柳錫春教授の授業全録音公開!「慰安婦は売春の一種、日本にだけ責任を問うことではない」|メディアウォッチ編集部

柳錫春教授の授業全録音公開!「慰安婦は売春の一種、日本にだけ責任を問うことではない」|メディアウォッチ編集部

「慰安婦は売春の一種、日本にだけ責任を問うことではない」―授業中に行った発言により大学を追われ社会から抹殺された柳錫春前延世大教授。この度、柳教授の授業を録音した音声を独自に入手した韓国メディアウォッチが、その全貌を明らかにする。柳教授が語った韓国社会でタブー視される慰安婦の不都合な真実。


確認の結果、柳前教授は質疑応答冒頭から売春問題の歴史的、世界的普遍性を説いていることが分った。そして、人類において常に存在して今後も存在せざるを得ない社会的性道徳問題に対して、日本にのみ責任を問う韓国社会の偽善と二重性問題について、学生たちと長時間対話を続けた。

「日本という国家だけがこうした犯罪をしたのではなく、世界中の国家がこうした売春を黙認していますね、現在。オランダに行けば集娼村が未だあります。


(中略) オランダ政府が放置しているのではないですか? なぜオランダ人は放置するのか? だから、全て日本が誤ったと執拗に追い込もうとするのが挺身隊、慰安婦対策…あの人たちですが、わが国政府も米国政府もオランダ政府も、いずれも同じ問題を抱えている訳で、もちろんそれを道徳的に誤っていると判断すべきです。私もそう思います、道徳的に。しかし(売春は)存在するのです、それは。存在することを、日本に対してだけ罵る、おかしなことです。


(中略)否、朝鮮時代にも売春があったので朝鮮政府が責任取るべきことではないのか? その話はなぜしないのか? なぜ日本だけを掴まえて、この話をするのか。理解できない? 日本を憎むフレームに完全に取り込まれているのです、いまの質問のアングルが。全世界に、ユビキタスの中にあるのが売春です。歴史的に、昔から現在まで続いており、今後もあり続けると私は思います。道徳的には誤っていますが、存在するのが現実です。


(中略)日本のみならず、全ての国に対して同じ問題提起するとか、現在大韓民国政府も放置しています。文在寅も放置しています。江南に一度行ってごらんなさい。どれほど多くの売春が存在しても、皆知らん顔していますね。インターネットにアクセスしてごらんなさい。お兄さんがどうのこうの、毎日目にします、私も。皆さんも経験していますよね、現在。インターネットを立ち上げるとあれやこれやですね毎日、なぜそれを放置しているのか。文在寅政府はその話をなぜしないのか。同様にしなければならないでしょう」

柳前教授は、慰安婦について、日本政府または日本の軍隊が朝鮮の女性たちを強制連行して性奴隷にしたという一部の説は事実ではなく、関係学界の研究を引用して慰安婦は売春の一種であるだけで、日本が直接的な加害者ではないことを重ねて強調した。慰安婦問題で強制連行説と性奴隷説を明確に否定したこの発言内容は現在、柳前教授が刑事裁判に掛けられた最大の核心的争点になっている。

「直接的な加害者が日本でないのだから、売春の一種なのだから。(中略)現在(『反日種族主義』の著者である)李栄薫が語ることです。(慰安婦募集は)民間がしたことであり、国家が放置したということです。これが事実ということです。日本が、日本国家、日本の軍隊が主導したのではないということです、いま話すことは。しかし、皆さんはそのように(強制連行説と姓奴隷説が事実だと)知っているのですね。それが誤りだと話しているのです、私は。(皆さんの)メンタル崩壊が訪れることでしょう。それまでに知ったこと、自分が誤っていた、あの人は自分がよく知らなかったと話すのに、それに気付けばメンタル崩壊するであろうに、とにかくよく知らないのですよ、ただ。『日本国家、日本の軍隊が売春を主導した』と思っていますね。『それは違う』と話しているのです、現在、李栄薫と私と多くの人々が。本人の意志というのは、現在売春に手を染める人々は本人が100%、『自分で積極的に売春しよう』と言いながら入りますか? 違う。売春に対する疑心と躊躇、それがありながらも連れて行かれます、なし崩し的に。それで売春が生じた。その全く同じ過程があったはずです」

柳前教授は、慰安婦たちが慰安所に行くことになった経緯について、初期の証言は「自意半分、他意半分」だと語っていたが、後日の証言は全て『強制連行』に変わったとして、その背景に挺対協があると指摘した。検察は、こうした発言も柳前教授が挺対協の名誉を虚偽事実で棄損したと見なした。

関連する投稿


【橋下徹研究⑦】咲洲メガソーラー入札の重大疑惑①|山口敬之【永田町インサイド WEB第7回】

【橋下徹研究⑦】咲洲メガソーラー入札の重大疑惑①|山口敬之【永田町インサイド WEB第7回】

「当時の入札手続きのどこが問題なのか具体的に指摘して欲しいね」と橋下徹氏。では、ご希望に応えて、2012年12月5日に行われた咲洲メガソーラーの入札の数々の問題点を指摘しよう。橋下徹さん、もうあなたは詰んでいる――。


再論・北朝鮮の核恫喝にどう立ち向かうのか|西岡力

再論・北朝鮮の核恫喝にどう立ち向かうのか|西岡力

日本は核拡散防止条約からの脱退を検討すべきだ!我が国の核抑止力を早急に整備しなければならないと再度強調する。


北朝鮮の核恫喝にどう立ち向かうのか|西岡力

北朝鮮の核恫喝にどう立ち向かうのか|西岡力

我が国がいま置かれている状況は、ソ連が米本土まで届く核ミサイルを完成した時の英仏両国の状況と同じだ。そのとき両国は、米国は米本土を危険にさらして他国を守らないかもしれないと考え、独自の核武装を決断した。


親北勢力と戦う覚悟のない尹錫悦氏|西岡力

親北勢力と戦う覚悟のない尹錫悦氏|西岡力

そもそも尹氏は、朴槿恵前政権から文在寅政権の前半にかけて、国内分裂の中で親北左派側の検事。「反日反韓史観」を身につけている。だから、韓国正常化のためには親北左派と戦わなければならないという問題意識を持っていない。


『豪州と中国戦争前夜』|崔大集

『豪州と中国戦争前夜』|崔大集

韓国語版『「目に見えぬ侵略」「見えない手」副読本』(『豪州と中国戦争前夜』)が遂に発刊!日本と同様、中国による目に見えぬ侵略に対して警戒感が薄い韓国国民。その中で大韓医師協会の崔大集(チェ・デジプ)前会長が本書を激賞!その理由とは。


最新の投稿


新領域での戦いに自衛隊は取り残される|織田邦男

新領域での戦いに自衛隊は取り残される|織田邦男

サイバー戦においても立ちはだかる「専守防衛」の軛。日本は現代戦に取り残される一方である。にもかかわらず、「自衛隊は現代戦が戦えるのか」といった本質的な問いかけをする政党はない。


国を憂える政治家はいるか|田久保忠衛

国を憂える政治家はいるか|田久保忠衛

当然ながら、参院選最大の論点は、日本を改革する憲法改正の是非になるはずだ。が、どの候補が日本の国難の核心に触れる意見表明を行ったか。自分はどうなろうと国を憂える、といったパフォーマンスは流行らなくなったのだろうか。


違う意見に耳を傾けたら相手をもっと嫌いになった! クリス・ベイル『ソーシャルメディア・プリズム』(みすず書房)

違う意見に耳を傾けたら相手をもっと嫌いになった! クリス・ベイル『ソーシャルメディア・プリズム』(みすず書房)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


徹底検証!中国で「宮廷クーデター」発生か|澁谷司

徹底検証!中国で「宮廷クーデター」発生か|澁谷司

世界では、習近平が退陣するのではないかというニュースが飛び交っている。一部のSNSでは、習近平主席がすでに半ば退位し、李克強首相が代行しているとの書き込みで溢れている。果たして、この「宮廷クーデター」(「反習派」による習主席の退位)の“噂”は本当なのか? 徹底検証する。


なべやかん遺産|「淡路島のシン・ゴジラ」

なべやかん遺産|「淡路島のシン・ゴジラ」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「淡路島のシン・ゴジラ」!