日本軍による強制連行、性奴隷、戦争犯罪は全てが嘘!「日本軍慰安婦被害者」という虚偽から正せ|金柄憲

日本軍による強制連行、性奴隷、戦争犯罪は全てが嘘!「日本軍慰安婦被害者」という虚偽から正せ|金柄憲

トランプに抱き着いた慰安婦・李容洙の「裏切り」証言により今韓国で武漢コロナ禍以上に注目を集めている挺対協(現・正義連)の「内ゲバ」問題――。 韓国国内で批判や脅迫をうけながらも長年この問題を追及し続けてきた韓国保守系サイト・メディアウォッチの記事が注目を集めている。以下、日本語訳して緊急配信②!


李容洙の証言は頻繁に変わってきた。

金所長は、最近になって李容洙が「私が寝ているところに突然日本軍が来て私を連行した」と発言していることに対して、こう一蹴した。

「日本軍が戦争をするために忙しく、(当時の日本の一部であった)朝鮮の女性を連行しますか? 話にならない」

「1993年度の記録では、李容洙は友人キム・ボンスンについて行くと、日本人がいて、その日本人が赤いワンピースと革靴を与え、それを見て『私も日本人についていった』と証言している。
誰が『日本軍が強制的に(朝鮮女性を)連行した』と嘘をついているのか? それは尹美香だ。元々は(証言者)全員がそれぞれの事情があり、たとえば人身売買で売られたり、または自発的に行ったにも拘わらず、尹美香の本では、それが全て日本軍が連行したことになっている」

性奴隷の根拠も虚偽でしかない。

金所長は「奴隷というのは主人がいるという意味であり、主人の命ずるままに自己主張もできず従うのが奴隷」だとして、これとは異なり、当時の慰安婦は慰安所規定に基づいて相応の待遇を受けて、集めた巨額の金を朝鮮に送金することまでできた、という証言を紹介した上でこう述べた。

「この慰安婦たちは、慰安所の規定に従って軍人の階級と、または時間に応じて価格が決まっていた。日本軍は、定められ価格で買春をした人に過ぎない。金学順も一般兵は1円50銭。将校と『長い夜』を寝るときは8円だとした。文玉珠のような場合は大金を稼いで、その一部を家に送金した。2万5000円であればその当時、朝鮮で家を5軒買うことができた。一体、どこの奴隷が金をそのように稼ぎますか?」

最後に、戦争犯罪の被害者というフレームも「虚偽のフレーム」と金所長は強調した。

「『戦争犯罪』というのは占領軍が占領地の女性を拉致して強姦して殺害すること。しかし、慰安婦たちを(戦地、占領地ではなく当時日本の一部であった)朝鮮から日本まで拉致するか? 重要なのは、尹美香も自分の本に慰安所を設立した三つの目的を羅列しており、一つ目に、『戦争犯罪を防止するために慰安所を設置した』と明らかにしている。まったく話にならない。『占領地での軍人の強姦・誘拐・殺害を防止し、そのような性暴力、戦争犯罪を防止するために慰安所を設置した』と尹美香は(自分の本に)説明しておきながら、その中にいる慰安婦たちが戦争犯罪被害者だ? 全くつじつまが合わない話」

「だから、この慰安婦問題は、基本的にこの三つの問題、すなわち『日本軍による強制連行』、『日本軍による性奴隷』、『日本軍による戦争犯罪被害者』から正さなければならない」

歪曲された歴史に対する金所長の様々な映像は、YouTube「国史TV」でさらに観ることができる。(翻訳/黄哲秀)

①【偽りの慰安婦、李容洙は「赤いワンピース」と「革靴」の真実を明らかにせよ】

関連する投稿


「もしトラ」ではなく「トランプ大統領復帰」に備えよ!|和田政宗

「もしトラ」ではなく「トランプ大統領復帰」に備えよ!|和田政宗

トランプ前大統領の〝盟友〟、安倍晋三元総理大臣はもういない。「トランプ大統領復帰」で日本は、東アジアは、ウクライナは、中東は、どうなるのか?


【読書亡羊】「K兵器」こと韓国製武器はなぜ売れるのか 伊藤弘太郎『韓国の国防政策』(勁草書房)

【読書亡羊】「K兵器」こと韓国製武器はなぜ売れるのか 伊藤弘太郎『韓国の国防政策』(勁草書房)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


韓国大統領・尹錫悦の犯罪、保守派は幻想を捨てよ|邉熙宰(ピョンヒジェ)

韓国大統領・尹錫悦の犯罪、保守派は幻想を捨てよ|邉熙宰(ピョンヒジェ)

尹錫悦に騙されてはならない!文在寅政権下で検察総長を務めた男が過去に行った国家を揺るがす驚くべき犯罪。尹錫悦の「親日政策」は完全な偽物だ!韓国メディアウォッチの邉熙宰氏が緊急警告。


慰安婦問題を糾弾する「日韓共同シンポジウム」の衝撃|松木國俊

慰安婦問題を糾弾する「日韓共同シンポジウム」の衝撃|松木國俊

日本側の慰安婦問題研究者が、「敵地」とも言うべき韓国に乗り込み、直接韓国の人々に真実を訴えるという、大胆で意欲的な企画が実現した。これまでになかった日韓「慰安婦の嘘」との闘いをシンポジウムの登壇者、松木國俊氏が緊急レポート!


靖國神社の御霊に応えよ|古庄幸一

靖國神社の御霊に応えよ|古庄幸一

世界に誇る我が国の伝統と文化を大切にして、国を愛する政府の長たる内閣総理大臣が終戦記念日の8月15日または秋季例大祭に靖國神社を参拝することは、普通の国への一歩になる。


最新の投稿


中国、頼清徳新総統に早くも圧力! 中国が描く台湾侵略シナリオ|和田政宗

中国、頼清徳新総統に早くも圧力! 中国が描く台湾侵略シナリオ|和田政宗

頼清徳新総統の演説は極めて温和で理知的な内容であったが、5月23日、中国による台湾周辺海域全域での軍事演習開始により、事態は一気に緊迫し始めた――。


わが日本保守党と「4つの縦糸」|小坂英二

わが日本保守党と「4つの縦糸」|小坂英二

なぜ完全無所属から日本保守党結党メンバーの地方議員となったのか――小坂英二東京都荒川区議会議員がはじめて綴った日本保守党と祖国への熱き想い。


【読書亡羊】それでもツイッターは踊る  津田正太郎『ネットはなぜいつも揉めているのか』(ちくまプリマー新書)

【読書亡羊】それでもツイッターは踊る 津田正太郎『ネットはなぜいつも揉めているのか』(ちくまプリマー新書)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


【今週のサンモニ】黒川敦彦氏は『サンデーモーニング』の申し子|藤原かずえ

【今週のサンモニ】黒川敦彦氏は『サンデーモーニング』の申し子|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


日本保守党初陣の裏方日記|広沢一郎

日本保守党初陣の裏方日記|広沢一郎

日本保守党事務局次長の広沢一郎氏が日本保守党の初陣となった選挙戦の舞台裏をはじめて綴る。〈あれこれ探している時間がなかったので今回は私が2011年の県議選用に買った自転車を名古屋から運びました〉