悪夢の「立憲共産党」|坂井広志

悪夢の「立憲共産党」|坂井広志

「政権の準備は整っています。10年間準備をしてきた。準備と覚悟はできています」と枝野幸男代表は豪語するが、実態はどうなのか。国家観のかけらも見当たらず、政治理念も感じられず、そこにあるのは市民団体臭と左翼臭だけ――。民主党政権は悪夢だったが、共産党と組む「立憲共産党」はもっと悪夢だ。


最後に登場した志位委員長

Getty logo

政党同士が直接政策協定を交わすのではなく、市民団体の政策に各党が賛同するという形をとることで、立民も抵抗なく加わることができたわけだ。4党党首のうち最後に姿を現したのは、共産の志位和夫委員長だった。

枝野氏、社民党の福島瑞穂党首、れいわの山本太郎代表がすでにテーブルについているなか、志位氏は締結式が始まる直前に悠然と会場入りしてみせた。「市民連合の下請けです」と冗談を飛ばしながらマスコミに資料を配布していたのは、立民の党職員だった。

共産主導のもとで市民連合が動き、その市民連合の下働きを立民の党職員がする。そんなようにも映ったこの光景は、会合の性質を象徴しているようだった。

その市民連合だが、9月に出した「野党共闘で自公政権を変えよう!」と題した声明には、「私たち市民連合は、安保法制の廃止と立憲民主主義の回復をめざして、憲法破壊を続ける安倍、菅と続く自公政権と対抗して『市民と野党の共闘』をスローガンに闘ってきました」と書いてある。

声明には45都道府県の140団体が賛同している。この書きっぷりからして、市民連合の性質は推して知るべしだろう。ちなみに、運営委員はテレビなどでもおなじみの法政大の山口二郎教授(政治学)だ。もはや活動家といっても差し支えなかろう。
 
安保関連法に反対する市民団体が平成27年8月30日に国会周辺で行った集会では、「昔、時代劇で萬屋錦之介が悪者を斬首するとき、『たたき斬ってやる』と叫んだ。私も同じ気持ち。もちろん、暴力をするわけにはいかないが、安倍に言いたい。お前は人間じゃない! たたき斬ってやる!」と、呼び捨てで実に乱暴な発言をしている。

市民連合と野党4党との政策協定締結式で、山口氏は新型コロナウイルスの感染拡大を念頭に、「安倍・菅政治が続いたために、死ななくてもよい人が何人亡くなったのか。適切な医療を受けられないまま自宅で亡くなった人がどれほど無念だったのか。こういったことをかみしめることから衆院選の戦いを始めたい」と戦闘モード全開の挨拶をしていた。

新型コロナによる死者を引き合いに出して出席者に活を入れるのは、いささか不謹慎ではないかと思わざるを得ない。遺族の心情は、一言で言い表せることができるほど単純なものではないはずだ。

左翼が好んで使うフレーズ

各党が締結した政策は、当然のことながら左翼が好みそうなものばかりだ。

6分野20項目あり、最初に据えているのが「安保法制、特定秘密保護法、共謀罪法などの法律の違憲部分を廃止し、コロナ禍に乗じた憲法改悪に反対する」。2番目にあるのが「平和憲法の精神に基づき、総合的な安全保障の手段を追求し、アジアにおける平和の創出のためにあらゆる外交努力を行う」だ。

「憲法改悪」といい「平和憲法」といい、これらの表現は左翼が好んで使うフレーズで、共産の息がかかった市民団体が中心となって作成した可能性は高い。消費税減税、原発のない脱炭素社会の追求、選択的夫婦別姓制度やLGBT平等法の成立なども盛り込まれている。

締結式で志位氏は、「提言の内容に全面的に賛同致します。市民と野党の総選挙を戦う共通の政策的旗印は立派に立った。この旗印を高く掲げて、結束して選挙に勝ち、この政策を実行する政権を作るために頑張り抜きたい。9年間に及ぶ『安倍・菅自公政治』に対する総決算、チェンジの審判を下すべき選挙だ」と鼻息が荒かった。

志位氏はこのあと行われた党中央委員会総会で、「この(市民連合との)合意を踏まえ、政党間の協議を速やかに行い、政権協力、選挙協力について前向きの合意を作り上げ、本気の共闘の態勢をつくるために力を尽くします」と野党間の協力を一層前進させることを強調。

枝野氏はかねて共産党との連立政権を否定しているが、志位氏は「政権を争う総選挙で選挙協力を行う以上、政権協力についての合意は不可欠です。政権交代が実現したあとの新しい政権への日本共産党の協力の形態は、『閣内協力』も『閣外協力』もあり得ます」と立民に揺さぶりをかけ続けている。

立民が共産の仕掛けに乗せられ、それに押され気味になっている構図が浮かび上がる。

関連する投稿


不法滞在者の本国送還と不法滞在狙いの外国人を入国させないための仕組みづくり|和田政宗

不法滞在者の本国送還と不法滞在狙いの外国人を入国させないための仕組みづくり|和田政宗

今年6月に入管法(出入国管理及び難民認定法)が改正された。改正を受けた難民審査の工程表作成を出入国在留管理庁(入管庁)に要請してきたが、先週その回答があった。今回は、不法滞在者や不法滞在での就労等を狙う外国人をいかに減らしていくか、取り組みの詳細について記していく。(写真提供/時事)


今こそ、旧宮家の男系男子の皇籍復帰を!|和田政宗

今こそ、旧宮家の男系男子の皇籍復帰を!|和田政宗

皇室は我が国の根幹であり、我が国の歴史そのものである。日本共産党の志位委員長はかつて、「多様な性を持つ人びとが天皇になることも認められるべきだ」と述べたが、これは皇統の破壊である。こうした論を無意味にするために今やるべきこととはなにか。


“1勝1敗”の衆参補選と宮城県議選で明らかになったこと|和田政宗

“1勝1敗”の衆参補選と宮城県議選で明らかになったこと|和田政宗

10月22日に投開票された衆参補選、宮城県議選は、自民党にとって厳しい戦いとなったが、何とか踏みとどまったとも言える結果となった――。なぜか。その理由と今後の展望を徹底解説!(サムネイルは首相官邸HPより)


「汚染魚食べろ」「人が住めない土地」「Fukushima Water」日本共産党の風評加害は組織的に行われていた|松崎いたる

「汚染魚食べろ」「人が住めない土地」「Fukushima Water」日本共産党の風評加害は組織的に行われていた|松崎いたる

日本共産党の度重なる風評加害の源泉は志位委員長による公式発言にあった!共産党が組織的に福島を貶め続ける理由は何か?『日本共産党 暗黒の百年史』の著者、松崎いたる氏による「ここが変だよ共産党」第8弾!


追い込まれた岸田政権、いまこそ大胆な政策を!|和田政宗

追い込まれた岸田政権、いまこそ大胆な政策を!|和田政宗

第2次岸田再改造内閣が昨日発足した。党役員人事と併せ、政権の骨格は維持。11人が初入閣し、女性閣僚は5人と過去最多タイとなった。岸田政権の支持率向上を狙うが、早速、「この内閣は何をする内閣なのか?」という疑問の声が私のもとに寄せられている――。(サムネイルは首相官邸HPより)


最新の投稿


トランスジェンダー予備自衛官の本音|小笠原理恵

トランスジェンダー予備自衛官の本音|小笠原理恵

バイデン大統領は2021年1月25日、トランスジェンダーの米軍入隊を原則禁止したトランプ前大統領の方針を撤廃する大統領令に署名した。米軍では大統領が変わるごとにLGBTの扱いが激変――。だが、自衛隊ではお互いに理解を深めつつ共存している。その一例をご紹介しよう。


【今週のサンモニ】住民関係をズタズタにする『サンモニ』・反原発活動家|藤原かずえ

【今週のサンモニ】住民関係をズタズタにする『サンモニ』・反原発活動家|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


【読書亡羊】「K兵器」こと韓国製武器はなぜ売れるのか 伊藤弘太郎『韓国の国防政策』(勁草書房)

【読書亡羊】「K兵器」こと韓国製武器はなぜ売れるのか 伊藤弘太郎『韓国の国防政策』(勁草書房)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


【今週のサンモニ】寺島実郎氏の「禅問答」に徹底的に付き合ってみた|藤原かずえ

【今週のサンモニ】寺島実郎氏の「禅問答」に徹底的に付き合ってみた|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。今回はいつも何を言っているのかピンとくることのない寺島実郎氏のコメントに、逐一突っ込みを入れてみました。


被災地支援会議より新年会を優先…川勝知事の「知事失格」言行録|小林一哉

被災地支援会議より新年会を優先…川勝知事の「知事失格」言行録|小林一哉

新年早々、リニア妨害宣言した川勝知事。 しかし、知事失格の言動はこれだけではなかった