悪夢の「立憲共産党」|坂井広志

悪夢の「立憲共産党」|坂井広志

「政権の準備は整っています。10年間準備をしてきた。準備と覚悟はできています」と枝野幸男代表は豪語するが、実態はどうなのか。国家観のかけらも見当たらず、政治理念も感じられず、そこにあるのは市民団体臭と左翼臭だけ――。民主党政権は悪夢だったが、共産党と組む「立憲共産党」はもっと悪夢だ。


菅直人の自己愛と先輩面

Getty logo

菅氏の軽率な行動がなくても、その地位の重みを知っていてほしかったが、いま思い起こしてみても背筋が寒くなる話だ。そんな菅氏を支えなければならないポジションにいたことはお気の毒ではあったが、しっかり支え切れなかった意味では官房長官、官房副長官だった枝野、福山両氏の責任も免れない。

菅氏は9月6日、ツイッターに「菅(すが)総理の退任表明で自民党は総裁選一色。今後少なくとも1か月以上、この状態が続く。コロナ危機が続く中、自民党はこれで責任ある政権政党といえるのか。10年前の福島原発事故の危機の時、民主党政権は責任放棄はしなかった」と投稿。

わざわざ「すが」と括弧つきで読み仮名をつけているあたり、常日頃から紛らわしいとお思いなのだろう。

加えて「総理であった私は翌朝福島第一原発をヘリで訪れ、現地責任者の吉田所長から原発事故の状況を直接聞き、さらに津波の状況を視察した。それからの数か月間、民主党政権メンバーは文字通り寝る暇もなく震災と原発事故の対応にあたった」とも書き込み、胸を張るが、何をか言わんやだ。
一体、何のアピールのおつもりなのか。

東日本大震災、原発事故の話題を持ち出して、危機管理に関し、先輩面するのはやめてもらいたい。こんなことをこの時期にわざわざ書き込むのは自己満足でしかなく、違和感しか感じられない。

話を元に戻そう。枝野氏はオンライン配信で、「政権の準備は整っています。10年間準備をしてきた。準備と覚悟はできています」と語っており、やる気は満々のようだ。

ところで、鳩山由紀夫、菅直人、野田佳彦政権と続き、最後は小沢一郎衆院議員が自らのグループを引き連れて民主党は分裂。衆院選を経て、再び野に下ってから約10年も経過しているのかと思うと、実に感慨深い。

同時に、約10年経ってもなお、民主党のマイナスイメージは払拭されず、全く同じ主要メンバーを抱える立民の支持率が低迷し続けていることに、妙に納得してしまう。それほどまでに、民主党の政権運営は実に稚拙なものだった。逆にいえば、それほどまでに、民主の流れを事実上汲む立民の傷は深い。

メディアへの注文と愚痴

さて、枝野氏がやる気満々なのは結構なことだが、自民党総裁選の陰に埋没してしまい、党として存在感を発揮できずにいることに焦っているようだ。福山氏との対談のなかで、メディアに対し「自民党総裁選を報道する以上は、衆院選がその1カ月内外の間にあることが分かっているなかでは、野党の動きについても公平に扱っていただかないとメディアの責任を果たせない」と注文をつけている。

何をもって公平というかは種々見解があると思うが、一国の首相を選ぶことに直結する自民党総裁選のニュースバリューが極めて高いのは当然のことだ。

そういえば、民主党が政権を取る前、岡田克也元外相が代表を務めていた際、筆者は岡田代表番もしていたが、野党のニュースがあまり報じられないと愚痴っていたのを思い出す。ニュースの扱いに関し、編集権がどうのこうのと大上段に構えて言うつもりはないが、メディアに対しいちいち注文をつけてくるあたりは、何も体質は変わっていない。

これまで見てきたように、自民党総裁選に話題をもっていかれるのを食い止めようと、政権移行プログラム「政権発足後、初閣議で直ちに決定する事項」や感染拡大防止に関する緊急提言などを矢継ぎ早に発表するなど涙ぐましい努力を続けている立民だが、いずれにしても政権を獲得しなければ画に描いた餅だ。

衆院選で勝たなければ話にならない。その際、立民の強い味方になろうとしているのが共産党だ。近親憎悪なのか、はたまた「保守」を自任しているからなのか、あるいは共産党と敵対関係にある連合の顔色をうかがっているのか、枝野氏は共産と連携することを嫌っている。しかし、組織票はのどから手が出るほどほしいという思いも透けてみえる。

そんな微妙な関係の橋渡しをしたのが、安全保障関連法の廃止を求めるグループ「市民連合」だ。正式名称は「安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合」。

去る9月8日、立民、共産、社民、れいわ新選組の野党四党は、国会内で市民連合の仲介のもと政策協定を結んだ。共産との連携に慎重な、いやむしろ否定的な国民民主党は加わっておらず、今後も加わらないとみられる。野党4党の党首は、市民連合が用意した「共通政策の提言」に署名した。

関連する投稿


参院選も「立憲共産党」なら、自民は危ない!|和田政宗

参院選も「立憲共産党」なら、自民は危ない!|和田政宗

「日本の政治を変える道は野党共闘しかない」と豪語する日本共産党の志位和夫委員長。この発言を「往生際が悪い」という一言で片づけていいのだろうか。昨年の衆院選では「立憲共産党」と揶揄され、立憲民主党、共産党ともに議席を減らしたが、野党共闘は本当に失敗だったのか。(写真提供/時事)


【日本政治とイデオロギーを再検証】 安倍政権は超リベラル政権だった|藤原かずえ

【日本政治とイデオロギーを再検証】 安倍政権は超リベラル政権だった|藤原かずえ

「保守」とは何か。「リベラル」とは何か。日本ではイデオロギーの定義が誤解されているため、政党のイデオロギーを適正に問う実質的な議論は行われてこなかった。政治の根本的な問題点を解決するために、いまこそ、主要政党のイデオロギーを再チェックすることが重要だ。


住民投票に名を借りた外国人参政権条例|百地章

住民投票に名を借りた外国人参政権条例|百地章

東京都武蔵野市で外国人にも住民投票権を認めた住民投票条例が制定されようとしている。これは住民投票に名を借りた外国人参政権条例であり、憲法違反と思われる。断じて許してはならない!


改憲を国民の手で成し遂げよう|田久保忠衛

改憲を国民の手で成し遂げよう|田久保忠衛

国民全体が議論をするまで待とうなどとの態度は、結局何もしない口実にすぎないと思う。気がついた時には改憲の環境は消えているかもしれない。不誠実な政治家に国の運命を託してはいけない。改憲をわれわれ国民の手で成し遂げる時機が到来した。


憲法改正への大前提「自衛隊は軍隊」だ|玉木雄一郎

憲法改正への大前提「自衛隊は軍隊」だ|玉木雄一郎

11月7日、玉木雄一郎代表はツイッターに「憲法の議論をするだけで袋叩きにするようなスタイルが忌避されていることに気づかないと、野党が多くの国民、特に若い世代に支持されることはないでしょう」と投稿。「比例は1議席も取れない」と言われながらも、「改革中道」「対決より解決」の立場を貫き、選挙で躍進した国民民主党。惨敗した立憲民主党とは何が違うのか。2021年2月号(2020年12月21日発売)に掲載されたインタビューを特別公開!(※肩書等は当時のママ)。


最新の投稿


“オール沖縄”の敗北と“佐渡金山”深まる対立|和田政宗

“オール沖縄”の敗北と“佐渡金山”深まる対立|和田政宗

《政治家には言えないから僕が言うが、日本の有権者はかなり愚かだ》。昨年の衆院選の結果を受けての前川喜平氏のツイートだが、“オール沖縄”が敗北した名護市長選においても同様の考えなのだろうか。1月27日、前川氏は《佐渡金山についても明治産業遺産についても、まず負の歴史の存在を認めるのが「冷静な判断」だ》と投稿。事実でない「歴史の書き換え」や反日的イデオロギーに加担する勢力に屈することなく、日本は歴史的事実に基づき堂々と申請を行うべきだ。


「伊藤詩織」問題 金平茂紀と望月衣塑子の正体|山口敬之

「伊藤詩織」問題 金平茂紀と望月衣塑子の正体|山口敬之

「犯罪事実があった」とする伊藤詩織氏の主張は、検察と検察審査会によって、2度にわたって退けられた。日本の法制度上、刑事事件としては完全に終結し、伊藤氏の私を犯罪者にしようという目論見は失敗に終わったのである。ところが、私に一切取材依頼や問い合わせを行わないで、新聞やテレビで発信をしたり、記者会見で発言をしたりした人物が、少なくとも2名いる。そのうちのひとりが金平茂紀であり、もうひとりが望月衣塑子である――。(初出:月刊『Hanada』2018年1月号)


河井あんりさんは怒っていた|花田紀凱

河井あんりさんは怒っていた|花田紀凱

河井あんりさんが睡眠薬を飲んで、救急車で運ばれたと聞いて暗澹たる気持ちになった。あんりさんとは昨日午前中に電話で話をしたばかりだった――。


英国議会で暗躍する「中国工作員」を実名告発!|クライブ・ハミルトン/マレイケ・オールバーグ

英国議会で暗躍する「中国工作員」を実名告発!|クライブ・ハミルトン/マレイケ・オールバーグ

1月14日、BBCは「英情報局保安部(MI5)は13日、中国の工作員とみられる人物が献金を通じてイギリスの議会に食い込み、政治に介入しているとする、異例の警告を発した」と報道。ロンドンの中国大使館は「私たちはいかなる外国議会においても『影響力を買う』必要はないし、その努力をすることもない。イギリス内の中国人コミュニティーに対する中傷と威嚇のたくらみに強く抗議する」とMI5を非難。中国が否定することは目に見えていたが、実際、中国の「魔の手」はどこまで伸びているのか。日・米・欧での「浸透工作」の全体像を初解明した『見えない手』より、英国での「浸透工作」の一部を特別公開!


日米「2+2」と日豪円滑化協定の軍事的意義|太田文雄

日米「2+2」と日豪円滑化協定の軍事的意義|太田文雄

今回の協定締結により、日豪相互の大部隊展開が円滑に行われるようになったことで、両国は同盟関係に一層近づいたと言える。それは台湾有事への備えにもなるだろう。