加計学園の獣医学部は日本一だ|唐木英明

加計学園の獣医学部は日本一だ|唐木英明

私は長く東京大学で獣医学を教え、2011年から13年まで加計学園系列の倉敷芸術科学大学の学長を務めました。その立場から、この1年の「森友・加計学園」報道、特に加計学園報道に関しては、「ジャーナリズム」について改めて考えさせられました。


獣医師の4割がペット医に

現在、獣医師は約4万人、うち4割がペットの診療、産業動物分野に約1割、食品衛生や公衆衛生を担当する公務員が約2.4割。そのため、60年代に酪農学園大学と北里大学の私立2校が獣医学科を作り、定員を増やして930名としましたが、小動物診療へ進む学生の増加率をカバーすることができず、依然として大動物臨床や公衆衛生獣医師は決定的に不足している状態です。

私立2校を作って以降、日本獣医師会は1979年に「定員増はこれで打ち止め」とし、獣医学部の新設も定員増も認めない「岩盤規制」を始めました。これがある種の金科玉条、つまり「獣医師界における『憲法』」となり、絶対に守らなければならない基準になってしまったのです。

獣医学部新設に反対する声としては、「産業動物にかかわる獣医師の待遇を改善すべき」 「新学部を設置して定員を増やしても偏在を解消できない」「一定水準以上の教員を確保できず、質の低下に繫がりかねない」などなどです。いずれも、一般の獣医師に対して内閣府が意見を公募し、寄せられたもの(2016年)ですが、日本獣医師会の考え方が獣医師の間に浸透しているという印象です。

このような理由で、半世紀にわたって獣医師自身が獣医学部新設に反対し続けてきた結果、起きているのは日本の獣医学教育の質の低下です。

日本のすべての獣医系大学は国際水準に達していません。動物や食料の検疫、人畜共通伝染病の防疫などの面で、日本は国際的な孤児になる畏れがあります。

世界に立ち遅れる教育環境

日本の獣医学部の成り立ちを考えると、戦前の軍馬の養成校がそのまま新制国公立大学の小さな獣医学科になりました。農学部のなかの1つの学科です。

1940年代後半に、進駐軍は教育改革の目玉として、医学、歯学、獣医学教育を6年制の学部にしようと試みたのですが、獣医学だけはこれを受け入れる社会基盤がなく、4年制のままとなりました。1984年になってやっと獣医学教育が6年制になりましたが、国公立大学で「獣医学部」になっているのは北海道大学だけで、その北大ですら世界ランキングでは戦えず、帯広畜産大学と併せてようやく世界レベルに近づくことができる、というのが現状です。

なぜ進駐軍が獣医学を医学や歯学と同様に6年制にするよう求めたかといえば、欧米では獣医師の仕事は人間の健康にとって医師、歯科医師と同様の重要な職業だと認知されているからです。

欧米では歴史的にも家畜と隣り合わせで暮らし、畜産製品を主食にしてきました。結核、インフルエンザ、食中毒など人間の病気のほとんどが家畜からくる。だから、家畜の健康は人間の健康でもあるという考えが浸透しています。人畜共通の伝染病の診断・治療や蔓延防止は、獣医師の重要な役割の1つなのです。

獣医学教育の質で世界トップを走るアメリカ、イギリス、EU諸国などでは、獣医学部が医学部と同じレベルの教育・研究機関や病院、そして教員数を持っています。獣医学の教育項目は医学とほぼ同様で、内科、外科などの臨床科目から解剖、生理などの基礎科目まで幅広い分野に及びます。日本のように、これを医学よりもずっと小規模の学科体制でカバーしようというほうにこそ、無理がある。

にもかかわらず、日本では数十年にもわたって「入学定員930人・16校体制」が続いてきたことから、教員は自校で教えるのに必要な数しか養成されていません。獣医学教育基準では、定員30~120名の学生に対し、68~77人の教員が必要とされていますが、この基準に合格する大学はありません。

また、獣医師国家試験の受験者数を見れば明らかなように、定員を超える水増し入学も多いことから、学生たちに十分な設備が行き届かず、人と人の頭の間から実習を見学するだけで実際に実習に参加できないなど、十分な知識や技術を身に付けられないまま卒業に至るケースも少なくない。これは日本の獣医学にとって非常に大きな損失という他ないでしょう。

疫病蔓延を防げるか

関連する投稿


「Dappi」問題の仕掛人 小西洋之こそ“人格破綻者”|岩瀬朗

「Dappi」問題の仕掛人 小西洋之こそ“人格破綻者”|岩瀬朗

2021年10月6日、立憲民主党の小西洋之、杉尾秀哉の両参院議員が匿名アカウントのツイートで名誉を傷つけられたとして、計880万円の損害賠償と投稿一本の削除などを求める訴訟を東京地裁に起こした。「Dappi」のどのツイートが名誉棄損なのか。安倍晋三元総理を「人格破綻者」などと罵る小西議員こそ「人格破綻者」ではないのか。「Dappi」問題の真相に迫る! (写真/杉尾ひでやHP)


枝野幸男クン、あんたアホや|九段靖之介

枝野幸男クン、あんたアホや|九段靖之介

衆議院選挙で立憲民主党と日本共産党とが選挙協力をし、立憲が仮に、万が一、あり得ないだろうが、衆院選で政権を取ったら、共産党は「限定的な閣外からの協力」を行うことで合意。いまや「立憲共産党」とも言われているが、この合意から想起するのは、ソ連共産党の権力構図だった――。


菅総理のコロナ対応は「先手、先手」だ|下村博文(自民党政調会長)

菅総理のコロナ対応は「先手、先手」だ|下村博文(自民党政調会長)

菅総理はコロナ対応と経済とのバランスを考えたギリギリの判断を行っている。野党もメディアも無責任すぎる!自民党政調会長が「コロナ対応後手、後手」批判に全て答える。(聞き手:政治評論家・田村重信)


北京五輪の開催地変更を求めよ|櫻井よしこ

北京五輪の開催地変更を求めよ|櫻井よしこ

今こそ問うべきだ。世界を大中華主義で染めたいのか。人権弾圧を続けて民主主義を息絶えさせたいのか。国際法を中華の法の支配に替え、世界秩序を大転換したいのか、と。


“ネット財閥”が民主主義を殺す|久保弾(ジャーナリスト)

“ネット財閥”が民主主義を殺す|久保弾(ジャーナリスト)

現代の公共広場(アゴラ)たるネット空間。 自由に議論できたはずのアゴラが、ネット財閥によって危機にひんしている。 トランプのアカウント停止を支持する自称リベラル派エリートたちの欺瞞を暴く!


最新の投稿


【読書亡羊】「犠牲者・被害者ポジション」は最強なのか 林志弦著・澤田克己訳『犠牲者意識ナショナリズム』(東洋経済新報社)

【読書亡羊】「犠牲者・被害者ポジション」は最強なのか 林志弦著・澤田克己訳『犠牲者意識ナショナリズム』(東洋経済新報社)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


安倍元総理の遺志を完全に無視した岸田人事|山口敬之【WEB連載第14回】

安倍元総理の遺志を完全に無視した岸田人事|山口敬之【WEB連載第14回】

私は今回の人事に「大いなる異変」を見てとる。「優柔不断から唯我独尊へ」。安倍晋三元総理という重石から解放された岸田文雄という政治家が、その本性を剥き出しにした「岸田の岸田による岸田のための政治」の始まりである――。 (サムネイルは首相官邸HPより)


軍事情報ダダ漏れ! YouTubeに溢れかえる「空母改修工事」|小笠原理恵

軍事情報ダダ漏れ! YouTubeに溢れかえる「空母改修工事」|小笠原理恵

陸海空の自衛隊の基地や航空機・潜水艦など様々な動画が撮影され、動画サイトに溢れかえっている――。日本では、当たり前のように自衛隊基地を撮影できるが、これは世界から見るとかなり特殊だ。いつまで日本政府と国会は軍事情報をダダ漏れさせるのか?


中国のハイブリッド戦に備えよ|太田文雄

中国のハイブリッド戦に備えよ|太田文雄

ペロシ米下院議長の訪台(8月2~3日)に伴い、台湾を威嚇する中国の軍事演習が実施されたが、中国が同時に行った非軍事面での「攻撃」にも注目すべきだ。サイバー攻撃には、日本政府が基本原則とする「専守防衛」で対応できない。


もはや米海軍だけで抑止は効かない|織田邦男

もはや米海軍だけで抑止は効かない|織田邦男

台湾有事は日本有事である。もはや米海軍だけでは抑止は効かなくなった。日本は防衛力強化を急がねばならない。日本のEEZにミサイルを撃ち込まれても、国家安全保障会議(NSC)が開かないという感度の鈍さでは、取り返しがつかなくなる。