悪夢の「立憲共産党」|坂井広志

悪夢の「立憲共産党」|坂井広志

「政権の準備は整っています。10年間準備をしてきた。準備と覚悟はできています」と枝野幸男代表は豪語するが、実態はどうなのか。国家観のかけらも見当たらず、政治理念も感じられず、そこにあるのは市民団体臭と左翼臭だけ――。民主党政権は悪夢だったが、共産党と組む「立憲共産党」はもっと悪夢だ。


やめられないモリカケ、サクラ

(写真提供/時事)

これには驚いた。

立憲民主党の枝野幸男代表が、9月7日に発表した次期衆院選に掲げる公約第1弾のことだ。その名も、政権移行プログラム「政権発足後、初閣議で直ちに決定する事項」。

前日に党幹部が「明日、枝野氏が政権取ったらすぐやることを発表する」ともったいぶって話していたため、どんなものが出てくるのかと楽しみにしていたところ、国民生活に関係のない、「プロ市民」が喜びそうなトピックスが羅列されていた。

7点あるうち、30兆円規模の補正予算の編成、新型コロナウイルス感染症対策司令塔の設置、令和4年度予算編成の見直しの3点はまあいいとして、残りの4点がいただけない。

残りの4点とは、
▶日本学術会議の会員人事で菅義偉首相に任命されなかった学者6人の任命
▶名古屋出入国在留管理局の施設に収容中だったスリランカ人女性が死亡した事案における監視カメラ映像と関係資料の公開
▶学校法人「森友学園」をめぐる財務省決算文書改竄についての関連文書(立民の言う「赤木ファイル」)開示
▶森友学園、加計学園、桜を見る会をめぐる真相解明チームの設置。

それぞれについて問題意識をもつのは一向に構わないが、政権を獲得して真っ先にやることがこれかと思うと、あきれてしまう。止める人はいなかったのだろうか。

国家観のかけらも見当たらず、政治理念も感じられず、そこにあるのは市民団体臭と左翼臭だけだ。これでは、左翼の票は獲得できても浮動票は得られまい。どこの党であれ、浮動票なくして政権を獲得することはできない。それともこれは、支持者向けのアピールなのか。党関係者も、「いつまで桜をやっているんだ」とあきれ顔だ。

「立民推し」の朝日新聞と毎日新聞

枝野氏は9月7日の記者会見で、「政権が代われば何が変わるのかということを、初閣議だけでもこれだけ変わるということを、国民の皆さんに具体的に知ってもらう。政権が代われば間違いなく直ちに決定できることをお約束する」と語ったが、こう言ってはなんだが、全く胸が躍らなかった。「変えなくていいですから」と突っ込みたくなったのは筆者だけではあるまい。

さらに驚くことに、この話を朝日新聞は8日付朝刊1面トップで報じていた。東京の最終版の主見出しは「立憲 疑惑解明の争点化狙う」。

2面では関連記事を大々的に載せており、自民党総裁選一色にはしないという朝日新聞の意気込み、意地がうかがえる。2面の記事のなかには、公約に関する党幹部のこんなコメントが使われている。
「自民党は絶対できず、差別化してアピールできる」
それはそうだろうと、このコメントには失笑してしまった。

毎日新聞は9日付朝刊の社説で取り上げ、「『安倍・菅政権』が後ろ向きだった政治不信の払拭に取り組む姿勢をアピールした」ともちろん好意的。「医療体制を中長期的にどう構築するかなど、国民の命と暮らしを守る具体的な提案を求めたい」とも記しており、この点については同感だ。

公約第1弾では新型コロナ感染症に関連して、生活支援について一言触れているが、医療体制には触れられていない。閣議決定にこだわらなくてよいので、公約第1弾はコロナ対策一色にするくらいの気迫がほしかった。

関連する投稿


れいわ・大石あきこ議員と極左暴力集団|山口敬之【WEB連載第16回】

れいわ・大石あきこ議員と極左暴力集団|山口敬之【WEB連載第16回】

7月26日、大石あきこ氏を名誉棄損で提訴した。派手な宣伝や告知はせず粛々と手続きを進めてきたが、大石氏は私の訴状を受け取るや否や、YouTube動画をアップロード。裁判費用を捻出するためのカンパまで募っているという――。「大石あきこ」とは一体どういう政治家なのか。


知性とモラルを欠いた日本の国会|田久保忠衛

知性とモラルを欠いた日本の国会|田久保忠衛

つい最近まで日本の最高指導者だった人物が公衆の面前で真っ昼間に暗殺されたのに、国の在り方は問題にもされず、取るに足らぬ瑣末な問題に貴重な時間が徒に費やされている。知性とモラルと勇気を欠いた日本の国会こそ「戦後レジーム」の象徴である。


『日本共産党 暗黒の百年史』を書き終えて|松崎いたる

『日本共産党 暗黒の百年史』を書き終えて|松崎いたる

元共産党員が克明に綴った内部告発の書。党史研究の最高傑作が遂に刊行!日本共産党がこれまでやってきたこと、これからやろうとしていることが全て分かると話題!


悔しい悔しい悔しい 言葉にならない安倍元総理への想い|和田政宗

悔しい悔しい悔しい 言葉にならない安倍元総理への想い|和田政宗

安倍晋三元総理がお亡くなりになった。いまだに信じられず、とても悔しい。悔し過ぎる。昨晩はほとんど寝られなかった。今でもすぐそこにその笑顔で現れるのではないかと思うぐらい信じられないし、信じたくない。心の整理がつかないのが正直な思いだ――。


世論調査ではわからない岩盤保守層の自民党離れ|和田政宗

世論調査ではわからない岩盤保守層の自民党離れ|和田政宗

岸田内閣の支持率や自民党への支持が高いことから、夏の参議院議員選挙で「楽勝ムード」も漂っていると指摘されるが、本当にそうなのか。SNSの動向や全国各地での意見交換から感じるのは、自民党にとって極めて厳しい戦いになるということだ――。


最新の投稿


林真理子さんが感服! 村西とおる「有名人の人生相談『人間だもの』」

林真理子さんが感服! 村西とおる「有名人の人生相談『人間だもの』」

「捨て身で生きよう、と思える一冊。私の心も裸にされたくなりました」(脚本家・大石静さん)。「非常にいい本ですね、ステキ」(漫画家・内田春菊さん)。そして村西とおる監督の「人生相談『人間だもの』」を愛する方がもうひとり。作家の林真理子さんです。「私はつくづく感服してしまった」。その理由とは?


美しい日本の姿を国葬で示そう|櫻井よしこ

美しい日本の姿を国葬で示そう|櫻井よしこ

肉体は滅びても死者の魂は日本国の空、深い森や清らかな水辺のどこかにいらして、生者である私たちと日本国を見守って下さっている、と信じている。日本国のために闘い続けた安倍氏への深い感謝を国民こぞって静かに捧げる美しい日本の姿を国葬儀で世界に示そう。


日中国交正常化50年 中国の横暴を防ぐ出発点に!|和田政宗

日中国交正常化50年 中国の横暴を防ぐ出発点に!|和田政宗

「中国は低姿勢だったが、50年たったら態度はガラッと変わる。大きく経済発展して日本を見下すようになるよ」(時事通信)。当時の大平正芳外務大臣の予言だが、まさにその通りの状況になった。今こそ国交正常化以降の50年を、中国対応を誤った50年として反省すべきだ。


【日本原論】サタンに敗けない![冒頭先行公開]

【日本原論】サタンに敗けない![冒頭先行公開]

旧統一教会を巡る問題について、「サンデージャポン」での「爆笑問題」の太田光の発言がまたもや炎上。「#太田光をテレビに出すな」がTwitterでトレンド入りまでした。太田光は何を思う……本誌人気連載「日本原論」で大いに語った!


「ケツ舐め記者」と誹謗する金平茂紀の正体|山口敬之【WEB連載第17回】

「ケツ舐め記者」と誹謗する金平茂紀の正体|山口敬之【WEB連載第17回】

9月17日、金平茂紀氏はFacebookにこう投稿した。《この国にも「ケツ舐め記者」という連中が少なからず棲息していて、権力者、独裁者、ご主人様の局所を舐めて、その対価として「ご褒美」をもらって、それを得意げに広報し、「独自」「スクープ」とかのワッペンを自分で貼りつけて(中略)男性にも女性にも、もちろんいます、「ケツ舐め記者」は》。金平氏は、一体何様のつもりなのか。