する。そんな「金融超大国」の波乱は米国をはじめ世界に及ぶ。


LGBT法案、私が退席した理由|和田政宗

LGBT法案、私が退席した理由|和田政宗

LGBTの方々への理解増進は重要であると考えている。そうした方々がいるということを社会全体が知り、共に生きていくことは重要なことだ。一方で、それを法律で定めるかについては、我が国においてこれまで極めて慎重であった――。


「共同親権」を潰す赤いネットワークと北朝鮮の家族法|池田良子

「共同親権」を潰す赤いネットワークと北朝鮮の家族法|池田良子

日本共産党や社民党に近い「赤いネットワーク」はなぜ、離婚後共同親権制に反対するのか。彼らの本当の目的は、「離婚後も男性による女性と子供の支配が継続することを断固阻止する」ことにある――。(画像は駒崎弘樹氏twitterより)


尾崎豊没後31年に想うこと 生き続けることの意味|山岡鉄秀

尾崎豊没後31年に想うこと 生き続けることの意味|山岡鉄秀

尾崎豊がこの世を去ったのは1992年4月25日。尾崎と同い年の私も偏差値に偏重する無味乾燥な管理教育に辟易としていたが、当時の私は、人のバイクを盗んで暴走したり、夜の校舎の窓ガラスを壊して回ったりするのは馬鹿げたことだと思っていた――。(サムネイルはアルバム『ALL TIME BEST』)


最新の投稿


【今週のサンモニ】新生「サンモニ」はやっぱりいつも通り|藤原かずえ

【今週のサンモニ】新生「サンモニ」はやっぱりいつも通り|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


なべやかん遺産|「終活」

なべやかん遺産|「終活」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「終活」!


【読書亡羊】トランプとバイデンの意外な共通点  園田耕司『覇権国家アメリカ「対中強硬」の深淵』(朝日新聞出版)

【読書亡羊】トランプとバイデンの意外な共通点 園田耕司『覇権国家アメリカ「対中強硬」の深淵』(朝日新聞出版)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


川勝知事の辞意表明…リニアの命運を決める戦いが始まる|小林一哉

川勝知事の辞意表明…リニアの命運を決める戦いが始まる|小林一哉

急転直下、辞意を表明した川勝知事。しかし、本当の戦いはここからだ――。


硫黄島をはじめ多くのご英霊の力で、今の日本がある|和田政宗

硫黄島をはじめ多くのご英霊の力で、今の日本がある|和田政宗

先の大戦有数の大激戦である硫黄島の戦いで、日米両軍合わせて2万9千人が亡くなった。今回の訪問で、硫黄島で戦った方々がどのような状況で、どのような思いで戦ったのかを、まざまざと知ることができた。