立憲民主党は日本に絶対必要ない~難癖・大嘘・職務怠慢の実態|馬場伸幸

立憲民主党は日本に絶対必要ない~難癖・大嘘・職務怠慢の実態|馬場伸幸

理念も信念も何もない。ただただ、自分が議員バッヂをつけて国会議員でいられさえすればそれでいい。そのためだったらイデオロギーもポリシーもかなぐり捨てて、共産党であろうと手を組む。そんな政党は日本にとって百害あって一利なしだ!何度でも断言する、立憲民主党は日本に絶対必要ない!  


Getty logo

今回の新型コロナウイルスの蔓延を踏まえれば、「緊急事態条項」についても早急に議論をする必要があるのは明らかです。緊急事態宣言を発出しても強制性がなく、自粛を求めても補償がないなど、多くの不備を国民の皆さんも感じておられると思います。きちんとした補償制度を早急に構築していかなければなりません。また、個人の権利と公共の福祉のバランスをどうとるのか。テロや大地震など想定外のことが起きた時に、どういうルールに基づき対処するのか、憲法にも法律にも規定が一切ないのです。  

さらに、いまや日本を取り巻く安全保障環境はより一層厳しさを増しています。台湾有事、尖閣防衛、沖縄をはじめ安全保障問題など、数年先の話ではなく喫緊の課題として取り組んでいかなければならない。もし中国の力による現状変更が行われた場合、それは緊急事態ではないのか。その時になって、「私権の制限が」などと言って国民の命を守れるのか。  

いままで想定しえなかった課題に対しても、憲法でしっかりと定めていくべく憲法審査会で早急に議論していくことが非常に重要です。そうした定めのない国家などありません。  

もちろん、「延々と議論ばかり重ねて一向に憲法改正ができないのではないか」という懸念があることも理解しています。何か有事が起きてからでは遅い。世論調査などを見ると、あの朝日新聞の調査ですら憲法改正賛成が多いので、「ここはもう早急に発議をして国民投票に委ねるべきではないか」という意見があることも存じ上げています。  

仮にもし国民投票で否決されたらその政権は確実に吹っ飛びますが、菅政権には「政権をかけて憲法改正をする。全ての責任は自分がとる」ぐらいの気概をもって、憲法改正を訴えてもらいたいとも思います。

メディア報道の恐ろしさ

Getty logo

一方で、これまで立憲民主党の妨害などによって憲法審査会で議論すら行われなかった状況下、憲法改正に対する国民の理解が十分に及んでいるかという問題があります。  

たとえば「憲法改正」に対する国民のイメージでは、いまもやはり「9条の改正」が圧倒的に多い。その他についてはほとんど認識を得られていません。我々の努力不足でもあり、憲法に対する国民の興味、関心がまだまだ低い。そして、なかには「9条改正」=「戦争」=「自分たちの子や孫などが戦場に送られる」とのアジテーゼが相当効いてしまっている。  

平和安全法制の時を思い出して下さい。やれ戦争法案だ、アメリカの戦争に地球の裏側までついていく、などなど現在の立憲民主党の中核をなす民主党をはじめとする野党やメディアは連日連夜、大批判キャンペーンを展開しました。そうした批判の大半が嘘でしたが、全くお構いなしです。あれだけ批判を繰り返されたら、多くの国民が不安に陥ったとしても無理ありません。  

恥ずかしい話ですが、うちの妻も「お父さん、平和安全法制が成立したら、うちの息子も戦争にかりだされるの?」と言っていたぐらいです。「そんなわけないやろ」と説明したのですが、メディア報道の恐ろしさを実感しました。  

これが、いざ9条改正となればどうなるか。平和安全法制の比ではないでしょう。テレビなどでは朝から晩まで、なりふりかまわず延々と「戦争になる」の大合唱、朝日や毎日などの新聞も「9条改正大反対」で紙面が埋め尽くされるでしょう。  

いま、中国の覇権的な行動によって国民にも国防や安全保障に対する関心が高まっていますが、現状ではまだまだアジテーションが勝ってしまう状況だと私は思っています。したがって、9条改正についてもやはり国民の理解を深める努力を国会議員がしていかなければなりません。  

ただし、5年も10年も延々と議論だけを繰り返していくわけにはいきません。来年の通常国会、臨時国会でしっかりと議論を重ね、各党で大方合意できたものについては、国民投票にかけていくべきだと考えています。国民にとって身近な問題から、時代に合うよう変えていってもいいのではないか。

関連する投稿


憲法改正の好機が到来した|田久保忠衛

憲法改正の好機が到来した|田久保忠衛

ウクライナ戦争で戦略的打撃を受けたロシアが経済面で中国に依存する関係になり、ユーラシア大陸に一大覇権国家が誕生する事態を目前にして、「日本が軍国主義を復活させる」などと視野狭窄的な議論を弄んでいる時期ではないのだろう。


日本はウクライナの悲劇に学べ|櫻井よしこ

日本はウクライナの悲劇に学べ|櫻井よしこ

わが国はロシアと中国、北朝鮮に囲まれ、世界で最も深刻な脅威に直面するというのに、周回遅れの対応を続けている。専守防衛のもたらす結果を日本人はよく考えるべきだ。私たちが日々目にしているウクライナの悲劇こそ、専守防衛の思想がもたらす現実ではないのか。日本は空想的平和主義を捨て去る時だ。


中川昭一の「日本核武装論と憲法改正」

中川昭一の「日本核武装論と憲法改正」

「日本が危ない」―そう自身のブログに記し志半ばで逝った中川昭一元財務大臣。亡くなる約1年前に綴った渾身の論文「日本核武装と憲法改正」は今読んでも決して色褪せることはない。月刊『Hanada』5月号で再録した全文の内、冒頭を特別公開する。


ウクライナが日本に教えてくれる“世界の現実”|門田隆将

ウクライナが日本に教えてくれる“世界の現実”|門田隆将

憲法9条の改正も未だできず、自衛隊も“違憲状態”で、集団安保体制が築けない日本――ウクライナがロシアに侵攻された経緯をたどりながら、日本の存続のために何が必要なのかを見つめ直す。


「Dappi」問題の仕掛人 小西洋之こそ“人格破綻者”|岩瀬朗

「Dappi」問題の仕掛人 小西洋之こそ“人格破綻者”|岩瀬朗

2021年10月6日、立憲民主党の小西洋之、杉尾秀哉の両参院議員が匿名アカウントのツイートで名誉を傷つけられたとして、計880万円の損害賠償と投稿一本の削除などを求める訴訟を東京地裁に起こした。「Dappi」のどのツイートが名誉棄損なのか。安倍晋三元総理を「人格破綻者」などと罵る小西議員こそ「人格破綻者」ではないのか。「Dappi」問題の真相に迫る! (写真/杉尾ひでやHP)


最新の投稿


【にゃんこ四字熟語辞典クイズ】⑭これはどんな四字熟語?

【にゃんこ四字熟語辞典クイズ】⑭これはどんな四字熟語?

『Hanada』で書評を連載している西川清史さんが、世界中から集めた激カワにゃんこ写真に四字熟語でツッコミを入れた『にゃんこ四字熟語辞典』が発売されました。本書から一部を抜粋してクイズです。この写真はどんな四字熟語を現した一枚でしょうか?


【にゃんこ四字熟語辞典クイズ】⑬これはどんな四字熟語?

【にゃんこ四字熟語辞典クイズ】⑬これはどんな四字熟語?

『Hanada』で書評を連載している西川清史さんが、世界中から集めた激カワにゃんこ写真に四字熟語でツッコミを入れた『にゃんこ四字熟語辞典』が発売されました。本書から一部を抜粋してクイズです。この写真はどんな四字熟語を現した一枚でしょうか?


防衛力強化を欠く制裁は危うい|湯浅博

防衛力強化を欠く制裁は危うい|湯浅博

岸田外交の脆弱性は、経済制裁で啖呵を切るものの、それに見合う抑止力の構えを用意しないことだ。力強い外交は、それを支える防衛力の強化を欠いては、かえって足元が危うくなる。


【にゃんこ四字熟語辞典クイズ】⑫これはどんな四字熟語?

【にゃんこ四字熟語辞典クイズ】⑫これはどんな四字熟語?

『Hanada』で書評を連載している西川清史さんが、世界中から集めた激カワにゃんこ写真に四字熟語でツッコミを入れた『にゃんこ四字熟語辞典』が発売されました。本書から一部を抜粋してクイズです。この写真はどんな四字熟語を現した一枚でしょうか?


沖縄祖国復帰50年 本土の「捨て石」は正確ではない|和田政宗

沖縄祖国復帰50年 本土の「捨て石」は正確ではない|和田政宗

大田實海軍中将は自決する直前、海軍次官に宛てた最期の電文を発出。「沖縄県民斯ク戦ヘリ 県民ニ対シ後世特別ノ御高配ヲ賜ランコトヲ」。後世の政治家は、この言葉にしっかり応えているのだろうか。思い切った振興政策を行わなければ、こうした状況は改善できない。そこで提唱しているのが、沖縄県を「相続税無税特区」にすることである――。