立憲民主党は日本に絶対必要ない~難癖・大嘘・職務怠慢の実態|馬場伸幸

立憲民主党は日本に絶対必要ない~難癖・大嘘・職務怠慢の実態|馬場伸幸

理念も信念も何もない。ただただ、自分が議員バッヂをつけて国会議員でいられさえすればそれでいい。そのためだったらイデオロギーもポリシーもかなぐり捨てて、共産党であろうと手を組む。そんな政党は日本にとって百害あって一利なしだ!何度でも断言する、立憲民主党は日本に絶対必要ない!  


憲法論議をボイコット、繰り返される自作自演

Getty logo

国民投票法改正案は、大型商業施設への共通投票所の設置や水産高校の実習生に洋上投票を認めるなど7項目が盛り込まれており、いずれも一般の選挙ではすでに導入されている。国民投票の利便性を高めるものであって、本来なら異論をはさむ余地などないはずです。ところが、2018年6月に提出されてから9国会にわたって延々と審議が進まず、いたずらに時間だけが浪費されてきました。  
立憲民主党は様々な難癖をつけては、憲法審査会での憲法論議をボイコットし続けてきた。安倍政権の時には「あれが悪い」 「誰がこんなことを言った」 「この法案が出ているからダメだ」など散々無茶苦茶な難癖をつけて、理由がなくなると最後はどうしたか。枝野代表は「安倍政権の間は憲法議論はしない」と言い出したのです。  

小学生が朝、学校に行きたくない理由をいろいろと考えているのと一緒です。頭痛いとか、お腹痛いとか。「病院に行きなさい」と言えば、「いや病院に行くほどではない。でも痛いんや」と言ってみたり、理屈にもなっていない。  

そして安倍政権から菅政権へと代わり、「議論をしない理由」がなくなったにもかかわらず、一向に議論すらしようとしてこなかった。小学生より酷い。  

衆院憲法審査会野党筆頭幹事を務める立憲民主党の山花郁夫さんが各党から、「約束しましたやろ。議論すらせえへんって、一体どないなってんですか」と問い詰められるわけです。すると、追い込まれた山花さんは遂に何と言い出すか。 「いや、私ちゃうんですよ」 「じゃあ誰がそんな判断してるんですか?」 「いや国対(国会対策委員会)が」 「国対の誰ですか?」 「それは安住(淳)委員長が」  

この繰り返しなんです。自民党の新藤義孝与党筆頭幹事が横で見ていて気の毒なぐらいに、あれを使ってこれを使って、粘り強く山花さんと交渉して、約束までとりつけて、山花さんは「絶対に約束を履行する」と言って、党に持って帰る。で、「アカン」と言われて帰ってくる。
「私はいいんですが国対がダメやと言うんです」  

立憲民主党はこの自作自演を繰り返して、自民党にダメージを与える戦略なんです。毎年、毎国会これが延々と続く。職務怠慢と言わざるを得ません。

改憲に本気ではない自民党

そもそも憲法審査会という場は――私は初代憲法審査会会長を務められた中山太郎先生の弟子なのですが――政局とは関係なしに議論を進めるというルールがありました。その代わり、少数政党や少数会派も大政党と同じように扱う。これは中山方式と称され、衆議院では毎週木曜日に、参議院では毎週水曜日に審査会が開かれてきました。  

ところが、いつの頃からか「政局とは関係なしに」というルールが一切無視され、憲法審査会が政局の道具、国会審議の取引材料に使われている。たとえば、今年のはじめには「憲法審査会開くんやったら、その予算を成立させへんぞ」などと立憲民主党は平気で言っていました。国会議員としてあるまじき姿です。  

自民党も自民党で問題があります。私はよく有権者から「そんな酷い立憲民主党なんか放っておいて、自公と維新で進めればいいのではないか」と言われることがあるのですが、自民党もそういう時だけはなぜか「みんなで議論しなければ」と中山方式を持ち出すのです。  

自民党本部の前に「憲法改正推進本部」と大書された看板が掲げられていますが、「その看板をおろしなさい」と言いたくなります。自民党にこそ、もっと改憲への本気度を示していただきたい。  

細田博之衆院憲法審査会会長は各党に対して、「皆さん方、憲法改正項目あるんやったら党内でまとめて、いついつまでに出して下さい。ないところはないで結構です」と呼び掛けていただきたい。実はこのことは、大島理森衆議院議長にもお願いに行ったことがあるんです。議会としてきちんと審査会を動かすためには、各党に議長から投げかけて斡旋していただけないでしょうか、と。すると、大島議長は「うん、君はなかなかいいことを言うね」と仰ったものの、結局何も動きはありませんでした。  

不思議なのは、憲法審査会が全く開かれていないことについて、テレビはもちろん、5大紙の読売も産経もほとんど批判しないことです。いったいなぜなのでしょうか。

関連する投稿


改憲へ岸田氏の熱意を信じたい|田久保忠衛

改憲へ岸田氏の熱意を信じたい|田久保忠衛

岸田首相の改憲への熱意は、改憲を望む人々にとっては勇気づけられる思いだろう。ただし、首相の率いる自民党派閥の宏池会が改憲に積極的かどうか疑問を呈しないわけにはいかない。


「八代弁護士発言」はデマなのか?日本共産党が狙う「革命」の全貌|松崎いたる

「八代弁護士発言」はデマなのか?日本共産党が狙う「革命」の全貌|松崎いたる

巨弾論文一挙掲載!八代英輝弁護士が行った発言は本当に誤りだったのか? 「八代発言」を謝罪・撤回に追い込む裏で「革命」の本質をひた隠す日本共産党と「独裁者」志位和夫委員長。元共産党委員の松崎いたる氏が日本共産党の「革命」の真実を全て暴く!


日本は「戦後の霧」を払え|ジェイソンモーガン

日本は「戦後の霧」を払え|ジェイソンモーガン

日本は、降伏文書に他ならない戦後憲法をこれまでなぜ改正できなかったのだろうか。現憲法は銃剣で強制された押し付け憲法である。憲法のわずかな改正でも、それを試みることは「戦後の霧」から逃れることに等しい。


月刊『Hanada』2021年7月雪渓号

月刊『Hanada』2021年7月雪渓号

「安倍前総理の独占インタビュー」がNHKをはじめ、新聞各紙で報道され大反響だが、もちろん、注目記事はそれだけではない。百田尚樹「中国虐殺全史」、高橋洋一「『さざ波』で東京オリンピック中止は世界の笑われ者」、馬場伸幸「立憲民主党は日本に絶対必要ない」、遠藤誉×籾井勝人「中国には忖度せず、堂々と"武器"を使え」、山口智「神社本庁を私物化する二人の"妖怪"」、鈴木貴子×三谷英弘「『実子誘拐』一刻も早く法改正を」など、大手メディアが報じない“真相”が7月号も満載!爆笑問題をはじめとする豪華連載陣、グラビア特集「聖火リレー、日本を走る!」など7月号も永久保存版!


小西ひろゆきは国民の敵だ!|鈴木宗男

小西ひろゆきは国民の敵だ!|鈴木宗男

“国会の爆弾男”“立民のエース”などと呼ばれる小西ひろゆき議員。だが、国民の多くは気づいているのではないだろうか。「相手にする価値もない無礼な男」だということを。しかし、彼は国会議員だ。彼の暴挙をこれ以上許してはならない。鈴木宗男議員が、小西ひろゆき議員の言動を一刀両断!


最新の投稿


「岸田ショック」はなぜ起きたのか|和田政宗

「岸田ショック」はなぜ起きたのか|和田政宗

菅総理はなぜ退陣しなければならなかったのか。「総花的でぼんやりしている」との厳しい声に岸田内閣はどう向き合えばいいのか。そして、なぜ、矢野財務次官は月刊誌で「このままでは国家財政は破綻する」と政府批判を展開したのか。「本音」で語れる政治家、和田政宗参議院議員が事の本質に迫る!


歩く風評被害 山本太郎の「放射脳」|坂井広志

歩く風評被害 山本太郎の「放射脳」|坂井広志

「水に流す」という言葉があるが、「水に流せない」こともある。2011年、「高濃度汚染地域・東京から山本太郎です。超高濃度汚染地域、福島・東北にお住まいの皆さん、こんにちは」「避難してください。未来はないです。子供たちを無理心中に引き込まないでください。大人として、子供のためにも疎開してください」と発言した山本太郎を再び、国会議員にしてもいいのか。


【読書亡羊】「もどかしい系議員」と呼びたい 小川淳也・中原一歩『本当に君は総理大臣になれないのか』(講談社現代新書)

【読書亡羊】「もどかしい系議員」と呼びたい 小川淳也・中原一歩『本当に君は総理大臣になれないのか』(講談社現代新書)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


やり直せるのはいいことだけど……|電脳三面記事

やり直せるのはいいことだけど……|電脳三面記事

ビル・ゲイツの妹(という設定)のライターが、ネットで話題になった事を斬りまくる、人気連載「電脳三面記事」。もう忘れられた感がありますが、某メンタリストのやらかしたことを覚えていますか? 失敗してもやり直せるのはいいことですが、加害者だけがやり直せるのはいかがなものでしょうか。


自衛隊は便利屋でいいのか|岩田清文

自衛隊は便利屋でいいのか|岩田清文

新型コロナウイルスワクチンの大規模接種センターは新たな延長期間に入り、対象年齢もが引き下げられ16歳と17歳への接種が始まった。自衛隊が運営しているだけに、接種会場はシステマティックで、見事な運営がされているという。だが、その一方で「近頃、何でもかんでも自衛隊、これでいいのか?」という危惧の声も聞かれる。自衛隊元最高幹部の問題提起!(初出:月刊『Hanada』2021年9月号)