立憲民主党は日本に絶対必要ない~難癖・大嘘・職務怠慢の実態|馬場伸幸

立憲民主党は日本に絶対必要ない~難癖・大嘘・職務怠慢の実態|馬場伸幸

理念も信念も何もない。ただただ、自分が議員バッヂをつけて国会議員でいられさえすればそれでいい。そのためだったらイデオロギーもポリシーもかなぐり捨てて、共産党であろうと手を組む。そんな政党は日本にとって百害あって一利なしだ!何度でも断言する、立憲民主党は日本に絶対必要ない!  


憲法審査会の実態

重要なことは、何よりもまずは各党がどの条項を、どのように、何のために改正しなければならないのか、ということを全て出し合って、毎週の憲法審査会の場でどんどん議論をしていくことです。そして、国民に憲法改正とは何か、何のために行うのかといったご理解をいただけるような努力を国会でしっかり行うことです。  

その際は漠然と自由討議などをやるのではなく、各党が改正案を出し、もっと実務的に行わなければ前に進みません。憲法審査会のメンバーは弁護士や検事出身者などが多いのですが、みんな本質とはかけ離れた小難しいことばかりを言っていて、まるで学習発表会の場と化しています。そうではなく、なぜ憲法を変える必要があるのか、何のために、どのように変えるのか、ということを国民に分かりやすく説明する。憲法審査会での議論は、そのような本質的な議論を行う場であるべきです。  

74年前に施行されて以来、一言一句の改正も行われてこなかった憲法は「押し付け憲法」などいろいろな見方はありますが、時代のなかで生き続けてきた憲法であることは間違いありません。そのなかで時代の変化に合っていないことが多々ある。人間の体でたとえると、2、3歳の時に着ていた服を、74歳になったいまも無理矢理着続けているような状態です。それを時代の変化に合わせ、わが国が抱える具体的問題を解決するために改正していくことが求められている。

一粒で二度おいしい改憲

日本維新の会では教育無償化、統治機構改革、憲法裁判所の設置という3点に絞り込み、憲法改正原案を取りまとめて条文化しています。いつでも提出できる状態です。  

たとえば、改憲項目の一番目に掲げた教育の無償化がなぜ必要なのか。いま日本のGDPは横ばいで、国民負担率だけが上がり、可処分所得がどんどん減っています。そのために、若い子育て世代に子供たちを学校に行かせることに四苦八苦している家庭が多くなっている。  

お金がないから私立の高校は無理、高校まではなんとかなったけど私立の大学は行かせられないといった理由で、子供たちが進学を諦めざるを得ない事例が増えているのです。  

教育の機会は均等でなければなりません。しかし、現行憲法には第26条で「義務教育は、これを無償とする」としか書いていない。なぜ高等教育になったら有償となるのか。学びたいと願う人たち誰もが学べる環境を作っていく。そのためには教育の完全無償化が必要です。  

教育にかかわる部分を税金でカバーすることによって、子育て世代の可処分所得も増え、GDPの6割を占める個人消費も伸び、経済の活性化にも繋がる。つまり、教育の完全無償化をすることによって、これからの国家を担う子供たちがしっかりと学を修められるだけではなく、教育費の負担を抱えていた若い世代、子育て世代がきちんとお金を使えるようになる。一粒で二度おいしい。  

こうした説明をすると、多くの国民から「それは是非やったほうがいい」とご理解をいただけます。そのうえで、たとえば教育を無償化してもいまの大学教育はきちんと成り立っているのか。時代に合っていないのではないか。ならば大学改革も進めようではないか、といったさらなる教育の充実化にも並行して繋げていける。  

統治機構改革や憲法裁判所の設置に関しても、なぜ必要なのかを丁寧に説明すれば多くの国民が理解を示してくれています。このような議論を憲法審査会の場でしっかりと行い、国民に示していくことが国会議員としての重要な責務です。

政権をかけて国民投票を

関連する投稿


憲法改正を必ず成し遂げる|高市早苗

憲法改正を必ず成し遂げる|高市早苗

現代と次代に生きる国民の生命、領土、国家の主権と名誉を守り抜ける憲法の制定は急務だ。遺のこされた同志議員の力を結集して、必ず成し遂げる。


立憲民主党と謎の会社「ブルージャパン」の危険な関係|山岡鉄秀

立憲民主党と謎の会社「ブルージャパン」の危険な関係|山岡鉄秀

他人に厳しく、身内にはやたら甘く、自浄能力がない立憲民主党。立憲民主党の問題は、CLPだけではなかった。これより遥かに大きな金額が党から投入されている謎の会社が存在したのだ。それが、ブルージャパンという会社だ。CLP事件の際に少し報じられたものの、なぜ主流メディアはこの問題を追及しないのか。(サムネイルは辻元清美Twitterより)


憲法改正の好機が到来した|田久保忠衛

憲法改正の好機が到来した|田久保忠衛

ウクライナ戦争で戦略的打撃を受けたロシアが経済面で中国に依存する関係になり、ユーラシア大陸に一大覇権国家が誕生する事態を目前にして、「日本が軍国主義を復活させる」などと視野狭窄的な議論を弄んでいる時期ではないのだろう。


日本はウクライナの悲劇に学べ|櫻井よしこ

日本はウクライナの悲劇に学べ|櫻井よしこ

わが国はロシアと中国、北朝鮮に囲まれ、世界で最も深刻な脅威に直面するというのに、周回遅れの対応を続けている。専守防衛のもたらす結果を日本人はよく考えるべきだ。私たちが日々目にしているウクライナの悲劇こそ、専守防衛の思想がもたらす現実ではないのか。日本は空想的平和主義を捨て去る時だ。


中川昭一の「日本核武装論と憲法改正」

中川昭一の「日本核武装論と憲法改正」

「日本が危ない」―そう自身のブログに記し志半ばで逝った中川昭一元財務大臣。亡くなる約1年前に綴った渾身の論文「日本核武装と憲法改正」は今読んでも決して色褪せることはない。月刊『Hanada』5月号で再録した全文の内、冒頭を特別公開する。


最新の投稿


昭和天皇 靖國神社への御親拝はなぜ途絶えたのか|和田政宗

昭和天皇 靖國神社への御親拝はなぜ途絶えたのか|和田政宗

昭和天皇が靖國神社に御親拝されなくなったのはA級戦犯とされる方々が合祀されたことにあるとの説があるが、A級戦犯とされる方々が合祀されたのは昭和53年であり、この間の3年間は説明がつかない――。


【読書亡羊】「犠牲者・被害者ポジション」は最強なのか 林志弦著・澤田克己訳『犠牲者意識ナショナリズム』(東洋経済新報社)

【読書亡羊】「犠牲者・被害者ポジション」は最強なのか 林志弦著・澤田克己訳『犠牲者意識ナショナリズム』(東洋経済新報社)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


安倍元総理の遺志を完全に無視した岸田人事|山口敬之【WEB連載第14回】

安倍元総理の遺志を完全に無視した岸田人事|山口敬之【WEB連載第14回】

私は今回の人事に「大いなる異変」を見てとる。「優柔不断から唯我独尊へ」。安倍晋三元総理という重石から解放された岸田文雄という政治家が、その本性を剥き出しにした「岸田の岸田による岸田のための政治」の始まりである――。 (サムネイルは首相官邸HPより)


軍事情報ダダ漏れ! YouTubeに溢れかえる「空母改修工事」|小笠原理恵

軍事情報ダダ漏れ! YouTubeに溢れかえる「空母改修工事」|小笠原理恵

陸海空の自衛隊の基地や航空機・潜水艦など様々な動画が撮影され、動画サイトに溢れかえっている――。日本では、当たり前のように自衛隊基地を撮影できるが、これは世界から見るとかなり特殊だ。いつまで日本政府と国会は軍事情報をダダ漏れさせるのか?


中国のハイブリッド戦に備えよ|太田文雄

中国のハイブリッド戦に備えよ|太田文雄

ペロシ米下院議長の訪台(8月2~3日)に伴い、台湾を威嚇する中国の軍事演習が実施されたが、中国が同時に行った非軍事面での「攻撃」にも注目すべきだ。サイバー攻撃には、日本政府が基本原則とする「専守防衛」で対応できない。