立憲民主党は日本に絶対必要ない~難癖・大嘘・職務怠慢の実態|馬場伸幸

立憲民主党は日本に絶対必要ない~難癖・大嘘・職務怠慢の実態|馬場伸幸

理念も信念も何もない。ただただ、自分が議員バッヂをつけて国会議員でいられさえすればそれでいい。そのためだったらイデオロギーもポリシーもかなぐり捨てて、共産党であろうと手を組む。そんな政党は日本にとって百害あって一利なしだ!何度でも断言する、立憲民主党は日本に絶対必要ない!  


憲法審査会の実態

重要なことは、何よりもまずは各党がどの条項を、どのように、何のために改正しなければならないのか、ということを全て出し合って、毎週の憲法審査会の場でどんどん議論をしていくことです。そして、国民に憲法改正とは何か、何のために行うのかといったご理解をいただけるような努力を国会でしっかり行うことです。  

その際は漠然と自由討議などをやるのではなく、各党が改正案を出し、もっと実務的に行わなければ前に進みません。憲法審査会のメンバーは弁護士や検事出身者などが多いのですが、みんな本質とはかけ離れた小難しいことばかりを言っていて、まるで学習発表会の場と化しています。そうではなく、なぜ憲法を変える必要があるのか、何のために、どのように変えるのか、ということを国民に分かりやすく説明する。憲法審査会での議論は、そのような本質的な議論を行う場であるべきです。  

74年前に施行されて以来、一言一句の改正も行われてこなかった憲法は「押し付け憲法」などいろいろな見方はありますが、時代のなかで生き続けてきた憲法であることは間違いありません。そのなかで時代の変化に合っていないことが多々ある。人間の体でたとえると、2、3歳の時に着ていた服を、74歳になったいまも無理矢理着続けているような状態です。それを時代の変化に合わせ、わが国が抱える具体的問題を解決するために改正していくことが求められている。

一粒で二度おいしい改憲

日本維新の会では教育無償化、統治機構改革、憲法裁判所の設置という3点に絞り込み、憲法改正原案を取りまとめて条文化しています。いつでも提出できる状態です。  

たとえば、改憲項目の一番目に掲げた教育の無償化がなぜ必要なのか。いま日本のGDPは横ばいで、国民負担率だけが上がり、可処分所得がどんどん減っています。そのために、若い子育て世代に子供たちを学校に行かせることに四苦八苦している家庭が多くなっている。  

お金がないから私立の高校は無理、高校まではなんとかなったけど私立の大学は行かせられないといった理由で、子供たちが進学を諦めざるを得ない事例が増えているのです。  

教育の機会は均等でなければなりません。しかし、現行憲法には第26条で「義務教育は、これを無償とする」としか書いていない。なぜ高等教育になったら有償となるのか。学びたいと願う人たち誰もが学べる環境を作っていく。そのためには教育の完全無償化が必要です。  

教育にかかわる部分を税金でカバーすることによって、子育て世代の可処分所得も増え、GDPの6割を占める個人消費も伸び、経済の活性化にも繋がる。つまり、教育の完全無償化をすることによって、これからの国家を担う子供たちがしっかりと学を修められるだけではなく、教育費の負担を抱えていた若い世代、子育て世代がきちんとお金を使えるようになる。一粒で二度おいしい。  

こうした説明をすると、多くの国民から「それは是非やったほうがいい」とご理解をいただけます。そのうえで、たとえば教育を無償化してもいまの大学教育はきちんと成り立っているのか。時代に合っていないのではないか。ならば大学改革も進めようではないか、といったさらなる教育の充実化にも並行して繋げていける。  

統治機構改革や憲法裁判所の設置に関しても、なぜ必要なのかを丁寧に説明すれば多くの国民が理解を示してくれています。このような議論を憲法審査会の場でしっかりと行い、国民に示していくことが国会議員としての重要な責務です。

政権をかけて国民投票を

関連する投稿


参院選も「立憲共産党」なら、自民は危ない!|和田政宗

参院選も「立憲共産党」なら、自民は危ない!|和田政宗

「日本の政治を変える道は野党共闘しかない」と豪語する日本共産党の志位和夫委員長。この発言を「往生際が悪い」という一言で片づけていいのだろうか。昨年の衆院選では「立憲共産党」と揶揄され、立憲民主党、共産党ともに議席を減らしたが、野党共闘は本当に失敗だったのか。(写真提供/時事)


一票に格差があってどこが悪い!|深澤成壽

一票に格差があってどこが悪い!|深澤成壽

選挙の度に問題となっている「一票の格差」。昨年10月の参院選もこれをもって違憲だとする訴訟が各地で相次いでいる。しかし、本当に「一票の格差」は問題なのか? 改めて考え直してみると……。(初出:2013年5月号)(本稿は著者の考えに基づき、旧仮名遣いとなっています)


【日本政治とイデオロギーを再検証】 安倍政権は超リベラル政権だった|藤原かずえ

【日本政治とイデオロギーを再検証】 安倍政権は超リベラル政権だった|藤原かずえ

「保守」とは何か。「リベラル」とは何か。日本ではイデオロギーの定義が誤解されているため、政党のイデオロギーを適正に問う実質的な議論は行われてこなかった。政治の根本的な問題点を解決するために、いまこそ、主要政党のイデオロギーを再チェックすることが重要だ。


住民投票に名を借りた外国人参政権条例|百地章

住民投票に名を借りた外国人参政権条例|百地章

東京都武蔵野市で外国人にも住民投票権を認めた住民投票条例が制定されようとしている。これは住民投票に名を借りた外国人参政権条例であり、憲法違反と思われる。断じて許してはならない!


改憲を国民の手で成し遂げよう|田久保忠衛

改憲を国民の手で成し遂げよう|田久保忠衛

国民全体が議論をするまで待とうなどとの態度は、結局何もしない口実にすぎないと思う。気がついた時には改憲の環境は消えているかもしれない。不誠実な政治家に国の運命を託してはいけない。改憲をわれわれ国民の手で成し遂げる時機が到来した。


最新の投稿


参院選も「立憲共産党」なら、自民は危ない!|和田政宗

参院選も「立憲共産党」なら、自民は危ない!|和田政宗

「日本の政治を変える道は野党共闘しかない」と豪語する日本共産党の志位和夫委員長。この発言を「往生際が悪い」という一言で片づけていいのだろうか。昨年の衆院選では「立憲共産党」と揶揄され、立憲民主党、共産党ともに議席を減らしたが、野党共闘は本当に失敗だったのか。(写真提供/時事)


【読書亡羊】米議会襲撃事件の裏と日米の政治家の差 ボブ・ウッドワード、ロバート・コスタ『PERIL 危機』(日本経済新聞出版社)

【読書亡羊】米議会襲撃事件の裏と日米の政治家の差 ボブ・ウッドワード、ロバート・コスタ『PERIL 危機』(日本経済新聞出版社)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


日本に必要な攻撃能力の構築|島田洋一

日本に必要な攻撃能力の構築|島田洋一

日本は専守防衛の枠を捨て、日本を攻撃すれば自らの司令系統中枢も破壊されると思わせるだけの、小規模ながら残存性の高い抑止力を構築していかねばならない。同じ発想に立つ英国を、誰も「無責任な軍国主義国家」とは呼ばない。


岸田首相は世界に貢献する責任を果たせ|櫻井よしこ

岸田首相は世界に貢献する責任を果たせ|櫻井よしこ

国益に関わる重要事であっても、摩擦を起こしかねない案件には一切手をつけず、7月の選挙を乗り切りたい、政権の長寿を実現したい、というのが岸田首相の考え方か。有事のいま、それは間違いだ。


一票に格差があってどこが悪い!|深澤成壽

一票に格差があってどこが悪い!|深澤成壽

選挙の度に問題となっている「一票の格差」。昨年10月の参院選もこれをもって違憲だとする訴訟が各地で相次いでいる。しかし、本当に「一票の格差」は問題なのか? 改めて考え直してみると……。(初出:2013年5月号)(本稿は著者の考えに基づき、旧仮名遣いとなっています)